2021年同人ソフト感想リスト

プレイ順です。

女性向の作品は、乙女=女主人公で相手キャラの全員もしくは多くが男、
BL=男主人公で相手キャラの全員もしくは多くが男(年齢不問)、としています。作品が女性向かどうかは基本的にサークルさんの自己申告です。

値段は入手時のものです。場合によっては異なる可能性があります。

完成版  体験版  その他

 

 

 

 

(完成版)

純正優男Sweet&Bitter ver1.0(女性向)/spice+(フリーソフト)

幼いころから好奇心旺盛で失敗続き。高校デビューで変わる決意をした亜純響子(あすみきょうこ)
しかし他人に関わらないあまりボッチ学生生活となっていた。
その憂いを晴らすための放課後の過ごし方とは……?


選択肢あり、恋愛、コメディ、追加部分は四十五分ほどで読み終わりました。
「純正優男-ジュンセイヤサオトコ-」の感想はこちら
主人公名前変更可。
NG機能があり苦手な要素をカットできますがルートそのものが無くなる場合もあり。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は響子の悪い顔がお気に入りです。

「純正優男-ジュンセイヤサオトコ-」にBitterシナリオが追加され、「純正優男-ジュンセイヤサオトコ-」はSweetシナリオとして読むことができます。
Bitterシナリオのルートは文芸部の後輩、文月詩央(ふづきしお)、同じクラスの委員長、皆瀬悠輝(みなせはるき)、
高スペックだけど弱気な兄、響也(きょうや)の三人で、それぞれ二つの結末に分岐し片方は悪女ルートのなります。(NG設定していない場合)
お気に入りは詩央ルート。
主人公が自分の思い通りに相手を動かそうとして逆に振り回されるポンコツっぷりが存分に味わえました。

過去の作品感想:純正優男-ジュンセイヤサオトコ-999,Victory999,Victory -Return-SweetSpiceSummoner!SummerSpiceSummoner!サマーナイトミラクルミッションシノビハリセンボLovelydoll/Wildmachineホットサマー・ドリーミング
(2020/1/3)

 

シノビヤキモチヨ sharever1.0(女性向18禁)/spice+(100円/期間限定でフリー版あり)

戦国時代、大名である四月朔日家の次男、静流(しずる)に仕える女忍者、うしの(名前変更可)は、
新年を間近に控えたある日、城内で噂されている餅の化け物の調査を命じられる。
しかし餅の化け物に遭遇したうしのは餅に絡めとられてしまい……。


選択肢なし(どこを調査するかは選べます)、女忍者、怪異、四十五分ほどで読み終わりました。
主人公名前変更可。
システムはSMILE GAME BUILDER製で探索パートは見下ろし形で3Dキャラが動きます。
ADVパートは一枚絵が表示されますが、メッセージウインドウをおそらく消せないので本編中では見えにくい部分がありました。
(おまけ部屋で見ることはできます)
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は冬の話なのに主人公の服が寒そう! が第一印象でした。
Hシーンは露骨な脱ぎはなく、垣間見える感じ(?)でした。一枚絵は八枚+差分。

城内のどこで怪異に遭遇するかでHな展開になる相手が変わります。
シノビハリセンボ」と同じ舞台の話。
どうあがいてもHでない展開にはなりません。エンディングは三種類。
同僚の忍者、子之助(ねのすけ)が、忍者の技をそれでいいのか……というような方向に使っていて可笑しかったです。
また、忍者なのに隙が多くて、でも明るいうしのが可愛らしくて(その上房中術は仕込まれていて)
彼らがうしのに絆されるのもわかる……! と思えました。

過去の作品感想:純正優男-ジュンセイヤサオトコ-999,Victory999,Victory -Return-SweetSpiceSummoner!SummerSpiceSummoner!サマーナイトミラクルミッションシノビハリセンボLovelydoll/Wildmachineホットサマー・ドリーミング純正優男Sweet&Bitterばぶりーどーる/わいるどましーん -すいーとぷらす,かろりーおふ-
(2020/1/7)

 

露出系魔法少女 ラブリィ☆リリィ(18禁)/4H(DL販売1100円)(DL版の購入はこちら)

七年前、魔法少女が活躍し、忽然と姿を消した夢見ヶ丘という街。
魔法少女に憧れる少女、飛羽愛莉(ひば あいり)はシャミィという謎生物と契約し、魔法少女ラブリィ・リリィとなり、リビドーという敵と戦うことになる。
しかし魔法少女に変身するためには裸で十三分不動でいる必要がある上、魔法少女の服も露出が多すぎるものだった。


選択肢あり、羞恥、魔法少女、ボイスあり、四時間ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は魔法少女衣装がドスケベにもほどがあります。一枚絵は十二枚+差分たくさん。

羞恥心や性的感情から得られるSエナジーをもとに魔法を使える魔法少女ラブリィ・リリィが、
男の欲望が具現化したリビドーや、一般人たちから恥ずかしい目に遭わされます。
エンディングは三種類。
恥ずかしい目に遭わないようにという行動がことごとく裏目に出る愛莉を可哀想に思うと同時に、
期待通り羞恥プレイの数々を見ることができてそうでなくちゃ! とも思えました。
お気に入りはクラスメイトの前で裸にされ、男子の心境が流れ込んでくる場面。
街の人たちから散々な目に遭わされ、親切なクラスメイトなら……と信じていた愛莉を完全に裏切る
……というか年頃の×学生なら当然すぎるエロ思考に打ちのめされる愛莉に興奮させられました。
(2021/1/9)

 

初代露出系魔法少女ルナリィ☆リリィ(18禁)/4H(DL販売1650円)(DL版の購入はこちら)

元天才子役の七宮瑠奈(ななみやるな)はシャビィという謎生物から契約して魔法少女になって欲しいと言われる。
そこにリビドーという魔物が襲ってきてやむなく契約を結ぶが、魔法少女の衣装は卑猥なもので、おまけに早々に全国放送され身バレしてしまう。
その記憶を抹消するための魔力が溜まるまで、瑠奈は魔法少女ルナリィ☆リリィとしてリビドーを倒していくのだった。


選択肢あり、羞恥、魔法少女、ボイスあり、十時間ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は瑠奈が黒髪貧乳美少女でツンケンしていて、だからこそ辱められたときが映えました。一枚絵は十二枚+差分たくさん。

魔法少女ルナリィ☆リリィが変態性欲を持ったリビドーと闘ったり、
羞恥心や性的感情から得られるSエナジーを得るために一般人相手に恥ずかしいことをしたりしていきます。
「露出系魔法少女 ラブリィ☆リリィ」と同じ世界の話で七年前が舞台。

バトルパートはSエナジーをパラメーター強化や技習得に割り振って強くしていきます。
周回引き継ぎ要素もありますし、一部の敵は負けてSエナジー獲得してまた負けて……とループ可能ですが、
そうしたことをしなくても一周目でラスボスに勝てました。
能力割り振りは速度上昇重視がおすすめです。

ストーリーは最初人間不信でプライドが高かった瑠奈が、様々な経験をしていくことで良い人もいることに気付いていって、
周囲の人も最初は好奇の目で見ていたものの応援するようになって、
そうした結果である最後のリビドーとの闘いは盛り上がるものがありました。
もちろんその過程で、様々な手段で恥ずかしい目に遭わされ、
嫌なのに魔法少女の体は感度が高くて抗えない、というのは興奮させられるものがありました。

過去の作品感想:露出系魔法少女 ラブリィ☆リリィ
(2021/1/11)

 

露出系魔法女子大生クリスティア v1.1(18禁)/4H(DL販売2200円)(DL版の購入はこちら)

年下の親友、心羽(ここは)に幼い頃からいたずらされ続けた結果、全身が開発されオナニーが趣味となってしまった水守透華(みなもりとうか)。
しかし引っ込み思案な性格のため、上京した後はひとりぼっちの大学生活を送っていた。
そこへ魔法少女ティアハートとなった心羽がやってきて、強引に魔法女子大生クリスティアとされてしまう。
魔法の源「Sエナジー」は恥じらいや快感で生み出されるため、透華は心羽から様々な行為を強要されるのだった。


選択肢あり、羞恥、魔法女子大生、ボイスあり、十二時間ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。EDに歌あり。
絵はHシーンで局部がメッセージウインドウに隠れがち(消すこともできますが当然その間は文章が読めなくなるので……)でしたが、
透華の顔芸がバリエーション豊富でした。一枚絵は二十九枚+差分たくさん。
ボイスは心羽から無理難題を言われたときに透華から漏れる「え゛」がお気に入り。

マップを移動してリビドーという敵を倒したり、Sエナジーで透華を強化したり、アルバイトをしてお金を貯めたりしていきます。
しかしSエナジーは恥じらいや快感で生み出されるため、
リビドーに負けて辱められたり、変身中に一般人にいたずらされたり(変身に19分かかり変身中は身動き取れない)、
いかがわしいアルバイトをした方が効率的に強くなれる場合もあります。
「露出系魔法少女ラブリィ☆リリィ」「初代露出系魔法少女ルナリィ☆リリィ」と同じ世界の話で、トゥルールートでは結構関連があります。
バトルパートは終盤以外、負けても次のステージへ進めます。
勝利することを考えると、補助魔法の効果ターンが短いのでレベル上げて殴る(攻撃魔法)のが基本ですが、
大技使ってくる相手にはダメージ半減魔法をいつ使うかがカギとなりました。

Hシーンの多くは、羞恥心を煽るシチュエーションで、
それを仕組む心羽ちゃんの悪魔的な発想が酷くて(誉め言葉)、
自分が似たようなことされたら……と震えつつも、ま、されるのは透華だもんな! 
と安全圏から恥ずかしがったり絶望を感じる透華に興奮することができました。
しっかり心羽にちゃん逆襲するルートもあって、それまでやりたい放題していた心羽ちゃんの弱さを見ることができてこちらも興奮しました。
トゥルールートではそれまでの二人の印象ががらっと変わる真実も明らかになり……よりいっそう透華が辱められた気もしますが、
いくつかあった違和感の理由がしっかり明かされて納得することができました。
羞恥シチュエーションをたっぷり堪能でき、心羽ちゃんの透華を辱める発想を尊敬しつつも逆襲して留飲を下げることもでき、
過去作と、今後制作予定という完結作も読んでみたいと思える作品でした。

過去の作品感想:露出系魔法少女 ラブリィ☆リリィ初代露出系魔法少女ルナリィ☆リリィ
(2021/1/13)

 

深夜徘徊のための音楽 beats to relax/stray to/Plastic Tekkamaki(フリーソフト)

オカルト誌のライターをしている佐倉坂新(さぐらざかあらた)は一度体を壊し、
すでに亡くなった両親が住んでいた実家に戻り、一人暮らしをしていた。
ある日、大学生の妹、括弧(かっこ)から手伝いを頼まれる。その夜、実家に泊まった括弧は新を外へ連れ出すのだった。


選択肢なし、深夜徘徊、兄妹、四十五分ほどで読み終わりました。
システムはセーブスロットが三個と少なめのため、スキップ機能がほしかったです。
音楽はアンビエントで気が落ち着くようなお洒落な曲が使用されていました。
同時に聞こえる虫の音もより深夜に出歩いている感がありました。
絵は解像度荒めに処理された背景に、自分の「深夜に出歩いた経験」を重ねることができました。
あと括弧ちゃん可愛い。

寮生活をしている妹の括弧と会って、その日の夜に二人で近況報告などをしながら散歩をします。
括弧の会話内容がどんどん先へ進んでいって、主人公が拾いきれないこともあって、
でもどんどん話題が湧いてくる取り留めのなさが、上手く会話しなくてもいいんだというリラックスに繋がっていました。
それに終盤、衝撃的な報告があって、それを告げられた方も平静を装いながらも隠しきれてなくて、
読んでいる方としては淡々と受け入れられて。そんな距離感もなんだか心地良い作品でした。
(2021/1/15)

 

痴者の夢 ver 1.00(乙女18禁)/サキュレント(DL販売1650円)(DL版の購入はこちら)

おすすめ

過去の作品感想:慰愛の詩とも鳴りの舟ドブ川に散りぬ初恋の
(2021/1/19)

 

殺イコ・キネ死ス ver 1.00(15推)/羊おじさん倶楽部(フリーソフト)

周囲と壁を作り学校生活を送っている千秋は、幼馴染で人気者の楓から何度も何度も告白されていた。
ある日、千秋は楓から、念じるだけで人を殺せるのではないかと言われる。
そうして試しに実験してみた結果、念じた人が死んだのだった。


選択肢なし、百合デス○ートセカイ系サスペンスとのこと、三十分ほどで読み終わりました。
システムは文章表示速度が遅めで変更できないことがやや不便でした。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は背景のみ。

念じると人を殺すことができる能力に二人の少女が振り回されていきます。
実際に人を殺せて、それが大事になっていく場面は不謹慎ながら全能感でワクワクさせられました。
また、二つの告白シーンが、その情景が目に浮かぶような鮮烈さで、
そのくらいお互いに相手のことが大好きなのに、どうしようもなくすれ違ってしまったやるせなさがを感じる話でした。

過去の作品感想:さよなら、うつつ。等間隔の黒い透明音無き世界その代わり彼女は時のねじを逆向きに回したムートン・ノワール魔女魔少魔法魔
(2021/1/21)

 

神祓 〜ミハライ〜 ノベル版 Version1.01(15推)/ゆめみのやまい(フリーソフト)

中学生が連続して溺れ死ぬ事故が発生する。
神祓であるナギサは、刑事の古梅(こうめ)と共に
病院に発生した呪の調査を行い、事件を解決しようとしていくのだった。


選択肢なし、伝奇、サスペンス、一時間ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は後半に冒頭シーンが再現される場面にぞくっとさせられました。一枚絵は十六枚+差分。

SRPG版のノベルパートのみを抜粋した作品とのことで、
神祓であるナギサが呪を生み出す呪患者を祓っていきます。
物語としてはナギサ視点があまりなく、異能を持たないながらも事件を追っている男、古梅(こうめ)や、
事件の犠牲者、あるいは呪患者自身などの視点で進行していきます。
終盤のおそらくSRPGパート(祓いパート)があったはずのところで、
急に説明的すぎるテキストになってしまう所が気になりましたが、
親との関係に悩む子供たちや、子供を失った親の悲哀が痛切に描かれていて、重苦しい気持ちになる話でした。

過去の作品感想:白いプリンターおシャ☆るな
(2021/1/23)

 

Eveplus 有料版/ミレンコリン酸(DL販売110円/フリー版あり)(DL版の購入はこちら)
※2020/10/22の拍手でご紹介いただきました。ありがとうございます!

その時代には珍しく、遺伝子改造も機械母体も使わず娘を出産した母親がいた。
彼女は娘の友人となり、娘の成長を見守ってほしいとアンドロイド、イヴを購入する。
しかし娘は、幼くして病で亡くなってしまい……。


選択肢あり、アンドロイド、代替、十分ほどで読み終わりました。
システムは文章表示速度が遅めで変更できないことがやや不便でした。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は基本的にモノクロで、だからこそタイトル画面やスタッフロールで一部に色が使われている所が印象的でした。
また、バッドエンドで表示される絵が悲しいと同時に気味の悪さを感じました。

アンドロイドのイヴを死んだ娘の代わりにしようとします。
エンディングは二種類。
バッドエンドとトゥルーエンド、とわかれていますが、
母親と、父親にとっては今後も含めれば結局どっちが幸せだったのだろうか?
どちらにしても、娘が死んだ時点でもう取り返しがつかないのだと、やるせない気持ちを抱きました。
(2021/1/25)

 

花散るまにまに ver1.01/相互不理解(フリーソフト)

主人公は、兄と慕う少年と花火を見ていた。
三年後も、六年後も、十数年後も、主人公は「少年」に会うため、その場所を訪れていた。
そして、最後の年……。


選択肢あり、思い出、夏、四十五分ほどで読み終わりました。
主人公名前変更可。
システムは「思い返す」画面でアイコンが順番に表示されていき一定時間操作不能になることが、
繰り返し「思い返す」を使用する構成上、やや面倒に感じてしまいました。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は耳まで赤くなるお兄ちゃん可愛かったです。
また、思い返している部分ではお兄ちゃんの姿がぼやけます。

お兄ちゃんに会う際の選択肢によって、最後の年の展開が変わります。
四つすべての展開を読むと、新たなシナリオを読むことができるようになります。
諸事情でだんだん世間や主人公とずれていくお兄ちゃんと、
それでも何事もないかのように接する主人公の会話が切なかったですし、
悪く言えば囚われているけれども、一途とも言える主人公の気持ちもいじらしかったです。

過去の作品感想:てんがいちかくもんだいがある▼雨男は笑う
(2021/1/27)

 

ユーステティア/夜は行く(フリーソフト)

平民からの依頼を安く請け負う男前でイケボな人気弁護士、ユーリス。
しかし彼は、女性が猟奇的な目に遭う創作物で興奮する変態だった。
ある日、売れっ子作家で伯爵のトールトーマから読書会に招待されたユーリスは、書記のエポニーヌと共に伯爵の屋敷へ向かうのだった。


選択肢あり、性癖、サスペンス、一時間と少しで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵はLive2Dで動きます。特にエポニーヌの身振りや表情変化が大きくて目を引きました。

弁護士の傍ら、エポニーヌと共同のペンネーム、シモネッタ・オシリスキーとして作家をしているユーリスがトラブルに巻き込まれていきます。
主な登場人物全員何かしらのオタクで、ファンタジー世界ではありますがファン活とか推しなどの表現がバンバン出てきます。
しかし登場人物たちはそれが自然なことと思える振る舞いをしていて、むしろ好ましく感じました。
冒頭で格好いいところを見せながらエピソード2で速攻変態の苦悩を見せるユーリスや、
おおむねスマートで気さくな貴族っぽく振舞いながら爆弾をチラ見させるトールトーマなどの業が深すぎて、
それはそれでお気に入りですが、(比較的)陽のオタクであるエポニーヌが癒しでした。
そうした部分を楽しみつつ、ユーリスが巻き込まれるトラブルはぞわっとさせられるもので、
サスペンスとしてもハラハラさせられる作品でした。

過去の作品感想:ある母子の亡命オズワルドのドキドキバレンタイン!!炎上厳禁王族SNS
(2021/1/31)

 

誰が為に鴉は啼く ver1.01(12推)/6045*(フリーソフト)

生後間もなく捨てられていたところを拾われた少女、山桜花(ヤマザクラ)は、義父や義兄と平穏な日々を送っていた。
しかし突然現れた役人から、自分は禍いの子であり敵国に攻め込まれた責任があると告げられ、
養父と共に激戦地に送られてしまうのだった。


選択肢なし、運命、村を焼く、一時間四十五分ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。EDに歌有
絵は美しく、そしてまた凄惨でした。一枚絵は二十八枚+差分。

山桜花が言い伝えと、鴉の神によって血生臭い運命を辿っていきます。
山桜花が次から次へと酷い目に遭っていき、それから抜け出せるかと思ったらまた酷い目に遭い、
まだ幼い少女ということもあってとても胸が痛みました。
それだけに最後、荒療治ながらもひとまずしがらみから抜け出せたところでは、
(たくさんの犠牲が出たとはいえ)ほっとさせられます。
山桜花の凄惨な体験が心情と合わせて痛々しく描かれていて、
テキスト量以上に彼女の半生をしっかりと味わえる物語でした。
それにしても主人公が前半六歳、終盤でも十一歳とのことで……
当時としてはそこまで珍しくはないかもしれませんが……犯罪臭がしてきますね!
(2021/2/2)

 

空の果てからこんにちは ver2020.09.28/ハルノサクラ(フリーソフト)

リンゴ農家の跡取り息子、アオモリヒロサキは幼馴染のリコから好意を向けられながら、
このままでリンゴ農家を継いでいいのかなんとなく不安を抱いていた。
そんな時、白銀の髪を持つメイラという少女と出会う。彼女は髪色以外にも特徴的なことがあって……。


選択肢あり、恋愛、ファンタジー、二時間ほどで読み終わりました。
システムは文章表示速度が変更できず遅めなことがやや不便でした。
音楽は特に合わないような箇所なし。OPにムービーと歌あり。
絵はヒロイン二人とも可愛らしかったです。

主人公がメイラとリコと仲良くなっていったり、世界のことを知っていったりします。
エンディングは三種類+最終シナリオ。
おそらくメインルートで主人公の終盤の行動にちょっと納得がいかなかったです。
せめてメイラと一線を越えていなければ仕方ないと思えますが、一線を越えた上であの行動は悪魔の所業としか……!
あと主人公の名前が青森過ぎて、シリアスな場面には合っていないように感じてしまいました。
しかし、前半にメイラが怖い目に遭ったり、食べにくさを感じたりするところでは可哀そうながらも可笑しかったですし、
世界の真相にはそういうことだったのかとびっくりさせられました。
それに、ヒロイン二人とも可愛らしくて、
特にリコは負けヒロイン臭をプンプンさせながらも主人公が好きな気持ちでしっかり存在感を示していて、応援したくなりました。
(2021/2/4)

 

将来の夢 ver1.00/グランギニョル椿ちゃん(フリーソフト)
※2020/11/22の拍手でヒエロ様からご紹介いただきました。ありがとうございます!

夢を人に言うのが怖くなったのはいつからだろう。
これは僕の罪の話。


選択肢なし、夢、罪、一分ほどで読み終わりました。
システムはバックログ以外は読み進めるのみ。
音楽はなし。
絵はそれぞれの場面のイメージが表示されました。

幼いころの罪と今のことが語られます。
幼いころのことは罪というほど酷いものとは言えないかもしれませんが、
それを罪と感じてしまうほどの感受性を「僕」が将来に生かすことができればいいなと願いたくなる話でした。

過去の作品感想:かけっこ、マグロがほしい、ご利用は計画的に
(2021/2/6-2)

 

マッスルクエスト/AAA(600円)

十六歳の誕生日、生き別れの父を探しに旅に出たボディビルダーの主人公。
様々な人と出会ったり、体を鍛えたり、
モンスターを倒してその肉を食べたり、モンスターをポージングで追い払ったりしながら旅をしていくのだった。


選択肢あり、筋肉育成本格RPGとのこと、六時間ほどで終わりました。
主人公名前変更可。
WOLF RPGエディター製でバックログはなし。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵はマッスルでした。また、モンスターはパロディなビジュアルだったりします。

主人公がポージング用の鏡を引き連れながら父を探す旅をします。
モンスターの肉やサプリ、パンをバランスよく食べながら体力を回復したり筋肉を付け、適切な体脂肪率をコントロールしていき、
体脂肪率が高すぎるとジムでポージングを教えてもらえなかったり、イベントが進まなかったりしますが、
低すぎても疲労が回復しにくかったり、最悪餓死してゲームオーバーになってしまいます(なりました)
移動速度がとても遅いにもかかわらずマップが広くて、道を間違えたときがかなりストレスでした。
また、マップを歩いていると夜になるのが早くて、夜に行う食事選択をかなりの回数行わなければならないことも面倒でした。
ですが、タンパク質、脂質、炭水化物をバランスよく摂りつつ普段は体脂肪を付けて、
ここぞという時は食事制限やサプリで脂肪を落とす、というふうに
コントロールしていくのはそんな大変さがあるのだなと思い知らされるシステムでした。

雑魚敵でも結構強い相手がいて、まともに相手していると回復のためのサプリや宿代がいくらあっても足りないので、
殴って倒す(経験値も肉も手に入る)とポージング(相手が逃げ出し経験値は入るが肉は入手できない)
それに逃げる(確実に逃げられるが経験値も肉も入手できない)を敵によって使い分けるのがコツだと感じました。
物語は父を探しながらドラゴンをクエストする王道で、そこに筋肉がプラスされていて、
主人公が決して超人というわけではなく、強い相手を恐れながらも立ち向かっていくところが格好良かったですし、
筋肉にこだわるところは可笑しかったです。

過去の作品感想:マッスルメモリアル 伝説の筋の肉で
(2020/2/29)

 

ヤドカリ ver2020/11/12/深山宵(フリーソフト)

立花綾斗(たちばなあやと)は、何故か文武両道で大食いの美少女、羽鳥美優(はとりみゅう)に高校入学早々気に入られる。
ある日、綾斗は異様な死体を目撃し、その直後、幼なじみの真咲(まさき)えみと再会する。
えみからも好意的な行動を受ける中、ヤドカリという人に寄生する生命体の噂を耳にするのだった。


選択肢あり、サスペンス、学園、四十五分ほどで読み終わりました。
システムは文章表示速度が変更できず遅めなことがやや不便でした。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は背景のみ。

主人公が二人の女の子から何故か好意を向けられる中、ヤドカリという生命体が関わってきます。
エンディングはバッドエンド含め五つ。
序盤は大食い美少女に付きまとわれつつ幼馴染とも再会というラブコメな展開でしたが、
ヤドカリという存在を知り、その影を感じるようになっていきます。
立ち絵や一枚絵はありませんが、それぞれの場面が頭に浮かぶような描写でした。
また、特にバッドエンドが容赦のないもので、ヤドカリの不気味さを感じることができました。
(2021/2/10)

 

ごちゃまぜヒロイン Version1.00/がっかり亭(フリーソフト)

高校一年生の白鷺真白(しらさぎましろ)は宇宙怪獣によって家と家族を失い、寮で生活していた。
ある日、謎の喋る動物に話しかけられ、世界を守る魔法少女になることを決める。
それだけではなく、前世からの因縁でアルカナコレクターと、世を乱す美術品を盗む怪盗になり、三つの少女ヒーローを兼任することになるのだった。


選択肢なし、正義、愛、兼任、一時間十五分ほどで読み終わりました。
「ごちゃまぜヒーロー」の感想はこちら
「ごちゃまぜヒーロー番外編」の感想はこちら
システム、音楽は「ごちゃまぜヒーロー」と同様。
絵はどこかで見たようなアクションヒロインのコスチューム着用で、真白が凛々しかったです。
あと最終形態が……某武将ですね。

「ごちゃまぜヒーロー」のエピローグから続く話で、
今度は女の子は三つのヒーロー(ヒロイン)を兼任します。
前回の主人公、赤井潮の出番も多め。
魔法少女がバディものだったり、バトルヒロインではなく怪盗だったりするものの
巨大ヒーローと改造人間ヒーローと戦隊ヒーローを兼任していた前作と比べて三つの差があまりなく、
ごちゃまぜっぷりとしては少々控えめかな、という印象を受けてしまいました。
ですが冒頭から悲惨な境遇の少女が最初は活躍するも強大な敵に絶望するという鬱展開には重苦しい気持ちにさせられましたし、
だからこそ無事解決できた時には、ほっとすることができました。

過去の作品感想:ごちゃまぜヒーロー 番外編無理やり主人公ネームテイカー暗黒SNSしりとり
(2021/2/12)

 

蕎麦といえば出雲そばだよなァ!? ver1.01/染居 衣奈(フリーソフト)

大晦日、寝台特急サンセットに乗り込んだ主人公は、出雲そば好きの女性から話しかけられる。
彼女の出雲そば好きは、命の危険を感じるほどだった。


選択肢あり、そば、年越し、三十分ほどで読み終わりました。
システムは特に不便な箇所なし。
音楽は基本的にのんびりしたものですが、突然無音や怖い効果音が鳴るのが不穏でした。
絵は基本的に背景のみ。

出雲そばを好きすぎる女性と話をしていきます。
エンディングはバッドエンド含め十二種類。
出雲そばに対して無知をさらしたり、うどん派だったりすると即バッドエンドになります。
後半は主人公も(その世界線ではバッドエンドを体験していないにもかかわらず)
選択肢を間違えたらヤバい……と直感するようになるのが可笑しかったです。
また、出雲そばの知識や、寝台特急の道中も描かれていて、同じように寝台特急に乗って島根まで行きたくなりました。
(2021/2/14)

 

ももちゃん先輩を奪え!!(15推)/ALKERD(フリーソフト)

大学生の斎藤上総(さいとうかずさ)の隣の部屋に、高校時代に憧れていた藤井ももちゃん先輩が引っ越してきた。
勢いで告白をしてしまうが、ももちゃん先輩からすでに彼氏がいるので二番目ならいいよと言われてしまう。
上総は本命の座を奪おうと決意するのだった。


選択肢あり、恋愛、二股、ボイスあり、三十分ほどで読み終わりました。
システムは文章表示速度が変更できず遅めなことがやや不便でした。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵はももちゃん先輩の小悪魔っぷりが描かれていました。

主人公がももちゃん先輩の本命になろうとしていきます。
エンディングは二種類。
ももちゃん先輩がなんでもないことのように二股を提案してきて一筋縄ではいかない印象を受けましたが、
そうなるまでの過去がしっかりと描かれていました。
それに本命エンドの方はわりとあっさりチョロイン化していてそれもまた可愛かったです。
あと、上総のボイス担当の方、色々な演技お疲れ様です……!!

過去の作品感想:Vergunty
(2021/2/16)

 

手は口ほどに物を言う ver2020/10/17(乙女)/木製3秒間(フリーソフト)
※2020/12/27の拍手でご紹介いただきました。ありがとうございます!

高校一年生の時に学校紹介ムービーに不本意な映り方をしてしまった棚藤心は、
制作側になれば大丈夫と翌年、有志映像委員会、通称ユビ委員会に参加する。
そこで彼女は、三人の男子生徒のうち一人と行動を共にすることになる。


選択肢あり、手、恋愛、二時間ほどで読み終わりました。
主人公名前変更可。
システムは若干不安定で、画面切り替わり時に操作するとフリーズすることがありました。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は登場人物全員、手(と眼鏡)のみしか表示されませんが、
落ち込んだり、逡巡したり、照れたり、喜んだり、場面ごとの感情がしっかりと伝わってきました。
ただ央司君最後に何を書いたのかいまだにわかりません……。

ユビ委員会で学校紹介ムービーを制作していく中で、男子生徒と仲良くなっていきます。
ルートは常に手袋をしていて王子様のような容姿の転校生、中宮央司(なかみやおうじ)、
幼馴染ながら疎遠になってしまっている無口な差野示佑(さしのしめすけ)
中学の部活の先輩でオタクでひょろ長い体型をした薬師寺環(やくしじたまき)の三人。
それぞれにハッピーエンドとノーマルエンドがあります。
ユビ委員会で生徒が学校紹介ムービー作りに打ち込んで、
それを見た中学生がムービーを作りたくて入学してくる、というのがとてもいい伝統で、青春だなあと思えました。
どのルートでも紆余曲折がありながらも想いが通じ合う、という過程が微笑ましかったです。
お気に入りは薬師寺先輩ルート。
二人の価値観がぴったり合っていて、今後も自然体で一緒にいられるんだろうなあと思えました。

どのルートも手しか表示されませんが、それゆえに想像力が刺激されて、場面ごとの情景をありありと頭に浮かべられ、
まさしく手は口(表情)ほどに物を言う作品でした。
あと示佑君の告白(一回目)は第三者の私もそのあとの独白まで気付きませんでした。
口下手すぎる……!!
(2021/2/20)

 

よよいのよみもの ver.1.07/埼玉大反省倶楽部(フリーソフト)

魂の燃焼をするため、とある高校野球部の門を叩いた少女、瀬戸真凛(せと まりん)
その野球部は「九人揃わない野球部」として七不思議の噂となっていた。
瀬戸真凛を加え九人となった彼らは大会で快進撃を続けるが……

選択肢あり、野球拳、野球、未練、一時間十五分ほどで読み終わりました。
システムは文章表示速度が変更できず遅めなことがやや不便でした。
音楽は芝居がかった曲が使用されていました。
絵は女の子はムチムチしていてとても良いと思います!

練習や試合中に野球拳パートが始まり、
三種類の球種を選んで三回ストライクを取れれば勝利できますが、三回安打を打たれると負けになります。
ストライクだと相手が脱ぎ、安打だと瀬戸真凛が脱ぎます……が、
実際には脱いでおらず、プレイヤーの目には脱いでいるように見えるだけとのこと。
野球拳の勝ち負けは運かどうかわかりませんが、負ける方が難しいくらい適当に球種を指定していても勝ってしまいました。

話は野球拳以外にもコメディ的なやり取りや強引な展開が多いですが、
そんな中そこかしこに不穏さが見え隠れしています。
真相は、薄々思い描いていたことがどうか当たらないでほしいと思っていましたが……。
でも、それでも、彼らが野球をしていた日々は魂が燃えるほどの青春でした。
(2021/2/22)

 

ティアマトの星影 ver. 1.02/劇団くじら座(フリーソフト)

幼い頃に両親を亡くし、従兄妹の家で暮らしている水瀬慧斗(みなせけいと)はどこか疎外感と孤独感を抱いていた。
天体観測に訪れた近所の山で、彼は記憶喪失の少女、星渡眞都(ほしわたりまと)と出会う。
叔父や従兄妹、学校の友人たちと過ごしていく中で、二人は少しずつ変わっていくのだった。


選択肢なし、星、くじら、十二時間ほどで読み終わりました。
システムは文章表示速度が変更できず遅めなことがやや不便でした。
音楽は日常のにぎやかな曲や穏やかな曲から、神秘的な曲、切ない曲など豊富かつ美しかったです。
OPにムービーと歌、EDに歌あり。
OPはこれからの物語に期待を抱かせるシックなムービーと伸びやかな歌声でしたし、
EDも最後に良い余韻を感じさせる美しい歌でした。
ED歌「星の海」とそのインスト曲にクジラの鳴き声が入るのがお気に入りです。
絵は立ち絵は女の子皆可愛らしくて、一枚絵は神秘的なものが多かったです。一枚絵は十四枚。

慧斗が探し物をしているという記憶喪失の眞都と関わりながら、日々を過ごしていきます。
選択肢はないのですが、ここで眞都以外のルートに入りそう、という場所がいくつかあり、
しかし慧斗がそのフラグをバキバキに折っていくのが可哀想でした。
三章構成で一章がかなり長めですが少々話の進みが遅めで、
二章三章も含め急くような気持ちで読み進めてしまったことが残念でした。
ですが一つ一つのエピソードは賑やかで心地よく感じられましたし、
がらっと場面が変わり壮大な展開になる二章、
眞都が意外とネガティブで自分にも他人にも辛辣なことがわかり、
終盤からED歌への流れが奇麗で切ない三章と、
個々の気持ちがしっかり描かれている上に幻想的なお話でした。
お気に入りはクラス委員の幣原柳花(しではらりゅうか)
お人好しなところとか、よく照れるところとか、とっても可愛かったです!
(2021/2/24)

 

とある温泉宿にて/seko(フリーソフト)

過酷な仕事に疲れた小根美紀(こねみき)は強引に休みを取り、辺鄙な温泉宿を訪れた。
周辺を散策していた彼女は、猫と小さな神社を見つけ、不思議な出来事に巻き込まれていくのだった。


選択肢あり、猫、ホラー、四十五分ほどで読み終わりました。
システムは文章表示速度が変更できず遅めなことがやや不便でした。
音楽は特に合わないような箇所なし。
立ち絵は影絵。

主人公が温泉宿やその周辺でいろいろな出来事に遭遇します。
エンディングは九種類。
他のエンディングを全部見てから読んでほしいと注意が入るルート(最終ルート)が、
結構すぐ終わってしまった印象で、もう少し最後だという盛り上がりが欲しいと思ってしまいました。
ですが現実的で世知辛い結末から、人ならざるものが登場する結末まで、色々な話を読むことができました。
また、怖い目に遭うことを除けば辺鄙な温泉宿というシチュエーションも魅力的で、
同じように誰もいないようなところに行ってみたいなあと思えました。怖い目には遭いたくないですが!
(2021/2/26)

 

とある心療内科にて/seko(フリーソフト)

リンは妄想を治すため、母に連れられ歯医者を訪れる。
そこではどんな病気も歯医者が診るのだった。


選択肢あり、妄想、心療内科(歯科)、三分ほどで読み終わりました。
システムは特に不便な箇所なし。
音楽は効果音(環境音)のみ。
絵は患者のもののみですが、
先に「人形遊び」をプレイしたので歯医者の九先生のビジュアルが目に浮かんできて、
今回九先生の言動はそれなりにまともなのになんだか可笑しかったです。

心療内科(歯科)での診察の様子が描かれています。
エンディングは三種類。
リンと母と九先生の関係性が、選択肢でガラッと変わるのが巧みな作品でした。

とある総合病院にて/seko(フリーソフト)

仕事中にめまいを感じ、国立総合病院を訪れた今谷和樹。
検査の結果、医師から危険な状態だと言われてしまい……。


選択肢あり、病院、ホラー、十分ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は実写の医師や看護師画像使用。

主人公が総合病院で酷い目に遭います。
エンディングは四種類で、例外なく酷い目に遭います……が、
ルートによっては、これはこれで(色々諦めてしまえば)幸せな結末もあって、
薄ら寒くなりつつもちょっと羨ましかったです。

過去の作品感想:とある温泉宿にて
(2021/2/28)

 

人形遊び(完全版)(15推)/seko(フリーソフト)

人形の店malum(マールム)を訪れた「あなた」は、
店主から人形を手に取って遊んでごらんと言われる。
六体の人形のうち、「あなた」が手に取ったのは……


選択肢あり、人形、ホラー、二時間半ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。EDに歌あり。
絵は不気味なものが多いですが、雪だるまや魔族の子など可愛らしいものも。
VS魔族エンドのポーズが格好良くてお気に入りです。
あと誤郎さんは似過ぎ……

六体の人形から一体を選んで、その人形のストーリーを読むことができます。
ホラーが多めですが、ラブコメや昔話、探索などバリエーション豊富でした。
メタネタやパロディネタ、過去作との関連もあり。
お気に入りは市松人形のいちこ編。
一見不気味な見た目とは裏腹、個性的な登場人物が可笑しかったり、
いちこシナリオ全体を通じてそうですが、特にラストでグッとくる友情があったりで読み応えありました。

こけしのシケ子編はベタなラブコメやパロディで気楽に読めました……が良くないエンドも。
ビスクドールのアワーリティア編はヤンデレ。
でもアワーリティアとその姉妹は他の話でも結構出番があって愛着がわきました。
人体模型の人体くん編は廃病院をクリックして探索していきます。過去作「とある総合病院にて」の病院とのこと。
隠し通路の情報を聞いても当たり判定が小さくて探すのが結構大変でした。
藁人形のエド編はバッドエンドルートの展開にびっくりしました。
トゥルーエンドは他の人形の境遇も聞けて、より他の人形にも親しみを持つことができました。
雪だるま編はまず人形? と突っ込みを入れましたが……しっかり人形の話でした。
割りと雪だるまに最初ひどい仕打ちをしてしまいましたが、
大切に扱えばほのかなラブストーリーになって、切なくも暖かくなりました(暖かいと雪だるま的にヤバいですが)

過去の作品感想:とある温泉宿にてとある心療内科にて、とある総合病院にて
(2021/3/2)

 

りかメア!-RE;KINDLING NIGHTMARE!- Ver1.0/ますみソフト(500円)

卯月夢見野学園で魔法少女「プリティ★スターノ」として敵と戦っている星野あゆみ。
ルームメイトの岬真衣に正体がばれてしまいぎくしゃくするも何とか仲直り。
……そんな日々、ずっと続けばいい?


選択肢あり、百合、夢、一時間ほどで読み終わりました。
「りかラバ! -REKINDLING LOVERS!-」の感想はこちら
「りかラバ!FD」の感想はこちら
システム、音楽、絵は前作までと同様。

「りかラバ!」三部作の最終章。
いきなり魔法少女なはじまりですが、そうなるまでの出来事と、その先が描かれています。
強迫観念と強迫行為を振り払えないあゆみは見ていて痛々しかったですし、
あゆみを本当に救うことができない真衣の歯がゆさも伝わってきます。
また、エクストラシナリオ「4月1日のあなたへ。」も
「りかラバ! -REKINDLING LOVERS!-」の「4月1日の君へ。」と対になっていて、
三部作のラストにふさわしい終わり方だと思えました。
(2021/3/4)

 

キャンパストーク (1.01)/言ノ葉迷宮(フリーソフト)

女子学生の川嶋はキャンパスで好みの声をした女子学生に興味を惹かれる。
罪悪感を覚えながらも後を付ける中、川嶋はとあるゲームを思いつくのだった。


選択肢あり、推理、名前、二十分ほどで終わりました。
システムは重要な部分が黄色く表示される機能があるのですが、
そこでスキップが止まるかどうか選択可能なところがありがたかったです。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は影絵。

気になる女子学生のことを推理して、最終的に答えを文字入力します(もしくはわからなかったとあきらめます)
エンディングは三種類。
最初主人公が男だと思っていたのでこれはまずいのでは……と思いましたが、女性だったので……まあセーフ?
エンド2(入力したものの間違っていた結末)が羞恥心を掻き立てられるもので、我が事のようにぞわぞわしてしまいました。
推理は、私はヒントをもらってようやく正解できました。
ヒントなし段階で怪しいところに引っ掛かりを覚えていたのに答えに結び付けられなかったです……。

過去の作品感想:
Reason of Detective夏、セミ、少女deep-sea fishes in gloomかげろうは涼風にゆれて幽霊相談室変調・幽霊相談室テオとセァラわたしには聞こえる中夜の考察world rewinder正義のキヅナたんたん 〜単選択肢短編集〜七つ下がりの雨うず巻く流れのゆきつく先は学期末のアウトサイダーオカルト儀式と幽霊と
(2021/3/6)

 

ナツイロセールトリムSail1 Ver3.00/少年舎(500円)
ナツイロセールトリムSail2 Ver.1.01/少年舎(500円)

飯島みなとは青春を追い求める女子高生。しかし水泳部としての最後の夏は、不完全燃焼で終わってしまった。
そんな中、アメリカ帰りでヨットの世界ではその名を知られた田波瑠璃(たなみるり)が同じ学校に転入してくる。
ヨットに青春を感じたみなとは、瑠璃と組んでヨットレースに参加することになるのだった。


選択肢なし、セーリング、青春、Sail1は二時間十五分、Sail2は三時間ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。OPにムービーと歌、EDに歌あり。
OPムービーは実写も交えたもので青春や懐かしさといった情緒を感じさせるものでした。
作中にもレースシーンなどで3Dムービーが使用されていて迫力がありました。
絵は普段のシーンでは可愛らしく、レースシーンでは凛々しかったです。
あとSail2のずしおがめっちゃゴツイですね……。

Sail1ではみなとが瑠璃と出会い、セーリングをはじめる第1章と、初レースの第2章を読むことができ、
Sail2ではレース後の出来事と、新たなレースに挑む第3章を読むことができます。
しおさいのセレナードの十三年後が舞台とのことで、共通する登場人物も。
セーリングをやることに決めた後、練習シーンをほぼカットしてレースが始まるので、
最初の熱が冷めないままレースの盛り上がりに繋がっていました。
みなとの境遇から瑠璃の将来も巻き込む第3章も起伏が激しく読みごたえがあります。
それに、レースシーンだけでも真剣さや緊迫感、接戦や逆転が熱く描かれていて、セーリングに興味を抱きました。
江の島や藤沢の変わりゆく姿や、女子高生を見守り昔を想う大人組、といった郷愁もぐっとくるものがあります。
達成感も無力感も味わいながら進んでいくみなとたちがまぶしくて、熱くて、青春だ! と思える作品でした。

過去の作品感想:しおさいのセレナード
(2021/3/8)

 

コンフリクトガール 製品版Ver1.00/ミラーイメージ(DL販売1430円)(DL版の購入はこちら)
※2020/12/30の拍手でご紹介いただきました。ありがとうございます!

相川(あいかわ)のぞみはテスト勉強を手伝ってもらおうと、クラスの優等生で家が隣の篠塚皐月(しのづかさつき)に声をかける。
共に過ごす中で段々と皐月と仲良くなってゆくのぞみ。
しかし、いつも優しい皐月はふとした拍子に危うさを見せることに気付くのだった。


選択肢あり、百合サイコサスペンスアドベンチャーとのこと、四時間半ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は可愛らしい絵柄でしたし、ちっちゃいのぞみとすらっとした皐月の体格差が微笑ましかったです。
なお胸のサイズは体格とは逆にのぞみの圧勝。一枚絵は三十一枚+差分+α。

のぞみが隣に住む皐月に惹かれますが、普段は優しい皐月の綻びに気付いていきます。
エンディングはトゥルー一種類、ノーマル一種類、バッド九種類。
のぞみが皐月のことを意識していく過程が丁寧に描かれていましたし、
それ取り巻く友人や大人も良い人たちでした。
それでもなお、皐月の危うさに不安を感じながら読み進めての終盤、
色々なことが立て続けに起こり恐ろしくも目が離せませんでした。
バッドエンドでは、のぞみと一緒にいる期間が長いほど、皐月が折れる年数が短くなるところが切なかったです。
メイン二人、のぞみは元気で健気で好感が持てましたし、皐月も色々あれども気に掛けたくなる子で、
紆余曲折の末、トゥルーエンド後のタイトル画面を見たときには心底ほっとすることができました。
(2021/3/10)

 

恋はアルフライラ(乙女18禁)/HONEY & PASSION(DL販売1100円)(DL版の購入はこちら)

砂漠の国のお嬢様、ラティーファはお転婆ながら優しい心を持っていた。
彼女には常に付き従う忠実な従者、アシュファクがいた。
ある日、隣国の第一王子、マーリク・アル=ムルクとの縁談を聞かされる。


選択肢あり、恋愛、アラブ風、ボイスあり、一時間半ほどで読み終わりました。
主人公名前変更可。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵はタイトル画面が目を引きます。
また、主人公の切羽詰まった表情と、男性の余裕ある表情の差も印象的でした。一枚絵は十枚。

従者と自由な日々を過ごしていた主人公ですが、突然尊大な隣国の王子との結婚話が持ち上がります。
エンディングは二種類。
ストーリーは若干あっさり気味に感じる部分もありましたが、
マーリクとアシュファクもタイプが違う魅力があって、想いが通じたときは幸せな気持ちになることができました。
また、主人公が経験がないものの最初から感度が良くて、気持ちよさに戸惑う所が色っぽかったです。
(2021/3/12)

 

家出少年ほころくん(12推)/cream△(フリーソフト)

子役のほころ君は役作りのため、一週間家出をしてみることにする。
家出先は、SNSで知り合った女子大学生の美々子の家。
ほころ君に優しく接してくる美々子だったが……。


選択肢あり、サスペンス、家出、パートボイスあり、二十分ほどで読み終わりました。
システムは文章表示速度が遅めで変更できないこと、
バックログがないことがやや不便でした。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は美々子さんが奇麗でしたが時折不気味でした。

女子大学生一人暮らしの家に、8歳の子役が家出体験をしにいきます。
エンディングは四種類。
ほころ君が基本的に甘やかされますが、ふとしたことで不穏な雰囲気になります。
お気に入りは兄エンド。エピローグにびっくりさせられました。
とりあえず、どのエンディングでも美々子さんは幸せそうで良かったです。……ほころ君はともかく。

過去の作品感想:つばさヘブンかみさまの棺powdergray消灯コーヒーアイシテルゲーム。〜彼女たんとイチャコラお家デート〜トラウマーメイド女中浮世の怪談
(2021/3/14)

 

Re;quartz零度 製品版 ver1.02(BL)/B-cluster(DL販売3630円)(DL版の購入はこちら)
※2020/12/29の拍手でご紹介いただきました。ありがとうございます!

殺されても翌日零時に蘇ったり、同じ日が続く「リセット世界」を起こすことができる「サヴァン」という者たちがいた。
世界的な影響力を持つ「教会」の暗部を担う「組織」に所属するサヴァンであるユニは極東に派遣される。
しかし船から出たとたん、何者かに殺されてしまうのだった。


選択肢あり、ループ、サスペンス、パートボイスあり、十六時間四十五分ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。OPにムービーと歌、EDに歌二曲あり。
OPムービーはアニメーションで違和感を覚える部分がありました。
ED歌はどちらも本編の多かれ少なかれ上手くいかない結末に合った余韻を感じさせる歌でした。
絵は登場人物皆奇麗で一枚絵も絵になっていました。一枚絵は三十八枚+差分。

リセットしてループする世界の中で、ユニが自分を殺した犯人を捜しつつ、リセットを解消しようとしていきます。
ルートがある登場人物は四人で、それぞれに表ルートと裏ルートがあり、
エンディングは十九種類で、うち三種類は共通ルート(体験版部分)ED。
何度もループもしくは生き返りをするので、時折だれ気味に感じてしまう部分がありましたが、
リセットを起こす鍵となる「紐付け」のニジョウルートはニジョウさんが最初ユニのために何でもしてくれて絆されたので、
リセットの原因やニジョウさんルートでの展開でユニと同じ気持ちを味わうことができました。
ユニと同じサヴァンのマナルートは珍しく(多少の食い違いはあるものの)しっかり両想いになれるルートで、
とにかくマナがユニのために(マナが思う「ユニのため」であるものの)行動してくれるので、
いちばんほっこりすることができました。一番血生臭くはありますが!
コノエとリオの裏ルートはルート制限がかかっているだけあって世界自体に関わる内容で、
それまで以上に物語に巻き込まれていく気持ちを味わえました。
BLではありますが、双方が幸せになる結末はほぼなく、愛憎や無力感がたっぷり詰まった作品でした。

過去の作品感想:
Last Convert 体験版Re;quartz
(2021/3/16)

 

CHIN★POCO 〜妖精さんのお茶会〜 ver2021/2/16/CURARE(フリーソフト)

上野で探偵をしている九条 大吾(くじょう だいご)のもとへ、佐倉 京子(さくら きょうこ)という女子高生が依頼にやってくる。
その内容は、下着泥棒事件の解決。
そのことをきっかけにして、大吾の過去が関わってくるのだった。


選択肢なし、変態、コメディ、五十分ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。OPにムービーと歌あり。
絵は変態でした。でも変態たちは無駄にいい表情をしています!
あとタイトルロゴがぱっと見とてもファンシーです。一枚絵は三枚+差分。

大吾が変態と向き合っていきます。
名のある変態ばかりの中、京子ただ一人が常識人で、
だからこそツッコミしっぱなしになるのが不憫可愛かったです。
変態たちの闘いは真剣、かつ楽しそうなもので、
彼らの宴を次々と見守ることが小気味よくて……ちょっとうらやましかったです。
(2021/3/18)

 

勇者ながめ ver21/02/02/kagaya(フリーソフト)

魔王討伐を王様から依頼された勇者は、魔王がいるとされる東へと向かう。
その道中、困っている人々を助けたり、頼れる仲間と出会っていくのだった。
……でも、ちょっとテンポ悪くない?

レベル上げ選択あり、デバッグ、RPG、四時間ほどで魔王を倒していました。
音楽は特に合わないような箇所なし。

魔王を倒す王道RPGを、勇者の行動に応じて手に入るデバッグポイント(DP)を用いてデバッグしていきます。
とはいえバグがあるというわけではなく(DPの使い道によっては勇者にバグのような挙動をさせることができますが)
遅すぎる歩行速度や暗転、迷ってばかりのダンジョン探索、悩みに悩む買い物といったものをDPで高速化、効率化させていきます。
勇者は自動で動いていき、DPを使う以外は一切干渉することができません。
その自動で探索や選択を行うことや、勇者が行動している最中にデバッグルームで色々操作できること、
確率でフォントが変わったり文字が逆さまになったりする挙動も設定できることなど、超技術にすごいと思わせられました。
ただオートセーブでスロットが一つしかないため、最初からやり直すにはデータを消すしかないところはやや面倒でした。

何もせずながめているだけでも魔王を倒せるのでしょうが、それでは時間がいくらあっても足りないため、
DP溜め系のデバックをDPである程度強化した後に、歩行速度上昇や戦闘エフェクト高速化を行っていくのが王道と思われます。
使えると思ったのは、勇者が歩く度にDPが溜まるものと歩行速度上昇の相乗効果。
あと、戦闘アニメーション(呪文エフェクトなど)を短縮すると戦闘が露骨に快適になって、
「こんなRPGは嫌だ」を身をもって思い知ることができました。
あと、デバッグポイントが余るようになってからは、デバッグレベルを1ずつ上げるのが一番大変という……
デバッグルームのデバッグルームが欲しい!!

過去の作品感想:ぶきあつめ 〜なんでも武器になるRPG〜
(2021/3/20)

 

シリアルキラーの名前 Ver1.01/物置の中の骸骨(フリーソフト)

会社を辞めた赤石環樹(あかいしたまき)は音楽をしながらバーで働くことになる。
ジョン・ドウと名乗るバーの常連客は、環樹のことをマリモというあだ名で呼んできた。
段々と仲良くなっていく二人。しかしジョンは不審な行動をするようになり……。


選択肢なし、サスペンス、同性愛、ボイスあり、四時間十五分ほどで読み終わりました。
名前入力あり。
システムは特に不便な箇所なし。
音楽は危うい話の雰囲気に合っていました。OPにムービーと歌、EDに歌あり。
絵は違和感を覚えるものもありますが、それぞれの場面で感情が描かれていました。
味のあるアニメーション演出も多くありました。一枚絵は五十四枚+差分。

第一章は環樹視点で、第二章はジョン視点で、二人の交流やジョンの行動が描かれていきます。
前半は動きが少なめですが、終盤に一気に物語が加速しました。
環樹から見るとミステリアスで自由奔放なジョンが、
ジョン視点を読むとこんな風に思って行動していたのかということが知れて興味深かったです。
ただお互いに、若干恋は盲目という気はしますが……!
絵もテキストもボイスも音楽も演出も、全体を通して狂気をはらんだ独特の雰囲気がある作品でした。

過去の作品感想:廃工場と死とラセツトワイライトは反転する
(2021/3/24)

 

雨上がりのあの場所で ver1.20/EIME(1000円)
※2021/2/17の拍手でご紹介いただきました。ありがとうございます!

幼い頃に事故で記憶を失った涼(りょう)は「美しいモノ」に執着していた。
梅雨の雨が降る日、彼は白いワンピースの少女、かすみに目を奪われ、会話を交わすことになる。
学校ではとある部活動に所属し、先輩や後輩、友人、幼馴染とにぎやかに過ごしていくが……。


選択肢あり、恋愛、学園青春、十一時間十五分ほどで読み終わりました。
システムは特に不便な箇所なし。
音楽は梅雨の湿度、水気を感じさせる曲が多く、舞台に合っていました。
OPにムービーと歌、EDに歌あり。
主人公視点で作品全体を歌ったOP歌も、かすみの気持ちを歌ったED歌もお気に入りです。(解釈違いかもですが)
絵は通常の立ち絵や一枚絵は奇麗でしたし、SD絵はとても可愛らしかったです。
それだけにCGモードがないのが残念でした。

最初は幼馴染の結葵(ゆき)、部活の先輩美澪(みれい)、部活の後輩でバイト漬けの陽花(はるか)の三ルートを読むことができ、
全て読み終わるとかすみルートに入ることができるようになります。
お気に入りは美澪先輩。クールビューティーなのにゲームがめちゃくちゃ弱くてそれ以外も隙多めで可愛らしかったです。
陽花も健気で応援したくなりました。
結葵は……まあ、うん……過去のことは仕方なかったと思いますよ!
共通ルートでは部活のみんなによる真剣勝負がどれも面白くて、
楽しんでいることが伝わってきましたし、青春しているなあと感じられました。
かすみルートは集大成といった感じで「美しいモノ」がテキストでもビジュアルでもしっかりと美しく描かれていましたし、
共通ルートや他ヒロインルートで気になったことがしっかり回収されていて、
読み終えた後に寂しさと、たっぷりの満足感を味わうことができました。

過去の作品感想:届けそらの彼方まで
(2021/3/26)

 

TOWER of HANOI ver2.06(12推)/せがわ(フリーソフト)

感情を持ったアンドロイド「HANOI」のストレスが問題となっている世界。
HANOIのストレス発散のためのバーチャルゲーム「TOWER」が開発されていた。
監察官のコーラル・ブラウンは、十人のHANOI達と共にテストプレイをしていたが、想定外のバグに遭遇してしまうのだった。


選択肢あり、RPG、アンドロイド、二十四時間ほどでおまけ部屋まで終わりました。
システムはキャラ選択やマップ選択画面等の操作性が良くなくて、
レトロゲーム風にしているのはわかるのですが
せめて頻繁に使用するキャラ選択画面はもう少し選びやすくしてほしかったです。
音楽は静かだったり寂しげだったりする曲が多く使用されていました。
絵はマップ移動時も立ち絵もドット絵で、舞台のバーチャルゲームに合っていました。
戦闘時にアニメーションもあり。

十人のHANOIと三つある塔を攻略しようとしていきます。
HANOIはTOWERに参加させられるだけあって様々なストレスを抱えていますが、
その多くは、人間に絶対服従でいいように使われていることが原因となっていて、
戦闘などで親密度を上げることで、それぞれの境遇を知ったり、悩みを解消していったりします。
エンディングは基本的に二種類で片方はキャラ別エンドあり。他にバッドエンドもあります。
主人公のストレス値が高くなるとメッセージウインドウなどが変わったり、
進行状況や親密度、選んだキャラクターなどによって変わる台詞など、細かなところまで作りこまれていました。

戦闘は初見ではやられることもありましたが、
装備やキャラを変更したりレベルを上げたりすればあまり苦労せずに突破できました。
精神系の技を使うキャラは大体打たれ弱いうえ、主人公の使う攻撃守備強化技とも相性があまり良くないので、
物理キャラのローランド、ナナシ、ミラ、ジョルジュあたりをメインで使用していました。
ただ、親密度を上げるための戦闘もしくは補助アイテム集めや、
キャラ別エンドを見るためのラストダンジョンとラスボス周回(十周)には、
作業感を覚えてしまう部分がありました。

話はどのHANOIも良い子で、主人公も彼らを尊重し、親身に関わってくれるので、
過去の境遇に悲しくなれどもそれが癒されていき仲良くなっていくのがほっこりさせられました。
HANOIと主人公だけでなく、HANOI同士も仲良くなっていくのも良かったです。
そうした会話で人となりを知ることができ、キャラクターみんな魅力的に感じられました。
お気に入りは調理用HANOIのジョルジュ。
台詞が詩的すぎてよくわからないながらも深い愛が感じられるもので、一緒にいて心地良かったです。
あとコーラル・ブラウン氏には長い間下着ドロの汚名(シンディイベント)を着せていてすみませんでした。
ルート分岐直前までどちらにも行けるよう進めたので親密度これ以上上げられなかったのです……。

しかし現実世界はHANOIに優しくなくて、バーチャルでもバグが侵食していきます。
塔内部は正常な状態でもおぞましかった(バーチャル人間をHANOIに殺させてストレス解消がコンセプト)ですし、
バグに侵食された状態も気味悪さの連続でした。
その上、普通に進めていくとたどり着くルートでたっぷり親密になった主人公とHANOIを知っているからこそ、
条件が厳しいトゥルーエンド2ルートがより残酷な展開に感じられました。
同時に、万が一でもそういう可能性があると知ることで、
キャラ個別エンドとおまけ部屋がいっそう、救いとなりました。

過去の作品感想:END ROLL
(2021/3/28)

 

怒ると死にます。 Ver1.11/Petit(フリーソフト)

いつも一言多いせいで周囲を怒らせている七見 直(ななみ なお)は、
幼馴染で怒りっぽい葵 美喜(あおい みき)が怒ると死ぬ奇病に罹ったと知らされる。
治すためには愛が必要と告げられた二人は恋人同士となるが……


選択肢あり、恋愛、コメディ、ボイスあり、三十分ほどで読み終わりました。
システムはバッドエンドが多いのでリトライ機能が有難かったです。
音楽はクラシック曲が使用されていてその壮大さが可笑しさに繋がっていました。EDに歌あり。
絵はしょっぱな(タイトル画面)からヤムチャパロディでコメディ展開を予感させます。
美喜の立ち絵はLive2Dで動きますし、ドット絵も可愛らしかったです。一枚絵は二枚+差分+クリア絵三枚。

美喜を怒らせない選択をして、美喜を死なせないようにしていきます。
選択肢は制限時間付きで、間違った選択をするかタイムオーバーでバッドエンド(死)
難易度は三段階あり、最高難度では狙ってタイムオーバーにさせようとしてきます。
短めの話とはいえバッドエンドの展開がほぼ怒らせ死のため、若干マンネリを感じてしまう部分がありました。
ですが序盤二人が付き合うまで怒涛の展開で、怒ると死ぬ奇病を「そういうものなんだな」と納得させるパワーがありましたし、
そこかしこに小ネタがちりばめられていてサービス精神たっぷりな作品でした。

過去の作品感想:お兄ちゃん、デートです! 2マサユメテンシ
(2021/3/30)

 

汝の神を愛せよ 18禁追加シェアパッチ Version1.0(18禁)/露骨(フリーソフト/18禁パッチ100円)

十二歳の時、司教によって孤児院から引き取られた少女は、司祭となり、司教と二人田舎の教会で暮らしていた。
彼女は司教のことは慕っていたが、教会の教えには違和感を抱いていた。
十八歳を迎える日、司教は贈り物があると言い司祭の部屋を訪れるが……。


選択肢あり、宗教、恋愛、一時間半ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵はエンド1の司祭の視線が、覗き見を咎めているようでドキッとさせられました。
司祭の立ち絵は基本困ったような糸目の表情で、喰えなさと納得できない教義への諦念を感じられました。一枚絵は四枚。

異能がある世界のとある宗教の教会で、十八歳を迎えた司祭が、半ば強制的に身の振り方を迫られます。
エンディングは七種類。
18禁追加シェアパッチを当てるとおまけシナリオが追加されます。18禁部分には絵なし。
立場によるしがらみ等が前提としてあれど、本編はほぼ教会内で司教と司祭の会話、もしくは司祭の思索で進んでいくため、
二人の関係を重点的に追っていくことができ、短くも濃密な内容になっていると感じられました。
お気に入りはエンド1。神を信じられなかった司祭が「汝の神」を定めるところと、それに司教が救われるところにぐっときました。
それにしても司教はとことんこじらせていますね……!

過去の作品感想:空夜の果てまで連れてって
(2021/4/1)

 

ラシュイットリーテ Ver.1.03(12推)/笹見 観(フリーソフト)

ラシュイットという町で百年に一度のお祭りが開かれようとしていた。
町長の子である主人公は、兄で町長代理のミハルから、祭りの準備をする人たちを手伝うように言われる。
祭りまでの一週間、主人公は準備を終えることができるのだろうか。


選択肢あり、ほのぼの日常系ファンタジーADVとのこと、三時間半ほどで読み終わりました。
主人公の性別及び名前変更可。
システムはRPGツクールVXAce製。そのためかスキップ速度が遅めでした。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は歌姫エンリカのドヤ顔が可愛らしかったです。一枚絵は十七枚+差分。

主人公がラッシェという喋る猫と共に四か所で祭りの準備を手伝っていきます。
手伝いは一日二回できますが、効率よく終われる選択をするともう一回追加手伝いができるようになります。
エンディングは十一種類ですが、主人公の性別によって内容が異なる個別エンドもあるのでそれ以上のバリエーションがあります。
恋愛になりそうな結末もありますが、基本的には友情メイン。
漫画などのネタ多め。
どちらの性別でもメインストーリーの流れは同じですが、女主人公の方はぽえぽえしていました。
男主人公の方は勇ましいもののたまにメンヘラっぽい言動も。
祭り中のトラブルや、終盤の展開には結構重苦しかったり命がかかっていたりしますが、
のどかなラシュイットの人々や、一癖ありながらも優しいメインキャラ、なにより主人公の人柄から、
なんとかなるという安心感を抱くことができ(サボるとなんとかなりませんが)、読んでいて優しい気持ちになれる作品でした。
(2021/4/3)

 

お前のスパチャで世界を救え ver2021年1月20日/misosio(フリーソフト)

Vtuber(バーチャルQootuber)、「春樹花(はるきげ)にあ」が動画をすべて消し、消息不明となってしまった。
彼女を推していた主人公が失意に沈んでいると、消息不明になる一週間前にタイムスリップしていた。
主人公はコメントやスパチャ(スパークチャット)で彼女を励ましながら、真相を探っていくのだった。


選択肢あり、Vtuber、ミステリー、一時間ほどで読み終わりました。
主人公名前変更可。
システムは文章表示速度が変更できず遅めなことがやや不便でした。
音楽は特に合わないような箇所なし。挿入歌あり。
絵はにあちゃんがとっても可愛らしく、実際のVtuber同様にアニメーションするので、
こちらのコメントやスパチャに反応してくれたときにより嬉しく感じられました。
配信画面や動画一覧などもしっかり作りこまれています。

タイムスリップした主人公が、コメントをしたりスパチャを投げたり、
にあらー(にあのファン)にコンタクトを取ったりしながら同じ未来にならないように行動していきます。
真相はプレイヤーが推理するわけではなく、順当に進めれば主人公が閃いてくれました。
エンディングは六種類。
私はVtuber配信を見たことはほとんどありませんが、
コメントやスパチャの拾い方とか、視聴者の一体感とか、あるいはこのコミュニティでしか通じないであろうワードとか、
Vtuberが配信をしている雰囲気をしっかりと感じられます。
特に一番最後にスパチャを投げる場面は、色々と行動していたものの
本当に真相を突き止められるかわからずにタイムリミットがじりじりと迫っていく中、やってくれたぜ! と喝采したくなるもので、
コメントなどの盛り上がりも相まってとても熱いシーンでした。
あと、にあらー同志の「かたラーメン」氏は漢。メインストーリーはもちろん、主人公がやらかしたエンドでも格好いい所を見せてくれました。
(2021/4/5)

 

好きだ! Ver1.06(乙女)/塩原しのぎ(フリーソフト)

文化祭を目前に控えた高校二年生の主人公。
一年生のころから仲の良かった津田滉斗(つだひろと)達クラスメイトと出し物の準備をしていく中、
新しく知り合った後輩の小野寺陽(おのでらひかる)と、先輩の桐島(きりしま)りつとも関わっていくのだった。


選択肢あり、恋愛、女攻め、一時間と少しで読み終わりました。
主人公名前変更可。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は男性陣の表情が豊富で、特に桐島先輩の照れ顔が可愛かったです。
背景のモブ生徒バリエーションも豊富でした。一枚絵は二十枚+差分+α。

文化祭までの間に男子生徒と仲良くなっていき、一緒に文化祭を回ったりします。
エンディングは各キャラ三種類に加え、隠しキャラエンドと共通ノーマルエンドあり。
一つ一つの場面は短く簡潔ですが、選択肢の数や、好感度等による台詞変化が多く、短めの話ながらも作りこまれていました。
なにより主人公が格好良すぎます。
男の子を壁ドン床ドンお姫様抱っこは当たり前で、日常の選択肢でも豪傑っぷりを発揮してくれました。
一番すごいと思ったのは自転車二人乗りでかなり高い丘の上まで登って平然としていたところです。
そんな主人公に助けられたり振り回されたりする男性陣も可愛らしくて、ニヤニヤしてしまう作品でした。
(2021/4/7)

 

隠さなきゃ ver2020/10/17(15推)/染居 衣奈(フリーソフト)

鈴元理恵は小学校のテストでクラス一位を取った。
その点数は96点。理恵は思った。
お母さんに怒られる。隠さなきゃ。


選択肢あり、隠蔽、母娘、一時間十五分ほどで読み終わりました。
システムは文章表示速度が遅めで変更できないこと、
演出がスキップできないため読み返すのが大変なことがやや不便でした。
音楽は様々な場面で流れる「いつくしみ深き」から郷愁と取り返しのつかない不穏さを感じられました。
絵は背景のみ。

最初小学校時代の四章から始まり、三章、二章と主人公の年齢が上がっていきますが、
その都度隠さなきゃいけないことが発生します。
隠しきれないとエンディングとなり、隠すことに成功すると次の章に移るという作りで、
次の章へ行くための選択肢は隠しきれないエンドで出るキーワードを集めると出現します。
エンディングは十八種類。
子供のころは隠そうとする内容も、隠しきれなかった時の結末も微笑ましいものが多かったですが、
段々と不穏な内容が増えていきましたし、エンディングの多くが「更生」で終わるので、
章を追うごとに嫌でも良いとは言えない結末に向かっているのがわかって重苦しい気持ちになりました。
段々隠し方の選択肢が減っていくのも閉塞感を覚える作りです。
そうした末の赤い選択肢ラストの言葉も、タイトル名と話の内容を表した一言で印象的でした。
お気に入りは三章の隠す必要なくなったエンド。
めちゃくちゃ健全な未来を思い描けました。

それにしても最初は96点で隠さなきゃと思うなんて母親はどんな酷い人なんだと思いましたが、
自分の子供のころを思い返すと、怒られることを過剰に恐れたり、怒られることではないのに怒られると思いつめたりしたので、
多少厳しいかもしれないけれども決して酷いとまでは言えない母親だよなあと思い直しました。
子供のころのエピソードは自分を重ねて恥ずかしくも懐かしくて微笑ましい気分になれましたし、
そこから上手く「隠せてしまった」ことでかえって母親と適切な距離感を掴めず、
呪縛に囚われ続けてあの結末を迎えてしまうという構成が巧みな作品でした。

過去の作品感想:蕎麦といえば出雲そばだよなァ!?
(2021/4/9)

 

アドヴェント・カレンダー ver.1.1.1/染居 衣奈(フリーソフト)

十四歳の女の子、七星 主(ななほし つかさ)は十歳年上の牧師、降待 望(ふるまち のぞむ)のことが大好き。
何故なら彼のことが(あんまりよく覚えていないけれど)前世から大好きだから。でも彼は全く前世の記憶がないという。
クリスマスを控えたある日、主は望からアドヴェント・カレンダーを貰うが、以降不思議な夢を見るようになるのだった。


選択肢あり、前世、待降節、三時間ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵はキャラメーカー使用。
タイトル画面に色々仕掛けがしてあって、探しがいがありました。

一日に一枚ずつアドヴェント・カレンダーをめくって四日間で一つとなっている前世の夢を見て、
どの夢を前世と定めるか、もしくは定めないかを決めていきます。
エンディングは各前世エンド六種類、バッド二種類、トゥルー一種類。
一度見た前世は周回プレイ時にスキップすることができますが、
スキップするかどうかと夢を受け入れるかどうかを毎日選択することになるため二周目や読み返しするのはやや面倒でした。
ですが、前世の数々も、トゥルーエンドも悲劇で、それだけではないにしてもやるせない気持ちになりましたし、
逆に現世の望大好きしか頭にない主の言動は可笑しかったです。

過去の作品感想:蕎麦といえば出雲そばだよなァ!?隠さなきゃ
(2021/4/11)

 

エレベータ 〜性格不安定な僕とみよちゃんの物語〜 ver1.11/DIGITALL(フリーソフト)

残業を終え、課長と共に乗り込んだエレベーターが故障してしまう。
エレベーターにはもう一人、会社のマドンナである秘書課のみよちゃんが乗り合わせていた。
救出されるまでの間、三人の時間を過ごすが、主人公は性格が不安定だった。


選択肢あり、コマンド選択式FC風レトロADVとのこと、一時間足らずで読み終わりました。
システムはレトロ再現なため快適とまではいえないものでした。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵はタイトル画面からもうファミコンっぽさ全開でしたし、
課長やみよちゃんの解像度が荒いながらも、しっかり感情が表現されていました。
あと、スタッフロールのみよちゃんが美しすぎてドキッとさせられました。

「はなす」や「しらべる」「もちもの」といったコマンドを駆使してエレベーターから脱出しようとしていきます。
主人公はちょっとしたことで「せっかち」「くいしんぼ」といった性格が付与され、
その性格によって脱出後の結末が分岐します。
エンディングは十二種類。
変な行動をした時のみよちゃんのコメントが切れ味たっぷりでしたし、
基本自分勝手な課長が、主人公の性格によっては奇麗で格好良くなるのも可笑しかったです。
また、最初は「ぼんじん」だった主人公が付与された性格次第で全く違う対応をするためED回収のし甲斐がありましたし、
スタッフロールありエンドにたどり着けたときには達成感を覚えることができました。
(2021/4/13)

 

かみかくしの夜 ver1.11/DIGITALL(フリーソフト)

大学生の岩槻真一郎は彼女の橘理沙や登山サークルのメンバー達と冬の北アルプスを登っていたが、
体力が低下したメンバーがいることからやむなく近くにある洞窟に避難する。
しかしそれが惨劇の始まりだった。


選択肢あり、サスペンス、クローズドサークル、三時間ほどで読み終わりました。
システムは(システム以外も)かまいたちの夜オマージュで、
オートセーブながら前回のプレイで読んだことのある任意の章に飛べる配慮がされていましたが、
それでもやはり読みたい場面をすぐに読むことができないというのはやや面倒に感じてしまいました。
音楽は特に合わないような箇所なし。OPにムービーあり。
絵は影絵。部長のポーズがヨシ!に見えて可笑しかったです。

雪山の洞窟で次々に行方不明者や死者が発生していきます。
エンディングは七種類。
作中で犯人を特定するためには動機を考えても意味がないというようなことが語られていますが、
実際の犯人の動機もそういうものなこともあって、終盤の印象や読後感としては少々味気無さを感じてしまいました。
ですが中盤までは逃げ場のない場所で一人、また一人と殺されていったり、
サークル内で不和が生じたりという所を恐ろしく感じられました。
お気に入りは部長。典型的なコイツ殺されるだろうなムーブをしながらしぶとく生き残っていて、
話を進めるうえで使い勝手がよさそうだなあと生暖かく見守っていました。

過去の作品感想:エレベータ 〜性格不安定な僕とみよちゃんの物語〜
(2021/4/15)

 

ファントムゾーン クリプトファシア完全版 version10012/ファントムゾーン 観測室(DL販売1320円)(DL版の購入はこちら)
※2021/3/4の拍手でご紹介いただきました。ありがとうございます!

夜森市では様々な超常現象が発生していた。
一卵性双生児で人並外れた聴覚を持ち、お互いの感覚を共有している白羽秋人と白羽冬人は超常現象に巻き込まれた所を学校の先輩、陣内真に解決してもらう。
以降、半ば強引に彼女の助手とされてしまい、様々な超常現象を解決していくのだった。


選択肢あり、オカルト、ホラー、三時間ほどで読み終わりました。
システムは文章表示速度が変更できず遅めなことがやや不便でした。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は怪異も人間もどこか病みを感じさせる絵柄で、そんな中、双子の美しさが際立っていました。
画面の様々な場所に文字が表示される演出も豊富です。

「ツインズ」「鈴」「蛭」「This Girl」という夜森市の怪異に双子が関わっていく四つの話を読むことができます。
バッドエンドはあるものの基本的に一本道。
双子が(普段は過剰に音が聞こえないように装着している)イヤーマフを外す場面でイヤーマフを外すボタンが出る等、
決まった行動でもあえてプレイヤーに選択させることで、怪異が他人事ではないと思わせる作りが巧みでした。
お気に入りの話はプロローグの「ツインズ」
以降の話ではほとんどが双子視点のため(双子にとっては)当たり前のこととして進んでいく双子の異能を、
双子以外の視点から普通ではないと初っ端から実感させられる話でした。
登場人物では圧倒的に陣内先輩がお気に入り。
霊感の調子がいつもいつでも悪くて怪異を見ることができない中、力こそパワーで怪異をなぎ倒していく強さが印象的でした。
たびたび怪異が見えないためのポカをしながらも、きっと何とかしてくれるという安心感があって、
変人ではあるもののとっても頼りになりました。
(2021/4/17)

 

第12動画欠番/POST COMMERCIALS: ALLIANCE(フリーソフト)

ゲームライター達が運営するYoutube番組「令和ビデオゲームグラウンドゼロ」12回目のゲストは、
未来予測をすることができる業界人、安嵜 公司朗だった。
安嵜は未来予測の仕組みを彼らに語る。そして、収録本番が始まった。


選択肢あり、ホラードキュメンタリー・ノベルゲームとのこと、一時間半ほどで読み終わりました。
システムは文章表示速度が遅めで変更できないことがやや不便でした。
音楽もビジュアル・ムービーも話を進めるごとにサイケデリックな部分が増えていって、
安嵜氏や他の出演者の心理状態が表現されていました。

未来予測の声に従うとその通りの未来となるが、
従いすぎても反発しすぎても精神に異常をきたしてしまう安嵜氏となって、
ほどほどのバランスを取りながらも望む結末へ向かうようにしていきます。
エンディングは三種類+バッドエンド。
未来予測の声は攻撃的なものが多く、安嵜氏はある程度それに従わざるを得ないことが多いため、
他の出演者ともギスギスした雰囲気になってあまりいい気分にはなれませんでした。
ですが、だからこそ普通じゃない精神状態だということが嫌というほど伝わってきましたし、
多くの結末でぞわぞわさせられました。
最後に、この作品は実際にあった収録でのゲストの言動に整合性を持たせようとしたもの、
というような意味のことが語られるのですが、
実際は本作よりももっと支離滅裂でヤバいのか……と戦慄いたしました。
(2021/4/19)

 

くちなしアンプル ver1.02/CAVYHOUSE(DL販売1980円)

新米錬金術師のイレーヌ・モルガンはお店の開店資金を稼ぐため、格安中古ダンジョンを購入する。
しかしダンジョン内には野生の敵が蔓延っていて駆除に大わらわ。
それだけでなく、ダンジョン内で殺人事件が発生してしまうのだった。


ダンジョン農地化ローグライクゲームとのこと、ボイスあり、二十九時間半でひとまずエンディングまでたどり着けました。
音楽はダンジョン内でちょっと怪しげで神秘的な曲が使用されていました。OPにムービーと歌あり。挿入歌あり。
絵は3Dで敵キャラは四元素とか鉱物とか錬金術っぽいものが多かったです。

ダンジョンを探索してアイテムを集め、ダンジョンを開発してアイテム出現アイテム数等を増やし、
ゆくゆくはダンジョンを農地化して敵が出ずにたくさんのアイテムのみ出現するようにしていきます。
「わすれなオルガン」の十年前の話とのこと。
敵味方共に遠距離攻撃手段がなくステータスを上げて殴り合いになるため、どうしても100階単位で潜っていくと単調になりがちでした。
ストーリー上のラスボスも遠距離攻撃がなくその上移動しないので、
ラストバトル中に一歩外側をウロウロして体力回復(自然回復は無効になっていますがスキルで)するイレーヌが見られました。
あとレベル持越しとはいえ打開目的のアイテムがない上にマップが狭めなので
二体相手でも勝てる程度で潜っていくと開幕から囲まれていて状態異常喰らって万事休すというのはお約束。
(ダンジョン開発するとアイテムがたくさん出現し、そのマスは敵が入れないため囲まれ死の可能性を減らすことはできますが、初めて行く階層ではそもそも開発できません)
ですがそうしたことが気になりつつも三十時間以上(クリア後要素含め)プレイしてしまいました。
隣り合う階を農地化するとひとまとめになって浅い階を何度も周回する必要がなくなるのはありがたかったですし、
農地を駆け抜けてアイテムを100個単位でぼこぼこ収穫していくのが爽快でした。

過去の作品感想:マヨナカ・ガラン真夜中のイーハトーヴで真夜中は星づくよマヨナカマヨイガわすれなオルガン
(2021/4/21)

 

日替わり?!レアガチャ勇者様〜明日はもっとレアな勇者様がでますように!〜 ver2.20/773project(フリーソフト)

異世界から一日だけ勇者を召喚する神魔法を使用できるパンナ=コッタ。
しかしどのくらい強い勇者が召喚されるかは運だった。
パンナ達パーティは危険な任務を前に召喚を試みたところ、いつもとは違う演出が発生し……。


選択肢なし、ファンタジー、ガチャ、一時間足らずで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
立ち絵は有償素材で奇麗でした。裸立ち絵もあり。立ち絵を動かす演出も豊富。

ランダムで召喚された勇者様とギルドの依頼をこなしていきます。
勇者様は異世界(現代)の存在なためか、台詞にネットスラング多め。
今回の勇者様の話は終わりですが、パンナ達の物語はまだ続きがあるという終わり方でした。
勇者召喚を既にたくさん行っていて半ばルーティンとなっていた所に、
レアな勇者様が召喚されてペースを狂わされていく、という所に可笑しさがありました。
そして黒魔法使いザッハ=トルテちゃんがひたすら嫌な目に遭うのが興奮させられました!
(2021/4/27)

 

そして僕らは世界を壊す/質量欠損(フリーソフト)

高校三年生の保志梓は、過去にトラウマを抱えた従兄弟の井塚隆之介に慕われ、そして依存されていた。
しかし梓もまた、自分がいなければまともに生活ができない隆之介に依存していた。
そんな危うい関係は長くは続かなかった。


選択肢あり、周回、依存、二時間四十五分ほどで読み終わりました。
2014年に公開された「そして僕らは世界を壊す」のリメイク。
リメイク前の感想はこちら
システムは文章表示速度が遅めで変更できないことがやや不便でした。
また、前半はセーブできず、後半もオートセーブである旨注意がされていて、
セーブができない理由が話の内容と関係あるものでした。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は隆之介が描写通りの美しさでした。
あと五月三日の一枚絵、梓さんの表情うさんくさすぎます! いたいけな少女をたぶらかしたに違いない!
一枚絵は十枚+α。

従兄弟を助けようとしていきます。
エンディングは一周目と最終シナリオは固定で、他に五種類あり。
最初の何周かでなんとかしようとしても上手くいかないという無力感を味わい、
後半、その感情を抱いたままガラッと舞台が変わるという構成が巧みで引き込まれました。
ちょっとした仕草などの描写も細やかで、
特に女教師の顔色や肌の描写は憔悴している様がありありと脳裏に浮かびます。
そして、色々と苦悩した末の希望が見えて、そしてラスト、という流れも印象に残る物語でした。
登場人物でお気に入りは邑井さん。一途過ぎます……!!
(2021/4/29)

 

このボタンを押すとテュティパティし出す ver.1.00/味噌谷屋(フリーソフト)

ボタンを押すと話が進みます。
選択肢なし、コメディ、三分ほどで読み終わりました。
システムはボタンを押すのみ。
音楽はEDの歌が、息遣いさえ感じられるもので癖になります。
絵ものっぺりした感じで違和感を覚える部分はあれど、
そういうものと納得させられる押しの強さがありました。アニメーションもします。

ボタンを押すと全国大会決勝が進んでいきます。
用語や動作はサッカーの原型を留めているのがむしろ残念に思ってしまう展開でしたし
ボタンを押すとある程度自動で進むところと、ボタンを何度も押してもちょっとずつしか進めないところも心の中でのツッコミどころでした。
そしてエンディングの歌で全てを許したい気持ちになれた作品でした。
(2021/5/1)

 

ミンミンゼミとなつやすみ ver1.0/kagaya(フリーソフト)

ツヨシくんのカブトムシにどうしても勝てない主人公は、
おとうさんから「つかまえられないモンはないムシとりアミ」を渡される。
そのアミを使って色々なものを捕まえツヨシくんに挑むのだった。


選択肢あり、ムシとり、夏、一時間ほどで終わりました。
主人公名前変更可。
システムはRPGツクールMVでバックログ無し。
音楽は特に合わないような箇所なし。

ツヨシくんに勝つために、なんでも捕まえられるアミで虫を集めていきます。
エンディングは六種類。
「ぶきあつめ 〜なんでも武器になるRPG〜」と同様……というかこちらが先ですが、
本当になんでも捕まえられることに笑いました。
目に入ったものを捕まえていくだけではうまくいかないアイテム合成や特殊エンドもあります。
お気に入りはEND2「ハッピーエンド」
これだけではあっけなさもある結末ですが、
他のエンディングを全て見ると本当にハッピーエンドだったんだなあとわかる結末でした。

過去の作品感想:ぶきあつめ 〜なんでも武器になるRPG〜勇者ながめ
(2021/5/3)

 

カップ焼そば湯切りRPG/kagaya(フリーソフト)

カップ焼きそばが大流行している世界。
勇者ひろしは王様から魔王を倒してほしいと依頼される。
ひろしはカップ焼きそばの力を借り、魔王を倒す旅に出るのだった。


選択肢あり、カップ焼きそば、湯切り、四十五分ほどで読み終わりました。
主人公名前変更可。
システムはRPGツクールMVでバックログ無し。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は勇者の顔が終始[^-^]で初っ端から笑いました。

カップ焼きそばを選んで敵の頭上で湯切りをすることで怯ませ、ダメージを与えていきます。
エンディングは二種類。
難易度は意図的にでしょうがかなり簡単で、湯切り連打お湯補給連打すればなんとかなります。
好きなカップ焼きそばを装備して闘うというシステムや、
主観がかなり入った焼きそば豆知識、
魔王のバックストーリーなど、カップ焼きそば一色の作品で、
私はカップ焼きそばがあんまり好きじゃないのですが食べたくなって食べました。
もちろん……お湯は捨てました。おなか周りが気になるので。

過去の作品感想:ぶきあつめ 〜なんでも武器になるRPG〜勇者ながめミンミンゼミとなつやすみ
(2021/5/5)

 

レベル上げにちょうどいい島 ver1.02/kagaya(フリーソフト)

ここは勇者が魔王討伐の直前に立ち寄る小島。
あなたはそこにモンスターや施設を配置して、十日ごとに訪れる勇者一行が魔王を倒せるだけの経験値を稼げる島にしていくのだった。
なお、稼げないと世界は滅亡する!


島をレベル上げしやすくしていくシミュレーションゲーム。
「ダンジョンメーカー」リスペクト作品とのこと。
島の名前変更有。
絵はドット絵。十日に一回、勇者一行が乗り込んだ魔王城がコメディチックに揺れるのが笑えます。

魔物を召喚したりフロアを獲得したり、それらを鍛えたりしながら経験値を獲得しやすくしていきます。
十日ごとに勇者が訪れ、設定されたノルマ経験値を超えられないとその世界ではゲームオーバー。
勝手がわからないうちは数十日くらいでゲームオーバーになってしまいましたが、
二周目以降に一部のモンスターやフロアを持ち越せたり、ボーナスアイテムを貰えたりして、
より世界を長持ちさせられるようになっていきます。
現在三百日ほど世界は続いていますがエンディングはない模様。
数分程度のスキマ時間でもプレイできるのですが、
一日一日がサクサク進められ、十日ごとにノルマイベントがあり、
新しいモンスターやフロアが手に入るとよりよい配置はないかと考えるというサイクルがぐるぐるぐるぐる続くので、
つい辞め時が見つからずに数時間経過することもザラな中毒性がある作品でした。

過去の作品感想:ぶきあつめ 〜なんでも武器になるRPG〜勇者ながめミンミンゼミとなつやすみカップ焼そば湯切りRPGOtoshiana
(2021/5/9)

 

Evan's Remains エヴァンの残したもの/maitan69(720円)
※2021/4/2の拍手でKyua様からご紹介いただきました。ありがとうございます!

謎の島で天才少年エヴァン捜索する依頼を受けた女性ディシス。
その島には謎の遺跡が点在していた。
ディシスは島の謎を解明しようとしていた青年クローバーと協力し、遺跡を巡っていく。


選択肢なし、パズル、不老不死、三時間ほどで終わりました。
システムは文章表示速度が遅めで変更できないこと、
バックログがないこと、オートセーブで見たい場面をすぐには見返せないことがやや不便でした。
音楽はそれぞれの場面に合っていました。
絵はドット絵で滑らかな動きでした。自然や廃墟も美しく描かれています。

クローバーと共に遺跡の謎を解いていきます。
パズルパートは多少悩むステージはありましたが、全ステージ自力で解くことができました。
ただストーリー的には特にパズルを解く必要がなく、
作品の一体感という点では物足りなさを覚えてしまいました。
物語としては前半はあまり動きがありませんでしたが、
終盤は一旦見えかけた真相がもう一回ひっくり返されるもので読みごたえがありましたし、
真実はともかく、幸せに終われたのならば良かった、と思えました。
(2021/5/11)

 

 

 

(体験版・連作)

ギセイヒーロー 第一章完結 Version1.00/浪漫結社(フリーソフト)
※2020/10/14の拍手でご紹介いただきました。ありがとうございます!

正義の心を持つ「正徒」のみが通う「完全正義学園」に入学することになった古里希者(コサトキモノ)
しかし気が付くと同じ境遇の新入生と共に謎の建物内に閉じ込められ、「絶対正義プログラム」に参加させられる。
その内容とは、十八人の正徒たちの中に紛れ込んだ六名の「悪徒」を、正徒が殺された後に推理して特定すること、だった。


選択肢あり、推理、探索、正義、パートボイスあり、五時間半ほどで読み終わりました。
システムは特に不便な箇所なし。
音楽はスタイリッシュで格好良かったです。
絵はカットインや表情変化が豊富で、それぞれのキャラクターの魅力が描かれていました。

閉鎖空間で生活し、正徒を殺そうとしてくる悪徒を明らかにするよう求められますが、
学園のイベントだと思ったりして信じないものが大多数で、しかし実際に殺人が起こってしまいます。
第一章ではその犯人、悪徒を推理するところまでを読むことができます。
第二章・第三章・最終章も発表予定とのこと。
話自体は一本道ですが、好感度などによる途中の分岐やバッドエンドあり。
登場人物が正徒だけでも十八人いますが、メインストーリーの合間合間に話しかけることができるのでそれぞれに親近感を抱くことができました。
お気に入りは番長、伊右衛門ノ丞(イミギエモンノスケ)
古風で漢らしい発言、行動が格好良かったです。
また、正徒の一人、殺雨雫矢(ヤサメシズヤ)が探偵を自称するだけあってとても頼りになって(同時に主人公はいいオモチャにされますが)
だからこそ本当にただ一介の正徒なのか、何か裏があるのではないかと気になりました。
(2021/1/17)

 

京田辺狂想曲 体験版/紅井りんご

同志社大学に入学した浅城優希は、ある日京田辺キャンパスで化け物に襲われる。
謎の力に覚醒し、化け物を倒した優希。
そんな彼に、力を貸してほしいと言ってきた者たちがいた。


選択肢なし、異能バトル、同志社大学、四時間ほどで読み終わりました。
システムは二回クリックしないと次の文章が表示されない箇所が時折あることがやや不便でした。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵はフリー? の立ち絵素材使用。

数多くの異世界(枝)を渡り歩いてきた強者達が何故か同志社大学で闘いを始め、
それに浅城優希が巻き込まれ(あるいは何かの意思によって半強制的に巻き込まされ)ていきます。
同志社大学初代総長新島襄を名乗る異形の化け物もいたりします。
世界観や能力の説明が、読み手に向けて説明するぞ! という意思が見えてしまうものになっていて、
話の流れからは少々浮いているように感じてしまいました。
ですが強者達のバトルは詠唱しながら様々な能力を使用していて異能バトル好きの血が騒ぐものになっていましたし、
そこに登場する同志社大学の建物や地理といった地元情報がなんともアンバランスで可笑しかったです。
やっぱり通う方にとっては、うちの大学破壊されないかなあという願望あるんですかね……!?
(2021/1/29)

 

Aくんと祭のむこう あやなす 個別ルートVol.1 千隼(ver1.0)/クロチカ(フリーソフト)

その高校には、文化祭週間に居残ると怪異の世界に迷い込んでしまうという言い伝えがあった。
春からの転入生ながら文化祭実行委員長を務める逢坂新(おうさかあらた)は、迷い込んだ先でかつて仲良く遊んでいた秦野千隼(はたのちはや)と再会する。
しかし千隼はこの高校に通っていないはずだった。


選択肢あり、ブロマンスホラーファンタジーノベルとのこと、千隼ルートは二時間半ほどで読み終わりました。
「Aくんと祭のむこう あやなす(トゥルーエンドルート)」の感想はこちら。
システム、音楽はトゥルーエンドルートと同様。
絵は新が怖い表情をすることが多くてぞわぞわさせられました。一枚絵は二十七枚+α。

「Aくんと祭のむこう あやなす(トゥルーエンドルート)」の「火曜日の千隼」で分岐したシナリオを読むことができます。
分岐地点から読むことも、火曜日の最初から読むこともできます。
エンディングは四種類+トゥルーエンドルートへ向かう結末の五種類。
基本的に人懐っこくて疑うことを知らない千隼と多く接する(あるいは千隼視点で読んでいく)こともありほのぼのとした雰囲気もありますが、
二人の関係からどうしても切ない展開は避けられませんでした……。
酷いことになる結末もあります。
ですが千隼ルートのトゥルーであろうエンド1は、やっぱり切ないながらもやりきったという感慨を覚えました。
あと、文化祭で大活躍する千隼にはなんだか我が事のように誇らしくなりました。

過去の作品感想:
トンネループ魔法少年クレなんとか仮にAくんとしよう
(2021/3/22)

 

THE MAGIC CRAFT エピソード1 ver.4/TSUBAKIYA* PRODUCTIONS(フリーソフト)

港町で義理の親に育てられたダンは親の仕事を手伝うため強くなろうとしていた。
ある日、魔力を持つ「希霊石」の力を引き出す「マジッククラフト」を作る少女、ニナと出会う。
レアな希霊石を探すニナに協力するダンだったが、トラブルに巻き込まれてしまうのだった。


選択肢あり、ロールプレイングコミックとのこと、三十分ほどで読み終わりました。
システムはクリック連打したりアイテムを使おうとしたりすると固まりやすい印象。
どんどん読んでいけるがゆえにセーブを忘れて終盤であああああ! ということがありました。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は漫画形式で話が進みます。モブとのシーンでも漫画形式でとても労力がかかっていると感じました。

強くなろうとする少年ダンが、マジッククラフト作りが大好きなニナと出会います。
敗北エンドを除けば一本道ですが、最後にどれだけイベントをこなしたか等で加算されるスコアが表示されます。
漫画形式で進み、画面をクリックして探索したり、コマンド選択RPGな戦闘をしたりします。
戦闘は素早さが低いと必殺技以外一切攻撃できずに負けてしまうことがよくあるほど素早さが重要でした。
話はボーイミーツガールど真ん中といった印象で、
好きなものに一直線なニナと、強敵に立ち向かうダンがまぶしく感じられました。
(2021/4/23)

 

THE MAGIC CRAFT エピソード2 バージョン1.6/TSUBAKIYA* PRODUCTIONS(フリーソフト)

大金が必要になってしまったニナは応援してくれる人を探すことに。
しかしマジッククラフトに良い印象を持っていない人もいるため、
ダンと共にマジッククラフトで人助けをしていくのだった。

選択肢あり、ロールプレイングコミックとのこと、三十分ほどで読み終わりました。
エピソード1の感想はこちら
システムは難易度を選ぶことができるのですが、
イージーで始めたところすでにアイテムを目いっぱい(四個ずつ)所持していて、
新しくアイテムを手に入れても手放さざるを得ないことが結構ストレスだったので、
アイテム上限は十個くらいにしてほしかったです(そもそもイージーで始めなければそんな思いはしなかったのですが)
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は漫画形式で話が進みます。エピソード2ではカラーになりより華やかに感じられました。

街の人々の悩みを解決できるマジッククラフトを作っていきます。
マジッククラフト作りには材料が必要で敵を倒して手に入れたりするのですが、
どの敵もかなり強くてただ攻撃しているだけでは負けてしまうことが多かったです。
困っている街の人に話しかける→ニナが新作マジッククラフトを閃く→制作→解決
という流れで安定感がありました。ニナのアイデアは無尽蔵……。
一応の区切りは付きますがまだまだダンとニナのバディは続きそうで、それがなんだか嬉しくなるほどお似合いな二人でした。
(2021/4/25)

 

Otoshiana ver0.12/kagaya(フリーソフト)

あなたは落とし穴に落ちてしまった。
目の前にある階段を上った先にはダンジョンっぽい空間が広がっていた。
あなたは脱出を決意し、ダンジョンを攻略していくのだった。


選択肢あり、ローグライクRPG、三時間半ほどで終わりました。
主人公名前変更可。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵はカップ焼そば湯切りRPGに引き続き顔が[^-^]でした。

RPGツクールでローグライクRPGを遊ぶことができます。
今後ダンジョンやシナリオ追加の可能性があるかもしれませんが、現時点では二十五階まで行くことができます。
主人公は攻撃範囲をカスタマイズでき、斜めはもちろん、最大で縦横四マス先まで攻撃することが可能です。
そこまででなくても、アイアンヘッドの頭+妖刀かまいたちくらいは序盤で実用可能です。
全員斜め移動ができず、敵の通常攻撃は斜めに当たらず、
その上レベルは1に戻らず、巻物に相当するアイテムも使い捨てではなく大体三回くらい使用可能なので、
階段即上がりを繰り返さない限り難易度は低めでした。
とはいえ数時間一気にプレイしてしまうほど中毒性がありましたし、
不思議の・不思議なダンジョンパロディや、思わず突っ込みたくなる登場人物に笑いながら遊ぶことができました。

過去の作品感想:ぶきあつめ 〜なんでも武器になるRPG〜勇者ながめミンミンゼミとなつやすみカップ焼そば湯切りRPG
(2021/5/7)


 

 

 

 

その他・番外編)

ばぶりーどーる/わいるどましーん -すいーとぷらす,かろりーおふ- ver1.0(女性向)/spice+/offoffo(フリーソフト)

お祭り中に突然、人形の体を奪われてしまったシルフィ。
代わりに薄汚れた素体人形に入り、いつもの体と違い声が出せない中、祭の会場をうろつくことになるのだった。


選択肢あり、ほのぼの日常アドベンチャーとのこと、一時間ほどで読み終わりました。
主人公名前変更可。
「Lovelydoll/Wildmachine」の感想はこちら
システム、音楽、絵は「Lovelydoll/Wildmachine」と同様。
ただ、着飾る前の人形はちょっと不気味……と思ってしまいました。

「Lovelydoll/Wildmachine」ノーマルエンドのアフターストーリー。
いつもの体でないシルフィが知り合いを頼っていきます。
エンディングは五種類。
「Lovelydoll/Wildmachine」主要キャラクターと仲良く祭り会場を巡ることができます。
ルートによってそれぞれ違ったやりとりを味わうことができました。
特に最終ルートは単独行動ではありますが、だからこそ本編を彷彿とさせる人助けっぷりで感慨深いものがありましたし、
きっちり入れ替わり事件の真相も明らかになってすっきりできました。

過去の作品感想:純正優男-ジュンセイヤサオトコ-999,Victory999,Victory -Return-SweetSpiceSummoner!SummerSpiceSummoner!サマーナイトミラクルミッションシノビハリセンボLovelydoll/Wildmachineホットサマー・ドリーミング純正優男Sweet&Bitter

過去の作品感想:ジンセイ兄イロトリック・アニマート出ない部屋から弟が!・行くよ神社に弟と!Hello TrickersシュクレのとなりReset→Moveバレンタインの正しいしつけアニジジョウ 〜てんしorくず〜Rotate180°コンバータReset→Move -Mobius loop-サイコカリエスLovelydoll/Wildmachine直情径行アルハラゲームサイコアパタイト
(2020/1/5)

 

Autumn Date乙女)/offoffo(フリーソフト)
Winter Date(乙女)/offoffo(フリーソフト)

「Autumn Date」はおそらく「Rotate180°コンバータ」「サイコカリエス」「サイコアパタイト」に
登場する友人もしくは創(ハジメ)と秋にデートします。
「Winter Date」はおそらく「Reset→Move -Mobius loop-」に登場する遙馬(ハルマ)もしくは倫太(リンタ)と冬にデートします。

最初にどちらとデートするかの選択あり、それぞれ三分ほどで読み終わりました。
システムはバックログ以外の機能なし。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は目や口が細やかに動いて色々な表情を見ることができました。

「Autumn Date」「Winter Date」どちらも最初に選んだ男の子とのデートの一幕を読むことができます。
基本的には仲睦まじいデートで平穏なまま終わるのですが、
その中にも「Autumn Date」は主人公の、「Winter Date」は男二人のほのかに垣間見えるヤバさを味わうことができました。

過去の作品感想:ジンセイ兄イロトリック・アニマート出ない部屋から弟が!・行くよ神社に弟と!Hello TrickersシュクレのとなりReset→Moveバレンタインの正しいしつけアニジジョウ 〜てんしorくず〜Rotate180°コンバータReset→Move -Mobius loop-サイコカリエスLovelydoll/Wildmachine直情径行アルハラゲームサイコアパタイトばぶりーどーる/わいるどましーん -すいーとぷらす,かろりーおふ-
(2021/2/6-1)

 

Vergunty Midnight swallow(女性向15推)/ALKERD(フリーソフト)

「Vergunty」の後日談四編が収録されています。

選択肢なし、ボイスあり、四十五分ほどで読み終わりました。
「Vergunty」の感想はこちら
主人公名前変更可。
システム、音楽、絵は「Vergunty」と同様。

「Vergunty」の後日談。
「ももちゃん先輩を奪え!!」のももちゃん先輩も登場したりします。
美月と主人公の話は、主に美月がたしなめられますが、それはそれとして主人公ダメ人間だよなあ……と思いました。
剣磨と美月の話はとにかく剣磨くんが一途で切なかったです。
ジュンと主人公の話は……ごちそうさま! という感じでした。
翔太とジュンの話はとにかくジュンを第一に考えて、
その上でジュンと元のようになれたらとても嬉しい、という想いを貫く翔太が格好良かったです。

過去の作品感想:Verguntyももちゃん先輩を奪え!!
(2021/2/18)

 

 


 

トップへもどる   一つ前に戻る