おすすめ同人紹介

はじめに  おすすめ  期待の同人ソフト  感想その他  全作品リスト(同人ソフト完成版リスト体験版その他リスト、同人誌漫画・小説リスト・雑談)  ご当地同人ソフト  リンク  twitter

同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー発表2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 「悪の教科書」のDLはこちら 「二十四季Pilot 2」等のDLはこちら 「親愛なる孤独と苦悩へ」のDLはこちら 葉露大会一覧はこちら おすすめ同人ソフト診断はこちら(旧ver.1ver.2ver.3ver.4)

おすすめ同人紹介による同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2018ノミネート作品・期間外作品紹介追加いたしました(2019/5/4)

「親愛なる孤独と苦悩へ」についてタイトル画面で「始める」等のボタンを押すとエラーが出る不具合が確認されております。該当する方はリンク先の対応をお試しください。(2019/4/16)

過去のトップページコメント及び紹介・感想以外の更新履歴はこちら(2019/5/4)
web拍手のお返事はこちら(2019/3/23)

最新の更新(2019/5/20)

2019年同人ソフト作品感想

(完成版)

妹がエロゲー声優だったんだが(18禁)/やきうぶ(DL販売540円)(DL版の購入はこちら)

エロゲー好きの主人公は、妹からエロゲー声優をしていると告げられる。
それは主人公が最近気になっている人気声優だった。
妹は主人公に協力してほしいことがあるらしく……

選択肢なし、妹、声優、ボイスあり、一時間半ほどで読み終わりました。
ヒロインの名前及びニックネーム変更可。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は妹の肌や水着の質感とか触りたくなりました。
ただ、初挿入と最後の場面という重要なHシーン二つで主人公のケツが滅茶苦茶自己主張してきます……。
一枚絵は八枚+差分+α。

声優をやっていた妹とエロいことになります。
妹が引っ込み思案で主人公のことが好きでエロいことに興味津々で主人公が何しても感じてくれて声優で、
という誰の妄想だよ……というような娘なのですが、そのことに作中でも主人公がツッコミを入れています。
そんな都合の良い設定ではありますが、その分、思う存分声優の妹とのHを堪能できました。
それにしても妹のデフォルトニックネームから某声優さんを連想せざるを得ない……
(2019/5/20)

2019年同人ソフト作品感想

(完成版)

死線間の友人 ver1.00(12推)/疑似集団X(フリーソフト)

その世界には、大部分の人が知らない死線という現象があった。
死線に囚われると切り抜けられない者は死に、切り抜けても精神崩壊する者がおり、
そうでなくともいままでの自分ではいられなくなるが、代わりに特殊な能力を手に入れる。
三年前に死線を切り抜けた金本義人は、同学年の高室つるから死線について教えるよう迫られるが、それは語りたくないことだった。


選択肢あり、死線、異能、人間関係、四時間ほどで読み終わりました。
システムは実績(トロフィー)や重要そうな発言をメモするといった機能あり。
雪が降ったりする動きのある演出があるためかやや重め。
システムは特に不便な箇所なし。
絵は死線を切り抜けた者が不気味に描かれていて、
特に目があきらかに異常だとわかる演出でインパクトありました。
一枚絵は十五枚+差分。

金本義人視点と高室つる視点で進み、つるが死線について調査していくなかで、
死線で歪んでしまった義人とその周囲の人間関係に関わっていきます。
エンディングは五種類。
一つの文章内でも一人称と三人称が混在したり、
いまどのような状況や動作をしているのかわかりにくい部分がありました。
ですが、例え話が多くされていて、
中でも義人に好意を寄せてくる後輩を「公園の水道」と例えたのはとてもわかりやすかったです。
また、つるや義人をはじめとして登場人物が現実ではあまりしないような考え方や振る舞いをしていて、
それが死線という現象が存在するゆえの得も言われぬ気味の悪い世界観の表現に貢献していると感じられました。
死線という現象そのものやそれに翻弄される人たち、死線を切り抜けた者の異常さが伝わるビジュアルなど後ろ向きな内容がほとんどですが、
そんな中にも一部エンドの終盤は前向きな行動もあり、ネガティブなだけではない読後感を味わえました。
(2019/5/18)

2019年同人ソフト作品感想

(完成版)

霊流れ ver1.02/紺青色鳥-ろいやるぶるーばーど-(フリーソフト)

「私」は燈籠が流れる川の畔に立ち、燈籠を流そうとしていた。
そこへ対岸から、二匹の蝶が飛んできて……


選択肢なし、燈籠流し、蝶、三分ほどで読み終わりました。
システムは特に不便な箇所なし。
音楽は効果音のみ。
絵は「私」の着物も、蝶も、燈籠も綺麗でした。

川に燈籠が流れていく中、揚羽蝶と大紫、二匹の蝶が近づいてきます。
そんなシチュエーションに加えテキストが古風で美しく、
それが風流だな……と思っていたら途中で可哀想なことになって思わずヒィと声を漏らしてしまいました。
さらに最後の最後でももう一つ奇妙なことが明らかになって、美しくもぞっとさせられる作品でした。
(2019/5/16)

2019年同人ソフト作品感想

(完成版)

オレンジアワーグラス パッケージ版 ver1.00/Nice Net Neat(1000円)

両親もかつて通った明葉学園高等部に入学した榎戸悠(えのきどはるか)はカフェ部に入部することになる。
カフェ部では飲食の提供以外にもう一つ活動があった。
またある日、悠は学園にある橋で不思議な出来事に遭遇する。


選択肢あり、学園紅茶ファンタジーノベルゲームとのこと、
追加部分は一時間四十五分ほど、合計四時間ほどで読み終わりました。
オレンジアワーグラス第1章〜第4章(フリーソフト)の感想はこちら
システム、音楽はフリー版と同様。各章ごとに別のOPムービーと主題歌あり。
絵は追加ルートラストのキャサリンが親に似すぎていて、
こんなにやつれて苦労したんだなと悲しくなってしまいました(ただ単に似ているだけなのかもしれませんが)
あと幕間2で男女とも大体ローライズ水着で鼠径部たくさん見えていてこだわりを感じます。
一枚絵は三十三枚+差分+タイトル画面等七枚。

カフェ部の活動をするかたわら、悠だけにしか起こらない不思議な出来事にも関わっていきます。
フリー版から四章のエンディング分岐と、各章毎二つのサイドストーリーが追加されています。
追加された方のエンディングはアナザー扱いで、
やっぱりフリー版からあるエンディングの方が好みで、悠の選択は間違いじゃない……と改めて思えました。
フリー版で書いた(反転部)は願望とは違う方でしたね……それはそれでカフェ部の一員になれたようで嬉しいのですが!
サイドストーリーでお気に入りは現在の主要キャラほぼ全員登場して賑やかな幕間2。
悠と幼馴染の礼の仲も良いですし(おおむねいつも良いですが)……決して水着イベントだからではありません!
(2019/5/14)

2019年同人ソフト作品感想

(連作) 

The Adventures of Fei Duanmu 端木斐異聞録(日本語版)/致意(DL販売398円)
※2019/3/8のメールでご紹介いただきました。ありがとうございます!

連海政法大学で刑事事件捜査を専攻している端木斐(ダンムゥ・フェイ)はコーヒー中毒の大学生探偵。
所属する英語クラブの凌霄(リン・シャオ)や想いを寄せる柳菫(リウ・ジン)らと共に大学生活を送っていたが、
奇怪な事件に巻き込まれ、謎を解き明かそうとしていくのだった。


選択肢あり、推理、大学生、中国語のボイスあり、三時間ほどで読み終わりました。
システムは文章表示速度が変更できず遅めなことがやや不便でした。
音楽は特に日常シーンのお洒落な曲が良いと思いました。挿入歌あり。
絵は立ち絵がアニメーション付き。演出もスタイリッシュです。

元々中国語の作品で、現在日本語版では「幽霊霊柩車事件」と「転落癖」の二編と、
エクストラストーリーの「廂使幽霊」を読むことができます。
証拠集めや推理パートがあり、たまに間違えつつも何度か挑戦し、
ストアページの「ガイド」にある攻略は見ずに正解することができました。
ガソリンスタンドに霊柩車の幽霊が現れる動画が拡散し、
ガソリンスタンドの関係者が事故に遭ってしまう「幽霊霊柩車事件」は、
プロローグ的な話のためかなりあっさり目で、端木斐の推理も結果オーライじゃないか……ともやもやが残りました。
高い所から突き落とす連続殺人事件が発生する「転落癖」は、
端木斐と柳菫の出会いの話である「廂使幽霊」と併せて、
二人の間にある言葉はなくともお互いを大切に思っている関係が心地良かったです。
もっとも、本編でそんな二人を見ることができるのがノーマル(バッド)エンドルートであるのが悲しいのですが!
(2019/5/12)

2019年同人ソフト作品感想

(完成版)

すっぽんクエスト 〜人類最後の失恋劇〜(完全版) Version2.0.2/えりやぬす(フリーソフト)
※2019/1/6の拍手でSIGH様からご紹介いただきました。ありがとうございます!

世界に広がる汚染を避けるため十年間冷凍睡眠をするはずが百五十年放置されてしまい、多く目覚めぬまま死亡した中、
冷凍睡眠計画を主導したシュンリは百五十年ぶりに目を覚ました。
百五十年後の人類は寿命が短くなり、食糧不足からゲテモノ生物を主に食べるようになっていた。
冷凍睡眠の後遺症で眠気や記憶障害を抱えるシュンリは療養生活を送っていたが、段々と記憶を取り戻していくのだった。


選択肢あり、終末SFADVとのこと、十三時間ほどで読み終わりました。
システムはWOLF RPGエディター製。
音楽はマップによって足音が異なったり、海に近付くと波の音が聞こえてきたりと効果音が細かかったです。
ただ、本当にシリアスな場面でも気の抜けた効果音がなることがあるのが少々気になってしまいました。挿入歌あり。
絵は精神的に欠けたところがあるシュンリの酷薄さのようなものが伝わってきました。
また、現在と過去がオーバーラップする演出が良いなと思いました。

百五十年後に冷凍睡眠シェルターを管理していた学者ヤールと、その義理の娘で人造人間ミオ、
シュンリと同じく冷凍睡眠から目覚めた少女ダナと田舎で暮らしますが、
シュンリが忘れていた記憶を取り戻していくのと時を同じくして、不穏な出来事が進行していきます。
エンディングは三種類+バッドエンド。

探索・バトルパートはいくつかの場所を何回も行き来する必要があるのですが結構広いマップでちょっと大変でした。
話は終盤、汚染の性質を都合よく感じてしまいましたが、
前半のゲテモノ食にシュンリとダナが辟易したりといったコメディと、
シリアスな過去や後半部分のギャップが効果的に感じました。
プレイヤーの与り知らぬところで酷いことをしていたシュンリが好きです。
なのでエンド1の憂き目を見るのも仕方ないというか、納得できました。いい気味だ!
(2019/5/10)

2019年同人ソフト作品感想

(完成版)

夢もすがら花嵐 ver 1.02/NUMBER7(フリーソフト)

書生の「僕」は夢の中であてもなくたゆたっていた。
そこへ声を掛けてきたのは、夢を食べる獏と名乗る少女。
少女に手を取られ、書生は夢の世界を巡っていく。


選択肢あり、探索、文学、夢、一時間半ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。EDに歌あり。
絵はレトロで鮮やかな色使いでとてもお洒落でした。
また、花びらが舞ったり雨が降ったりという演出もあり。ただ、その分やや動作が重めでした。

獏の少女と共に掛け軸から木が生えていたり、部屋の中に雨が降っていたりする夢の世界を訪れ、
クリックで探索し謎解きをして出口を探していきます。
エンディングは二種類(ノーマルエンドは途中の行動で一部変化あり)
謎解き要素は一部公式の攻略を参考にしなんとか解くことができました。
ただ、一番詰まったところが単純に自分が左右勘違いしていた
(左に入れろと言われた数字を右に入れていた)のは、自分でもどうかと思います……。

夢らしく現実では見ることができない華やかなで奇妙な世界を渡り歩き、
特に時間制限なく気になる所を調べて文学にまつわることの多い謎に挑んで、
新しいものを見つけたり詰まったりしたら獏に話しかけて、また頑張る、というのが心地良かったです。
ただトゥルーエンドを読むと、一周目で良かったねと思っていたノーマルエンドが怖くなってしまいました……。

過去の作品感想:こわいへや
(2019/5/8)

2019年同人ソフト作品感想

 


 

 

 

 

 

 

 

 

こんなジャンルの作品で良いものはありませんか?とか
○○という作品の感想はありますか?などの質問も受け付けております。お気軽にどうぞ。

拍手コメントへの返信不要や掲載不可という方はその旨併記ください。


疑問・質問・感想・忠告・お叱りなどはこちらまで
minamisoutherncross.sakura.ne.jp(●を@に変えてください)


2005/5/8開設
このサイト内の文章・画像等で各サークルさんによるものは無断転載・配布等を禁止します。