コミックマーケット90感想リスト

同人ソフト(ノベル系)は基本的に全て、
それ以外は感想が思い浮かんだもの限定です。

基本的に同人ソフト(ノベル系)はプレイ順(パッチ待ち作品を除き事前の期待順)です。
それ以外はサークル名順です。
ただしおすすめ、期待作品は連続しないようにしているので前後することはあります。また、時間がかかりそうな作品は読むのをある程度後回しにします。時間がかからなそうな作品は先に読んだりもします。

女性向の作品は、乙女=女主人公で相手キャラの全員もしくは多くが男、
BL=男主人公で相手キャラの全員もしくは多くが男(年齢不問)、としています。
作品が女性向かどうかは基本的にサークルさんの自己申告です。

値段は入手時のものです。場合によっては異なる可能性があります。

同人ソフト
まとめ
  完成版  体験版・連作  番外編・その他

同人誌
漫画  
小説



コミックマーケット90同人ソフトまとめ

おすすめ同人ソフト完成版
聖天使☆レベルドレイン/夜のひつじ
たそがれの街/Tenclaps
古書店街の橋姫/ADELTA

おすすめ同人ソフト番外編
相思相愛ロリータの生活/夜のひつじ

面白かった同人ソフト完成版
カンダタ物語3/inspire
絶望する白銀少女/ZWEi
音無き世界その代わり/羊おじさん倶楽部
私に咲く華を見て彼は笑った/NeOres

完成が楽しみな同人ソフト体験版・続き物
セカイの果ての均衡者〜BALANCER〜/LEVEL PLUS
朱き炎の悲歌 体験版/Wooberg!
ちゅーそつ!/Studio Beast

他に完成版では「ふゆのまおうとくらやみのまじょ」「青空を引き裂くように、僕らは。」「青い鳥症候群 -1654-
ジャッジメントあいらんど」「Re;world」「はじめてのノベルゲーム」「学園弁記」「きたくぶのひととき
連作では「先輩が非童貞なのはディスプレイの中だけでしょっ!! Route of 佐倉琥珀」「クラウンワークス虚実概論」「雨衣カノジョ
体験版では「君の在り処
女性向体験版では「ファレノプシス」が良いなと思いました。

 

(同人ソフト完成版)

Hate Eater 前編/パンパンアーミー(フリーソフト)
Hate Eater 後編/パンパンアーミー(500円)

根岸洋介はクラスメイトの不良からいじめを受けていた。
ある日、彼らのクラスにエルヴィラ・優美・コールフィールドという少女が転入してくる。
それと前後するようにして、いじめ以外にも洋介へと色々と不幸が襲うのだった。


選択肢あり、サスペンス、いじめ、ボイスあり、前編は一時間半、後編は二時間半ほどで読み終わりました。
前編はダウンロードで入手可能。
システムは全ての文章に下線が入っていてちょっと見難かったです。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は葵の元気な顔や亜矢先輩のにんまり顔が魅力的でしたし、(ネタバレのため反転)百合の目も印象的でした。
あとパンツ等のサービスシーンが多めです!
ボイスはどの登場人物も媚びた声色が上手いと思いました。

主人公の身に様々な苦難が降りかかりそれには理由があることが明かされますが、事態はさらに悪化していきます。
プレイ時間以上に様々な出来事が起こって濃い内容の物語でしたが、
特に終盤が結果中心でもう少し余韻がほしいと感じてしまいました。
ですがいじめ等不幸描写はしっかりと嫌な気持ちにさせられましたし、
(ネタバレのため反転)
エルヴィラさんだけでなく亜矢先輩も
味方になってくれた時はとても心強くて、一喜一憂できた作品でした。
(ネタバレのため反転)
「陰気所有者(ネガティブホルダー)」「陰気所有者に対して好意を抱く人間がごく稀だからです」
とか素で言うエルヴィラさんがヒドくて笑ってしまいました。
陰気所有者はエルヴィラさんが付けた名前ではないでしょうがこんな属性を付された主人公が可哀想です……

あと、エルヴィラさんが主人公に好意を持っている理由が明かされませんでしたが、
主人公が未来でエルヴィラさんもしくはホムンクルス技術を作ったのかな……? と思いました。

(2016/8/16)

 

 

ふゆのまおうとくらやみのまじょ/T2S2(600円)

かつて強大な力を誇った魔王が倒されてから十年余り。
バニラ村で暮らす少女ユキは幼い頃に両親と視力を失ったが、周囲の助けもあり平和な日々を送っていた。
ある日ユキは、饅頭のような体型をした黒い魔法生物と出会う。


選択肢なし、ファンタジー、魔王、三時間と少しで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は前作と同様、あまり上手いとは言えませんし、
気合を入れている表情が緊迫感に欠ける部分がありました。
ですが、ユキやクロの表情や背景は話に合っていると感じました。

盲目の少女ユキが村の人々や魔法生物のクロと共に楽しい日々を過ごしますが、それを脅かす出来事が起こります。
四季の短編のうち、冬の話とのことですが、独立した物語になっています。
特に序盤で世界観に合わないように思えてしまうギャグがあったことがちょっと気になりました。
それ以外では、前半は暖かいユキとクロを中心とした交流が描かれていましたし、
後半は悲壮感がありつつも前半で培った信頼やクロの変化を見届けることができ、
メルヘンさと真摯で暖かい気持ちがたくさん詰まった物語でした。

過去の作品感想:ぼくとかのじょのなつやすみ
(2016/8/17)

 

黄昏の君 ヴォルフィーネ〜真昼の国と月の国〜(15推)/ときてっと(2000円)

真昼の国と月の国が争う世界。
真昼の国の王女、フィモシーが十歳の誕生日、世界は闇に閉ざされてしまう。
フィモシーは光を取り戻すため、伝説の「黄昏の君」を召喚するため旅に出るのだった。


選択肢なし、ファンタジー、ロボット、二時間十五分ほどで読み終わりました。修正パッチあり。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は一部体型や輪郭がバランス悪く感じてしまいましたが、衣装やロボが華やかでした。
また、ムービーが随所に挿入されていてぐりぐりと動きます。

フィモシーが「黄昏の君」を召喚するために試練を受けたり、色々な人と関わったりしていきます。
「リズベルルの魔」よりもずっと未来の話? のようなことがほのめかされています。
短めな話なこともあってか、葛藤や逆境といったものがあっさり気味だったように感じられてしまいました。
ですが、騎士達や、娼館の女たちと仲良くするフィモシーは微笑ましかったですし、
ロボットが復活したり闘ったりな場面はダイナミックなものがある作品でした。
あと、(ネタバレのため反転)エルデイルが大人しくて地味にショック受けました……苦労したんだね……

過去の作品感想:
永遠のメルディラージェリズベルルの魔
(2016/8/20)

 

寝取られ痴漢電車〜環状線〜(18禁)/劇團近未来(1000円)(DL版の購入はこちら)

回輪大(かい・みちひろ)は登校するため彼女の円田目久流(おかだ・めぐる)と共に電車に乗っていた。
しかしその日は別路線の運転見合わせの影響で電車内は超満員。
人波にもまれ目久流と離れ離れになってしまった回は身動きが取れない中で彼女が痴漢されている場面を目にしてしまう。


選択肢あり、痴漢、寝取られ、ループ、ボイスあり、二時間ほどで読み終わりました。
オートモード実行中にゲームが停止する人対象の修正パッチあり。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は目久流の健康的な色気が魅力的でした。また内緒話をするような口調のボイスも良いです。
あと幼馴染、天音(あまね)の袖余りがあざと可愛いです。袖余り有の本番も見たかった……!! 一枚絵は十枚+差分。

どのように行動しても目久流が痴漢されてしまい、なんとかしようと(プレイヤーが)奮闘します。
痴漢の絶倫度合いを気にしたり、断面図が主人公の能力だったり、
ちょこちょこ妙な描写があって笑ってしまいました。
目久流が凌辱された後、すぐに次の周回に移るので寝取られという印象はあまり受けませんでしたが、
色々な結末の果てにスタッフロールまで辿りついた時には、やった……! という達成感を覚えました。

過去の作品感想:女子校生とごはんですよ!女子肛校生芸能アナルクラブ〜現役JKアイドル枕営業の実態〜風俗島からの脱出十川良衣菜のトイレで神様、募集中売春リアル家出した俺の娘が公衆トイレで神様を募集しているらしい!?つかおう! 地域淫行券!!〜このマークをつけた地元の女の子に中出しできます〜新人監督と処女女優
(2016/8/21)

 

青空を引き裂くように、僕らは。/奈落兎(100円)

いじめを受けていた高校生の「僕」は屋上で似た境遇の同級生少女と話すようになっていた。
ある日彼女は、「僕」に向かって「一緒に、死んでみる?」と言ってきたのだった。


選択肢なし、青春、自殺、一時間ほどで読み終わりました。
システムは特に不便な箇所なし。
音楽はずっと静かな曲調からの浮ついたラストシーンBGMへの転換が印象的でした。
絵は彼女の横顔が綺麗だと感じました。

いじめられた二人が一緒に屋上から飛び降り自殺することになり、
実行するまでに色々とやりたかったことをしたり、話をしたりします。
かなり長めのアフターストーリーと、PDFのあとがきあり。
あれこれと小難しいことを考えるものの、結局はありふれたと言ってもいい心境になってしまっていて、
それが等身大の鬱屈した少年少女と言った感じで良いなと思いました。

ただ、本編をメインとした場合アフターストーリーとあとがきはちょっと蛇足に感じてしまいました。
また、アフターストーリーとあとがきを含めた一連の話とすると、
前作「隕石に怯えながら、僕たちは。」と世界観を同じくする物語ではあるものの、
両方を読んでもまだほのめかされるだけのことばかりで、
もっと他の話も読まないとよくわからない……という内容でした。

過去の作品感想:隕石に怯えながら、僕たちは。
(2016/8/25)

 

カンダタ物語3(18禁)/inspire(1300円)

子分たちと共に色々なところをさすらっていたカンダタはとある宝物庫でミランという名の盗賊の少女と出会う。
盗賊の村村長の孫娘だというミランは、カンダタの腕前に惚れこみ子分にしてほしいと言ってきた。
話を聞くと(無理やり話を聞かされると)一週間後に行われる村長を決める大会で優勝する必要があるとのことだった。


選択肢なし、ドラゴンクエスト3二次創作、ボイスあり、四時間ほどで読み終わりました。
「カンダタ物語1」の感想は
こちら
「カンダタ物語2」の感想はこちら
システム、音楽は「カンダタ物語2」と同様。
絵はミランを始め感情豊かに描かれていました。
特に終盤で強がるミランの表情がお気に入り。一枚絵は十五枚+差分。

カンダタさんが大活躍します。三作目ですが一話完結形式なので以前の話を読んでいなくても楽しめます。
今回は勇者含め全職業のHシーンあり!(盗賊はオリジナルキャラ)
ミランを中心とした三人娘がそれぞれに悩んだり成長したりして物語を彩っていますが、
特にミランのおやびん大好きなあまりの行動が微笑ましかったり切なかったりで魅力的でした。
で、そこまでさせるほどにやっぱりカンダタ様が強くて格好良くて最高な話でした。

過去の作品感想:
愛することは生きていくこと愛することは生きていくこと 〜もうひとつの愛〜オレコレ!カンダタ物語天空の花嫁選びモンバーバラASマボロシノセカイハニーウィッチ☆天空の花嫁と。-僕は妻に、二度目の恋をした-見習いメイドの贈りもの魔王と勇者がいた世界ムーンブルクの悪夢ドラゴンポンジャラ魔界王子とナンパ娘。カンダタ物語2カンダタの大冒険勇者をコロスたった1つの方法
(2016/8/30)

 

聖天使☆レベルドレイン(18禁)/夜のひつじ(1300円)(DL版の購入はこちら)

おすすめ

過去の作品感想:
孤独に効く百合親友が美少女になって帰ってきた。恋妻くずし義妹ホールと妹ホールド幼馴染と十年、夏純情セックスフレンド女装お嬢様への異常な愛情妹「お姉ちゃんクソビッチなんで私にしませんか」幼馴染の心が読めたらどうするか?好き好き大好き超管理してあげる相思相愛ロリータSutando bai Miさようなら、援交娘さん。彼女、甘い彼女ゆびきり婚約ロリイタ
(2016/9/9)

 

青い鳥症候群 -1654-(18禁)/chivalry(700円)

同じ人間ながら「プレーン」と、動物の姿が混じった「混ぜ者」と、一番差別され自由の無い「NORA」に分かれているとある世界のとある国。
混ぜ者の女性ビビと幼馴染で共に暮らしているNORAのヨウコは、いつの間にか女から男へと性別が変わってしまった。
そのことでビビや同僚との関係が微妙に変化していく中、ヨウコは自由になろうと模索していくのだった。


選択肢あり、幸せ、差別、自由、ケモ娘、ボイスあり、四時間ほどで読み終わりました。
システムはスクリプトエンジンデフォルトからかなり読みやすくカスタマイズされていていましたが、
文章表示速度変更がないこと、タイトル画面からしかロードできずにタイトル画面に戻るには再起動が必要なことがちょっと不便でした。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵はビビの小ささがよく表現されていました。また、慌てた顔や泣き顔も印象的でした。一枚絵は九枚+差分たくさん。

女から男になってしまったヨウコが、幼馴染のビビや同僚と関わっていく中で、
自分が自由でないことを知ってしまい自由と幸せを求めていきます。
ヨウコが、「人の作った立ち位置に立っているだけでは駄目」とか「与えられたものはいらない」というようなことを言っているのに、
それで求めているのは国が作った、国から与えられるものだということや、
入ってくる情報に次々と簡単に流され過ぎる所にもやもやさせられました。
ですが同僚のサーニが関わる一連の出来事、特にサーニが真情を吐露する場面は重くて目が離せませんでした。
また、慌てるビビが可愛らしく、ヨウコとビビの仲の良さが微笑ましく、そんな二人の結末は胸に迫るものがある作品でした。

過去の作品感想:
虚蝉 〜記憶の彼方〜空蝉金魚鉢夢想狐灯夜伽話 メモリアルブック妖精が悪戯してくる件
(2016/9/15)

 

たそがれの街/Tenclaps(500円)

おすすめ

(2016/9/21)

 

古書店街の橋姫(BL18禁)/ADELTA(2500円)(DL版の購入はこちら)

おすすめ

過去の作品感想:Cocoon -コクーン-Cocoon BN-コクーン ブラックノイズ-
(2016/10/1)

 

アイドルマクラ(18禁)/PLASTIC LABEL(2000円)(DL版の購入はこちら)

弱小アイドル事務所のプロデューサー、春本高志は一癖あるものの素質にあふれたアイドルの卵に出会う。
色々と手を尽くして人気アイドルへの道を歩ませようとするが、
真っ当な手段だけでは大きな仕事を獲得することはできなかったのだった。


選択肢あり、アイドル、枕営業、ボイスあり、八時間ほどで終わりました。修正パッチあり。
システムはバックログがなく、非アクティブで動かないことが不便でした。
音楽は特に合わないような箇所なし。
歌は音ゲーとして十五曲あり。
絵はいままでよりもエロさがちょっと増しているように感じました。
ただ、文章と絵で服装等が合っていない個所がありました。一枚絵は十二枚+差分。

ミニゲームでバイトしたりレッスンしたりライブしたりしながらパラメーターや所持金を増やし、
三組六人のアイドル達のストーリーを進めていきます。
マップには過去作のキャラクターも……?
パッチを当てるとストーリーのみが読めるモードを選ぶことができます。
ミニゲームは豊富に用意されていますが、何度も繰り返す必要があるため、どれも単調に感じてしまいました。
主人公がアイドルに興奮してこっそりエロい事をしている場面が生々しく描かれていていいなと思いました。
ですが、余計な一言や行動をしてばかりで相手の機嫌を損ねて即撤回しているのに何故か主人公が信頼されたままだったりと、
主人公もアイドル達も言動がぶれていてあまりに信用ならず、冷めた目で見てしまった所がありました。

過去の作品感想:
強姦ゲームメンヘルメイト肉奴隷調教ゲーム恋愛小説物語俺は君の生理用ナプキンを舐めたい
(2016/10/3)

 

FEMME FANNA-7th Holy-/Fire Clock Works(500円)

とても大事だった少女、レインを失ったヴェレノア。
彼女を生き返らせるため、魔法使いメヌゥクリフの言うがまま行動していた彼は、いつしか王となっていた。
しかし、レインは生き返らない。
それでもヴェレノアは願いを叶えるため、茨の道を進んでゆくのだった。

選択肢なし、異能ファンタジー、幸せ、三時間十五分ほどで読み終わりました。
システムは文章表示速度が変えられないことがやや不便でした。
音楽は、挿入歌の曲調が合っていない箇所で使用されているように感じてしまいました。
でも、一番最後に挿入歌が流れる箇所はその場面によく合っていると感じます。
OPにムービーと歌、挿入歌、EDに歌あり。
絵は輪郭を線で描かないタッチで浮世離れした印象を受けました。

最愛の少女を生き返らせるため、ヴェレノアが彼女の面影がある何人もの聖女の生涯に関わっていきます。
今回語られる物語よりも前に、波乱万丈な出来事があったようなのですが、
ほとんど語られないままそれを前提として話が進むためわからないと感じてしまう部分もありました。
ですが、とても強いものの、間違ったり無力だったりしてばかりのヴェレノアの生き様は、
なんとか上手くいってほしいと願いたくなるものでしたし、そうはいかない残酷さも容赦なく描かれています。同時にわずかばかりの幸せも。
また、本編以降の、十人の騎士達も交えたヴェレノア王の生活は賑やかで楽しそうで、読んでみたいなあと思えました。

過去の作品感想:Paradise File-罪状認可-
(2016/10/5)

 

ジャッジメントあいらんど(18禁)/3 on 10 -サンオントウ-(1500円)

会社の金を横領していた陣笠椎はふと思い立って南の島へと旅立つ。
そうしてやってきたサイバン島で、いきなり牢屋に入れられ裁判が始まってしまう。
裁判を担当する検察官・弁護人・裁判長は、三人共少女だった。


選択肢あり、裁判、南の島、ボイスあり、七時間ほどで読み終わりました。
システムはあらすじ付きのシーンスキップが快適でした。
OPにムービーと歌あり、他にゴルちゃんが歌う挿入歌(妹アプリケーション!の歌)あり。
EDはOPの歌ですが、メインで歌っている方がそのルートの声優さんだったりします。
OP歌「ジャッジメントあいらんど」はこれぞ萌えソング! といった感じできゃらきゃらした歌い方や合いの手が賑やかでしたし、
韻を踏みつつ南の島や裁判、ストーリーを絡めた歌詞もお気に入り。
データで同梱されているフルバージョンと歌詞データ必見(聴)です。
絵は、ごぼうのへにゃ顔、まきの笑顔や慌てたりな表情、くわいのおっぱいそれぞれ魅力的でした。
また、遠近や画面分割での立ち絵表示演出も多くされていました。一枚絵は十八枚+差分たくさん。


三日間の裁判で検察官のごぼう、弁護人のくわい、裁判長のまきと関わっていきます。ルートは三つ。
ごぼうルートとまきルートは後半ちょっとややこしくて分かりにくく感じてしまった部分がありました。
でも裁判に関する用語や段取りはわかりやすく書かれています。
ごぼうルートは海に向かう場面や、トゥルーエンドラストなど、印象的な絵と場面がありました。
くわいルートはおっぱい。あとくわいをおちょくるのが楽しかったです。
まきルートはまきの存在が、演出も含めて他人事じゃないことを実感させられました。
それにしてもなんだかんだありつつもまきルートラストでほんわかしてからの、
ごぼうとくわいトゥルーエンド主人公がダメ人間でギャップが……

過去の作品感想:
ツルゲーネフによろしくぷるぴらMightツルゲーネフとよろしく!川の流れを留めてみたいもっとツルゲーネフとよろしく!永遠に美しき冬よりも妹アプリケーション!メロウイヱロウマフラーな彼女マフラーな彼女「あるウソの話 - Crush On You! -」世界一、受けたい虚○を。
(2016/10/9)

 

絶望する白銀少女/ZWEi(1000円)

幼いころから入院している雪宮雫は、もう自分が長く生きられないことを知っていた。
そんな彼女のもとへクロウと名乗る死神が現れ、あと数日しか生きられないと告げてきた。
クロウはそれを聞いて絶望する顔を見たくて、あえて寿命を教えたのだが……


選択肢なし、絶望、死神、一部ボイスあり、一時間半と少しで読み終わりました。
体験版の感想はこちら
システムは演出がおおむねスキップできるようになっていました。
また、チャプターが細かめに区切られていて、読んだことのあるチャプターに飛ぶことができます。
音楽は曲数が多く、穏やかな曲や寂しげな曲など良いBGM揃いでした。
クリックシネマとのことで立ち絵はなく全て一枚絵で話が進んでいきます。
本当に豊富な絵で、登場人物達の様々な表情や仕草が描かれていました。
特にクロウが最初と最後の顔つきの差といったら!

死神クロウが、死ぬことを知らされても絶望しない雫を何とか絶望させようとしていきます。
クロウの序盤脅し文句があいたたた……な感じですがそれも御愛嬌。
生きることを諦めていた雫がクロウと関わることで積極的になっていく様子が、
猫に目がなかったりと茶目っ気を交えながらまっすぐに、丁寧に描かれていて、特に終盤は胸に迫るものがあります。
暖かく穏やかで、ちょっぴり切ないお話を、たくさんの絵と共に味わえました。
(2016/10/11)

 

サンダガ!! -HONEY'S END SUPERNOVA-/F.T.W.(1000円)(DL版の購入はこちら)

高校一年生の轟源氏朗(とどろき げんじろう)は立候補していないのに生徒会の一員にされてしまう。
その原因、生徒会長の咬鳴夜重(かみなり よるえ)は源氏朗のことを昔から知っているようだった。
一方、副生徒会長の寺岬秋子(てらみさき あきこ)は夜重に優遇される源氏朗を敵視してくるのだった。


選択肢あり、学園恋愛、ボイスあり、三時間四十五分ほどで読み終わりました。
システムはバックログで読める文章量が少なめなことがやや不便でした。
音楽は特に合わないような箇所なし。EDに歌あり。
絵は登場人物によって違う方が描かれていますが、あまり違和感はなかったです。

生徒会として仕事をしたりしていく中で、二人のヒロインどちらかと親しくなっていきます。
主人公の物忘れが激し過ぎることと、それも影響してか主人公がいじくられてばっかりなことに理不尽さを覚える部分があり、
またその理不尽さを完全には払拭しきれないまま終わってしまったように感じてしまいました。
ですが主人公とヒロイン一対一のやりとりはどちらのルートも微笑ましく楽しむことができました。
特に寺岬先輩が可愛くて可愛くてお気に入りです!

過去の作品感想:黒白痴死埋葬柘榴草紙
(2016/10/13)

 

ATOM GRRRL!!-The O-EDO Uprising!-(18禁)/Cosmillica(1000円)(DL版の購入はこちら)

ジェシカ・L・ハスターはテレビで時代劇を見ている最中に気を失う。
目を覚ました時、そこは江戸時代。知り合いは皆、着物を着て異なる名前で生活をしていた。
……ただし、妙にアメリカンな江戸だった。


選択肢なし、江戸リカン・ライオット・ノベルとのこと、ボイスあり、二時間ほどで読み終わりました。
「ATOM GRRRL!!」の続編。
システムは特に不便な箇所なし。
音楽は籠でエンジン音が鳴るSEのチョイスや、ボイスで伏字部分に時折ピー音入っていないことに笑いました。
OPにムービーと歌あり、EDに歌あり。しっとりとしていて和洋折衷なED歌がお気に入りです。
絵はジェシカが通常もSDキャラも可愛かったです。
一枚絵は十二枚+差分。

妙に胡散臭い江戸で色々な人々の思惑が絡み、暴動が起こっていきます。
最後ここからという所で終わってしまっていて、肩透かしに感じてしまいました。
Hシーンもあっさりめな印象。
ですが、江戸時代なのにそこかしこにアメリカンな発言や物があって、
うさんくささ満点(褒め言葉)な世界観をこれでもかと味わえる作品でした。

過去の作品感想:
爆音の世代、沈黙の世界さとりとやまぼうし恐るべき少女たちATOM GRRRL!!Dahlia-ダーリア-恋と、ギターと、青い空。亡国のクルティザンヌ
(2016/10/15)

 

Re;world episode3/US8(1000円)(DL版の購入はこちら)

全世界の人々は神により運命を決められていたが、高校生の和田御影は突然それから解放され自分の意志を持った。
しかしそれは神の僕である天使にとって抹殺対象になるということだった。
そんな彼を救ったのは堕天使ベヌス。そして二人は、神と天使に反抗し人類を運命から解放させることを決意する。


選択肢なし、運命、天使、ボイスあり、episode3は七時間ほど、全体では二十二時間四十五分ほどで読み終わりました。
episode1の感想は
こちら
episode2の感想はこちら
システム、音楽はepisode2と同様。
絵は立ち絵や一枚絵によって絵柄が違いますが、同じキャラでも体型が違っていて、
もしや堕天使化するとロリに……? と思いましたがそんなことはなかった模様。

episode3でで完結。反抗作戦の結果や、ベヌス・神・天使達の過去が語られたりします。
天使達の強さ描写の割には逃げられたり足止めできたりなど、いくつか都合の良さを感じてしまう部分はあるものの、
それでも皆の力を合わせたり、誰かのために行動したりする場面は、
いままでの集大成! という感じで手に汗握るものがありました。
また、今までに出てきた登場人物とepisode3の新キャラ、合わせるとかなりの人数ですが、
ほとんどの登場人物に見せ場があったのがいいなと思いました(すでにリタイアしたキャラはさすがに出てきませんが)

過去の作品感想:Re;world
episode1episode2R-10爆弾カノジョ。ラブだくしょんっ!〜銀河の恋愛ガイドブック〜
(2016/10/17)

 

はじめてのノベルゲーム/Honey Contrast(4000円)

主人公「ひとし」が目を覚ますと、目の前にマリアンヌ?と名乗るシスターがおり、ひとしが神に選ばれた勇者であると言い放った。
そうして異世界を訪れた彼は仲間を集め、悪に挑むことになるのだった。


選択肢あり、コメディ、ファンタジー、ボイスあり、二時間半ほどで読み終わりました。
声優、歌手の原田ひとみさんがプロデューサー・原作・脚本・主題歌・出演(マリアンヌ?役)した作品とのこと。
他の登場人物の声優さんもどこかで目にしたことがあるような方ばかり。
とりあえず原田ひとみさんのドラえもんの真似が似ていました。
システムはバックログで自動的にボイスが流れるので、もう一度声を聞きたいと思ったときに便利でした。
音楽は本編OPにムービーと歌、追加シナリオOPにムービーと歌、
追加シナリオEDに歌、オリジナル挿入歌1曲、それ以外にも挿入歌3曲あり。
本編OP歌や挿入歌はいい曲なのに追加シナリオOP歌の2番が酷かった(褒め言葉)です。
絵は基本綺麗ですが、わけわからない立ち絵も出てきたりします。一枚絵は差分含め十八枚。

異世界ファンタジーの本編に加え、学園戦隊もの、それに各キャラクターによるボイスドラマ風ミニシナリオを収録。
ネットスラングやゲーム・漫画ネタ、メタネタ等多めで、原田ひとみさんのファン向けなネタもあります。
主人公のツッコミに説明臭さがあって、ボイス入りだとテンポがあんまり良くないように感じてしまいました。
ですが、特にクォルとリコの名前ネタに笑えました。
また、それまでのハチャメチャっぷりがウソだったかのように良い話になる本編ラスト〜ボイスドラマ風ミニシナリオはいい読後感がありました
……が、その後にやっぱりハチャメチャな学園戦隊ものがはじまるんですよね……
(2016/10/19)

 

先輩が非童貞なのはディスプレイの中だけでしょっ!! Route of 佐倉琥珀/中だし制作委員会(500円)

美少女ゲームが大好きな大学生、天川葉瑠(あまかわ はる)はいままで彼女ができたことがなかったが、
インターネット上では恋愛相談の達人として有名人だった。
しかし、恋愛相談をしてきた相手に恋をしてしまった彼は、幼馴染の高校生、佐倉琥珀(さくら こはく)に相談を持ちかけるのだった。


選択肢はありますが一本道、恋愛、幼馴染、二時間四十五分ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は女の子みんな可愛いですが、特に別の大学に通う小敷碧鳥(こしき みどり)が描写通りの綺麗さだと感じました。

琥珀が主人公のことを昔から好きなのに、主人公からは妹と思われていたり、
碧鳥さんというライバルが現れたり、主人公にSNSでしか会ったことがない人を好きになったと告げられたりします。
鈍感過ぎる主人公と、消極的な言動が裏目に出てばかりな琥珀にイラッとさせられることもありましたが、
だからこそSNSを絡めたロマンチックとも言える結末を迎えられたのだろうなと思えました。
しかしそれ以上に碧鳥さんの鮮やかな行動が印象的。
細やかなフォローにチャンスを逃さない観察力、実行力に惚れ惚れさせられました。

Route of 佐倉琥珀ということは今後碧鳥さんルートも制作されるのでしょうか?
碧鳥さんはヒロインだと今回のような持ち味を出せるように書くのがとても難しそうな気がします……
(2016/10/23)

 

ぐろしす!/ヨーグルシンジケート(300円)

夏休みに行われた勉強合宿から帰ってきたら、妹のチカがガングロになっていた。
おまけに両親は出張が決定。
学校が始まる一週間後までに妹を元に戻そうと奮闘するのだった。


選択肢あり、ガングロ、妹、一部ボイスあり、一時間ほどで読み終わりました。修正パッチあり。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵はチカのガングロっぷりがガチで、徹底しているなと感じました。
内容に絡めたパロアイキャッチも凝っています。

「ふらすと! レヴォリューション」「ふらすと! レヴォリューション 2ndGeek」ヒロインの一人、チカがメインの話。
一週間で妹と打ち解け、ガングロになった理由を知り、元の妹に戻そうとしていきます。
「ふらすと! レヴォリューション」と同様、シモネタやモテへの僻みネタが多め。
肌の黒さが原因で起こる現象の数々が特に笑えました。
妹と打ち解けていくにつれて徐々に肌の色が白くなっていき、ガングロから美白まで妹の色々な姿を味わうことができました。
私は褐色が良かったです……水着でムフフなシーンもありますし!

過去の作品感想:ふらすと!レヴォリューションふらすと! レヴォリューション 2ndGeek
(2016/10/25)

 

音無き世界その代わり/羊おじさん倶楽部(500円)(DL版の購入はこちら)

山奥の養護施設で働く医師、小澄の元へ旧友が現れ、聾唖の少女に言葉を与えてほしいと言ってきた。
その少女、音無鈴音は一家心中を一人生き残った重要参考人。
小澄は施設の関係者たちと共に、手話や口話を教えていく。


選択肢なし、障害、ミステリー、五時間半ほどで読み終わりました。
システムは特に不便な箇所なし。
Escキーで音が止まって別画面になる緊急回避ができるのですが、むしろ恥ずかしい画面になります(クリア後は別の画面になってしまいますが)
音楽はしっとりとした曲調が多めで、作品に合っていました。
絵は意外と表情豊かな鈴音とか、恥じらうカナエとか微笑ましかったです。

梅雨の時期、養護施設を舞台に聾唖の少女、鈴音へ言葉を教えていきますが、彼女は複雑な身の上で問題が起こってしまいます。
過去の羊おじさん倶楽部さん作品からすると驚くくらいコメディ描写が「まっとう」に楽しめて、
こんなシーンも上手いのだなあと思えました(過去作のコメディ場面は背後に気味悪さとか駱駝男とかありましたし……)
小澄と、彼の周囲の人々の思いやりも暖かく、かつ切ないです。
その上、読んでいて鈴音に関する謎をちらつかせて興味を引かされたところへ、
普段自分も無自覚に酷いことをしているのでは? という内容を叩きつけられて身につまされるものを強く感じさせられた物語でした。

過去の作品感想:さよなら、うつつ。等間隔の黒い透明
(2016/10/29)

 

私に咲く華を見て彼は笑った【『私』=私】/NeOres(1000円)

美波由芽(みなみゆめ)は天才と謳われた理論物理学者、天音総(あまねそう)に興味を持ち、半ば強引に彼の秘 書となる。
仕事中は私語をしないルールを自分に課した由芽は、昼食時に二人で交わす会話を楽しみにしていた。
そんなある日、由芽は直前数日間の記憶を失ってしまう。


選択肢あり、真理、三時間ほどで読み終わりました。
システムは文章速度変更がないのがやや不便。
音楽はもはや流れるだけで色々な場面を思い起こすようになってしまいました。良い曲揃いです。
また、OP歌、挿入歌、ED歌有。
絵は終盤のシーンで上達具合がまざまざと……

いままでの話とはまた別の時代が舞台。
理論物理学や真理を中心として噛み砕いた説明と問答が為されていて興味深かったです。
【精神≠現実】、【常識≠真実】、【かたりつぎ≒『私』】のように周囲を巻き込んで展開していくのではありませんが、
由芽と総、二人のやりとりの末に『私』の心情が描かれる終盤は感慨深いものがありました。

・真理について
作中、真理についてさも丁寧に、さあわかったでしょう? と言わんばかりに説明が為されるので、
真理とは何か、わかった気になりますが、言葉にしようとすると明確にこれだというような答えは思いつきませんでした。
ラストシーンを読むと、真理とは(ネタバレ反転)人々の営みの中で受け継がれていく心である。という感じに読めるのですが……どうでしょうか?

過去の作品感想:私に咲く華を見て彼は笑った
【精神≠現実】【常識≠真実】【かたりつぎ≒『私』】【精神≠現実】〜最後の基地〜
(2016/11/8)

 

ハールート/CREO(500円)

とある高校の新聞部に所属する面々は、校内新聞で怪談特集をすることになり、
その一環として神隠しの噂がある町はずれの屋敷を訪れる。
遊びの肝試し気分だったが、その屋敷では恐ろしい出来事が次々に起こるのだった。


選択肢あり、探索、サスペンス、二時間ほどで読み終わりました。
主人公名前変更可。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は狂気を感じる顔が怖かったです。

屋敷に閉じ込められてしまい、脱出するために部屋などを探索し、
情報やアイテムを手に入れつつ新たな場所を探索し……という過程で様々な恐ろしい目に遭ってしまいます。
探索メインのためストーリー自体は短めで、エンディングは二つ+バッドエンド九つ。
一部すでにイベントが起こったのに起こってない時のままのテキストが表示されることが気になってしまいましたが、
部屋毎に定められたルールゆえに起こる悲劇にぞっとさせられましたし、
ルールに沿って事態を打開しようと考える所はやり応えがあります。
また、真相を知った上での後日談にも、背筋が冷えるものがあった作品でした。

過去の作品感想:
LOOTBeHindKillerLimitedMemories〜あの日あの場所で〜こちら夕闇町 夕凪高校脇怪談部!!GreenTale瞳の中AngelVoice道しるべRouge
(2016/11/10)

 

君の姿、僕の思い/CREO(300円)

高校二年生の福原大輔は過去に付き合っていた彼女、仁美を亡くし、抜け殻のような日々を送っていた。
文化祭を間近に控えた九月中旬、仁美の姉、藤川和美が転入してくる。
和美は大輔に、自分が仁美の代わりになると言ってきたのだった。


選択肢なし、恋愛、後悔、一時間ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は登場人物ごとに絵柄が異なっていました。

妹の仁美を演じるという和美に押し切られてデートしたり、文芸部の後輩少女に相談したりしていきます。
仁美が死んだ直接の原因が自業自得に思えてしまったことが気になりましたが、
主人公と和美の関係が、明らかにこのままずっと続けられるはずがないもので、
それだけ仁美に囚われているということが感じられました。
そこからの後輩も交えた紆余曲折を描きつつ、読みやすい長さにしっかりとまとめられた物語でした。

過去の作品感想:
LOOTBeHindKillerLimitedMemories〜あの日あの場所で〜こちら夕闇町 夕凪高校脇怪談部!!GreenTale瞳の中AngelVoice道しるべRougeハールート
(2016/11/12)

 

学園弁記/CREO(100円)

一般層と、統治者層、そして自身を秘匿し甘い汁のみを吸う支配者層が存在する社会。
統治者層を育成するWC学園に入学した赤樺真矢は、ある野望を秘めていた。
それを現実のものとするため、真矢は学園のルールに基づき、有力生徒と学級裁判・学園裁判を繰り広げるのだった。


選択肢なし、SF、弁論、四時間半ほどで読み終わりました。
システムは特に不便な箇所はありませんが、メニューに「TIPS」があるのに何も読める項目がないような……?
音楽はやや曲数が少なめな印象。
絵はしょっぱなからテキストで右手とあるのに左手を使っていることが気になりましたが、
裁判中、追いつめられたときの大げさな狼狽っぷりが笑えました。

赤樺真矢が自分の目的を叶えるため、裁判で自分の意見を認めさせていきます。
コンピューターに管理された世界観で、何故かエロ同人誌が重要アイテムだったり……
序章こそ簡単なひっかけによる相手の自滅でしたが、
以降は主人公が学園の有力者をバッタバッタとなぎ倒し……証拠の捏造等を駆使したりしますが、
そんなところもダークヒーロー的な魅力がありました。
それに主人公以外も含め大真面目なのに変なことをしていてギャップが可笑しかったです。
ただ、最後、本当に唐突に終わってしまったのが残念で、もう少し余韻がほしいと思いました。
あと、眼鏡が曇ると理性を無くすのはなにか理由があったのでしょうか……?

過去の作品感想:
LOOTBeHindKillerLimitedMemories〜あの日あの場所で〜こちら夕闇町 夕凪高校脇怪談部!!GreenTale瞳の中AngelVoice道しるべRougeハールート君の姿、僕の思い
(2016/11/14)

 

Phantom-星見の丘の幻視痛-/CREO(300円)

中島疾風(なかじまはやて)は事故に遭って以降、生活が一変してしまった。
彼はふとした拍子に少女の幻視をするようになる。
ある日、町はずれにある星見の丘で、幻視した少女との出会いが待っていた。


選択肢あり、恋愛、記憶、二時間ほどで読み終わりました。
システムはセーブ画面が小さくてスロット二つ分しか表示されないため、たくさんセーブすると選ぶのが大変でした。
音楽は穏やかで綺麗で、特に重要な場面で効果的に使用されていたと感じました。
絵は姉のおっぱいにくぎ付けでした……。一枚絵は五枚+差分。

ある症状に悩まされている主人公が星見の丘で出会った少女と関わっていきます。ルートは二つ。
過去作「AngelVoice」登場人物も出てきたりします。
年をまたぐ話なのに日付が表示される場面で西暦の記載がないことが多く、いつの出来事かわかりにくかったです。
また、主人公の症状に対する工夫がなくいつも同じことを繰り返していることも、それでいいのかとちょっと疑問に感じてしまいました。
ですが、その症状がある上で何ができるのだろう、何のために生きるのだろうという主人公の苦悩は真に迫るものがありました。
あと奏バッドエンドは後味悪いです……

過去の作品感想:
LOOTBeHindKillerLimitedMemories〜あの日あの場所で〜こちら夕闇町 夕凪高校脇怪談部!!GreenTale瞳の中AngelVoice道しるべRougeハールート君の姿、僕の思い学園弁記
(2016/11/16)

 

きたくぶのひととき/CREO(300円)

いち早く帰宅することを日課にしていた北倉修一だったが、
高校二年生初日に学校が「文武両道補完計画」を開始し、部活動が強制となってしまう。
帰宅活動を続けるため、修一は幼女先輩の助言により帰宅部を立ち上げることになるのだった。


選択肢あり、帰宅部、恋愛、二時間ほどで読み終わりました。修正パッチあり。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵はどのヒロインも表情豊かで、特にマイペース天才キャラっぽい直里がわりとすぐ表情変わるのが可愛かったです。

帰宅部設立を邪魔する生徒会と対決したり、帰宅部の面々で遊びに行ったりします。エンディングのあるヒロインは四人。
序盤、主人公の帰宅に懸ける熱意が様々な所で発揮されていて格好良ささえ感じ、
ここからさらにどんな帰宅をしてくれるのだろうという期待を覚えましたが、
中盤以降は帰宅部でなくてもいいのではと思える展開も多くてちょっと残念でした。
ただ、そこを除けばどのヒロインルートも、それぞれのヒロインの魅力が感じられて微笑ましい話でした。

過去の作品感想:
LOOTBeHindKillerLimitedMemories〜あの日あの場所で〜こちら夕闇町 夕凪高校脇怪談部!!GreenTale瞳の中AngelVoice道しるべRougeハールート君の姿、僕の思い学園弁記Phantom-星見の丘の幻視痛-
(2016/11/18)


 

 

(同人ソフト体験版・連作)

ファレノプシス システム体験版(BL15推予定)/MellowWorks

孤島に建つ學園を舞台にした吸血鬼と少年達の物語とのこと。
この体験版にはキャラクター紹介兼"あり得ない未来"を描いた物語「SnowDrop」と、
作品に対して寄せられた質問(ED数は? 主人公総受け? 等)に答えるQ&Aコーナーを収録。

選択肢あり、三十分と少しで読み終わりました。
システムは特に不便な箇所なし。
音楽は世間から切り離された學園という感じが出ていました。
絵は体験版のためか現時点では立ち絵に差分なし。

「私」が本編の主人公、トオルに學園内の施設を案内してもらい、
各施設にいる生徒や教師と会話をしていきます。
ちょこちょこ不穏な台詞が出てきて本編が気になりつつ、
案内中「私」とトオルが手を繋いでいるのがくすぐったくも嬉しかったです。
また、登場人物同士の会話に含むものがあるやりとりが多くて、
本編でも彼らの関係に色々と思いを馳せることができそうだな、と思えました。
(2016/8/15)

 

黒汁CD vol.12 「暴食のクラウナーStage.4 "That's not goal line"」/ローズ倶楽部(500円)

葛葉市にある一条院高校へ転入してきた宇賀峰十夏(うかみね とおか)は2級退魔官。
転入初日の放課後、同じく2級退魔官の大月南紅(おおつき なこ)と笠木大夢(かさぎ だいむ)と知り合い、三人はパーティーを組み魔物退治へと赴く。
しかし十夏は人並み外れて大喰らいだった。その理由とは……


選択肢なし、退魔、暴食、三十分ほどで読み終わりました。
Stage.1の感想はこちら
Stage.2の感想はこちら
Stage.3の感想はこちら
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。タイトル画面とEDに歌あり。
絵はタイトル画面以外は背景のみ。タイトル画面で十夏の妹のビジュアルが見られて、装備のイメージがしやすかったです。

いままでの黒汁CDシリーズと同じ場所ですが、ちょっと未来で魔物が大量発生し結構殺伐としてしまっている時代が舞台。
Stage.4ではStage.3からちょっと時間が経過しています。
前半で三人パーティーが別行動していて寂しかったので、三人揃ったときはなんだか嬉しかったです。
十夏の妹もしっかり関わってきて、いよいよ佳境に差し掛かったかなという感じ。
それにしてもセフィの壊れ方が今回特に酷かったような……銃弾が効かないと思ったらこれだよ!

過去の作品感想:
放課後は鬼退治!、H.B.DetectiveFile 01File 02File 03File 04、暴食のクラウナーStage.1Stage.2Stage.3
(2016/8/18)

 

RELIABLE 体験版/Project Loop

田舎の村はずれで暮らすブルードのもとへ、国立ミュンスターベルク訓練学校の特待生として入学許可書が届く。
その学校は騎士や魔術師が学ぶエリート校。
ブルードは申し込んだ覚えがなく、魔法の知識もほとんどない中で、学校に通うことを決意するのだった。


選択肢なし、魔術、学校、一時間ほどで読み終わりました。
システムは日が変わるときや場面転換時に一瞬で切り替わるため、時間・場所が飛んだと認識しにくかったです。
(フェードアウト、ワイプアウトなどで少し溜めが欲しいところですが、溜めが長すぎると早く! って思ってしまうので難しいところです)
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵はパッケージやタイトル画面が、魔法を使っている勢いや気合を感じられました。

この体験版では学校の寮に入り、何人か友人ができたり授業を受けたりするまでを読むことができます。
誤字脱字が多かったり、地の文の視点や助詞が不安定であったりしたことが気になってしまいました。
ただ、主人公の潜在能力がすごい(現時点では知識経験がゼロのため成績はダメダメ)という示唆があるため、
成長するとどんな魔術師になるのだろうなと想像すると、ワクワクさせられるものがありました。
(2016/8/22)

 

BLACK CANVAS 前編/サークルmulti

月島春は夜の学校に幽霊が出るという噂を耳にする。
忘れ物を取りに夜の学校を訪れた彼は、球磨美咲という名の少女と出会う。
翌日以降も、彼女は夜の学校に現れるのだった。


選択肢なし、夜の学校、四十分ほどで読み終わりました。
システムはタイトル画面で右クリックしたときの挙動がおかしい箇所もありますが、
普通に読み進めるだけであれば特に不便な個所なし。
音楽も特に合わないような箇所なし。
絵は美咲さんが服を脱いでも立ち絵に変化がないところが残念! でしたが、
愁いのある表情がしっかりと表現されていると感じました。

前編では夜の学校で何度か美咲さんと会話をし、彼女の正体が判明する所まで読むことができます。
夜の学校、かつ美咲さんの口調がちょっと時代がかっていて偉そうなのも相まってか、
二人で会話する場面は非日常の特別感があってなんだかウキウキさせられました。
後編は美咲さんの正体がわかった上でどのような会話がなされるのか、気になるところです。
(2016/8/28)

 

セカイの果ての均衡者〜BALANCER〜 第五章ver.2.0/LEVEL PLUS(通常版500円/特典同梱版1000円)

何度も転校をしてきた沢津拓真(さわづたくま)が現在通っている学園は女子生徒が圧倒的に多く、男子生徒は冷遇されていた。
ある日、角が生えたサラサという名の女の子が空から降ってくる。
彼女は多次元因果律管制機構(バランサー)見習いだと名乗り、沢津拓真に協力を要請するのだった。


選択肢あり、因果律、異能、追加部分は一時間四十五分ほどで読み終わりました。
体験版ver.1.0の感想はこちら
おまけでぃすくver.1.4の感想はこちら
体験版ver2.4の感想はこちら
体験版PLUS!ver.2.0の感想はこちら
第四章の感想はこちら
システム、音楽はいままでの体験版と同様。挿入歌あり。また、おまけ劇場には一応"ボイス"あり。
絵は新キャラ? のぷちももも可愛かったです。

本編の追加部分は、サラサと拓真の奮闘に加え、サラサの過去が段々と明かされてきました。
第三章あたりでも感じましたが、今回も絶望の描き方が上手いなあと思いました。
ちょっとやそっと真の力に目覚めたりしたくらいでは解決できなさそうな事態に陥ってしまっていて、
これをどのように切り抜けるのか、続きが楽しみになる内容でした。

過去の作品感想:ADVの軌跡
(2016/9/13)

 

君の在り処 体験版/Lead.

クラスメイトの女の子二人と親しく日常を送っていた祐二。
ある日、同じクラスに古賀 麻衣子という少女が転入してくる。
彼女はみんなの前と祐二の前では何故か性格が違っていたのだった。


選択肢なし、初恋、三十分と少しで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。OPに歌とムービーあり。
絵は淡めな絵柄で話に合っていると感じました。
また、カットインや日付表示等の演出もあり。

この体験版では二日目の途中までを読むことができます。
麻衣子は性格がころころ変わることもあって掴めないな……という印象でした。
絵美とあかりはかなり好意を向けてきてくれて、でもそれを素直には伝えられていなくて甘酸っぱい!! と感じました。
特にあかりとの放課後のやりとりがお気に入りで、
体験版時点でも、初恋っぷりを味わうことができました。
(2016/9/19)

 

渡り鳥ノスタルジック 体験版(18禁予定)/スパイラルねこ

幼馴染の男女五人で天体観測をしているとき、ふと明吉は違和感を抱く。
その二日後、彼はアイビスと名乗る宇宙人と出会い、幼馴染たちに紹介する。
彼らは宇宙船を直したいと言う彼女のため、手助けをすることになるのだった。


選択肢あり、宇宙、幼馴染、三十分と少しで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は幼めな絵柄。演出はすごく動いたりするわけではありませんが、メリハリがあって効果的に感じました。

この体験版では幼馴染みんなで宇宙船の修理に取り掛かるところまでを読むことができます。
幼馴染たちが地の文でも台詞でもあだ名で呼び合っている中、
発言者名は本名表示で(あだ名は本名を縮めてカタカナにしただけですが)慣れるまでちょっと混乱してしまいました。
ですが、幼馴染五人もアイビスも優しくて、
そんなみんなで協力して色々なことをしていくのがいいなと思えました。
それにしても、絵も話もとてもほのぼのしていてパッケージ等にも表記ありませんが、サイトやツイッターを見るに18禁……なんですよね?
(2016/9/25)

 

キュードル! Fresh Q-dol festival/CURIOSIST(500円)

クイズを解く力さえあれば誰でもアイドル「キュードル」になれる時代。
二上華は幼い頃に離れ離れになった姉が一番人気キュードルユニットのメンバーであることを知る。
姉に遭うため、華は仲間を集め新人キュードル発掘イベントへ参加するのだった。

選択肢なし、クイズ、アイドル、二時間半ほどで終わりました。
システムは若干動作が不安定なこと、バックログがないことが不便でした。
また、メンバー選択を毎回する必要があるので、デフォルトで配置されていると便利だなと思いました。
ストーリー選択も後半シナリオは毎回二ページ目を選んでから選択する必要があるのがやや面倒でした。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は複数の方が描かれています。
アイドルカードの衣装が色々とバリエーションあって、いつでも拡大して見ることができるといいなと思いました。

クイズの練習をしてキュードルのランクを上げ、新人キュードル発掘イベントで優勝し姉に会おうとしていきます。
今後もシリーズ展開を予定しているとのことですが、単体でも完結しています。
ゲームシステムとしては、登場人物によってクイズジャンルの得意不得意(正答時に得られるポイントに影響)があるのですが、
もっと得意不得意の差が極端なほうがどのメンバーを選ぶか悩めて楽しめるのではないかと感じました。ラスボスグループとの対比にもなりますし。
あと、カレンは最初からある程度強いほうがストーリーに沿っている気がします。
ただ、練習して実力をつけてそれを発揮する、という流れでの充実感や達成感を、
プレイしている側でも味わえた所が良いなと思えました。

過去の作品感想:
全力疾答!クイズマラソンクイズトラベラー -around the world-遥かなる剣が峰ヒトナツの聖地巡礼フェアリーメイカーくいけん! 〜美浜高校クイズ研究部物語〜恋には落ちても、受験には落ちないんだからねっ!おざわのやぼうおざわのやぼう弐国立オタク学院
(2016/9/27)

 

クラウンワークス虚実概論 2章/ClosedCircle(400円)

久世正宗は幼馴染の少女を殺したと言われる。しかし記憶がない。
カウンセラーは久世正宗に順を追ってその日に起こったことを思い出させていく。
それは荒唐無稽なほどの出来事だった。


選択肢あり、魔述、PTSD、四時間半ほどで読み終わりました。
0章・1章の感想はこちら
システムは時折クリック時のレスポンスが遅めなことが多少気になりました。
音楽は1章と同様。
絵はサイファーの色気が素晴らしいです。特に正宗がサイファーの服を脱がすところ(前回と似た感想……)
2章の一枚絵は二十四枚+差分。

2章は連続殺人を行うチェーンソウ男と、それを追う警察署長、それに正宗の友人を中心に話が進んでいきます。
2章まで読んでも、魔述とか、イデアとか、登場人物の過去とか、難解だったり明かされなかったりな事ばかりで、
わからないままずっと読み進めてしまいました。
そんな状態でも、サイファーや【御前】が纏う耽美さを味わえました。
また、重要な場面で起こる出来事や、明かされる情報に、はっとさせられることも多かった作品でした。特に「恋」の場面がお気に入りです。
(2016/9/29)

 

卒業前の教科書 体験版/Fire Clock Works

村上武将、黒澤道弘、棗正樹の三人は入学早々問題を起こし、彼女もできずに高校卒業まであと三カ月となってしまった。
そんなある日、一冊のノートに書かれた内容に感化された武将に、さらに二人が乗せられ、
三人は犬猿の仲である同級生女子三人を彼女にしようと行動し始めるのだった。


選択肢あり、青春、恋愛、二十五分ほどで読み終わりました
システムは既読スキップがないので今後分岐が複雑でないといいなと思いました。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵はおっぱい格差が如実に描かれていました。

この体験版では、三人がまず告白するところまでを読むことができます。
しかし相手からの印象は悪いまま。
とりあえず行動してみる武将のキャラクターに、なんだか前向きにさせられました。
体験版以降も、女の子に体当たりでぶつかっていく展開になりそうで、青春を目一杯味わえそうです。
それにしても彼らは、あまりいいことがなかった高校生活、みたいなことを言っていますが、彼女に縁がないだけで結構楽しそう……

過去の作品感想:Paradise File-罪状認可-FEMME FANNA-7th Holy-
(2016/10/7)

 

朱き炎の悲歌 体験版/Wooberg!

炎の魔術を行使できる、数少ない炎術師の一人である霞城あかね(かじょうあかね)は
親しい人間以外にそのことを明かさずにひっそりと暮らしていたが、放火事件に遭遇して以降、悪夢に苦しめられていた。
一方、彼女と同じクラスの「ホームズくん」と、彼の幼馴染秋乃鈴嘩(あきのすずか)は
探偵同好会として放火事件を調査し、犯人を推理しようとしていくのだった。


選択肢あり、多人数視点推理サウンドノベルとのこと、一時間十五分ほどで読み終わりました。
システムは文章速度変更ができないことがやや不便でした。
音楽は意図的かはわかりませんが、弐話の探偵同好会部室で最初に流れる曲のループ時にノイズが入っていて、コミカルな曲なのに不気味でした。
絵は女の子みんな、表情や仕草が豊富かつ可愛らしくて魅力的でした。

この体験版では一章弐話までと前日譚「飼い猫連続失踪事件」を読むことができます。
あらすじや、あかねの境遇に重苦しさがありつつ、同時に絵だけでなくテキスト描写でも女の子の可愛らしさを強く感じました。
特に鈴嘩の好きなことに若干暴走気味ながら一生懸命なところがお気に入り。
また、彼女とホームズくんの当意即妙な会話が幼馴染の気安さを感じさせて、楽しく読み進めることができました。
二人は地道な聞き込みや確かな観察眼で、丹念に探偵活動を行っている所にも好感が持てます。
多人数視点推理とのことで、異能が(おそらく)絡む事件を探偵同好会の二人がどのように推理していくかと、
あかねの行く末がとても気になる体験版でした。
(2016/10/21)

 

ちゅーそつ!1st graduation 〜ちゅーそつのTime After Time〜/Studio Beast(1000円)(DL版の購入はこちら)

世界人民連邦が統治するこの世界では、職業を表わし自身の能力を向上させる庁人シールで管理されていた。
庁人シールのない無能力者「ちゅーそつ」である毬須川アルエはシールの取得を目指し、心機一転支援付きのルームシェアに応募する。
そうして集まった三人のちゅーそつに対し、支援を継続する条件として提示されたのは、心をシンクロさせ、与えられた命題を「てつがく」することだった。


選択肢なし、セカイ系SFコメディとのこと、ボイスあり、五時間四十五分ほどで読み終わりました。
システムはセーブ上書き時に二回確認メッセージが出ることがやや面倒でした。
音楽は日常曲から怪しげな曲、コミカルな曲、切ない曲などそれぞれ場面を盛り上げていました。
OP歌も勢いがあってお気に入り。ムービーも1st graduationの内容が表現されていました。OPにムービーと歌あり。
絵は記号的表現も含め華やかでした。シールのデザインももっと色々見てみたいです。絵は一枚絵は十五枚+差分。

1st graduationではルームシェアしている三人のうち、毬須川アルエが中心の話がひと段落するまでを読むことができます。
北朝鮮がハイテクノロジーで世界統一したような世界観を舞台に管理社会が描かれています。
管理社会ですがどうみても偉い人はたくさん甘い汁吸ってますよね……
それに、シールで能力が向上し、ちゅーそつはちゅーがく卒業時にシールを失った無能力者(ちゅーがくまでは全員にシール付与有)
ゆえにシールブーストの無いちゅーそつからの再検査に受かってシール取得は至難の業、という設定なのですが、
個人の資質よりシール有無の方が能力を大きく左右すると言うのにちゅーそつの存在を政府が放置しているというのがきな臭いです……

ちゅーそつ三人寄ればツッコミ役がいなくなることもままあるため、地の文がわりとツッコんでいました。
序盤はちょっと話の進みが遅いなと感じる部分もありましたが、
海に行った時のラストシーンは微笑ましかったですし、
アルエが現実から目を背けてどんどん駄目になっていく描写は身に覚えのある駄目さ加減で胃が痛くなりそうになった第一章でした。

過去の作品感想:J.Q.V 人類救済部
(2016/10/31)

 

小春日和と冬景色 体験版/CREO

中学三年生の三学期、井上祐季は同級生の霧谷冬子が書いた小説に惚れこみ、彼女のことが気になる存在となった。
しかし、友人に乗せられ学年で一番人気の女子、月ヶ瀬春香に告白することになる。
そして何故か告白は成功し付き合うこととなってしまうのだった。


選択肢なし、学園恋愛、二時間半ほどで読み終わりました。
システムはセーブ画面にスロット二つ分しか表示されないため、
たくさんセーブするとページ送りする必要がありました。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は冬子の控えめながらくるくる変わる表情が可愛らしかったです。

主人公と二人の女の子が受験を控えているにもかかわらず三角関係になってしまいます。
とにかく主人公がやることなすこと裏目裏目で、それも運悪くではなく自業自得。
さらに話が進んで成長するかと思いきや、もっと酷い選択をするようになります。
二人のヒロインも決して褒められたものではなく……
三人まとめて転がり落ちるように事態が悪化していきます。
この体験版で読めるのは中学生編で続きがあるのが救い……なのでしょうか?
新キャラも登場するようなので、主人公の性根を叩き直してほしいです。

過去の作品感想:
LOOTBeHindKillerLimitedMemories〜あの日あの場所で〜こちら夕闇町 夕凪高校脇怪談部!!GreenTale瞳の中AngelVoice道しるべRougeハールート君の姿、僕の思い学園弁記Phantom-星見の丘の幻視痛-きたくぶのひととき
(2016/11/20)

 

惨狂ブレイズ-サブリミナルクライムエッジ- 体験版/CREO

高校二年生の真伐集一は九月の授業開始初日、知らないうちに一枚のタロットカードを手にしていた。
学校からの帰り道、彼はフードを被った人間に襲われる。
必死で逃げ回るうち、異能を使う人間を目にするのだった。


選択肢なし、異能、一時間足らずで読み終わりました。
システムはセーブロード画面でセーブした時に表示されていた文章がスライドしていって
全文表示される所がいい機能だなと思いました。
音楽は特に合わないような箇所なし、
絵は体験版のためか制服差分がなかったことが気になりました。

主人公がタロットカードを持ち異能を使用できる者たちの戦いに巻き込まれていきます。
まだ何故戦うのかとか何故能力を持つのかとかがまだ不明で、
ヒロイン? ともいまのところほとんど会話が成立しないので、
そうしたところがどうなっていくのか気になるところです。
しかし、状況説明を矢継ぎ早にされてちょっと読み難いテキストに感じてしまいました。
また、敵が自分の能力を簡単に喋ることで、あまり乗り切れなかった部分もありました。

過去の作品感想:
LOOTBeHindKillerLimitedMemories〜あの日あの場所で〜こちら夕闇町 夕凪高校脇怪談部!!GreenTale瞳の中AngelVoice道しるべRougeハールート君の姿、僕の思い学園弁記Phantom-星見の丘の幻視痛-きたくぶのひととき小春日和と冬景色体験版
(2016/11/22)

 

雨衣カノジョ-A面-(18禁)/はとのす式製作所(1000円)(DL版の購入はこちら)

祖父母の遺品を片付けに本州最西端の県にある田舎町を訪れた支倉貴之は廃バス停で一人の少女と出会う。
雨衣(うい)と名乗るその少女に一目で惹かれた貴之は積極的に関わりを持とうとするが、
町の人々は彼女と会うなと警告してきたのだった。


選択肢なし、田舎、濡れ透け、恋愛、ボイスあり、三時間四十五分ほどで読み終わりました。
システムは非アクティブで動かないところがやや不便でした。
音楽はしっとりとした曲から同級生、灰谷佳風流(はいたにかふる)の明るい曲までそれぞれの場面に合っていて良い曲でした。
Hシーンは通常音声かバイノーラル音声か選ぶことができ、ヘッドホンしてバイノーラル音声はぞくぞくさせられます。
絵は雨衣も佳風流もコメディ調の表情含め可愛らしかったですし、
雨衣の服が透ける場面で下着の有無し差分があってこだわりを感じられました。一枚絵は五枚+差分。
また、立ち絵は目パチ口パクや体の揺れ等の動きがありました。

田舎の鮮やかだったり雨に濡れてしっとりしたりな風景の中、だいぶ不思議で可憐な女の子と仲良くしていきます。
「ボクはともだち。〜I am not sweetheart.〜」と同じ世界観で、十数年前の話。
ストーリーは最後、色々と上手く行った割には大きな懸念と謎が残るので、A面単体ではちょっと消化不良。
なので、途中で分岐して違う可能性を読むことができるという、
2016年12月の冬コミで頒布予定のB面も読まないと、という内容でした。
ですが雨衣に惹かれる主人公の心情が鮮やかに伝わってきましたし、
雨衣も佳風流もボイスや口調、仕草含めて魅力的で、
会話を交わしているだけで可愛いなあ幸せだなあと感じました。

過去の作品感想:ボクはともだち。 追加パッチ
(2016/12/20)


 

 

 

(同人ソフト番外編・その他)

神さまの耳はけものみみ!? みにふぁんでぃすく(18禁)/integral(空想科学研究所)(700円)(DL版の購入はこちら)

「神さまの耳はけものみみ!?」のファンディスク。
葛葉・リンとの後日談と、???ルート後日談等三つの話を収録。

選択肢なし、ボイスあり、四十五分ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵はトロ顔が大変にエロいと思いました、一枚絵は四枚+差分。

本編では葛葉推しでしたが、今回の話を読んでリンも???も可愛いなあと思いました。
特に???二回戦の台詞や表情やむちむちさが……!
CG鑑賞モードからキャラ設定や表情差分一覧なども見ることができて、
本編から引き続き、可愛い神様を堪能できたファンディスクでした。

過去の作品感想:バカは死ななきゃ治らないっ!神さまの耳はけものみみ!?
(2016/8/19)

 

 

相思相愛ロリータの生活(18禁)/夜のひつじ(1200円)(DL版の購入はこちら)

相思相愛ロリータ」のアフターストーリー(本編とエピローグの間の出来事)とのこと。
選択肢なし、二時間十五分ほどで読み終わりました。
システム、音楽は「相思相愛ロリータ」と同様、台詞中のクリック待ちがむしろ喜びでしたし、とても穏やかでした。
絵はHシーンのまこちゃんに色気が出てきて、最強か……と思いました。
また、ラストシーンは手を合わせて拝み、祈りたくなります。一枚絵は十六枚+差分。

相変わらずおかくんとまこちゃんが相思相愛です。
「相思相愛ロリータ」ではすかいになってしばらく経ったからか私にも共感できる部分が増えて、
より二人の会話や、触れ合いを深く味わえました。
水着ではしゃぐシーンも、家事も、昼の散歩も夜の散歩も、上目遣いも見降ろしも、ぽっかり空いた所も、ラストシーンも。
とても穏やかで、可愛らしくて、まだちょっとだけ寂しくて、大事な時間でした。
ただ、絵がエロくなってもやっぱり抜く気がおきないくらいに骨抜きにされてしまいましたが……。
「相思相愛ロリータ」と同様、そしてさらにもっと二人の愛を感じることができるアフターストーリーで、本編と併せて特におすすめしたい作品です。

過去の作品感想:
孤独に効く百合親友が美少女になって帰ってきた。恋妻くずし義妹ホールと妹ホールド幼馴染と十年、夏純情セックスフレンド女装お嬢様への異常な愛情妹「お姉ちゃんクソビッチなんで私にしませんか」幼馴染の心が読めたらどうするか?好き好き大好き超管理してあげる相思相愛ロリータSutando bai Miさようなら、援交娘さん。彼女、甘い彼女ゆびきり婚約ロリイタ聖天使☆レベルドレイン
(2016/9/11)
 


 

(漫画)

一行感想

Rubble O'clock Vol.2(18禁)/銀の星亭 「Rubble O'clock 〜Crued Blues〜」と同じ? 世界観の漫画版第二弾。第一弾入手しそびれました……。風水師の少女がヒドい目に遭います。このシリーズのHシーンはかなりハードな凌辱ものなのですが、今回はややマイルドな印象。それでも凌辱ですが。

はととダム in USA/Project ECHOL アメリカのアニメイベントに招待され「はーとふる彼氏」トーク&サイン会をした実録漫画前編。全編に渡ってすごく楽しそうなのが伝わってきました。特に鳥を始めとした動物に狂喜乱舞する所。
(2016/9/1)

 

(小説)

一行感想

Ringlet the Novel/Project Ringlet 小説版Ringlet なだけあってRingletシリーズ読んだ人御用達な感が。結構設定の説明が省かれている印象。つまり私向けですね! 読んでいてどんどん立ち絵が目に浮かびました。やっぱり主人公とかれんの関係好きですわ! かれんは別格。ただ、主人公の名前が空白表記で最初誤植かと思いました……
(2016/9/1)

 

燎原の覇者8 争覇の終極/呑気屋本舗ノベルズ版/272P/自家製本)

トラブルに巻き込まれ怪我をしてしまったリッツ・アルスター。
動くこともできず、食料もなくこのまま死を待つばかりかと覚悟した彼に声を掛けた青年、エドワード・バルディア。
二人は友人となり、エドワードの目的のため共に歩むこととなった。


呑気な冒険者たち」シリーズの四十年ほど前の話。
第一巻の感想は
こちら
二巻・三巻の感想は
こちら
第四巻の感想は
こちら
第五巻の感想は
こちら
第六巻の感想はこちら
第七巻の感想はこちら
第八巻は内戦の終結まで。
前半、エドワード達の策がバシバシ当たって破竹の快進撃過ぎる……と思っていましたがそう最後まで上手くは行かず。
特にスチュワートに関して歯痒い……!
そこから先も暗い内容でしたが、終盤、パトリシアがグレインに戻る場面でのリッツの身振り手振りに、ふふっとなりました。

それにしても108ページに書かれているリッツの苦悩、杞憂に終わって良かったです。
その結果が別冊エピローグのラブラブっぷりなのですね……!
エピローグなのにやたら長くて、大体全部のろけだ……!

あと二巻で完結とのことで、最後まで楽しみです。

過去の作品感想:
短編テーマシリーズ総集編1 がらくた箱呑気な冒険者たち外伝悠遠の箱庭エネノア大陸旅行記燎原の覇者HUMAN’ーヒトではない君へー月夜烏の舞う宵は
(2015/9/23)

 

 

トップへもどる   一つ前に戻る