相討ちネガティブギャング
HP

サークルについて

オリジナルのCG集やノベルゲームを制作されています。

 

作品

風雲相討学園フラット

概要

ジャンル

オリジナル/ノベルゲーム

発表年月

2005/6

価格

フリーソフト

年齢制限

なし

特徴

好感度グラフ、たたみかけモード、恋愛

バックログ、表示速度変更、スキップなどがあり、
セーブは9個まで保存可能です。

 

あらすじ

風雲市立相討学園に転校してきた境 不可止。
所属することになった2年J組は総勢6名、問題児ばかりを集めたクラスだった。
恋と友情と争いに満ちた学園生活がはじまる…

 

この作品について

このゲームには独特のシステムがあります。
まずは好感度がグラフで確認できること。
表情や台詞、アイコンなどで好感度が推測できるゲームは良くありますが、
ここまで露骨なものは珍しいですね。
相手の反応は結構良さそうなのに好感度は下がるとか、
最初に悪印象を与える選択をしたほうが最終的には他の選択よりも好感度が高くなることもあるなど、
ヒロインの微妙な心境を上手く表現していると感じました。

それからたたみかけモード。選択肢で会話していき、
その流れ次第で好感度に天と地ほどの差が出ます。
このモードでは途中セーブが出来ないのでシナリオコンプリートを狙うと面倒くさく感じます。
話は飛びますが、その観点から見ると既読スキップがないのも厳しかったりします。
けれど会話を盛り上げて盛り上げて、ここで決め台詞!というときに選択を間違え、
好感度が50くらい下がるときのくやしさはかなりのものです。

ハチャメチャ学園ものとしては冒頭を読んで抱いた期待に添うほど
ぶっ飛んではいなかったのが残念。でも、恋愛ものとしてはとても良かったです。

ゲーム中の期間が三日で、その中でも六つのエンディング(+バッド)に分かれます。
その短い期間でも二日目のルート決定時にたたみかけモードがあるおかげで、
相手が好意を寄せてくることに説得力が出ています。
その後の葛藤や衝突もコミカルでありつつしっかり描かれていますし、
それを乗り越えて「好きだ!」を選択するときの達成感といったらもう。
私は黒岩、宮本、犬飼先生ルートが特に良かったですが、
この三人に限らず全員、読み進めていくうちにすっごく可愛く思えてきました。

謎のまま終わった部分を補完する完全版を制作中とのことで、期待しています。

 

(以下風雲相討学園フラット 完全版の感想です・2006/8/14)

風雲相討学園フラット 完全版(フリーソフト)

おすすめで紹介した風雲相討学園フラットに番長シナリオを加えた完成版。


番長シナリオは最初にどのヒロインかを選ぶだけで他に選択肢なし。二時間ほどで読み終えました。

確かに番長シナリオはなかなか良いですし、
ヒロインとのイチャイチャも楽しいです。
しかしヒロインを変えても番長関連のところはほぼ共通なので、
六回も同じ文章を立て続けに読ませられると話は別です。
スキップもあまり早くないので時間がかかって仕方ありません。
番長シナリオと各ヒロインとの後日談を完全に分けてしまっても良いのではないかと思いました。

 

(以下風雲相討学園ポテトの感想です・2008/4/5)

風雲相討学園ポテト(フリーソフト)

ふとしたことからレジャー施設「風雲ランド」のペアチケットを入手した主人公。
しかし、一緒に行ってくれそうな人はおらず落ち込んでしまう。
そのとき教室に、宮本キンバリーの妹、ポテトがやってきた。


選択肢あり、恋愛、一時間と少しで読み終わりました。
恋愛対象は一人、エンドは三つ。
システム面は特に問題なし。
絵は可愛いです。中には微妙にエロい一枚絵も。

「風雲相討学園フラット」のIFシナリオで、本編の直後が舞台。
週末にポテトと風雲ランドへ行くことになり、そこでの出来事を通して仲良くなっていきます。
本編同様たたみかけモードに好感度グラフもあり、受け答えで上下する好感度に一喜一憂できます。
そしてはしゃいだり照れたりするポテトが可愛いです。
実際にこんな人の話を聞かない女の子がいるとムカつきそうですがそれでも可愛いです。
ストーリーの起伏やコミカルさは本編に譲りますが(それでもトゥルーエンドは笑えました)
その分恋愛をしっかり描けている作品だと感じました。

 

 

 

トップへ戻る      一つ前に戻る