コミティア131感想リスト

同人ソフト(ノベル系)は全て、
それ以外は感想が思い浮かんだもの限定です。

同人ソフト(ノベル系)はプレイ順です。それ以外はサークル名順です。値段は入手時のものです。場合によっては異なる可能性があります。

コミティア131感想

同人ソフト
完成版

同人誌
漫画

 

 

コミティア131感想

(同人ソフト完成版)

よみかき 僕らに発症した精神誤読症は或る精神分裂症患者によって上書きされる/蟻喰いマムシ(500円)

池田勇気は幼馴染の佐々木ユウコ、部長の七視(ナナシ)アイ、後輩の玖美(クミ)ツキコと共に新聞部に所属していた。
佐々木が持ち込んだ都市伝説を記事にすることにした彼らだったが、調査していくと様々な記録で改竄の痕跡が見つかったのだった。


選択肢あり、認識、改竄、一時間十五分ほどで読み終わりました。
システムは選択肢多めでルート分岐があるのですが、既読スキップがないことがやや不便でした。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は焦っていても淡白な表情のままでしたが、
場面によってはそれが不気味さを醸し出していました。
最終ルートに出てくる画像も不気味です。

主人公が同じ新聞部の部員と協力して都市伝説を追っていく中で、様々なものが改竄されていることに気付きます。
ルートは三人の個別ルートと、バッドルート、最終ルート。
三人の好感度が足りないと先へ進めませんが、画面右上のアイコンを押すと友人に好感度を確認することができます。
原因がほとんど明らかにならず、結果も完全に解決するわけではないため、
もやもやすると同時にそれが味にもなっていました。
グラフィックと併せて、良くも悪くもつかみどころのなさを感じられる作品でした。

過去の作品感想:ニンサンバケシチクロヤギがいた教室ジキニンキは誰が食べた黒海の小説
(2020/2/13)

 

 

(漫画)

一行感想

腐りきった目で見てる/甘い追憶 神絵師と崇める人と神絵師と崇められる人がオンリー合わせでそれぞれ本作って同じスペースで頒布する腐女子百合。毎日仕事終わりにするさぎょいぷがホント楽しそう。相手の生み出すもの(絵と妄想)を尊いとリスペクトしあえる関係尊い……。

空気が「読める」新入社員と不愛想な先輩の話/D.Finch
空気が「読める」新入社員と不愛想な先輩の話2/D.Finch 空気がマスコットみたいに目に見える女の新入社員と、不愛想な男の先輩の話。顔に出ない(どころか不機嫌そうに見えてしまう)けれども心の中は人一倍感情豊かな先輩可愛い! その豊かさも優しい方向がほとんどで、良くない感情を見てしまい神経すり減りがちな新入社員ちゃんが安らげる場所になっているの、いい関係! 末永く仲良くね! 空気ちゃんも可愛いです!

腐女子の友達マイナー仙人/ひさたも マイナー好きでなんだか仙人みたいにストイックなマイナー仙人略してマイセンというあだ名の友人のことを描いた実録漫画。攻めな受けが好きなマイセンさんのマイナー好きならではの試練。しかし悲壮感がないのがとても仙人らしいです。あと何がすごいってそのマイセンさん本人がゲスト原稿で参加しているということですよ。
(2020/2/15) 

 

 

 

 

 

トップへもどる   一つ前に戻る