禁飼育
HP

サークルについて

オリジナルのノベルゲームを制作、イラストの掲載などをされています。

 

作品

さくっとパンダ〜妄想交響曲〜

 

概要

ジャンル

オリジナル/ノベルゲーム

発表年月

2006/4

価格

フリーソフト

年齢制限

一応乙女15推

特徴

エロ、グロ、バイオレンス、鬱

選択肢なし。七時間足らずで読み終わりました。
スキップ、バックログ、オートモード、シナリオジャンプ、音楽鑑賞などがあり、
セーブデータは12個まで保存可能です。

 

あらすじ

修行の日々から一年。働き始めたこたつは忙しくも穏やかな日々を送っていた。
そんな中、三毛、そして九龍との再会から紆余曲折ありながら、
こたつはより幸せな日々をつかもうとしていた。

 

この作品について

全四話のうちの三話目。これまでの感想はこちら(第一話第二話
悪い部分はこれまでと同様に誤字脱字など。
特に「てにおは」が合っていない部分が結構見受けられます。
また、悪い部分ではありませんが凄惨な場面があります。
一方、「ちょwww」とか台詞に顔文字とか乙女妄想とかもあるので、どちらについても苦手な方は注意。
あと幼馴染が高校から野球始めてエースになり甲子園優勝ってどんな天才ですか?

一話、二話と人の醜さの描かれ方が印象的な話だったものの、
全体としてはまずまず良い作品といった感じでした。
第三話の途中まで読んでも同様でしたが、
幼馴染の視点で第一話の出来事が語られる場面以降はまずまずどころではなく、
それぞれの場面場面で感情が揺さぶられ、それによって先の展開が気になり貪るように読みすすめる、
という繰り返しで一気に最後まで読み終えてしまいました。

全て読んだ後のおまけでタイトル名「さくっとパンダ」に因んだ短編が読めます。
これだけを読んでもへぇ、で終わってしまいそうな話なのですが、
本編のラストの余韻が覚めやらぬこのタイミングが絶妙で、
過ぎ去りし日の懐かしさや現状と対比した物悲しさが感じられました。

この凄惨で魅力的な物語がどのような結末をたどるのか。
第四話「さくっとパンダ〜鬼蛇〜」これを掲載した今現在期待しつつ読んでいます。

 

 

作品

さくっとパンダ〜鬼蛇〜

 

概要

ジャンル

オリジナル/ノベルゲーム

発表年月

2007/3

価格

フリーソフト

年齢制限

一応乙女15推

特徴

エロ、グロ、バイオレンス、鬱

選択肢なし。十一時間半ほどで読み終わりました。
既読スキップ、バックログ、オートモード、シナリオジャンプ、CG閲覧、音楽鑑賞などがあり、
セーブデータは14個まで保存可能です。

 

あらすじ

出版社に勤める男に、その女性は手記を渡した。
それは、五年前に起きた事件とそれからの顛末を描いたものだった。
様々な人物の視点から、その出来事は語られる。

 

この作品について

四話構成の最終話。
九人をメインに据えた九つの話で構成されていて、各話の長さは二十分〜一時間半くらい。
ただし最後の話だけは三時間半ほどかかりました。

相変わらず誤字などは多いです。
システム面ではスキップが既読のみになりましたが、
一本道なのでどちらかしか出来ないのならばむしろ全てスキップのほうが良かったように思います。
トラブルでデータ消えちゃったけどもう一回あのシーンを読みたいというときに既読スキップだと面倒ですし。
まあ、Ctrlキー押しっぱなしにすればいい話なのですが。
あと途中で一部ボイスが入るのですがそこだけ唐突にそうするよりも文章のほうが効果的だったように思えました。

起動した直後に出てくる初期のタイトル画像と音楽が非常に怖いです。
話が進んで別のタイトル画面になったときには心底ほっとしました。
また、こたつを始め皆に酷いことをした悪役の目的がとてもつまらなく、くだらないことだったので、
そんなことのために振り回された彼らのことを思うとどうしようもなく悲しかったです。
…それは少々好意的に解釈しすぎかもしれませんが、第三話と同様に一気に読みすすめてしまいました。

読んでいる人にバシバシと叩きつけてくるような
乱暴ながら力強い展開、描写が忘れられない、とても面白い作品でした。

 

 

トップへ戻る      一つ前に戻る