2012年同人ソフト感想リスト

プレイ順です。

女性向の作品は、乙女=女主人公で相手キャラの全員もしくは多くが男、
BL=男主人公で相手キャラの全員もしくは多くが男(年齢不問)、としています。
作品が女性向かどうかは基本的にサークルさんの自己申告です。

値段は入手時のものです。場合によっては異なる可能性があります。

作品名が太字になっているものは、非常に個性的な作品です。
このリストでの太字作品は箱庭風コマンド式ADV 2012 ゴッド松村です。

まとめ  完成版  体験版  その他

 

2012年同人ソフト作品感想まとめ

おすすめ同人ソフト連作
天使仔猫譚/シモメマイ

おすすめ以外で面白かった完成版
廃校の七不思議(完全版)/DAIMON SOFTWEAR/土塊
Candy Box/同志を待つ
鴉とライオン/PINE
LOOT/CREO
恋妻くずし/夜のひつじ
ヴァージン・ロード/雨傘日傘事務所

期待の同人ソフト以外で完成が楽しみな体験版・続き物
ハートピストル/GOOD DAYS MAKER

他に完成版では「HE 閉ざされた空間」「生と死の穴 零」「ウソと宝と姪、探偵?」「いらない子ゲーム
初でーと、初えっち【遊園地編】」「はーとふる彼氏 完全版」「アナテマ・フィジクス
箱庭風コマンド式ADV 2012 ゴッド松村」「一夜奇譚 -イチヤキタン-
連作では「
未来探偵ソラとピヨちゃん
体験版では「
さこそ仇なる色に咲くとも 第一部 体験版
番外編では「
図書室のネヴァジスタNの食卓
女性向完成版では「
Kiitos!」「スーパー攻め様の優雅な一日〜野球拳編〜」「囲 -カコイ-」が良かったです。
(2013/1/1)

 

 

 

(完成版)

千変挽歌百不思議 遺構編/FUZZY PYTHON(フリーソフト)

神坂布津に育てられた岩国迩乃は穢祖を封じる役割を担うことを目的として霧沙女高等学園に通っていた。
しかし神坂布津がある日を境に行方知れずとなってしまい、
手を尽くし探すも手掛かりがなく、不安を抱えたまま迩乃は穢祖と遭遇する。


選択肢なし、学園伝奇アクション+恋愛とのこと、八時間ほどで読み終わりました。
ホラー・流血などがあるので苦手な方は注意。
システムは特に問題なし。
音楽は効果音が効果的に使用されていました。
絵は今回おっぱい強調シーンが多いような……。一枚絵は差分含め四十五枚。

今回が完結編で、穢祖の封印が行われるようになった理由などが語られていきます。
迩乃の残留思念の件はなんとかなったのでしょうか……?
あとなんだかんだと今までの二編に関わってきた布津の出番少なめなのでちょっと物足りなさが。
ですが、怖いシーンも熱いシーンも悲しいシーンも切ないシーンも、音楽や絵と合わせて丁寧に描かれていましたし、
色々悩みながらも、最後はうだうだせずに行動する迩乃にも好感が持てた話でした。

過去の作品感想:
千変挽歌百不思議 邂逅編 回向編
(2012/1/2)

 

Kiitos!(乙女)/Kumys(DL版300円)(DL版の購入はこちら)

落ちこぼれ召喚士マルーはある日引籠り召喚士ロアルド・リューターと出会う。
挙動不審なためマルーと一緒にいるだけで不審者として逮捕されてしまう彼だったが、
実は十二年前に勇者と共に世界を救った天才召喚士だった。


選択肢あり、ファンタジー、召喚、一時間半ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に問題なし。OPにムービーと歌二種類、EDにも歌あり。
絵はマルー可愛いです。召喚された悪魔が文字のみでどんな姿かわからないのがちょっと残念。

全十一話でそれぞれの話にOPとEDがあり、それまでの選択肢によって最終話で三つに分岐します。
マルーとその周囲の召喚士達、召喚された使い魔達によって話が進んでいき、それに十二年前の出来事が絡んできます。
DL版にはおまけSLG「マ●ーのアトリエ」付き。
人を殺してはダメと言いつつ使い魔をバンバン特攻させていくのが
(元の世界に戻るだけですが首ちょんぱとか八つ裂きとかされる)ちょっとどうかと思ってしまいました。
ですがテンポのいいやりとりは楽しかったですし、
山場では特にロアルドの使い魔、ヴァルの心情がしっかりと描かれていて切なくなる作品でした。

あとロアルドさんに憧れます。
だって引籠りつつ異世界のAmaz○nから色々品物を召喚できるなんて……自給自足できるニート最高じゃないですか!

過去の作品感想:
カランコエ
(2012/2/2)

 

す快らーく〜昼はファミレス・夜はハメレス〜 DL版(18禁)/はいぺりよん(税込1995円)(DL版の購入はこちら)

幼い頃に暮らしていた街へ戻ってきた板野猪口(いたのちょこ)は
「す快らーく」というファミレスでウエイトレスをしていた幼馴染の楽戸愛巣と再会する。
彼女から深夜営業のチケットを貰い、真夜中に再び店を訪れると、そこは風俗店になっていた。


選択肢あり、ファミレス、風俗店、ボイスあり、五時間四十五分ほどで読み終わりました。
スカトロ描写があるので苦手な方は注意。
システム、音楽は特に問題なし。OPにムービーと歌あり。
絵はちょっと表情が硬い感じ。
一部Hシーンはアニメーション。一枚絵は二十一枚+差分。

昼も夜も「す快らーく」に通いながら、女の子Hなことをして仲良くなっていきます。
ヒロインは三人、エンディングはバッド含め四つ。
前半は共通ルートで後半分岐します。
共通部分はヒロイン三人のHシーンやエピソードが順番にあるのですが
あるヒロインのことで決意した次のシーンではそれがなかったかのように他のヒロインと仲良くしていることがあって、
もうちょっと話の流れに統一感が欲しいなと感じました。
あと山場で語られることが、一つのルートを読んだだけではちょっとややこしくて、
最初に選んだヒロインのラストシーンがもやっとした印象になってしまいました。
二番目以降のヒロインルートではきっちりと理解できましたし、
特に明桃シナリオがお気に入りで明桃も可愛かったです。
それにファミレスのメニューと掛けたプレイは馬鹿馬鹿しくて笑ってしまう作品でした。

過去の作品感想:
スワンプマンに花束を
(2012/2/20)

 

魅杏の裏切り〜ドリリドリラレドリドラレ〜 DL版(18禁)/はいぺりよん(税込1260円)(DL版の購入はこちら)

ドリームクラブのホストガール、魅杏と恋人同士になった主人公。
しかし彼女の様子がどこかおかしい。そしてそれは日に日に酷くなっていく。
彼女の身に起きたこととは……


選択肢あり、ドリームクラブ二次創作、寝取られ、ボイスあり、一時間半ほどで読み終わりました。
スカトロシナリオ「魅杏の気張り〜ブリリブリラレブリブラレ〜」追加パッチあり。
こちらはスカトロ描写があるので苦手な方は注意。
システム、音楽は特に問題なし。
絵は本編ラストの一枚絵が特にエロい体型でいいなと思いました。
一枚絵は十枚+追加シナリオ一枚+差分。

ドリームクラブで魅杏と一緒にいるシーンと、その数時間前魅杏に起こった事を交互に読んでいきます。
ただし後者はスキップ可能。エンディングは二種類。
ラストの展開が、それまでの主人公の言動や心情からすると突拍子なく感じられてしまいましたが、
背徳感を持ちつつも喘ぐ魅杏が堕ちていく様がエロかった作品です。

「魅杏の気張り〜ブリリブリラレブリブラレ〜」は魅杏が排便する様子を盗撮した追加シナリオ。
排便する様がこれでもかと比喩で表現されていてなんだか感心してしまいました。よくこんな多彩な表現できるものだ……

過去の作品感想:
スワンプマンに花束をす快らーく〜昼はファミレス・夜はハメレス〜
(2012/2/21)

 

HE 閉ざされた空間/白桃花-hakutouka-(フリーソフト)

エレベーターの故障で閉じ込められた七人の男女。
ある者は険悪になり、ある者は不安になり、ある者は逼迫していた。
彼らの行く末とは……


選択肢あり、サスペンス風バカゲーのこと、密室、一時間足らずで読み終わりました。
ッステム、音楽は特に問題なし。EDに歌とムービーあり。ムービーは歌とよく合っていました。
ただ複数エンディングがあるのにEDムービースキップ不可なのはやや不便でした。(追記:現在はスキップできるようになっています)
基本的に画面右側にエレベーター内部の人物配置、左側に視点主の絵が表示されます。
視点が結構変わりますが、人物配置の方でも視点主がカラーになるのでわかりやすかったです
一枚絵は五枚+α。

世界を騒がせる殺し屋がいる世界、エレベーターの中に色々な立場の人間が居合わせます。
一応主人公の男がいて、彼の選択でエンディングが分岐します。エンディングは八種類。
最初にムービーありエンディングを迎えたとき、タイトルの意味に気付いて、一本取られたと思いました。
バカゲーではありますがハッピーエンドはどれも妙にすがすがしく、
特に小柄な女性とのエンディングはニヤニヤしてしまう作品でした。
(以下ネタバレのため反転)
男がなにかを我慢しているのはわかりましたが、大きい方か小さい方だろうとばかり思っていました。
小さい方が一番我慢できないですよね。他はまだ引っ込む可能性に賭けることができますが。


過去の作品感想:
Braver's TailRoseRose〜バラ薔薇〜なんDAそれ!?ボクとポエ
(2012/2/23)

 

闘え48手拳-TKE48-(BL18禁)/BLジャパン(フリーソフト)

中国の山奥で師の白濁から四十八手拳を伝授された蒼臥。
四十八手拳を用いて愛を広めようと山を降りた彼だが、
そこで皇帝、金色皇の暴虐を目の当たりにし、金色皇を止めるため都へと向かうことになった。


選択肢なし、四十八手、ボイスあり、三十分ほどで読み終わりました。
システムや音楽は特に問題なし。主題歌あり。
ボイスに音量差があるのがちょっと気になりました。
絵はインパクトのある一枚絵が多かったです。

蒼臥が四十八手拳を用いて敵と戦います。
戦い方は四十八手+BL18禁というところから連想できることそのままです。
四十八手拳の奥義を出す時はボイスも一枚絵もそこに大書された技名も大げさすぎるほど大げさで、
いたって真面目な登場人物達と、そのやっていることのギャップに笑ってしまう作品でした。

過去の作品感想:
ショタマッチョもう、ええわ・・・好きにして
(2012/3/21)

 

死の霊園 零/DAIMON SOFTWEAR/土塊(DL販売600円)(DL版の購入はこちら)

四人の大学生が、肝試しに心霊スポットへ赴こうとしていた。
その霊園で、女の霊を見たものは後日様々な原因で亡くなり、しかし死体は決まって火傷を負っていたという。
はたして彼らが遭遇したものとは……


選択肢あり、ホラー、霊、一部ボイスあり、一時間足らずで読み終わりました。
「死の霊園」のリメイクのリメイク。
システムは特に問題なし。
音楽は携帯の着信音がいいアクセントになっていました。
絵は迫る墓が圧迫感たっぷり。ただメイキングでも書かれていましたが女の霊が神々しすぎる印象。

選択肢によって女の霊に遭遇したり、まったく別の怪異に遭遇したりします。
メインの霊園でホラー成分が少な目なところがちょっと気になりましたが、
その場ではなく、後日呪いが実行されるというところに怖さを感じました。
家に帰れて大丈夫だと思った所からの……想像するだけでぞわぞわします。
(212/3/29)

 

書いてある 零/DAIMON SOFTWEAR/土塊(DL販売700円)(DL版の購入はこちら)

山寺都が朝、目を覚ますと、部屋の壁一面に「4日後に殺すと」いう赤い文字が浮かび上がっていた。
慌てて母親を呼ぶが、いつのまにかその文字は消えてしまっていた。
しかし翌日の朝、またしても壁に赤い文字が浮かび上がっていた。


選択肢あり、ホラー、霊、一部ボイスあり、一時間足らずで読み終わりました。
「書いてある」のリメイクのリメイク。
システムはロードするとセーブ地点から結構戻される場合があることや、
明るい背景だと文字がちょっと読みにくいところが気になりました。
音楽は特に問題なし。
絵は主人公がニーソで大変可愛いです。

壁に文字が浮かぶ怪異を、周囲の人の助けを借りて解決しようとします。
「死の霊園 零」の登場人物の出演あり。
友人の菜月がとても良いキャラしていてお気に入りですがそれだけにバッドエンドは目を背けたくなりました。
4日後から段々と減る日数も追いつめられていく絶望感があります。
ただクール・クールさんの「外人が喋る日本語(〜デース、等)」口調が、
実際にボイスで聞くとギャグにしか思えなくて怖さ半減でした。
あと、主人公が自分で答えに辿りつかないと解決しないと言いつつ、
ほぼ答えなヒントがたくさん出されているのでなんとなくもやもやしてしまいました。

過去の作品感想:
死の霊園 零
(2012/3/30)

 

生と死の穴 零/DAIMON SOFTWEAR/土塊(DL販売700円)(DL版の購入はこちら)

佐藤大夢(さとうひろむ)は蝋燭がたくさんある洞窟の夢を見た。
そこで自分の名前が書かれている蝋燭を見つけるが、どこからともなくやってきた化け物に火を消されてしまう。
目を覚ますと、同姓同名の有名人が突然死していた。そしてまた次の日も、同じ夢と同姓同名者の突然死が起こった。


選択肢あり、ホラー、霊、一部ボイスあり、一時間ほどで読み終わりました。
「生と死の穴」のリメイク。
システムはロードするとセーブ地点から結構戻される場合があることが気になりました。音楽は特に問題なし。
絵はラストのお墓のシーンが綺麗でした。逆に化け物は不気味でした。
あと、窓から雪が吹き込む演出がいいなと思いました。

同姓同名の人が死んでいく原因を解明しようとしていきます。
「死の霊園 零」「書いてある 零」の登場人物の出演あり。
今までの作品にあったクリア後のメイキング画像がなかったのがちょっと残念。
ですが、主人公を害してくる存在達が見た目も描写も怖くて、
段々と近付いてきたり、背後に出現したりして追いつめられる場面に背筋が寒くなった作品です。

過去の作品感想:
死の霊園 零書いてある 零
(2012/3/31)

 

佐藤と鈴木と田中、ときどき山本/花を吐く抄女(フリーソフト)

鈴木壱華、佐藤双海、田中光菜は学園祭でトリオコントをすることになる。
巻き込まれた形になった鈴木壱華は、それでも責任感を発揮して台本を読んで練習することにした。
その練習場所には、先客がいて……


選択肢なし、コント、ボイスあり、二十分ほどで読み終わりました。
エイプリルフール限定超突貫ノベルウェアとのこと。
システムはバックログで長い文章が途中で切れているのがちょっと不便でした。
音楽は特に問題なし。
絵はタイトル画面に(ほぼ出番のない田中さんの)イメージイラストはありますがで本編は背景のみ。

鈴木さんは誰もいないと思って台本を読んでいきますが、
彼女から見えない所にいた佐藤さんと山本さんは台本と気付かずにその台詞を誤解してしまいます。
三人の台詞が書かれたコント用台本と、佐藤さんと山本さんの台詞が同時進行していくのですが、
両方の台詞が交互に表示されるので、流れが掴みにくかったです。
それぞれの台詞が、四つ五つくらい前の発言まで画面に常時表示されていたらもっとわかりやすかったように思えます。
ですが、山本さんまで含めた四人の関係は面白そうで、もっとやりとりを見てみたいなと感じました。

過去の作品感想:
死狐様挽歌の候、如何お過ごしでしょうか早瀬に案山子は黄昏の姉妹、終末のマリアージュ八目鰻黄昏の姉妹、終末のラジオ一子、二狐とも、巫女との狸菓子狐憑き傾城狐の嫁入りなこそ箱入り娘のてるみどぉるやんでれさんのすゝめあそびめヱロゲに花束をカムガカリ、子狐丸宗近ワルキューレに口づけをお狸様で爆乳まみれin雌狸様に酒池肉林遙か異空の鎮守狐火王子の狸とカツ丼とそも、お狐様に夜這われて!。ぱんぱにえれ
(2012/4/1-1)

 

ウソと宝と姪、探偵?/Fly me to the sky!(フリーソフト)

姉が社長をしている信用調査会社に勤める耕太郎は、姉直々に本業とは別の仕事を割り振られることが多かった。
今回の仕事も、死んだ祖父が遺した暗号を解き、宝を見つけてほしいという、とある社長令嬢からの依頼だった。
彼は無理矢理くっついてきた中学生の姪、自称探偵助手の片山帆風(ほのか)と共に山奥の別荘へと向かう。


選択肢あり、暗号、ウソ、三十分ほどで読み終わりました。
2012エイプリルフール記念ノベルとのこと。
システム、音楽は特に問題なし。
絵は背景のみ。

暗号を解いて隠されたものを見つけようとしていきます。
暗号の答えは単語を直接入力する形式でヒントもあり。
正統派な問題が多いので難易度はやや易しめでしょうか。でもヒント聞くまでわからなかったものも……
テーマとなっているウソはがっつりメインではなく要所要所で効いていて上手いなあと感じました。
帆風が有能で、でも活発な子供らしさもあって可愛いなあと思いました。こんな姪に懐かれている耕太郎がうらやましいです……

過去の作品感想:
Beyond the summerBegin with you!すべてがウソになる今宵サンタは街角で。ウソと手紙と名探偵Space Freeters! 〜天駆ける宇宙の乙女たち〜夏色のコントラストクイズ 地球人の証明ちいさな春のラプソディ
(2012/4/6)

 

こっくりさんの墓 零/DAIMON SOFTWEAR/土塊(DL販売900円)(DL版の購入はこちら)

中学一年生の牧野晶子(まきのあきこ)は友人三人と山の中の廃屋で「こっくりさんの墓」という儀式を行った。
それは通常のこっくりさんより的中率は高いが、失敗した時のリスクも大きいというもの。
儀式の翌日、友人の一人が行方不明になり、晶子達以外は彼女の存在を忘れていたのだった。


選択肢あり、ホラー、こっくりさん、一部ボイスあり、一時間四十五分ほどで読み終わりました。
「こっくりさんの墓」のリメイク。
システムは今までの作品と同様。音楽は特に問題なし。
絵はマリの部屋がちょっと歪みすぎている気がします。

「こっくりさんの墓」という儀式を行ったことが原因で起こる出来事から逃れようとします。
「死の霊園 零」「書いてある 零」の登場人物の出演あり。
こっくりさんが十円玉を動かして不吉なことを告げる場面が怖かったです。
それに晶子と友人、さらに「死の霊園 零」「書いてある 零」の登場人物である梢、都、菜月の、
危険を顧みずに事件を解決しようと協力し合う思いやりがいいなと思えた作品でした。

過去の作品感想:
死の霊園 零書いてある 零生と死の穴 零
(2012/4/7)

 

災いの日本人形 零/DAIMON SOFTWEAR/土塊(DL販売900円)(DL版の購入はこちら)

曰くのある屋敷に家族で引っ越してきた中学一年生の佐藤美夢(さとうみむ)は
開かずの間と呼ばれている部屋で日本人形を見つける。
その人形の脚には「無念」と赤い文字で書かれており、それを目にした後から不気味な現象が起こるようになってしまう。


選択肢あり、ホラー、日本人形、一部ボイスあり、一時間半足らずで読み終わりました。
「災いの日本人形」のリメイク。
システムは今までの作品と同様。音楽は特に問題なし。
人形の声がとても怖かったです。
絵はラストのシーンが綺麗でした。

日本人形を見つけたことから起こる怪異を鎮めようとしていきます。
「書いてある 零」「生と死の穴 零」「こっくりさんの墓 零」の登場人物の出演あり。
「だがそのとき○○とは想像もしていなかった」という前置きがあって、
そうした物言いがあるとある程度先が予測できてしまうのでその分展開に対する驚きは少なくなってしまったかなという印象。
ですが、ボイスや見た目の怖さもあって、日本人形が出てくるシーンは寿命が縮む思いがしました。

過去の作品感想:
死の霊園 零書いてある 零生と死の穴 零こっくりさんの墓 零
(2012/4/8)

 

廃校の七不思議(完全版)/DAIMON SOFTWEAR/土塊(DL販売800円)(DL版の購入はこちら)

小学四年生の佐藤希夢(さとうきむ)はクラスメイトの二ノ宮高大(にのみやこうだい)に乗せられ、
弟の佐藤叶夢(さとうとむ)と友人の御名方さくら(みなかたさくら)と四人で肝試しをすることになってしまう。
その舞台は隣町の廃校。そこは夜遅くに入ると生きては帰れない「皆殺し学園」だと噂される場所だった。


選択肢あり、ホラー、七不思議、一部ボイスあり、二時間十五分ほどで読み終わりました。
システムはYuuki!NOVELなのでバックログなし。音楽は特に問題なし。
絵は妖怪とか凄惨な場面とかいままでのシリーズ以上にバリエーション豊富でぞわぞわしました。
あと時折地図が表示されて位置関係がわかりやすかったです。

小学生達が廃校で恐ろしい目に遭っていきます。
「書いてある 零」「生と死の穴 零」「災いの日本人形 零」の登場人物の出演あり。
七不思議の怪異も怖かったですが、それ以上に病院のシーンとその手前のシーンが、
「災いの日本人形 零」の準主役がこんな目に遭うなんて……という迫真の内容で絶望的な気持ちになった作品でした。

過去の作品感想:
死の霊園 零書いてある 零生と死の穴 零こっくりさんの墓 零災いの日本人形 零アカとテケテケ 零
(2012/4/10)

 

Candy Box(18禁)/同志を待つ(フリーソフト)

転校してきた僕に親切にしてくれた、隣の席の女の子。
彼女とホテルに入ったのは、それから三ヶ月も経たないころだった。
でも、彼氏彼女になることはなく、でも、一緒に、高校生活が過ぎ去っていくのだった。


選択肢なし、青春、十五分ほどで読み終わりました。
システムはセーブとバックログのみで最低限。
音楽はどの曲もそうでしたが、特にエンディングの軽快で洒落た曲が作品に合っているなと感じました。
絵は女の子可愛いです。なおカテゴリは18禁ですがそんなにエロエロではないです。でもおっぱいおっぱい。

恋人同士ではないけれど、高校生活の中で大きな部分を占めた女の子との二年間の話。
奔放で、でも細やかな女の子がとても魅力的でした。
そんな彼女と過ごす高校生活が断片的に語られていきます。
ちょっと特殊な関係ではありますが、なんてことのない日々がほとんどで、でもかけがえのない時間だということがよく伝わってきました。
なんだか自分の高校時代を思い出して、……いやまあこんな振られたり付き合ったり振られたり彼女じゃない女の子とHしたりしているわけじゃないですが、
楽しかった、でももう過ぎ去ってしまった日々を重ねて、甘くて、少しだけ酸っぱい気持ちになった作品でした。
(2012/4/12)

 

クトゥルフの弔詞 〜夢声慟哭〜/猫ノ事ム所(フリーソフト)

探偵である堀口のもとへ依頼の手紙と共に送りつけられてきた一枚のフロッピーディスク。
その中には、この世ならざる体験をしたという内容の九つのメモが入っていた。
メモを書いた人物を探し出せという依頼をこなしていくうちに、彼も同じ体験を味わう羽目になる。


本編では選択肢なし、クトゥルフ、怪奇幻想、三時間足らずで読み終わりました。
システム、音楽は特に問題なし。
絵は影絵と背景中心ですが邪神のイラストもあり。

依頼人不明の仕事を受けたことがきっかけで、クトゥルフ神話の邪神と関わっていきます。
途中、文字入力をする箇所があり、特定の単語を入れないと先へ進めませんが、
一度作中で読めば、メニューから何度でも読み返すことができる九つのメモ(+α)をしっかり読めば解ける内容になっています。
また、文章中の用語の(冷笑的な)解説が読めるTipや
おまけで「街痛〜運命の導火線〜」の登場人物が出てくるシナリオもあり。
クトゥルフ神話がベースになっていて、夢と現実、時間、場所などが入り混じった内容のため、
わけのわからないまま終わってしまう部分もありましたが、
奇妙な体験や、異形の神々に対する不気味さに引き寄せられるような、気味が悪いけれど気になるものがある作品でした。

過去の作品感想:
街痛〜運命の導火線〜〜耳田編〜
(2012/4/13)

 

堕ちる清楚妻〜脂ぎった叔父の上で腰を振るようになった私〜(18禁)/S.S.T WORKS(DL販売1365円)(DL版の購入はこちら)

夫、隆行の叔父が経営する会社で働くことになったみゆ。
そこで叔父にセクハラをされ、最初は嫌悪感を覚える彼女だったが、
だんだんとそれを求めるようになっていくのだった。


選択肢なし、寝取り、若妻、ボイスあり、二十五分ほどで読み終わりました。
システムはボイスが流れているとき、二回クリックしないと次の文章が表示されないところがやや面倒。
音楽は特に問題なし。
絵はカットインがNYANさんの絵柄! でお気に入りです。
通常の立ち絵や一枚絵は別の方が描かれているように見えました。

夫とのHに満足できない若妻が叔父のテクニックの虜になっていきます。
特典として漫画+小説形式で描かれる同人誌も同封。
実際に叔父に寝取られてからすぐ終わってしまうのがちょっと物足りなかったですが、
終盤の自ら誘ってくるみゆはエロいなぁと感じた作品でした。
(2012/5/29)

 

鴉とライオン ver1.03(BL18禁)/PINE(フリーソフト)

高校一年生の春山 健人はある雷雨の日、高校二年生の先輩、高岡 涼と出会う。
その瞬間から、涼のことが頭から離れなくなってしまった健人は彼と仲良くなろうと奮闘する。
そうして共に過ごす時間が増えた二人だったが、時折涼は壊れそうな表情を見せることがあった。


選択肢あり、恋愛、学園、家族、三時間ほどで読み終わりました。ver1.02以前のものは修正パッチあり。
システム、音楽は特に問題なし。
絵は涼が綺麗で、健人の照れ顔は可愛いです。あとタイトル画面や一枚絵などで青空が印象的でした。
一枚絵は三十五枚+差分+コンプ絵。
あと、画面の切り替えなど全体的にゆったりとしていて、それは話の内容と合っていたのですが、
健人が思わず抱きしめるような、勢いに任せている場面ではもっとすぐに切り替えても良かったように思いました。

涼のことが好きで好きでたまらなくなってしまった健人が、仲良くなろうと押して押していきます。
終盤の展開が唐突に感じる部分はあったものの、
全編にわたって健人の好きという気持ちがあふれていて、それにあわあわする涼も可愛かったです。
二人でのんびり会話をして、時折頭撫でちゃったりする、
そんな初々しい二人を見ているのがとても心地良くて、ほわぁ、となった作品でした。
(2012/6/6)

 

わん・もあ・ちゃんす!(18禁)/なにかもどき(1100円)(DL版の購入はこちら)

幼いながらも結婚の約束をしたリータとチェル。しかしリータは不慮の事故で死んでしまう。
そうしてやってきた天国で、リータは見習い天使ロリエルを通じ神様からの指令を受ける。
現世へと戻った彼はチェルの飼っている犬の体を借り、チェルのそばにいることができるようになるのだった。


選択肢あり、獣姦、ロリ、孕み、ボイスあり、二時間足らずで読み終わりました。
システム、音楽は特に問題なし。OPにムービーと歌、EDに歌あり。
絵はロリロリで可愛らしい絵柄。一枚絵は二十枚+差分。
コンフィグで立ち絵を「はだか」や「はだか+断面図」に変更したり、
Hシーンに断面図を入れるかどうかの選択可。
「はだか+断面図」はかなりのインパクトがありました。

犬になってチェルのそばで暮らす現在と、過去の出来事が交互に語られていきます。
サークルHPによると「獣姦や寝取られシーンは完全に回避することもできるので、
そちらが苦手な方は、ショタ
×ロリの初々しいHをお楽しみいただけます。」とのこと。
人によっては回避してもまだハードル高い気が……私はどれも大好物ですけどね!
ただHシーンは全体的にあっさりめで、特に獣姦は物足りなかったです。
話も終盤の盛り上がりに欠ける部分がありました。
ですが序盤〜中盤は実際の時間以上に色々な出来事が起こっているように感じられましたし、
趣向的な面も含め、とても濃厚な部分もあった作品でした。
(2012/6/10)

 

それでも生きることは食べることだから/燻されリアクション(フリーソフト)

この一か月、小学生の灯は双子の姉からあることをされていた。
今までは言いなりでされるがままだったものの、勇気を振り絞ってやめるようお願いしてみるのだった。


選択肢なし、食事、姉妹、二十分ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に問題なし。
絵はフリー素材の立ち絵使用。

姉にお願いする所から始まり、その後いままでの一か月間に何があったかが描かれていきます。
姉がそれまでの所業のわりに後半いい子過ぎてあれっ? と拍子抜けしてしまいましたが、
一ヵ月間の灯が体験したことは執拗で気持ち悪くてぞわぞわする良い描写でした。
(2012/6/12)

 

Planet love story/I'm Cyan(フリーソフト)

一人、荒野を歩く女がいた。それまでの記憶はない。
そうして歩いていくうちに、彼女は一人の男を見つける。


選択肢なし、月、愛、三十分ほどで読み終わりました。
システムはRPGツクール。
絵は意図的にか人物の解像度が粗くなっています。
場面によっての歩き方の違いが、画面の動きや効果音でよく表されていました。

カーソルキーの右か左を押し、前に進んでいくごとに文章が表示されます。
多少の幻想的要素がありつつタイトル通りストレートなラブストーリーといった感じ。
RPGツクールがベースなだけあって不便な部分はありましたが、
BGMも含めた演出が話に合っている作品でした。
(2012/6/14)

 

いらない子ゲーム/したいがぁるくぅ(ショップ販売1260円)(DL版の購入はこちら)

明峰大学の「ホライズン」という飲み会中心のサークルに所属する19人は、夏合宿と称し格安の値段で南の海を訪れた。
値段に見合わない豪華なホテル、食事、景色にはしゃぐ面々。
しかし彼らを待っていたのは、「いらない子ゲーム」という恐ろしいゲームだった。


選択肢あり、サスペンス、人間関係、六時間足らずで読み終わりました。
グロテスクな表現、暴力表現を含むので苦手な方は注意。
システム、音楽は特に問題なし。OPにムービーと歌、EDに歌あり。
絵は直接的なサスペンス部分の絵はなし。立ち絵などは大学生っぽさが出ているように感じました。
F1キーで登場人物一覧を見ることができますが、プロフィール項目が少ないのが残念でした。

序盤はサークルでわいわい遊ぶ様子、中盤以降は「いらない子ゲーム」の様子が描かれています。
時折別のサークルメンバー視点になりますが、基本的には二年生の瀬戸一臣視点がメイン。
「いらない子ゲーム」のルールはサークルサイト参照。
序盤は登場人物紹介も兼ねているかとは思いますが、19人もいるので人間関係を把握するのが大変でした。
でもバーベキューとか遠泳大会とか賑やかで楽しかったです。
特に一年生メンバーのやりとりが好き。青天目君対人スキル高くて格好いいですし堺さん本質突きすぎです。

「いらない子ゲーム」については、駆け引き材料が少ないので騙したり騙されたりという駆け引きは控えめ。
全ての投票結果が見たかったなあと思いました。
あと、(ネタバレ反転)
吉住さんへの感じ方が終始三村先輩と同様だったので一番最後のシーンに驚きがなかったです。
ですが、次々と犠牲者が出ていく中、次は自分かもしれないという緊迫感たっぷりで手に汗握りましたし、
そんな中で下される決断は、はたから見れば根拠が薄く愚かではありますが、
極限状態での素という感じで生々しく描かれている作品でした。
(2012/6/16)

 

初でーと、初えっち【遊園地編】(18禁)/ふにふにソフト(500円)(DL版の購入はこちら)

初デートで遊園地を訪れた直哉くんと七海ちゃん。
しかし、アトラクションを満喫する二人に悪意が忍び寄っていた。


選択肢あり、「初めて」、三十分ほどで読み終わりました。
システムはメニューウインドウが出るのが遅めなのがちょっと気になりました。
音楽は特に問題なし。
絵は七海ちゃん可愛らしいです。一枚絵は四枚+差分。

付き合うことになった二人が初デートを楽しむも……という話。
初っ端のHシーンが寸止めでしょんぼりでしたが、、
それ以上にラストが後味悪くて、うわあああと叫びたくなりました。
ですが、Hシーンは私の好みど真ん中
(ネタバレ反転)
(好きな人の目の前で強姦+赤ちゃんできちゃう)でエロかったですし、
デート中の初々しいラブラブっぷりはとても微笑ましかったです。
(2012/6/18)

 

はーとふる彼氏 完全版(乙女)/PigeoNation Inc.(500円)(DL版の購入はこちら)※英語版

ハトが通う名門校、聖ピジョネイション学園に一人だけ在籍しているヒトの主人公。
二年生となり、周囲にハトばかり存在する生活にも慣れてきたなか、
どんな一年間が彼女を待っているのだろうか……


選択肢あり、ハト、恋愛、六時間半足らずで読み終わりました。
主人公名前変更可。
システムは既読スキップが未読で止まらなかったり、
セーブロード画面起動などがちょっと遅めなことがちょっと不便でした。
音楽は特に問題なし。
絵は基本的に鳩などの鳥類の立ち絵のみです。
衣装は変わったりしますがお腹を見せた場面とかの立ち絵も欲しかったなーと思いました。
開始時の設定で登場時のみ擬人化+設定上の声優がカットインで表示されるようにもできます。
なおあくまで設定上のため、本編では鳩は鳩そのままですし、声もありません。

鳥とごく普通に言葉でコミュニケーションをとることができる世界で、
選択肢でパラメーターを上げたり、色々な鳥に会いに行ったりして好感度を上げていきます。
テキストで同一鳥物とか鳥相手ということを徹底しているのがいいなと思いました
ルートは乙女ルート八つ+BBLルート一つ。
乙女ルートは多くがラストあっさりしていて物足りなさがありましたが、
幼馴染の華原涼太ルートはストレートに想いの強さが感じられてお気に入り。
また尾呼散(おこさん)の口調が癖になります。

BBLルートは一本道で恋愛要素はほぼ無しのシリアスルート。
乙女ルートで時折垣間見えた不穏さが明かされる展開で緊迫感がありました。
鳥と恋愛というインパクトだけでなく、その設定を生かした構成になっていて、
出落ちにならない読みごたえがあった作品です。
(2012/6/30)

 

家畜おじさん/agony/禁飼育(フリーソフト)

両親を亡くし、叔父とは上手くいっていない晴々くもりは、
ある雨の日に家の前で言葉を話すことができないおじさんを見つける。
周囲に内緒で家に入れるが、その噂はどこからともなく広がっていくのだった。


選択肢あり、おじさん、一時間半ほどで読み終わりました。
「おじさん」よりも後の話。とはいえ読んでいなくても大丈夫かと。
きもいおっさんが続けて出てきますが。
システム、音楽は特に問題なし。EDに歌あり。
絵は全編デフォルメ強め。それが怖さにも繋がっていました。

叔父さんや、先生や、きもいおっさんや、おじさんを振り回したり振り回されたりします。
エンディングはおそらく一つ+バッド二つ。
制作中の「魔女の処刑日」の番外編も収録。
がびょう先生の過去がさくっと触れられただけでちょっと中途半端な気がしましたが、
おじさんとのやりとりはあったかい気持ちになりましたし、
ラストも良い読後感があった作品でした。その後のおまけシナリオははっちゃけてますが!

過去の作品感想:
さくっとパンダおじさん酷罪を受けるべき者Nと言う名の男、Bと言う名の女キナナキノ森この世で最も残酷なキスこの世で最も淫靡なキスChiristmas Coffee乙女の悲劇は残酷なキス淫靡で残酷な豚雨想い、君抱く
(2012/7/8)

 

蝶の行方と蒼い月/海野書店(ショップ価格735円)

幼馴染で二つ年下の中学三年生、三条ゆかりに惚れられている高校二年生の成松久司は、
いつのまにかクラスメイトに女の子が一人増えていることに気付く。その女の子の名前は、早乙女巴。
久司はふとしたことから巴が未来人で元の時代へ帰れなくなっていることを知り、帰るための手助けをする羽目になる。


選択肢あり、タイムマシン、恋愛、蝶、四時間四十五分ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に問題なし。
絵はどの登場人物も可愛らしかったです。

未来へ戻ろうとしている巴の手助けをしていくうちに、
巴ルートとゆかりルートに分岐します。
序盤、巴と久司、両者の視点から進んでいくのですが、
それぞれの背景があまり語られていないので置いてけぼりにされてしまった感がありました。
また終盤も、ある少年が出てきてすぐに終わりで、
その少年との関わりが少ないのにそこまで理解できるものなのかとちょっと納得いかなかったです。
ですが、達観した所がありながらも巴やゆかりのことを真摯に考えている久司は格好良かったですし、
危なっかしい巴は可愛かったですし、ゆかりもちょっと怖いですが強い想いが感じられましたし、
メインとなるキャラクターはみんな好感が持てました。
また、登場人物の心情描写が丹念で、特にゆかりの心情が徹底して描かれていて読み応えのある作品でした。

過去の作品感想:
海子さんこんにちは
(2012/7/10)

 

アナテマ・フィジクス/ひがしのてらこや。(フリーソフト)

大学生の土岐野蒼一は、ボクシング部のスパーリング中、相手を網膜剥離にしてしまう。
動揺した彼は親しくしていた高校の後輩、洲原奈美とも距離を置くようになる。
そんなある日、彼の目前に隕石が落ち、世界は一変してしまった。


選択肢なし、戦闘、実験、五時間ほどで読み終わりました。
以前のバージョンの感想は
こちら
システム、音楽は以前と同様。EDに歌あり。
絵は立ち絵が追加されていたりしました。

いままで暮らしていた世界とは異なる時空で勝利条件を満たすため闘っていく話。
なぜこんなことに巻き込まれたかは明かされないのでもやっとした部分もありましたが、
主人公周辺のことに関してはラストまでの展開が過不足なく構成されていて納得のいくストーリーでした。
それに工夫と根性どちらも駆使して生き延びていく主人公は格好良かったですし、
奈美の主人公への想いもいいな、と思えた作品です。
(2012/7/12)

 

S.I.S.T.A.R.S:KISS OF TRINITY(18禁)/はいぺりよん(100円)(DL版の購入はこちら)

双子の妹、瑠那と想瑠と共に暮らしている主人公。
主人公は妹達のことが、妹達はお互いと主人公のことがとても大好きだった。
その気持ちが高じ、彼らは一線を超えてしまう。


選択肢なし、妹、純愛、ボイスあり、二時間足らずで読み終わりました。
主人公名前変更可。
システム、音楽は特に問題なし。主題歌、挿入歌あり。
絵は可愛いですし、感情表現も多彩。一枚絵は三枚+差分たくさん。

妹達と仲良くデートしたり、Hなことをしたりします。
この長さでHシーンが三つあるのに、それ以外のシーンでも紆余曲折あるので、
話としてはその紆余曲折の尺が足らずちょっとあっさりしすぎている印象。
ですが、三人がそれぞれのことを好きだというのが伝わってきていい関係だなあと思えました。
特に想瑠がお気に入り。彼女と話すのはすごく楽しそうです。

過去の作品感想:
スワンプマンに花束をす快らーく〜昼はファミレス・夜はハメレス〜魅杏の裏切り〜ドリリドリラレドリドラレ〜後輩と後背位で交配してみた。Arpeggio 神奈ルート3M -Marionettes manipulate the marionette- #define 体験版
(2012/7/18)

 

スーパー攻め様の優雅な一日〜野球拳編〜(BL18禁)/PINE(フリーソフト)

全てが完璧なスーパー攻め様のペットであるM(人間)はスーパー攻め様のことが大好き。
ある日Mは、勇気を出してスーパー攻め様に野球拳で勝負することを提案する。


選択肢なし、野球拳、スーパー攻め様、一時間足らずで読み終わりました。
システムはセーブがありませんが、とちゅうからで野球拳から再開することができます。
音楽は特に問題なし。
絵はスーパー攻め様がスーパー攻め様としか言いようがない外見でした。一枚絵は三枚+差分+コンプ絵。

野球拳をしてスーパー攻め様を見事全裸にするとその後の展開を読むことができます。
全裸にした時点でMがどこまで脱いでいるかで三つのエンディング(+負けエンド)に分岐。
ガチで完全勝利は運任せなため、スーパー攻め様が出す手が事前にわかる後出しモードもあり。

見た目もそうですがスーパー攻め様のスーパー攻め様っぷりがとてもスーパー攻め様っぽかったです。
というかそれをそのままタイトルとか名前にしてしまうとは……
話はどのエンディングもあっさり気味ではありますが、
完全勝利エンドの甘々っぷりがお気に入り。他のエンドも切ないです。
あと、あとがきが読んでいて非常に気が散りました。
動ぜずに最後まで読めた人はものすごい精神力を持っていると尊敬しますね。

過去の作品感想:
鴉とライオン
(2012/7/19)

 

しま恋っ(女性向)/しまうま団(フリーソフト)

お嬢様学校に合わず、違う高校へと転校した主人公と、彼女に付き従う忍者の犬丸正太郎。
同じクラスになった成績優秀な長町和也や、おっとりした千代田美々と仲良くなり、高校生活を満喫するのだった。


選択肢あり、学園、恋愛、ボイスあり、四十五分ほどで読み終わりました。
主人公名前変更可。
システムはRPGツクール製。
特定の箇所でしかセーブできないので別の選択肢を読みたいときちょっと面倒でした。
音楽は特に問題なし。EDに歌あり。
ボイスはどのキャラクターも合っていましたが、
それだけに主人公のボイスがないことに違和感を覚えてしまいました。
絵は柔らかい感じで可愛いです。

昼は学園生活、夜は友人のうち一人にメールを送る、というサイクルで話が進んでいきます。
恋愛対象は二人でエンディングは三種類。
個別エンディングのラストはちょっとあっさり過ぎるように感じてしまいましたが、
女友達の美々との会話やメールが微笑ましくていいなと思った作品です。
(2012/8/23)

 

LOOT/CREO(1000円)(DL版の購入はこちら)

他人が聴いている音をどんなに離れていても聴くことができる「盗聴」という能力を持っている大学生の市松明人は、
他の能力を「察知」できる九条ミリヤから、相手の能力を殺して奪う「盗賊」という名の能力を知らされる。
そのことを裏付けるように、複数の殺人事件が起こるのだった。


選択肢あり、推理、特殊能力、四時間半ほどで読み終わりました。修正パッチあり。
システムは、せっかく読み返して確認したくなるシナリオなのに、
アイキャッチがスキップできなかったり、既読スキップで時折既読部分なのに止まったりするのがちょっともったいないです。
でもメニューの出方や、デザインなど格好いいです。
音楽は特に問題なし。
絵は陰影くっきりなべた塗りという感じ。それぞれの性格が良く出ていました。顔を赤らめるミリヤやさつき可愛いです。

十二の特殊能力のうちどれか一つ(盗賊のみ複数)を持っているかもしれないし、
持っていないかもしれない九人の登場人物の中から、連続殺人事件を起こしている「盗賊」を特定しようとしていきます。
誰がどの能力を持っているのか、盗賊は誰なのか、この人物はどこまで本当のことを言っているのか、
といったようなことをあれこれと考えさせられました。盗聴で音のみしか聴こえないもどかしさも絶妙。
終盤に披露される、盗賊と特定できる根拠も納得のいくもので、とても読みごたえがある作品でした。

なお私は一応一発で犯人を当てることができましたが、ほぼ当てずっぽうだったので威張れません……
(2012/8/24)

 

恋妻くずし(18禁)/夜のひつじ(1300円)(DL版の購入はこちら)

夫の仕事が忙しく、寂しい日々を送っていたみなとだったが、隣に住む学生、リクに目をつけられてしまう。
段々と性的な行為をされるようになるみなと。
しかし夫への遠慮から、そのことを誰にも明かせないのだった。


選択肢あり、NTR、若妻、二時間四十五分ほどで読み終わりました。
システムは一通りそろっていますが、おまけシナリオにもバックログほしかったです。
音楽は最後の最後で流れるBGMがとても印象的。
絵はみなとがぽんやりした感じで性格と合っています。一枚絵は十六枚+差分。

夫のことを愛しながらもリクに脅迫され無理矢理されているうちに
どんどんと引き返せなくなっていってしまいます。
エンディングは二種類。
本格的なHシーンが出るまでがかなり長いので、エロゲーとしてみると欲求不満になってしまいますが、
みなとの内面描写が丹念かつ共感できる(特にコミュ障的な思考が他人とは思えず!)ものでした。
また、自分への言い訳ロジックも真実味を感じる心理でした。
そして一番印象に残ったのはラストシーン。
堕ちをただネガティブなだけでない、解き放たれた瞬間、に変えたBGMの使い方が秀逸で、
そのシーン・演出とそこに至るまでの構成がとても上手い作品でした。

過去の作品感想:
孤独に効く百合親友が美少女になって帰ってきた。
(2012/8/26)

 

七芒星の魔法陣/虹猫(700円)(DL版の購入はこちら)

シルエッタとルイストン、二人の少女に召喚された召喚獣、レインは、
シルエッタの屋敷で彼女の友達として暮らすことになる。
しかし彼女は何故か屋敷から一歩も出られないのだった。


選択肢あり、魔法陣、ファンタジー。一時間半ほどで読み終わりました。
システムはマウスホイールからバックログへ移れないのがちょっと面倒。
音楽は特に問題なし。
絵は可愛らしいです。一枚絵は九枚+差分。

シルエッタとレイン、二人は仲良く過ごしていくも、
シルエッタの誕生日に起こったことがきっかけでそれが崩れそうになってしまいます。
七芒星の魔法陣のことが終盤唐突に説明されるのが気になりましたが、
前半の穏やかな日々は微笑ましくて、それだけに後半の展開は悲しかった作品でした。

過去の作品感想:
お願いします。パンツを見せてください未来・らい・らい、Delete(百合編紫陽花・蒲公英編)、熱血番長
(2011/8/29)

 

楽しい死神との暮らし方/可算階段(フリーソフト)

高校生の「巻上です」は自らを死神と称していた。
そんな彼女が関わる二人の少女の物語。


選択肢なし、死神、三十分足らずで読み終わりました。
システムは「ホイール上に回しても読み進め」なので、
バックログ慣れてしまっている身としては操作ミス多発させてしましました
BGMはなく、効果音のみ。絵も背景のみ。

巻上と同じ部活の鮫雨笹目(さめざめささめ)と関わる話、
小学生の此乃花瞳香(ここのかとうか)と関わる話、
それにとある喫茶店で巻上が駄弁るという、三つの話を並行して読み進めていきます。
状況説明などは少なくてすぐに読み終わりますが、
そんな中で鮮烈な言い回しが配されていて、停滞と疾走の両方を感じる作品でした。

過去の作品感想:
重奏世界のイデアルハイノネウタサイノネウタ〜What a Colorful Worldうーとまれぐにゃ!落下流睡!
(2012/10/7)

 

ヴァージン・ロード(18禁)/雨傘日傘事務所(DL販売1890円)(DL版の購入はこちら)

今はハイランド帝国の国境領にのみ存在する初夜権謙譲の慣習。
初夜に新婦を領主へと差し出し、領主の寵姫が新郎へ贈られる。
領主の一人、キメラ候とその寵姫クロユリはその慣習を喜んで堪能するのだった。


選択肢なし、ファンタジー、初夜、ボイスあり、四時間半ほどで読み終わりました。
システムは演出の都合上か文章表示速度が変えられないのがやや不便。
演出は今回バトル関連はほとんどありませんでしたがHシーンでは充実。
音楽は特に問題なし。
絵はいままでよりもグッとエロくなっていると感じました。
一枚絵は二十六枚+差分たくさん。

キメラ候が新婦を喰っていって、クロユリも新郎を喰ったり喰われたりしていきます。
Hシーンの比率がかなり高く、演出も多彩なうえにエロエロでした。
お気に入りはルヴィナスの乱れた表情。
話は山場もオチも一切なく終わります。
なので多少あっけなくも感じましたが、西ニフルヘイム工房シリーズということで今後続編もあるとか。
それにいろいろ悪いことをしているキメラ候やクロユリの出自など、
黒くて暗い部分がありながらもそれを包み隠すような穏やかで楽しい日常が心地よく、笑えました。
特にキバナが出てきてからの振り回されっぷりが面白かったです!

過去の作品感想:
ヴィザルの日記ラミエルパークのエルフ2年3組の魔女白夜十六エリュズニールの騎士雪神一雫午前零時の讃美歌神風剣士ロゼッタ3〜屍都の舞姫〜隷妃双奏黒曜鏡の魔獣紅湖の皇子霊刀キザクラ 〜桜花の剣と惑竜章〜ヴィザルの日記 〜補記〜嘘つきナレットの優しい暗殺者
(2012/11/20)

 

箱庭風コマンド式ADV 2012 ゴッド松村(18禁)/置か岡(DL販売315円)(DL版の購入はこちら)

2012年、地球は危機に瀕していた。
様々な予言が終末を示唆する中、主人公は12月の数日間を過ごしていく。


行動選択肢あり、終末論、バイオレンス、二時間半ほどで読み終わりました。
システムはセーブが一つだけなのでちょっと面倒な部分も。
音楽はHシーンがフィーバーしていて無駄に盛り上がります。。
絵はあまり上手いとは言えませんが狂気がビシバシ伝わってきます。

コマンド選択式で、色々な場所に行ったり、調べたり、出会った人を殴ったり性交したりして
いつのまにか滅亡を阻止する流れになっていきます。
一応作中にヒントは出てきますが難易度はかなり高め。公式サイトなどに攻略有。
出会う登場人物のほぼ全て(男や人外、無生物含め)と性交できたり、殴り殺したりできます。
それにほぼ全ての場所でオナニーできます。
相手も相手でMで束縛してくるヤンデレ隣人などキチ……個性的。
後半の展開やバッドエンドなどはやたらと壮大で、
かと思えば自宅でのPC操作や時間経過での明るさ変化、殴られた相手の見た目変化など妙に細かくて、
もう色々と混沌としていて、とてもインパクトがある作品でした。
(2012/11/29)

 

囲 -カコイ-(BL18禁)/a.m.(500円)(DL版の購入はこちら)

目を覚ますと見知らぬ部屋。……というかそもそも記憶がない。
鍵がかけられた扉から入ってきたのは見知らぬ青年。
彼は自分のことを知っているようだが……


選択肢あり、記憶喪失、一時間半足らずで読み終わりました。修正パッチあり。
システム、音楽は特に問題なし。EDに歌あり。
絵は一枚絵の体勢とか紅潮する肌とかがエロいと思いました。一枚絵は十三枚+差分。

エンディングを迎えるたびに選択肢が追加され、
主人公と謎の青年の関係などが明らかになっていきます。
事態が動いてからの展開があっさりしすぎな部分もありましたが、
作中ではほのめかす程度の真相に気付いた時にぞわっとさせられた作品でした。

(以下ネタバレ反転)
ループもの(というか一人が何度も記憶喪失にさせられる)と見せかけて、
別人だった、ってことですよね? ……こえええ


過去の作品感想:
僕の就活日記マスター×マスター 〜××を極めし者〜pure blueウラデラ就活DX私と、そして誰かの記録。摩天大楼的恋愛マスター×マスターSここだけの話2010
(2012/12/24)

 

一夜奇譚 -イチヤキタン-(12推)/あまてる。(フリーソフト)

ある無名の小説家が、最後の神頼みとして座敷童子の出る宿を訪れる。
そこで彼を待つものとは……


選択肢あり、ホラー、二十分ほどで読み終わりました。
システムは特に問題なし。
一枚絵は十三枚+差分。
視覚的な演出も効果音での演出もどちらも多彩で、怖さをより感じさせられました。

座敷童の出る宿での、ある一夜の物語。
結末は三種類。
本編だけでは小説家が理不尽に怖い目に合うという感じ
(といってもそれでも怖い&小説家は駄目人間なのですが)なものの、
クリア後に読める過去エピソード(ゲーム中、web上の二編あり)がより物語に深みを与えていて、
こうしたことの末にあの一夜があったのだなあとしっくりくる話でした。
(2012/12/25)

 

 

 

 

(体験版・連作)

天使仔猫譚 AF12 「コトコトラジオ」(女性寄り一般)/シモメマイ(フリーソフト)

おすすめ

過去の作品感想:
冬のお伽ばなし
(2012/4/2)

 

たおき学園わたぬき!−体験版−/たぶんおそらくきっと

辺逮(ほとり たい)は高校二年生の変態。
彼はラッキースケベが起こる場所に偶然辿り着いてしまうという能力の持ち主だった。
それはもはやラッキースケベではなくハッピースケベ! 今日もまた、彼はスケベを求めて登校するのだった。


選択肢あり、ラッキースケベ、二十分ほどで読み終わりました。
エイプリルフール用ギャルゲ―とのこと。
システム、音楽は特に問題なし。
絵は18禁にならない程度のお色気がたまりません。

選択肢によってラッキースケベが味わえる女の子(男の娘)が変わります。
四人体験できるバージョンと六人体験できるバージョンあり。
登場するのは過去の作品の登場人物。
どのルートもラッキースケベに出会った後はあっさり終わってしまいますが、
ラッキースケベへと至る展開が笑えるほど強引で、エロコメディはこうでなくちゃ! と思いました。
なにより、主人公の能力をよくこんなストレートなものにしたな、と感心します。
サイトのあらすじ読んで即DLしてしまいましたし。
なお、体験版となっていますが完成の予定はないそうです。……ちくしょう! もっとラッキースケベ見たかったのに!

過去の作品感想:
料理奥様は惨殺少女
(2012/4/3)

 

怖い物語/DAIMON SOFTWEAR/土塊(DL販売600円)(DL版の購入はこちら)

記憶を失くし森を彷徨っていた青年は古びた館を見つける。
その屋敷の中で、彼は四つの怖い物語を聞かされる。
その合間、この屋敷には四つのルールがあることを知るのだった。

選択肢あり、ホラー、オムニバス、一部ボイスあり、一時間半足らずで読み終わりました。
システムはYuuki!NOVELなのでバックログなし。音楽は特に問題なし。
絵は二話目のラストが特に不気味でした。あと、背景がとても描き込まれています。

館の中で「4つの怖い物語」を聞いていきます。
「こっくりさんの墓 零」「アカとテケテケ 零」の登場人物の出演あり。
一つ目の話はちょっと後出しすぎるんじゃないかと思いました。
一番怖かったのは二つ目の「自殺の科学」一人称で淡々と語られる狂気と、最後のシーンにぞくっとしました。

過去の作品感想:
死の霊園 零書いてある 零生と死の穴 零こっくりさんの墓 零災いの日本人形 零アカとテケテケ 零廃校の七不思議(完全版)
(2012/4/11)

 

Ariard-少年アリス- 体験版2011(BL18禁予定)/Latte

父親を亡くし、自分を偏愛する母親と共に暮らす高校生の宮野有純は
ある夜、白兎という名の兎耳の男と出会い、見知らぬ世界へ連れて行かれる。
その世界で出会う人々は皆、有純のことを知っているようだった。


選択肢あり、不思議の国のアリス、二十分ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に問題なし。
OPにムービーあり。とても綺麗なムービーで目を惹きました。アイキャッチも綺麗。
絵はどうしても天を衝くウサ耳に笑ってしまうんですが……女の人がウサ耳娘を見ても同じように思うのでしょうか?
それはともかく、どの登場人物も表情に色気があります。

この体験版では異世界へ連れて行かれた少しあとまで読むことができます。
序盤の同級生や母親との会話でのかみ合わなさが、有純の境遇を表していていいなと感じました。
ですが、いくつか選択肢があるものの、どれを選んでも最後同じ展開なのであっけなさが残りました。
せっかくの体験版なので、もっと色々な登場人物との会話を体験してみたかったです。
(2011/6/2)

 

鉄駆ギア 体験版1話〜3話/ネイキッドコア

2279年、未知の粒子により技術が進み、体全てを機械とした機人と、それを統率するゼプト社により、国は支配されつつあった。
200年前からコールドスリープしていたところを発見された鉄崎鋼一は脳以外を義体とし、ゲリラ活動を行っていた。
その最中、彼は地下に緑豊かな施設を見つけ、そこで暮らしていた少女ケイと出会う。


選択肢なし、近未来、ロボットバトル、一時間十五分ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に問題なし。
絵はギアというロボットが動きや攻撃の演出も含め格好いいです。

この体験版では1話から3話まで、鋼一が新たな力を手にし、ケイとも仲良くなるまでを読むことができます。
世界観や鋼一の立場、反ゼプト社の組織などについての説明でちょっとわかりにくく感じる部分はありましたが、
話の流れは読んでいて納得出来る展開でしたし、
ヒロインと力を合わせて敵を倒したり、困難を乗り越えたりというのはわくわくするものがある作品でした。
(2012/6/4)

 

さこそ仇なる色に咲くとも 第一部 体験版(15推)/The Ministry of Occult

幼少のころ、安芸国の吉川国経に拾われた白蓮は厳島神社で神通力を見いだされ巫女となる。
しかし先陣を切って荒事に首を突っ込むことから、戦巫女と呼ばれるようになってしまう。
彼女はそれをむしろ誇りつつ、巫女のおつとめと、時折帰省しての吉川家での生活を送るのだった。


選択肢あり、戦国時代、巫女、戦争、一部ボイスあり、一時間半ほどで読み終わりました。
暴力表現等あるため15歳以上推奨とのこと。
システムはボイス再生中、二回クリックしないと次の文章へ行けないところがやや面倒でした。
音楽は効果音もBGMも臨場感がありました。主題歌あり。
絵は白蓮がとても綺麗で、作中で称賛されているのも納得でした。

この体験版では白蓮の普段の生活が描かれていますが、戦争の気配が……というところで続く。
戦国時代が舞台ではありますが古文表記の箇所はバックログで現代語訳が読めたり、
用語解説があったりというフォローがしっかりとされています。
とはいえ登場人物が(実在の人物が多いといえど)たくさん出てくるので誰がどういう立場なのかなかなか覚えられませんでした。
ですが、主人公の白蓮が奔放ながら当たり前に気遣いできて好感が持てます。
戦国時代ゆえこの先ずっと平穏が続くとは思えず、
それでも白蓮には喜んだり楽しんだりしてほしいなあと願いたくなった作品でした。
(2012/6/8)

 

『探偵のすすめ』〜『先生は犯人?!』編RM版/たんすかい(フリーソフト)

中学生になった飯田直也のクラスには小学生からの友人が多くいた。
そんな友人たちと共に中学生活送っていたが、ある日友人の一人が教室で殺されてしまう。
残された彼らは、犯人を突き止めようと調査を開始するのだった。

選択肢あり、オリジナルユーモアミステリー系ノベルゲームとのこと、一時間足らずで読み終わりました。
『探偵のすすめ』〜『先生は犯人?!』編の吉里吉里リメイク版。
主人公名前変更可。
システム、音楽は特に問題なし。EDに歌あり。
絵は素朴な感じ。

友人の死の真相を明らかにしようと、聞き込みをしたり証拠を集めたりしていきます。
ユーモアミステリーと書かれていますが後半のミステリー部分にユーモアはあまりなくシリアスです。
さくさく展開が進むので読みやすくはありましたが、
ただでさえ主人公が巻き込まれ気味に調査に参加させられている上に、
探偵役っぽい立ち回りをする女の子二人が、結局は事件を解決してくれないので消化不良感が残りました。
(2012/6/20)

 

『探偵のすすめ』〜犯人は幽霊?!編_完全版/たんすかい(フリーソフト)

キャンプへとやってきた小田早紀ら1年A組の面々だったが、
クラスメイトの一人が重傷を負い、意識不明となってしまう。
事故というには不審なものを感じた彼女達は調査を開始する。

選択肢あり、オリジナルユーモアミステリー系ノベルゲームとのこと、一時間と少しで読み終わりました。
『探偵のすすめ』〜『先生は犯人?!』編の続編。
主人公名前変更可。
システム、音楽、絵は『先生は犯人?!』編と同様。

『先生は犯人?!』編では登場しなかった小田早紀視点で、
前回の事件を体験した面々と共に調査していきます。
前回から引き続き調査を主導している美奈子や紀子が、自分だけで解決するわけでもないのに
警察等に反抗的な態度を取っているのがあまりいい気分ではありませんでしたが、
霧の演出と合わせて、不気味さが醸し出されているなと感じた作品でした。

過去の作品感想:『探偵のすすめ』〜
『先生は犯人?!』編RM版
(2012/6/22)

 

『探偵のすすめ』〜黒雨の中のサンタ編/たんすかい(フリーソフト)

高校一年生の渡辺敬一はクリスマス、雨が降る公園で同じクラスの朝島美奈子に告白した。
しかし結果は玉砕。そのまま茫然自失でふらついた後、同じ公園に戻ってみると、
サンタの服を着た男が首をつって死んでいるところを目撃してしまう。


選択肢あり、オリジナルユーモアミステリー系ノベルゲームとのこと、四十五分ほどで読み終わりました。
主人公名前変更可。
システム、音楽、絵はいままでの作品と同様。

『探偵のすすめ』シリーズの続編ですが、舞台はいままでの三年後の高校生編。
今回は美奈子と紀子が自力で(警察から情報を強請っていますが)解決していてその点では納得できましたが、
トリックについてイメージしにくくて、図解などがあればいいなと思いました。
(以下ネタバレ反転)
やったことないのでわかりませんが人を隠せるほど大きなアクリルが
ドライアイスの中に仕込めるくらいの溶剤で欠片くらいまでになってしまうのでしょうか……?
持ち去って別のところで処分した方が早い気が。


過去の作品感想:『探偵のすすめ』〜
『先生は犯人?!』編RM版犯人は幽霊?!編_完全版
(2012/6/24)

 

『探偵のすすめ』〜笑うブドウ編 完全版/たんすかい(DL価格525円)(DL版の購入はこちら)

ひき逃げ事件の調査を依頼された美奈子と紀子。
しかし調査中、犯人と思われた男が殺害されてしまう。
二つの事件に繋がりを感じた彼女たちは聞き込みを行うが……


選択肢あり、オリジナルユーモアミステリー系ノベルゲームとのこと、一時間ほどで読み終わりました。
システムはメニューウインドウが出るのが遅めなことと、
セーブ画面などから右クリックで抜けられないことがちょっと不便でした。
音楽は特に問題なし。EDに歌あり。
絵は可愛らしいですが、一枚絵はちょっと躍動感に欠ける印象。
でも美奈子はいい感じに太……ぽっちゃり気味で描写通りだなと思いました。一枚絵は三枚。

『探偵のすすめ』シリーズの続編で高校生編。
今回から絵やシステム回りなどが一新されていて、聞き込み時に場所選択で移動したりします。
最後の依頼人が前向きになるところでそれまでの自虐から即心変わりしていて、
もうちょっと段階を踏んでほしかったなと思いました。
ですが、場所探索などで調査っぽさは今までの作品よりも感じられました。

過去の作品感想:『探偵のすすめ』〜
『先生は犯人?!』編RM版犯人は幽霊?!編_完全版黒雨の中のサンタ編
(2012/6/26)

 

『探偵のすすめ』SS〜小田早紀と神隠しの噂編/たんすかい(フリーソフト)

キャンプ場での事件から二か月ほど後の夏休み明け初日。
小田早紀が片思いしている佐藤健太が連絡もなく学校を欠席した。
心配した早紀は美奈子と紀子と共に彼の行方を探すことにした。


選択肢なし、後日談、二十分ほどで読み終わりました。
システム、音楽、絵は笑うブドウ編と同様。
ただTips機能(用語解説)が付いたのですが、
バックログの文章からでも読むことができるのはとてもありがたかったです。

『探偵のすすめ』シリーズの犯人は幽霊?!編の後日談。
今回は謎っぽい要素はあるものの、特に何事もなく終わります。
ちょっと佐藤くん行方不明の真相は強引すぎるんじゃないかなあと感じてしまいましたが、
気軽に読むことができたところと、最後の引きはいいなと思いました。

過去の作品感想:『探偵のすすめ』〜
『先生は犯人?!』編RM版犯人は幽霊?!編_完全版黒雨の中のサンタ編笑うブドウ編
(2012/6/28)

 

『探偵のすすめ』〜クチナシの系譜編 完全版/たんすかい(DL価格735円)(DL版の購入はこちら)

恋人が入院し、お見舞いに訪れた三十路WEBデザイナーの佐々木雪。
しかしその病院は、色々と噂の絶えない場所だった。
そんな中で起こる殺人事件。容疑者は、彼女の恋人だった。


選択肢あり、オリジナルユーモアミステリー系ノベルゲームとのこと、二時間ほどで読み終わりました。
システム、音楽、絵は笑うブドウ編・小田早紀と神隠しの噂編と同様。
EDに歌あり。一枚絵は十一枚+差分。

『探偵のすすめ』シリーズの続編で中学生編。
今回から自分でも推理することができるようになりました。
毎度のことながら、美奈子の事件解決への暴走気味な情熱と、
推理力が釣り合っていないのが見ていてあまりいい気分になりませんでした。
あと、アナウンサーさんの髪留めがイベントCGや立ち絵では向かって右側なのに、
メッセージウインドウ左の顔グラフィックでは向かって右にあったので、
鏡を用いたトリックや双子説を想像しましたが、全くそんなことはなかったぜ!

過去の作品感想:『探偵のすすめ』〜
『先生は犯人?!』編RM版犯人は幽霊?!編_完全版黒雨の中のサンタ編笑うブドウ編小田早紀と神隠しの噂編
(2012/7/4)

 

『探偵のすすめ』〜紅の烈風編〜/たんすかい(DLショップで945円)(DL版の購入はこちら)

藤原美貴は現在片思い中の高校二年生。
しかしその意中の人、佐藤健太に犯行予告が届く。
美貴は佐藤健太の友人たちと共に、調査を開始するのだった。


選択肢あり、ユーモアミステリーアドベンチャーとのこと、ボイスあり、三時間半ほどで読み終わりました。
システムはいままで気になっていた部分がほぼ改善されていて使いやすかったです。
音楽、絵は今までの作品と同様。OPにムービーと歌、EDに歌あり。
一枚絵は十九枚+差分一枚。

『探偵のすすめ』シリーズの続編で高校生編。
場所移動して情報を集めたり、人物や証拠を指定して推理したりします。
推理についてはわからなくてもおまかせで解決してくれるモードもあり。
テキストは読みやすかったですし、美貴とその友人たちの会話は楽しかったですが、
トリックや動機に納得いかないところがありました。
(以下ネタバレ反転)
USBメモリを校長も結菜も拾っているのですが、そんなにたくさん落としたのでしょうか?
それとも二回落としたのか……
あと部屋移動はさすがに警察が気付かないなんてことないと思うのですが……

それから、美貴が学校で有名なことの理由はなんだったのでしょうか……?
とはいえ、第一作から回を経るごとにシナリオもシステムもデザインも、
どんどん良いものになっているなと感じる作品でした。

過去の作品感想:『探偵のすすめ』〜
『先生は犯人?!』編RM版犯人は幽霊?!編_完全版黒雨の中のサンタ編笑うブドウ編小田早紀と神隠しの噂編クチナシの系譜編
(2012/7/6)

 

しおさいのセレナードEP1/少年舎(500円)(DL版の購入はこちら)

湘南で暮らす楢原京介は高校に入学する直前、
自分の家に五年ぶりに再会した幼馴染、山上桜が居候することを知らされる。
戸惑いながらも再会を喜ぶ二人。しかし桜には一つ、悩んでいたことがあった。


選択肢あり、ご当地系学園NVGとのこと、三時間と少しで読み終わりました。
システムはセーブ画面から右クリックで戻れなかったりするのがちょっと面倒。
音楽は特に問題なし。
絵はちょっとバランス悪く感じるものもありましたが、女の子の色々な表情が良いなと思いました。

このEP1では湘南を舞台に高校一年の春から夏休み直前までを読むことができます。
メタ発言やネタ発言多め。
基本的にゆるい雰囲気+ちょっとシリアスという感じで進んでいきます。
喫茶店の問題解決が、ちょっと期間短すぎて都合良すぎに思えてしまう部分はありましたが、
ラストで一気に何かが起こりそうな展開になって、これがどう波乱を呼ぶのか気になりました。
たわいもない嘘のように思えましたがどう転んでいくのか……
(2012/7/14)

 

未来探偵ソラとピヨちゃん 第三話/フワフワソ

未来の日本、北海道から上京してきた十五歳の少女、ソラがバイトを探していると、
ケータイ電話のヒヨコ型AI、ピヨちゃんが探偵事務所の助手をしないかと話しかけてきた。
一度は断ったものの、トラブルに巻き込まれてしまったソラはピヨちゃんの力を借り、探偵の真似事をすることになる。


選択肢あり、探偵、未来、五十分ほどで読み終わりました。
第一話 第二話に追加パッチを当てることで読むことができます。
第一話 第二話の感想は
こちら
エピソード・ホーンテッドの感想は
こちら
システムや音楽は第一話、第二話と同様。
絵は暖色系の色が多く使われていて華やかな印象。

追加される第三話は神社で消失したお皿を探す「白いお皿を探せ!」
おまけのコメントも追加されます。
今回ピヨちゃんのテキトーさはやや控えめな感じ。それでもいろいろソラを振り回しますが。
エピソード・ホーンテッドでもそうでしたが、
パニックになった人たちの描写がとても説得力あって、
どうしようもないけれどなにかしなければという感じがひしひしと伝わってきました。
(2012/7/17)

 

装天のグライガー〜始動編 web無料配布版/EGG

天加瀬勇也は夜の学校で謎の化け物に襲われ瀕死の状態になってしまう。
そんな彼を助けたのは、化け物と同じ世界からやってきたグライガーという名のヒーロー。
傷を治すために二人は勇也の体で共存することになるが、そんな彼らの前にまた別の化け物が現れるようになる。


選択肢あり、ヒーロー、学園、一時間ほどで読み終わりました。修正パッチあり。
システムは特に問題なし。
音楽は特に効果音に生々しさがあります。
絵はあまり上手いとは言えませんが、話に合っている絵柄だと感じました。
立ち絵がスライドインする演出は読んでいて邪魔にならない自然な速さでした。
また、タイトルロゴは古臭くて格好いいです。

この始動編では第四話までを読むことができ、五話目以降の正義編へと続くところで終了。
多くの話で、日常→敵出現→グライガーになって闘う→締め、という流れになっていて、
型どおりとも王道とも言えるつくりになっています。
その中でも第四話は、勇也とグライガーが心を一つにしてより強くなるという展開で、熱いものがありました。
(2012/8/22)

 

甘えんぼ御嬢様に寝取られる俺【体験版】(18禁)/GOOD DAYS MAKER

一度しか会ったことのない婚約者との結婚を一か月後に控えた朱雀乃雄大だったが、
従妹のクレアの家で飲み物を口にした途端、突然意識を失ってしまう。
そして目を覚ますと、手足を縛られクレアにキスされていたのだった。


選択肢なし、従妹、寝取られ、十五分ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に問題なし。
絵はクレアの立ち絵の表情は多彩でいいなと思いましたが、
Hシーンの表情はちょっと色気不足な印象。

この体験版では最初のHシーンまでを読むことができます。
Hシーンまでさくっと進めるのがエロゲーとして良い感じでした。
それでいてそのさくっと部分も、なにやら正体不明なメイドさんのはっちゃけた言動が楽しかったです。
ただ、Hシーンまでさくっとあっさりであまりエロくなかったのは気になるところでした。

過去の作品感想:
そんなふたりとしあわせのかたち。ゆうはるか広がる空の片隅の
(2012/8/30)

 

ハートピストル【一章】(18禁予定)/GOOD DAYS MAKER(フリー公開中)(DLはこちら)

幼馴染の柳葉ゆちと仲良く日々を送っていた火雁竜司だったが、
ある日の夜、全ての生き物の血液を操れるレディ・ヴァンパイアという女性と出会う。
それ境に、竜司は様々な怪異と関わることになるのだった。


選択肢あり、グロテスク純愛ビジュアルノベルとのこと、五時間ほどで読み終わりました。
猟奇的な描写があるので苦手な方は注意。
システムは特に問題なし。
音楽はタイトル画面の曲が、絵はゆちの多彩な表情がお気に入り。

一章は一つの結末(+いくつかのサブエンド)までを読むことができます。
今後は一章の途中で分岐する本編を発表予定とのこと。
戦闘→致命傷→復活→再戦という流れが何度もあって、
段々竜司が闘い慣れていったり、心境の変化があったりしているもののちょっとワンパターンすぎるように思えました。
今後の展開にかかわってくるのかもしれませんが、現時点ではもっと短くまとめられそうで冗長な印象。
あと脈絡なくカポエイラの技を繰り出す竜司には面食らいました。

ですが、レディとゆちの初対面シーンはとても衝撃的で一気に惹きこまれましたし、
レディと竜司の会話は殺伐としているのに色気たっぷりでした。
逆にゆちと竜司の会話、というか二人の関係は本当に穏やかで微笑ましくて、ずっと見ていたくなります。
この二人が延々いちゃいちゃする作品があったら迷わず飛びつくくらいに!

単調な部分もありますが、レディやゆちと関わるシーンは(グロ方面でも穏やか方面でも)印象に残る作品でした。

過去の作品感想:
そんなふたりとしあわせのかたち。ゆうはるか広がる空の片隅の甘えんぼ御嬢様に寝取られる俺【体験版】
(2012/8/31)

 

未来探偵ソラとピヨちゃん -イリーガルジュブナイル-/フワフワソ(フリーソフト)

未来の日本、北海道から上京してきた十五歳の少女、ソラがバイトを探していると、
ケータイ電話のヒヨコ型AI、ピヨちゃんが探偵事務所の助手をしないかと話しかけてきた。
一度は断ったものの、トラブルに巻き込まれてしまったソラはピヨちゃんの力を借り、探偵の真似事をすることになる。


話にかかわる選択肢はなし、探偵、未来、四十五分ほどで読み終わりました。
このライトノベルがすごい!大賞3次(=最終)選考対象作をノベルゲーム化とのこと。
第一話 第二話の感想は
こちら
エピソード・ホーンテッドの感想は
こちら
第三話の感想は
こちら
システム、音楽今までの作品と同様。
絵はいままでと別の方が描かれています。
ピヨちゃんが可愛すぎる! とかソラの困った感が薄いような……と思いましたが、
女の子同士のキャッキャウフフ的な明るさがとてもよく出ていました。

今回は「違法少年事件」というエピソードが収録されており、
幼馴染の少年の様子がおかしいという小学生の女の子による依頼を調査していきます。
今回ピヨちゃんのウザさは控えめな印象。
事件解決の仕方が探偵というより家政婦で、その時のソラとピヨちゃんの反応が笑えました。
あと次回予告が読めるのですがどんな話になるのか気になります!

それにしてもだらしなくてバカで変態で、おまけに幼馴染の女の子もいないのに
警察のお世話にならずひっそりと生きている人もいるんですよ……ちくしょう
(2012/9/23)

 

 

その他

CAGE-ZERO-/LOVE & DESTROY(フリーソフト)

「CAGE-OPEN-」「CAGE-CLOSE-」作中の初日(一月二十三日)記念ミニノベル。
主人公の妹、紺野麻美視点で一月二十三日が進んでいきます。

選択肢なし、十分ほどで読み終わりました。
「CAGE-OPEN-」の感想は
こちら
システム、音楽は「CAGE-OPEN-」と同様。
絵は書き下ろしでしょうか? だぼだぼな服着た静香可愛いです。

麻美にとって普段通りの一日のはずが、ちょっとだけおかしなことが起こります。
「CAGE-OPEN-」のネタバレ若干ありとのこと。
まず当て字に吹きました。魔留井でバーゲンとか邪悪すぎます。
麻美は思考がイマドキの若い女の子って感じがひしひしと……
……けどほんとにいるんでしょうかこんな娘? オジサンにはわかんないっす。
あと「CAGE-OPEN-」でも思っていましたが、冬空の下で失神していたら普通に死にますよねぇ。
麻美の寒がり方見て改めてそう感じました。

過去の作品感想:
CAGE-OPEN-落下点
(2012/1/27)

 

もっとツルゲーネフとよろしく!(18禁)/3 on 10 -サンオントウ-(フリーソフト)

「ツルゲーネフとよろしく!」の後日談。
エイプリルフール限定(翌日午前1時まで)とのこと。
選択肢なし、十五分ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に問題なし。
絵はツルゲーネフさん可愛いです。幼馴染さん怖いです。

「ツルゲーネフとよろしく!」のラストシーンのあと、何故だかツルゲーネフさんの部屋で二人きりになって、
恥じらい皆無のまーくんが恥じらい全開のツルゲーネフさんにあんなことやこんなことをしたりされたりします。
あわあわするツルゲーネフさんにニヤニヤしますが、それ以上に幼馴染さんの暗躍を予感させるラストがガクブルでした。

過去の作品感想:
ツルゲーネフによろしくぷるぴらMightツルゲーネフとよろしく!川の流れを留めてみたい
(2012/4/1-2)

 

図書室のネヴァジスタ Nの食卓/TARHS Entertainment.(フリーソフト)

(ネタバレのため反転)
人々から忌み嫌われる、人間と同じ姿ながら不老長寿で人の生血を好むネヴァジスタという存在がいた。
彼らのうち数人は、永遠を持て余しながら丘の上の館でひっそりと暮らしていた。
それぞれが、人間と関わりを持っているという秘密を抱えながら。



選択肢なし、一時間十五分ほどで読み終わりました。
エイプリルフール企画ミニノベルゲームとのこと。
システム、音楽は特に問題なし。挿入歌あり。
絵は「図書室のネヴァジスタ」のリサイクル。

「図書室のネヴァジスタ」と同じ立ち絵、同じ名前ながら、設定や立ち位置が異なるエコノベル。
槙原の空気読めないにもほどがある言動に笑いました。
でも槙原の提案がそれぞれの相手にとっての害になるのでは、と気付いた時は悲しくなりました。
「図書室のネヴァジスタ」本編とは全く関係のない物語ですが、本編同様がっつり読ませる話です。
(ネタバレのため反転)
しかしサイトの紹介ページ見てからプレイしたので、いつギャグ展開になるのかな?
と結構後の方まで思いながら読んでいました。……だ、騙された!


過去の作品感想:
図書室のネヴァジスタTHE FOOL夏休みのネヴァジスタ四月の魚
(2012/4/4)

 

CAGE-FOOL-/LOVE & DESTROY(フリーソフト)

五千万円を賭けて争うゲームで、勝利条件となるコインを見つけた紺野鉄平。
しかしその日は、四月一日だった。


選択肢なし、二十分ほどで読み終わりました。
エイプリルフール企画、アンビエントトランス・ミニノベルとのこと。
「CAGE-OPEN-」のネタバレあり。
「CAGE-OPEN-」の感想は
こちら
システム、音楽は「CAGE-OPEN-」と同様。
絵は矢ヶ崎さんの扱いが酷過ぎると思います!

ゲームに勝利するも、その後に紆余曲折ある話。
扉を五人そろってぶち破る場面、その光景を想像するととても滑稽に感じてしまいましたし、
最後妙にいい話っぽく締めるのもなんだか可笑しかったです。
でも、五人仲良くしているのはすごく微笑ましくて、いいなぁと思いました。

過去の作品感想:CAGE
-OPEN--ZERO-落下点
(2012/4/5-1)

 

Kiitos?体験版/Kumys

「Kiitos!」の登場人物を性転換させた落ちこぼれ少年召喚士の愛と冒険のADVとのこと。
エイプリルフール「ねんがんの ギャルゲーサークルに なったぞ!」記念作品。
選択肢あり、二十五分ほどで読み終わりました。
「Kiitos!」の感想はこちら
システム、音楽は「Kiitos!」と同様。
絵はロアル子さん美人なのに痴女として捕まるなんてせちがらいよのなかだとおもいました。

「Kiitos!」とほぼ同じストーリーで性別に関連した部分のみ異なる話が、全十一話中第四話まで収録されています。
本編のマルーも可愛かったですがこちらの主人公マルオも可愛いですね。
あとロアル子さんのオタク趣味ネタが本編ロアルドさんの同じシーンよりも切れ味があるように感じたのは気のせいでしょうか……?

過去の作品感想:
カランコエKiitos!君に捧げるモノトニア
(2012/4/5-2)

 

はーとふる彼氏 HolidayStar/PigeoNation Inc.(500円)

「はーとふる彼氏」の十二月以降を舞台にした外伝。
四つの中編、三つの短編、おまけ等を収録。
選択肢あり、三時間と少しで読み終わりました。追加パッチあり。
システム、音楽は「はーとふる彼氏」と同様。
絵は動きのある立ち絵が使用されていたりしました。

中編は時系列順になっていて、一つを読み終わるごとに新しい話を読むことができるようになります。同時に短編も出現。
外伝ながら本編とも強く関わりがあり、特に後半はがっつり読ませる話です。
でも全体的に朔夜はヘタレな役回りで泣けました。逆に岩峰先生はいいところを持っていきますね……
お気に入りは一番最初の話「強襲!クリスマス泥棒!!」
ラストの保健室に笑ってしまいました。

過去の作品感想:
はーとふる彼氏
(2012/7/2)

 

錬電術師 -HexaQuarker- 最終章 Re_turn 家路 -かや、くろえ、カナヘED- v1.10(18禁)/不機嫌亭ゲーム班

錬電術師 -HexaQuarker- 最終章 Re_turn 家路 -かや、くろえ、カナヘED-」の追加パッチ。
家路 かや姉ルート のバッドエンド1つ、エピローグ2つ、新規イベント絵1枚、新曲2曲追加とのこと。
選択肢あり、三十分ほどで読み終わりました。
システム、音楽、絵はパッチ適用前と同様。

追加されたなかでは、一番下の選択肢でのエピローグが、
何もしないでいるとこうなるのか、という結末で印象的でした。
(2012/8/1)

 

CORE X 2012年ハロウィン企画番外編(BL18禁)/AlaruM(フリーソフト)

制作中の「CORE X」の番外編。
選択肢あり、ハロウィン、一時間四十五分ほどで読み終わりました。
システムは文章表示速度が遅めで変更できないのがちょっと不便。
音楽は特に問題なし。
絵は背景含め色くっきりな塗りが印象的。

ハロウィンパーティをしているうちになにやらあやしい雰囲気に……という話。
三通りに分岐しますが結末は一つ。「CORE X」本編の体験版を読んでいなくても大丈夫な内容です。
主人公のカイの他に、シータとイータの兄弟、それに女性のミューの四人でパーティをしていて、
一周目、二周目がそれぞれシータ、イータとのHシーンだったので、
最後はもしやおっぱいか!? と思いましたが安定のBL展開で、ですよねー、と。
Hシーンは尿道責めが、自分がされたらと思ってしまってヒュンとしました。
パーティのシーンは楽しそうな感じがよく伝わってきて、
本編はもっとシリアスそうですが、それでもいい関係なのだろうなと思えた作品でした。

過去の作品感想:
Day's Eye SS集
(2012/11/2)

 

パカプラスマイナス 追加ディスク/PacoProject

アルパカ好きな冴木和真(さえきかずま)は高校受験を間近に控えたある日、
第二音楽室でヴァイオリンを弾く少女、和泉紫(いずみゆかり)と出会う。
しかし彼女から告げられたのは「帰ってください」という一言だけだった。


パカプラスマイナスの追加ディスク。
キャラクター、イベント、シナリオ、CGを追加。

選択肢あり、アルパカ、恋愛、ボイスあり、追加部分は二時間足らずで読み終わりました。
システム、音楽、絵は追加前と同様。一枚絵は六枚+差分。

一番大きな追加部分はクラスメイトの篠沢彩香ルート。
ちょっと堅物だけどそれ以上にノリの良い篠沢さんや、
篠沢さんの妹の千聖ちゃんとのやりとりが微笑ましくて、
紫ルートに勝るとも劣らないくらい楽しめました。

過去の作品感想:
パカプラス
(2012/11/17)

 

 

 

トップへもどる   一つ前に戻る