コミックマーケット88感想リスト

同人ソフト(ノベル系)は基本的に全て、
それ以外は感想が思い浮かんだもの限定です。

基本的に同人ソフト(ノベル系)はプレイ順(パッチ待ち作品を除き事前の期待順)です。
それ以外はサークル名順です。
ただしおすすめ、期待作品は連続しないようにしているので前後することはあります。また、時間がかかりそうな作品は読むのをある程度後回しにします。時間がかからなそうな作品は先に読んだりもします。

女性向の作品は、乙女=女主人公で相手キャラの全員もしくは多くが男、
BL=男主人公で相手キャラの全員もしくは多くが男(年齢不問)、としています。
作品が女性向かどうかは基本的にサークルさんの自己申告です。

値段は入手時のものです。場合によっては異なる可能性があります。

同人ソフト
まとめ  
完成版  体験版・連作  番外編・その他

同人誌
漫画  
小説

コミックマーケット88同人ソフトまとめ

おすすめ同人ソフト完成版
デイグラシアの羅針盤/カタリスト
ご主人さまにあ/ゆにっとちーず

面白かった同人ソフト完成版
春の日に道が続く/SEAWEST
月面晩餐会文庫01「古賀根秋声の反転」/月面晩餐会
ショタに至る病 ぷらす!/Ray
ボクはともだち。〜I am not sweetheart.〜/はとのす式製作所
さようなら、援交娘さん。/夜のひつじ
彼女、甘い彼女/夜のひつじ
東京都繰子の事件簿〜File03:覚の棲む村〜/はいぺりよん
ハートピストル/GoodDaysMaker

完成が楽しみな同人ソフト体験版・続き物
セカイの果ての均衡者〜BALANCER〜/LEVEL PLUS
QUEEN'S LINGERIE SHOW/Project ECHOL
TS:NONUPLE NINE 被験体:999999999/ノナプルナイン
fault/ALICE IN DISSONANCE

他に完成版では「僕と彼女の生きる世界」「環状線センセーション」「カンダタの大冒険
瞳の中」「恋と、ギターと、青い空。」「サイコロジック・ラブコメディ」「よつどもえ
連作では「魔法部におまかせ!第2話
女性向体験版では「Happiness★Standard」が良いなと思いました。

 

(同人ソフト完成版)

夕影に忘れがたみ/山海豚厨房(500円)

夏休みに実家へと帰省した今野圭は、墓地で狐の面をつけた少女と出会う。
友達になろうと言ってきた少女を最初は不審に思うものの、やがて共に遊びまわるようになる。
しかし夏休みの終わりは、容赦なくやってくるのだった。


選択肢なし、夕空ノスタルジィ・サウンドノベルとのこと、十五分ほどで読み終わりました。
システムは特に不便な箇所なし。
音楽は虫の鳴き声が夏という感じでした。
絵は繊細そうな可愛らしさがあります。

友達を作ろうとしない少年が正体不明の少女と夏休みを過ごし、夏休み明けを迎えます。
狐の面をつけた少女のミステリアスさがいいなと思いました。
ですが、シナリオ展開からすると文章量が少ないせいか、
事実だけで味気なかったり、唐突だったりする部分が多いと感じてしまった作品でした。

過去の作品感想:僕らは灰色から始めた
(2015/8/18)

 

 

隕石に怯えながら、僕たちは。/奈落兎(100円)

毎夜、隕石が落ちてきて死んでしまったらどうしようと考えている少年、翼。
彼は気を紛らさせるため、好みの女の子の容姿や性格について考えてみた。メイド服の眼鏡っ娘。
以降、少年は妄想の少女と会話をするようになるのだった。


選択肢なし、思索、イマジナリーフレンド、四十五分ほどで読み終わりました。
システムは特に不便な箇所なし。
音楽は静かな曲が多め。
絵は背景のみ。

妄想で生み出したメイド服で眼鏡っ娘と駄弁ったり、変な夢を見たりします。
おまけで電子書籍版と今後の作品の予告がPDFで同梱されています。
夢の中を除き、最後まで主人公のベッドから一歩も移動することなく、何かが起こるということもないまま。
でも、今後発表予定の作品とちょっと関係があるかも? とのこと。
ほのめかすだけのことや、荒唐無稽でよくわからない部分もありましたが、
突飛な発想にくすっと笑わせられたり、怖い想像にぞくっとさせられたりしました。
それにしても自覚している杞憂に付き合ってくれる女の子というのは、いいものですね。二つの意味で夢だと思います!
(2015/8/19)

 

僕と彼女の生きる世界/サークル出雲(200円)

幼いころ、幼馴染の由宇が親に凌辱されている場に遭遇し、その親を殺した少年。
しかし解放された由宇はトラウマに苦しみ、少年もまたそれまでとは変質してしまった。
二人は寄り添うように日々を過ごし、高校生となった。


選択肢なし、精神、依存、サスペンス、三時間ほどで読み終わりました。
システムは文章表示速度か変更できないこと(一旦再起動すれば変更適用されるようですが)
オートモードの速さが五段階あるものの、一番遅い速度でもかなり速いことが気になりました。
また、画面切り替えがほぼ全て瞬間表示で、もう少し余韻がほしいなと思いました。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は立ち絵も一枚絵も由宇がロリロリでとても可愛らしかったです。

心と体の成長を自ら留めてしまった由宇の世話を焼くことにしか
意味を見い出せなかった少年が少しだけ変わっていきます。
現在は二人の仲良すぎる微笑ましいやりとりの影に破裂しそうなものが存在していて危うく、
過去は二人の体験したことが生々しく描かれていて息苦しくなる思いでした。
ラストもまだまだ予断を許さない今後を想像させるものでしたし、二人の過去と現在の関係が印象に残る物語でした。
(以下ネタバレのため反転)
直弼の存在がちょっと都合良すぎるかな……? と思っていたらそういうことだったのか! とだまされました……

過去の作品感想:空白の音色この祈りが届くように
(2015/8/22)

 

春の日に道が続く/SEAWEST(無料)

中学生になって初めての春休み。
昇の家に突然、四年前に引っ越していってしまった親友、馬太郎がやってくる。
馬太郎は女子大内部へ侵入できるという地下道へ昇を誘うが……


選択肢なし、思春期、春、一時間足らずで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は背景が鮮やかでした。画像閲覧モードでその背景も全部見ることができるのは嬉しい配慮。
画像は一枚絵、背景併せて三十六枚+立ち絵十八種類。
(ネタバレのため反転)
キャスケットを被っていると、その時点でこの登場人物はもしや……と疑ってしまいます。
もはや私の心は汚れてしまったのだ……


久々に会った親友と地下道を歩いていく中で、色々なことが起こります。
自分の思い通りにならないこと全てを見下す昇の言動や心境に目を背けたくなりました。
でも、その後少しだけ大人になった、ということがしっかりと描かれていて、その成長がなんだか嬉しかったです。
また、ラストは画面も二人の会話もとてもとても美しくて、
晴れ晴れとした気持ちで読み終えることができました。

過去の作品感想:
あかね春のうらら
(2015/8/26)

 

家出した俺の娘が公衆トイレで神様を募集しているらしい!?(18禁)/劇團近未来(1500円)(DL版の購入はこちら)

無職でロクデナシだったため離婚され、娘とも会えなくなってしまった才遠。
約十五年後、彼は定職に就いたものの、相変わらずロクデナシでトイレ援交の日々を送っていた。
そんな中、離婚した妻から娘が家出したことを知らされる。よく考えると、援交相手に娘かもしれない少女がいる気がして……


選択肢あり、娘、援助交際、トイレ、ボイスあり、二時間半ほどで読み終わりました。
システムは特に不便な箇所なし。
音楽は「はめ☆ドリ」主題歌「ラズベリー・キッス」アレンジがあったりしてなんだか嬉しくなりました。
絵は毎回毎回よくお札を描き入れるなあと感心してしまいます……一枚絵は二十五枚+差分。

マップからトイレを選択し、娘かもしれない援交少女の足取りを追っていきます。
寄り道要素で過去作や原画担当さんの熱い宣伝もあり。
Hシーンは私の好みとしてはあまり引っかかる部分はありませんでしたが、
娘を求めて二転三転する物語は読み応えがあります。
それぞれのヒロインの協力を得たり、追いかけたりと主人公含めた四人が関わり合っていき、
そうした末の終盤、娘? との問答に、いい話だったなーと思えた作品でした。でも援交してるんですけどね!

過去の作品感想:
女子校生とごはんですよ!女子肛校生芸能アナルクラブ〜現役JKアイドル枕営業の実態〜風俗島からの脱出十川良衣菜のトイレで神様、募集中売春リアル
(2015/9/7)

 

月面晩餐会文庫01「古賀根秋声の反転」正式版/月面晩餐会(1000円)

「古賀根秋声の反転」普及版に本編終了後のおまけ 「古賀根秋声の反転・副読本〜リテイク〜」
「『HB』をめぐるセカイ」「解説」及び音楽室アニメーションエフェクトを追加とのこと。
追加部分は二十五分ほどで読み終わりました。
「古賀根秋声の反転」普及版の感想はこちら

副読本〜リテイク〜での本編と、実際に秋声が体験したことの差異が興味深かったです。
確かに色々脚色と想像を挟んで面白くなっている……
「『HB』をめぐるセカイ」は制作中の「HB」と、
「古賀根秋声の反転」を含むその前日談、後日談作品の紹介。
この紹介で挙げられていたweb小説「天河朱莉の測定基準(メトリクス)」(第3回「俺的小説賞」ラノベ奨励賞受賞)と
三和音万里の隠蔽」(未完結)を読みました。

「天河朱莉の測定基準(メトリクス)」は「古賀根秋声の反転」の二年後、「HB」の六年前に、
とある大学サークルの恋愛模様を探偵小説好きの僕っ娘が調査する話。
「古賀根秋声の反転」の「解説」で青春を描いた作品と書かれているのと同様に、
「天河朱莉の測定基準(メトリクス)」も複数の登場人物の転換点が描かれた青春小説という印象を受けました。
人の心は推測こそできても答え合わせはできない、とばかりに明確な解は示されませんが、
終盤、バーでの女同士初々しいやりとりにほんわかできました。
(2015/9/12)

 

月面晩餐会文庫02「環状線センセーション」正式版/月面晩餐会(1000円)

「このままレールを走ってたら、全部秋山の思い通りだぞ!」
思い出せ、と見知らぬ少年が告げる。

悠真、小夜子、恵、そして、仮想人格プログラム「繭」。
四人の運命は、彼女の定める配役に従って、繰り返される。「俺」は追いつかなくちゃいけない――彼女を 止めるために。
(サークル公式サイトより)

選択肢なし、プログラム、環状線、二時間足らずで読み終わりました。
システムは1「古賀根秋声の反転」と同様、紙をめくっていくような形式。
音楽はそれぞれの場面に合わせた緩急がありました。
絵はせめてもう少し登場人物ごとに一目で判別が付くといいなと感じました。
演出は実写ムービーを含めたカットイン演出が目を引きました。

第3回「俺的小説賞」投稿作品を加筆改稿してビジュアルノベル化した作品とのこと。
一話毎に時期やメイン登場人物が異なる話が語られていき、段々とそれらが繋がっていきます。
本編終了後のおまけ「解説」に「わかったようでわからない話」と書かれていますがその通りだなと思えま した。
そんなわかったようでわからない中でも、前半は噛み合わず気味の悪い言動や舞台に目が離せないものがあ りましたし、
後半は各話の繋がりが見えてきて解決しようと進んでいく流れに高揚させられた物語でした。

過去の作品感想:古賀根秋声の反転 普及版 正式版
(2015/9/13)

 

ショタに至る病 ぷらす!(乙女)/Ray(1000円)

不治の病に侵されてしまった汐田乙女子は、療養のため別荘へと赴く。
別荘にはハトコのショタと、治療のため派遣されたショタが待っていた。
一週間の、ショタに囲まれためくるめく療養生活が始まる。


選択肢あり、ショタ、変態、ボイスあり、四時間ほどで読み終わりました。
C86シールラリー ドウジン 夏のゲーム祭り 景品ディスク版はこちら
景品ディスク版から主人公の顔グラフィック、ボイス、おまけシナリオ、スチル等追加されています。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。EDに歌有。
絵は鼻血噴いたり恍惚の表情をしたりする乙女子さんがとても印象的でした。
バックログも顔グラフィック付きで、しっかり鼻血出したりしているのも芸が細かいです。
過去作品紹介で非ショタが出ると真顔になるのも笑えます。一枚絵は三十一枚+差分。

乙女子さんが病を治すため、毎日どちらのショタと会うか選んで過ごしていきます。
主人公以外の多くは「時函 -Time Capsule-」「千の祈りのパラドクス」登場人物のパラレル設定。
本編シナリオは景品ディスク版とほぼ同じではあるのですが、
追加された乙女子さんの顔グラフィック、ボイスがカッ飛ばしていてより笑えるものになっていました。
景品ディスク版でも笑えましたが絵と声でここまで面白さがアップするとは……
特にショタ替え歌は脳内にこびりつきました。他のボイスも、乙女子さんの感情が迸っています。
ショタとの触れ合いや病の真相を楽しみつつ、乙女子さんの変態っぷりを堪能できる作品でした。

過去の作品感想:
魔歌使い時函 -Time Capsule-虚実ゲーム または時函予告編・解答編付月夜に処女は恋文を濡らすときたま!〜時函玉手箱〜千の祈りのパラドクス
(2015/9/19)

 

カンダタの大冒険(18禁)/inspire(1500円)(DL版の購入はこちら)

きんのかんむりを盗み、アジトで一息ついたカンダタの前に天使が現れる。
勇者と誤認されたカンダタは、世界を救えばお礼になんでもするという天使との約束のため旅に出る。
それはそれとして、きんのかんむりを取り返そうとやってくる冒険者たちの相手もするのだった。


DQ二次創作RPG、ラスボスを倒すまで九時間ほどかかりました。
システムはRPGツクールVX Ace製。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵はHシーンの表情がとても色気ありました。
また、カンダタが覆面しているのに表情豊かでした。

カンダタ一味がいくつかの街の問題を解決していくと同時に、
アジトの罠にかかった冒険者たちを手篭めにしていきます。
船や移動床での移動や、戦闘時のメッセージ表示が遅めなのがやや大変でしたが、
全滅してもペナルティなしなのでどんどん挑戦していけるのがカンダタ一味っぽかったです。
とはいえ一回も全滅はしませんでしたが。
カンダタが攻守ともに頼りになって、さすがおやびん! という感じでした。
またストーリー上でも子供に優しかったり、強きをくじく姿勢が格好良かったです。
HシーンではほとんどのオリジナルキャラクターがHシーン直前までずっとドット絵だったので少しだけ興奮度が落ちる部分はありましたが、
DQ3各職業キャラは戦闘時にHシーンと同じキャラ絵が出て、それをねじ伏せてという形で興奮しました。
特に女盗賊、女魔法使い、女武闘家がエロかったです!

過去の作品感想:
愛することは生きていくこと愛することは生きていくこと 〜もうひとつの愛〜オレコレ!カンダタ物語天空の花嫁選びモンバーバラASマボロシノセカイハニーウィッチ☆天空の花嫁と。-僕は妻に、二度目の恋をした-見習いメイドの贈りもの魔王と勇者がいた世界ムーンブルクの悪夢ドラゴンポンジャラ魔界王子とナンパ娘。カンダタ物語2
(2015/9/22)

 

国立オタク学院/CURIOSIST(500円)

産業経済省肝いりで設立された「国立メディア芸術産業振興能力開発大学校(愛称:国立オタク学院)」
産業経済省に入省して二年目の主人公は、国立オタク学院の一期生として
オタクエリート人材になるべくカリキュラムをこなしていくのだった。


主人公男女選択あり、クイズ、オタク、三時間半足らずで最後まで終わりました。
主人公が男でも女でも大まかな流れは変わりませんが、細部は違っていたりします。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は複数の方が描かれています。

期間は一年間で三学期制。毎週「アニメ」「マンガ」「ゲーム」「グッズ他(ラノベ、同人等々)」四科目のうちどれかの講義(クイズ)を受け、
その内容から出題される学期末の試験に合格していき、卒業を目指します。
期末試験は全ての科目で半分以上正解しなければゲームオーバー。
とはいえ科目間でセーブ可能なため、卒業自体はあまり勉強していなくてもさほど難しくはありません。
しかし、首席での卒業はセーブ&ロードしても大変でした。
話はコミケ参加、聖地巡礼、秋葉原や池袋散策、資料館訪問等、
アニメや漫画等に関わる様々なことを体験していきますが、
その分それぞれが入門編と言った感じでちょっと物足りなさを感じてしまいました。
ですがクイズの内容はとてもとても幅広く、オタクエリートに一歩近付けたような気になれる作品でした。

過去の作品感想:
全力疾答!クイズマラソンクイズトラベラー -around the world-遥かなる剣が峰ヒトナツの聖地巡礼フェアリーメイカーくいけん! 〜美浜高校クイズ研究部物語〜恋には落ちても、受験には落ちないんだからねっ!おざわのやぼうおざわのやぼう弐
(2015/9/29)

 

ボクはともだち。〜I am not sweetheart.〜(18禁)/はとのす式製作所(3000円)(DL版の購入はこちら)

友近達也は数多くいる「主人公」を「ヒロイン」とくっつけるよう陰ながら奔走する友達キャラクター。
いくつかあるルールに従い行動しなければ、自分や周囲が酷い目に遭うしっぺ返しが待っていた。
そんな日々に嫌気がさしていたとき、突然現れた楠本命という少女から、「ヒロイン」を寝取ってしまえと提案されのだった。


選択肢あり、友達キャラクター、学園恋愛、ボイスあり、二十四時間足らずで読み終わりました。
夏の体験版の感想はこちら
冬の準備号の感想はこちら
システムはアイキャッチがスキップ可能になっていました。
音楽はコメディ部分もシリアス部分もそれぞれの場面を盛り上げていました。
OPにムービーと歌、EDに歌有。
OPはコミカルでノリが良かったですし、EDは命の心情が表れてました。
絵とボイスはみんな可愛くて親しみ持てましたが、
その中でも命の照れ顔と、テキスト描写通りの透き通った耳元でささやかれるようなぞくぞくする声に転げ回 りたくなりました。
立ち絵変化等の演出も豊富。一枚絵は十四枚+差分。

命、隣子、那波それぞれのルートでそれぞれの問題を
友達ルールという縛りを意識させられながら何とかしようとしていきます。
夏の体験版で書いた通り、「主人公」「ヒロイン」の名前欄や幼馴染の数、友達兼任などの設定が興味深かっ たです。
漫画やゲームのネタ多め。
山場や命、隣子、那波との楽しいシーンよりも地道な友達活動や達也の思い悩むシーンかなり長くて、
引き込まれてどんどん読み進めるというような勢いにはやや欠けるように感じられてしまいました。
ですが、終盤で達也が信じるロジックに全く筋が通っていなくて、
それがどれだけ友達に縛られていたのかというのをありありと表現していました。
とはいえ最後までルールの真相など明かされなことが多かったですが、無料パッチで真ルート追加予定とのことで待ち遠しいです。

また、どのルートでも命、隣子、那波との会話は楽しかったですし、山場は読みごたえありましたが一番お気 に入りなのは命ルート。
不幸成分が一番少ないこともありますが、なにより命が可愛すぎます……!
境遇も、表情も、声も、言動も、なにもかも魅力的で、ただ一緒にいるだけで充分、と心から思えました。
(2015/10/5)

 

瞳の中/CREO(300円)

ヒストリア王国の王様である父親が死に、別の者が王となったために城を追い出されてしまったエスター。
同じく王が変わったことで解雇された騎士のミグダル。
二人は城の外で偶然出会い、行動を共にすることとなる。


選択肢あり、ファンタジー、居場所、一時間半ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は登場人物によって絵柄が異なりますが、エスターが可愛らしくてジト目にもドキドキさせられました。
ただ、山場で困惑しているにしても、ミグダルの状況とエスターの性格から汗の効果は不要なのではと感じました。
一枚絵は三枚+差分。

城を追われた王女と騎士が色々な街を訪れ、出会いと別れを繰り返していきます。
城を追われた事による悲しさはあれど、エスターのドジに呆れつつフォローするミグダル、
そしてマスコット的な少女が新たに仲間に、という流れでハートフルファンタジー
……かと思いきや、という緩急が印象的でした。
また、重要なことの予兆を示しつつもあからさまには描写しない文章も上手いなあと思えた作品でした。

過去の作品感想:
LOOTBeHindKillerLimitedMemories〜あの日あの場所で〜こちら夕闇町 夕凪高校脇怪談部!!GreenTale
(2015/10/12)

 

AngelVoice/CREO(300円)

再生不良性貧血を発症し入院した五十鈴希(いすずのぞむ)は全てに絶望してしまっていた。
そんな時、同じ病で入院していた長良依吹と出会う。
前向きに日々を過ごす依吹と接していくうちに、希の心境も変化していくのだった。


選択肢あり、恋愛・ヒューマンドラマとのこと、一時間と少しで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。OPにムービーあり。
絵は登場人物によって絵柄が違います。一枚絵は差分含め十枚。

難病に罹り捨て鉢になっていた主人公が周囲の人々によって前向きになっていきます。
主人公の病状や、ラストの展開はかなりあっさりとした描写でしたが、
その分、一時間ほどの中に様々な出来事が詰め込まれていて、
テキスト量以上に多くの出来事を密に味わうことができました。
また、主人公に当たり散らされてもめげずに明るく接してくれる妹の楓がお気に入りで、
重たい場面も多い作品の中で、一服の清涼剤でした。

過去の作品感想:
LOOTBeHindKillerLimitedMemories〜あの日あの場所で〜こちら夕闇町 夕凪高校脇怪談部!!GreenTale瞳の中
(2015/10/16)

 

道しるべ/CREO(500円)

記憶の無い「私」の目の前には紅く広がる大地に刺さった喋る案山子。
その案山子が言うには、私は切符を無くして列車に乗れず、切符の代わりに似たものを拾わなければならないらしい。
私は案山子を道しるべとし、代わりを探して様々な世界を巡っていくのだった。


選択肢あり、人生、オムニバス、三時間足らずで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は案山子の造形や吹き出しでの感情表現が印象的で目を引きます。
ただ、影絵立ち絵は動きや拡大縮小が頻繁すぎて気が散ってしまう部分がありました。

「私」が色々な世界・場所を訪れ、過去に自分が経験したことと似たものを味わわされていきます。
読むことができるエピソードは十個+おまけエピソード二つ。
最後に語られる「私」の話はダイジェスト気味で、案山子の話は抽象的で、
申し訳ないのですが理解が及ばず結局なんだったのかよくわからない……という終わり方に感じてしまいました。
ですが、悲しくも優しく、その上所々で笑かしにくる各エピソードは多彩で興味深かったです。
中でもおまけエピソード「明日無き土塊の話」は、
科学ジョークが楽しく、また足蹴にされる人間の価値観がいっそ痛快な話でお気に入りです。

過去の作品感想:
LOOTBeHindKillerLimitedMemories〜あの日あの場所で〜こちら夕闇町 夕凪高校脇怪談部!!GreenTale瞳の中AngelVoice
(2015/10/19)

 

Rouge/CREO(500円)

世界的な争いが起こり、荒廃した世界。大企業が管理する都市以外は無法地帯となっていた。
OME社の企業兇手として汚れ仕事をこなしていたルージュ・シュヴェアートのもとへ、新たな指令が届く。
それはいつものような殺しではなく、ある少年の護衛だった。


選択肢なし、近未来、バトル、過去、六時間ほどで読み終わりました。
システムはメニュー画面演出が多彩でした。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は、着ている服や持っている銃の数、傷の有無などテキストと食い違っている箇所が見受けられました。

流されるまま機械のように殺し屋として仕事を行っていたルージュが、
護衛対象の少年と行動を共にしていくうちに感情を取り戻していきます。
誤字やスクリプト指示文の消し忘れ等が多かったり、
難解な表現や不自然な言い回しがあったりしてやや読み難さを感じてしまいました。
また、ヨシュアが話にかなり関わってくるのに、突然出てきてルージュ達との因縁もなく異物感を覚えてしまいました。
ですが、荒廃した近未来、貧民街や歓楽街と企業都市の格差が生々しくて、
ルージュを通してそんな世界観を味わえた作品でした。
あと快楽拷問描写がエロかったです……!!

過去の作品感想:
LOOTBeHindKillerLimitedMemories〜あの日あの場所で〜こちら夕闇町 夕凪高校脇怪談部!!GreenTale瞳の中AngelVoice道しるべ
(2015/10/23)

 

いなかえっち(18禁)/sol-fa-soft(1500円)

夏休み、大学生のタイガは田舎にある祖母の家を訪れる、
親戚のしーちゃん(しずか)と、隣に住むのんちゃん(のえる)と共に遊ぶことになる。
それは普通の遊びだけに止まらないのだった。


選択肢あり、田舎、ボイスあり、一時間十五分ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は背景が美しかったです。
また、庭から縁側を見るCCHシステム視点のシーンが風情ありました。そのシーンの一枚絵は二十一枚。
(CCH=ちっちゃいキャラがちょこちょこ表示される)
それ以外の一枚絵は差分含め六十枚。

「男湯に入るのがぎりぎりアウトになる年齢の」18歳以上の少女とエロい事をしていきます。
田舎に到着した初日から、毎日そんなことをするという夢のような内容。
田舎の環境や、女の子とのやりとりで感じるふわふわとした意識を
明確に言語化している所にハッとさせられ、上手いなあと感じました。
そして、夏の田舎で少女とイチャイチャというのは素晴らしいことだなあと思える作品でした。
(2015/10/27)

 

さようなら、援交娘さん。(18禁)/夜のひつじ(1300円)(DL版の購入はこちら)

鬱屈とした日々を送る大学生の主人公は、気まぐれに登録した出会い系SNSで、揺子という少女と知り合う。
清純そうな容姿に加え、細々とした気配りを見せる彼女は、
妙に経験豊富で、どこまでも尽くしてくれるのだった。

選択肢あり、陵辱アフターADVとのこと、ボイスあり、三時間半ほどで読み終わりました、
システムは特に不便な所なし。
音楽は「あいまいな」ルート終盤のBGMが印象的でした。
絵はおっぱいを吸われているときのしたり顔がお気に入り。
また現在で愛想良く笑いながら、こちらを見下すような、憐れむような表情をさんざんされるため、
過去の表情とのギャップにそそられました。一枚絵は十六枚枚+差分たくさん。

EDの童貞が年下の女の子に手ほどきをしてもらいますが、
何度も会っていくうちに彼女の異常性が垣間見えてきます。エンディングは二種類。
主人公の思考が、主人公より少しだけ鈍感な分なんとかやり過ごせているだけな自分と似ていて目を覆いたくなりつつ、
色々となんとなく感じているもやもやが表現されていてはっとさせられました。
また、揺子の絵も声も描写も、儚げな部分と淫蕩な部分が両方とも伝わってきて、
行きずりならば極上だけれど深入りするとやばい、という彼女の性質がよく表現されていました。
揺子の仄暗い台詞回しにもぞっとさせられます。
話はどちらの選択をしてもその先に何も待っていない閉塞感に満ちていて、
でも、だからこそ、嗜虐や退廃、してはいけないことをしている、という興奮と喜びを感じられました。

過去の作品感想:
孤独に効く百合親友が美少女になって帰ってきた。恋妻くずし義妹ホールと妹ホールド幼馴染と十年、夏純情セックスフレンド女装お嬢様への異常な愛情妹「お姉ちゃんクソビッチなんで私にしませんか」幼馴染の心が読めたらどうするか?好き好き大好き超管理してあげる相思相愛ロリータ
(2015/10/30)

 

彼女、甘い彼女(18禁)/夜のひつじ(1300円)(DL版の購入はこちら)

直前まで友人と楽しそうに話していた女の子が一人泣いているところを目撃した高尾 修士(たかお しゅうし)
思いきって声をかけてみたことがきっかけで、紆余曲折の末、付き合うこととなる。
その彼女、音羽 ゆき(おとわ ゆき)は修士をひたすら甘やかすのだった。


選択肢なし、シロップ漬けボーイミーツガールADVとのこと、ボイスあり、五時間半ほどで読み終わりました。
システムは特に不便な所なし。
音楽は女の子を初めて自分の部屋に招いたときのBGMが浮かれてて微笑ましたっかです。
絵は違和感を覚えるような部分もありましたが、
ゆきちゃんのとろんとした表情や、袖が余ってちょこんと出た手とか愛らしかったです。
ただ修士が頭からいっている一枚絵はシュール……。一枚絵は十六枚+差分。

二人がイチャイチャします。
つぺつぺとかぼよんぼよんとかゆる擬音が、その時の状態をよく表わしていると感じました。
また、女の子の他愛のない仕草にいちいち可愛すぎるだろと感動し、
歴史的な発見をしてしまったかもしれない……と思う主人公に笑えました。
話は、こんないい娘とトントン拍子にあんなことやこんなことを……と嫉妬に駆られる面もなくはないですが、
二人、お互いに好きなことが最初から最後まで描かれていて安らげましたし、
ゆきちゃんは台詞も声も甘くて、赤ちゃんのように母性を堪能できた作品でした。

過去の作品感想:
孤独に効く百合親友が美少女になって帰ってきた。恋妻くずし義妹ホールと妹ホールド幼馴染と十年、夏純情セックスフレンド女装お嬢様への異常な愛情妹「お姉ちゃんクソビッチなんで私にしませんか」幼馴染の心が読めたらどうするか?好き好き大好き超管理してあげる相思相愛ロリータさようなら、援交娘さん。
(2015/11/3)

 

デイグラシアの羅針盤/カタリスト(1000円(夏コミ頒布時))(DL版の購入はこちら)

おすすめ
(2015/11/13)

 

ご主人さまにあ(18禁)/ゆにっとちーず(1000円)(DL版の購入はこちら)

おすすめ

過去の作品感想:
淫夢みるさなぎ夏のさざんかパコられ冬のさざなみアメトカゲ
(2015/11/16)

 

 

東京都繰子の事件簿〜File03:覚の棲む村〜(18禁)/はいぺりよん(2000円)

私立探偵の東京都繰子(ひがしきょうと くりす)は、飛騨の山間にある「小集村(こたかりむら)」で人の心を読む覚として祀られている少女と出会う。
ほどなくしてその村の有力者の娘が殺される事件が起こる。
覚は繰子や警察を集め、彼らに殺害したのは自分であると告げるのだった。

選択肢あり、エロス&ノスタルジックミステリとのこと、ボイスあり、七時間ほどで読み終わりました。修正パッチあり。
〜File02:淫獣〜の感想はこちら
システムはセーブスロットが三つという仕様なのですが、
あと一つでいいから欲しかった……というと手のひらで踊らされているでしょうか。
何度か取り返しがつかなくなってから上書きセーブしてしまって結構前からやり直してしまいました……
あと、動作が若干重い印象を受けました。
音楽は妖しさ、おどろおどろしさが話に合っていましたし、
重要な場面では盛り上がるBGMが流れ、演出と共に山場であるという高揚を覚えました。
OPにムービーと歌、EDに歌あり。OPの歌は格好良くて、EDは情感5たっぷりでした。
絵は終盤の山田の形相にビクリとさせられつつ、彼女の心情がとても伝わってきました。一枚絵は十五枚+差分。

山奥の村で起きた連続殺人事件を解明しようとしていきます。
推理パートはあらかじめ単語や文章を手掛かりとして登録しておき、その内容で推理の展開が異なるというつくり。
私の推理力がへぼなのもあって繰子がヘマばかりでへぼ探偵っぽさが最後まで抜けませんでした……
ですが事件のトリックや、その背景にある歴史、人間関係等にはそうだったのか! と思わせられましたし、
それを補足する用語集も充実していて頭が良くなった気になれました(私の推理力:二行前)
ストーリーも特に終盤明らかになる犯人の境遇と、そこからくる悲哀と激情が熱く悲しく描かれていて印象に残る物語でした。

過去の作品感想:
スワンプマンに花束をす快らーく〜昼はファミレス・夜はハメレス〜魅杏の裏切り〜ドリリドリラレドリドラレ〜後輩と後背位で交配してみた。Arpeggio 神奈ルートS.I.S.T.A.R.S:KISS OF TRINITY3M -Marionettes manipulate the marionette- #defineColor of White、東京都繰子の事件簿 〜File02:淫獣〜
(2015/12/14)

 

ハートピストル(18禁)/GOOD DAYS MAKER(1500円)(DL版の購入はこちら)

幼馴染の柳葉ゆちと仲良く日々を送っていた火雁竜司だったが、
ある日の夜、全ての生き物の血液を操れるレディ・ヴァンパイアという女性と出会う。
それ境に、竜司は様々な怪異と関わることになるのだった。


選択肢あり、純愛、伝奇、二十一時間半ほどで読み終わりました。
猟奇的な描写があるので苦手な方は注意。
第一章の感想は
こちら
システムはセーブ画面が日付(とサムネイル)で時間も欲しいなと思ったり、
つづきからを選ぶのにタイトル画面からもう一つ違う画面に移る必要があったり、
細かいところですが長い作品としては気になる部分でした。
音楽は穏やかな曲から激しい曲まで場面に合っていました。OPにムービーと歌、EDに歌あり。
絵は恥じらうレディが魅力的でした。一枚絵は五十八枚+差分。カットインも豊富でした。
演出も多彩でしたが、横の動きがあまり無くてもスピード線が流れたり一部合っていないと感じるものもありました。

火雁竜司と関わることでレディが変わっていきます。
本編の他に十一のサブエピソードあり。
Hシーンのあるヒロインは複数いますが、レディの一人勝ち、というくらいに
第一章の圧倒的な強さや、新しいことを知って戸惑いつつも嬉しがる様、終盤のあれこれ等、
レディが特別に描かれていました。
とはいえ、他のヒロインとの会話や、ヒロイン同士の会話も楽しめました。
エリザさんは毎度毎度何してくれちゃってるの! という感じでしたが……
ほんわかしたシーンとバトルシーン、残酷なシーンの落差がありましたし、
物語の構成と竜司の頑張り、そしてその結果として変化していくレディの心も印象的な物語でした。

過去の作品感想:
そんなふたりとしあわせのかたち。ゆうはるか広がる空の片隅のハートピストル【一章】甘えんぼ御嬢様に寝取られる俺本気でロリを愛してる性獣姉と純情彼女がHに俺争奪戦
(2015/12/17)

 

Knight of Bonds 騎士の絆/Lieutenant

カルヴァリア王の騎士、ハルト・ノワールと、ダンダリオン王の騎士、カイト・クールドールは、
かつて幼馴染だったが理想とする王の相違から別々の王に仕えることになっていた。
その両国の間で不穏な空気が流れ、戦争へと発展してしまうのだった。


選択肢あり、騎士、幼馴染、一時間半ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵はくっきりとした絵柄で登場人物それぞれの特徴が出ていました。

袂を分かった二人が、戦場で再び相見えます。
ストーリーも、ヒロイン二人とのことも、カイトが一人負けでちょっと可哀想に思えてしまいました。
話は色々と物事が都合よく(必要な情報が手に入る、黒幕が自ら登場して悪事を語る等)進んでいく部分はありましたが、
敵を格好よく倒したり、国民や部下に慕われたり、自分が信じることを貫いたりといった
騎士の浪漫がたっぷり含まれているところが良いなと感じた物語でした。
(2015/12/18)

 

恋と、ギターと、青い空。(18禁)/Cosmillica(DL販売1296円)(DL版の購入はこちら)

勤めているニューヨークの広告代理店から強制的に休暇を言い渡されたアマンダは、
なんとなくナッシュビルを訪れるも、気分は晴れずにいた。
そうしてふらりと入ったバーで、彼女はジュリエットという名の少女と出会うのだった。


選択肢なし、純愛レズビアン・ロードノベルとのこと、ボイスあり、二時間四十五分ほどで読み終わりました。
システムは特に不便な箇所なし。
音楽は舞台に良く合っていました。OPにムービーと歌あり、EDに歌あり。
絵はパッケージ絵がとても綺麗で目を惹かれました。
ただラストの一枚絵はそんな場面じゃないのに無茶しやがって的なシーンを連想してしまいます……。一枚絵は十一枚+差分。

二人のレズビアンがナッシュビルからニューヨーク目指して旅をします。
出会いのシーンでとても痛快な言動をしているのにそれを翌日の冷静になってからの回想としてしか語らないというのは、
折角惹き込めるような見せ場なのになんだか勿体ない、と感じてしまいました。
逆に結果を語らないラストは良い終わり方だったなと思えました。
また、特に前半〜中盤の二人気ままに色々なアメリカの街を訪れ、
二人色々ありながらも仲良く様々な体験をしていく様子は美しく、魅力的な作品でした。

過去の作品感想:
爆音の世代、沈黙の世界さとりとやまぼうし恐るべき少女たちATOM GRRRL!!Dahlia-ダーリア-
(2015/12/20)

 

サイコロジック・ラブコメディ(18禁)/initial(2000円)(DL版の購入はこちら)

目覚めたときに記憶を失っていた平柏陽希。彼は特殊な力を使うとこができるカナリアの一人で、
幼馴染の海汐空(みしお そら)、妹の平柏深月(ひらかせ みつき)と同居しカナリアだけを集めた海汐学園に通っていた。
そんな彼の前に同じく記憶喪失の少女、ユイカが現れ、二人は行動を共にすることになる。
あるときユイカは陽希に、君がしあわせから外れたとき、僕たちはループする、と伝えるのだった。


選択肢あり、異能、正しさ、幸せ、ボイスあり、九時間四十五分ほどで読み終わりました。修正パッチあり。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。OPにムービーと歌、EDに歌あり。
OPムービーはシルエットでの登場人物紹介が格好良くてお気に入りです。
絵は可愛らしくて、それだけに痛々しかったです。一枚絵は二十八枚+差分。

陽希は正しさと幸せのために行動し、ユイカは陽希が幸せのままいられるように行動します、が、
大体のループで陽希は記憶を失い、同じことを繰り返したり、幸せになったり、何故かユイカに陥れられたりします。
最後まで読んでも頭にハテナが浮かぶような時系列が絡まり、抽象的な概念が関わってくる物語。
ラスボスが突然出てきてあまり目的に対しては効果的でない拷問ばかりしていて、
もうちょっと上手くやれよ! と言いたくなってしまいました。
ですが次から次へと幸せでない出来事が訪れる日々からの見方によってはこの上なく幸せな各エンドは美しくも歪でしたし、
終盤明かされる真相には、それまでを思い返して虚脱感やそれでも……という色々な気持ちがぐるぐるして翻弄される作品でした。
(以下ネタバレのため反転)
ユイカの役割はユイカでなくてもいいはずなのに、無意識にしろあの容姿、性格のユイカ×3を生み出した陽希とは旨い酒が飲めそうだ……
あと、最後陽希は死んでいると受け取りました。生きてたらユイカの言葉にもっと希望がある気がする……

(2015/12/22)

 

よつどもえ/活動漫画屋(1500円)

寂れた神社の娘、本常カズミ
飲んだくれの父親と二人で暮らす一沢ショウコ
ストリッパーの榊スイレン
アルビノで見世物小屋の芸人、美田アンリ
偶然出会った四人はカズミの神社を盛り上げるため、色々なことに挑戦していくのだった。


選択肢なし、葛藤、地域活性化、五時間足らずで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵はスイレンさんの踊る様子がショウコの描写通りに描かれていて、美しさと凄みを感じました。
一枚絵は背景や差分含め五十八枚。

色々なきっかけで仲良くなった女性四人が、
自分の悩みで葛藤したり、誰かの悩みを何とかしようとして、失敗したり成功したりしていきます。
自分がどう思考しているかやどう動いているか、
それに悩みに一区切りがついた時の結論などで説明的な文章や教訓が全面に出たような文章が多く、
物語自体を楽しみきれないように感じてしまった部分がありました。
ですが勉強になるなあと感心するような引用や出来事は興味深かったですし、
四人の女性が仲良くしているのは微笑ましいなあと思えた作品でした。

過去の作品感想:
自虐の詩 Another Birthday図書館列車 体験版人形城の箒神・陰犬神使いと少年片輪車と雪女百鬼社中柊鰯あまいしる
(2015/12/25)

 

 

 

(同人ソフト体験版・連作)

僕と彼女とカラシニコフ えっち体験版(18禁)/玉よ砕けろ/ねすと

三人のヒロインそれぞれとのHシーンが一つずつ収録されています。
三十分足らずで読み終わりました。
システムはバックログ機能がなかったり、文章表示速度を変えられなかったり、
動作が不安定だったりしました。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は美羽先輩の皮肉げな立ち絵が可愛いですが、
一枚絵と絵柄の印象がかなり違うのがちょっと気になります。

妹の摩耶、幼馴染の恵那、先輩の美羽のHシーンを読むことができます。
摩耶がなにやら不穏なことになりそうな言動をしたり、
三人と主人公の関係については書かれていますが、
本編部分は収録されていません。
夏コミ会場で本編体験版も頒布されていたのですが、
この体験版からHシーンを抜いたものだと勘違いしていて入手しませんでした。
知っていたら両方入手したのに!
(2015/8/21)

 

セカイの果ての均衡者〜BALANCER〜 体験版PLUS!ver.2.0/LEVEL PLUS

何度も転校をしてきた沢津拓真(さわづたくま)が現在通っている学園は女子生徒が圧倒的に多く、男子生徒は冷遇されていた。
ある日、角が生えたサラサという名の女の子が空から降ってくる。
彼女は多次元因果律管制機構(バランサー)見習いだと名乗り、沢津拓真に協力を要請するのだった。


選択肢あり、因果律、異能、追加部分は二時間足らずで読み終わりました。
体験版ver.1.0の感想はこちら
おまけでぃすくver.1.4の感想はこちら
体験版ver2.4の感想はこちら
システムはバックログで遡れる量がもっと多いと嬉しいです。
音楽はいままで体験版と同様。
絵は今回新たに瑞穂の立ち絵が正式なものに変わりましたが、
いままでずっと仮立ち絵に馴染んでいたので慣れない……

本編の追加部分は、バッドエンドでは無力感を、
今後に続くルートでは主人公の格好よさをたっぷりと味わえました。
おまけシナリオでは5月のCOMIC1等で頒布されたおまけでぃすく2に続いて、
同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2014について触れてくださっていました。
ありがとうございます! おまけでぃすく2でも今回でもサラサさんツノもぎたくなっちゃダメー

今回のおまけシナリオでは同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2014当日のレポートと、
体験版・連作部門ノミネートの「ボクはともだち。〜I am not sweetheart.〜」
「虚構英雄ジンガイア」「ボロンゴ」の紹介がされています。
同人ゲーム・オブ・ザ・イヤーについての説明がとても的確で嬉しかったです。
各作品紹介もそれぞれの作品の魅力が感じられて、楽しく読むことができました。
(2015/8/23)

 

木造校舎を歩く・α版/irondrill

十字キー等で移動し、マウスカーソル移動で視点変更しながら、
木造校舎を歩いて掲示物を見たり、扉を開けて廊下に出たりして探索していきます。
十分足らずで終わりました。

掲示物以外にテキストはなく、3Dで描かれた木造校舎を隅々まで探索していきます。
グラフィックは暖かみと懐かしさを感じるような木造校舎の作り込みがされていました。
α版では二つの教室と廊下を探索可能。
段々怖くなっていく詩の朗読がBGVだったり、
片方の教室にとある演出があったりして、
ノスタルジックな木造校舎「ながら」と言うか「だから」と言うか、ぞわっとさせられました。

また、同じ木造校舎マップを使用してVRヘッドセットとスマホでプレイする「木造校舎ノ夜」も開発中で、
紹介動画を見たのですが、こちらは完全にホラーで怖かったですし、
操作方法やプレイ画面のアイデアがとても興味深かったです。
(2015/8/24)

 

魔法部におまかせ!第2話/黒柴亭(900円)

中高一貫の私立白玉学園には魔法部という部活動があった。
その活動内容は困っている生徒を救うこと。
中学一年生の見習い部員、岩瀬仁美はスケベな部長、川上鋼太郎に手を焼きつつ依頼をこなしていくの だった。


選択肢あり、魔法、部活、依頼、一時間ほどで読み終わりました。
第一話の感想はこちら
番外編の感想はこちら
システム、音楽は第一話と同様。EDに歌あり。
絵は今回の依頼人がすっごく美少女でした!
また、モロに下着が見えるシーンも多数。

魔法部に学園や家で誰もいないのに視線を感じて困っているという依頼が舞い込み、
川上鋼太郎が依頼人にセクハラしつつ岩瀬仁美にそれを阻止されつつ解決を目指していきます。
全体的にテンポ良く楽しく読んでいけたのですが、
妄想や漫画についてのシーンはちょっとその流れにそぐわないように感じてしまいました。
でも、良い娘で美少女で、おまけにわりとすぐ脱いでくれる今回の依頼人さんが可愛くて、
彼女の笑顔を見ているだけで幸せな気持ちになれました。

過去の作品感想:鎧装重機アルシオーネ 第1話完結編、魔法部におまかせ!第一話番外編
(2015/8/25)

 

エロトマニア 体験版(BL18禁)/SAWRED

月影京也は大学の入学式で同級生の三雲祐樹に一目惚れする。
以降一年以上、祐樹をストーカーする日々を送る京也。
しかし最近、祐樹の周りに男の影がちらつき始めるのだった。


場所選択あり、ストーカー、探索、ボイスあり、二十分ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵はタイトル画面の京也がよだれ垂らしつついい表情&謎ポーズでクセになります。

この体験版では想い人の家に侵入して探索(一部行動制限あり)し
ノーマルエンドを迎えるまでと、二つのHシーンを読むことができます。
京也の行きすぎた祐樹愛が笑えました。
いまのところ祐樹を盗聴&観察しているだけで実際にはほとんど関わりがないので、
今後どうやって仲良くなるのか気になるところです。
(2015/8/28)

 

QUEEN'S LINGERIE SHOW -Preview Performance-(BL18禁予定)/Project ECHOL(500円)

戦死した友人からの遺言で、クラブ「ワールズエンド」オーナーを相続したヘンリー・ウィドウズ。
そのクラブは、男性がメンズランジェリーを着用して接客する店だった。
「ワールズエンド」スタッフや常連のランジェリー愛を知ったヘンリー卿は、運営に力を貸すことになる。


選択肢あり、メンズランジェリー、一時間ほどで読み終わりました。
システムは細かいことですがウインドウを消すことができたり、
マウス操作でバックログを辿れたりするともっと便利だなあと感じました。
音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵はメンズランジェリーを着けた登場人物がとても華やかでした。

産業革命後のグレイフォード市イーストノット街にあるクラブ「ワールズエンド」を運営していくなかで、
スタッフと交流したり、トラブルに見舞われたりしていきます。
現在はプレオープン初日までを読むことができますが、
今後バージョンアップで最後まで読むことができるようになるとのこと。
ヘンリー卿がランジェリークラブという未知の世界に戸惑ったり、
「ワールズエンド」スタッフ、レディ・ケイデンスがヘンリー卿に好意を持つあまり空回ったり、
といったことが軽妙に描かれていましたが、同時に文章の端々に格調高さが感じられ、
そんなテキストを読んでいくのが楽しかったです。
「ワールズエンド」の居心地の良さや、登場人物の心意気も魅力的で、
完成版も絶対に読みたい! と思えた作品でした。
(2015/8/29)

 

モブスタ Introduction Ver/Andante+(無料)

私立鷹城学園高等部1年B組で同じ班になったモブキャラ男子5人
「赤星ハジメ 」「青蓮寺ジロウ」「黒須ミツオ」「黄金崎ヨツヤ」「白井ゴハン」
彼らは共に学園の行事を行っていくのだった。


モブ、学園、ボイスあり、二十五分ほどで見終わりました。
クリックして文章を進めていくのではなく、ずっと動画になっています。
CD版は各話最初からのみで好きなシーンから読むことができないため、YouTubeでの視聴推奨。
動きのある演出が多かったです。

現在第3話まで公開されており、今後続きや漫画、イラストなどが追加されていく模様。
メイン5人以外も含め、賑やかで楽しそうな学園生活で、いいなあと思えました。
ただ、5人それぞれ特徴あるのですがこの人たちモブなんでしょうか?
女性向作品の主役張っていてもいてもおかしくないような……?

過去の作品感想:
絶対学園ロマンチカおためし版Inferno番外編 真夜中の恐怖劇
(2015/8/31)

 

TS:NONUPLE NINE 被験体:999999999 2015夏 無料パッケージ版(18禁)/ノナプルナイン

街中で突如女性の頭部が破裂する事件が起こる。
その女性が勤務していたビルの32階で目覚めた少女は、記憶を無くしていた。
被験体:999999999(ノナプルナイン)と呼ばれる彼女はビルを探索するが、昇っても降りても32階が続いていたのだった。


選択肢あり、横スクロール探索型ADVとのこと、一部ボイスあり、七時間足らずで読み終わりました。
システムは起動時に時間がかかることや、
間違ったデータをロードした時に一回終了させないといけないところ、
セーブポイントでしかセーブできなくてスロットも二か所しかない所などがやや不便でした。
ですが、ロード時にそれまでの概略や当面の目的を教えてくれるのが便利でしたし、
ノナプルナインをどうやって動かすかの操作説明もわかりやすかったです。
音楽はそれぞれの場面に溶け込んだものが使用されていました。
絵はノナプルナインが表情豊かです。全裸ですが。
また、ムービーや探索中のオブジェクトの動き、画面外からの突如現れるものなど、様々な演出がなされていました。
全力で扉を引っ張るときに画面が少し傾いたり、
夜景の衛星画像が舞台である2036年の設定通りの明暗だったりと細かいところまで作り込まれています。

ノナプルナインと呼ばれる少女が32階を探索しつつ、記憶回復施術と称してエロい事をされます。
それをプレイヤーは観測者として、サポートをしてくれるガイドと共に観察していきます。
非人道的に思えるノナプルナインの扱いや、死体など恐ろしい展開もありますが、
ノナプルナインとガイドのズレた言動や、
計画を主導しているIMI社の世間知らずと言うかくそまじめと言うか冗談が通じないと言うか、な企業活動の数々が笑えました。
また、科学的思考の啓蒙という側面もあり、科学にまつわる蘊蓄も満載で興味深かったです。
それにまだまだ断片的なことしか明かされず、この先どうなるかも気になる作品でした。
(2015/9/25)

 

八月の化け物たち - 1/6の奇妙な真夏 - 第九話/Studio Gear(100円/DL版フリーソフト)

穏ヶ嶺村に住む静葉佑一郎は幼い頃に遭遇した事件のせいで隻腕になり、同時にある能力を得ていた。
2011年八月。村で連続失踪事件が起こる。
その調査をしていた過程で生首の化物と遭遇した彼は、紆余曲折の末、共に事件を解決していくことになるのだった。


選択肢なし、化け物、バトル、一時間半ほどで読み終わりました。
第壱話の感想は
こちら
第弐話の感想は
こちら
第参話の感想は
こちら
第肆話の感想は
こちら
第伍話の感想は
こちら
第陸話の感想は
こちら
第漆話の感想はこちら
第八話の感想はこちら
システム、音楽、絵はいままでのシリーズと同様。OP、EDに歌あり。

今回はまた新たな敵が現れます。
前後編の前編とのことで、おおむね主人公側が負けてばっかりのまま次回へ続く。
佑一郎達が精神的に追い詰められていく様が重苦しく描かれていたと感じました。
それにしてもネームレスはまだしも、追跡者たちが不甲斐なさすぎです! まだ変身を残してはいますが……
(2015/10/9)

 

Happiness★Standard 体験版(乙女)/夜這星

高校二年生の主人公は、幼い頃に過ごした街で再び暮らすことになる。
転入した高校ではお隣さんと同じクラスとなった上、
他のクラスメイトや先輩、後輩とも知り合い、楽しい高校生活を送るのだった。


選択肢あり、学園恋愛、二時間ほどで読み終わりました。
主人公名前変更可。
システムはセーブロードの文字が白くてやや見難かったです。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は体験版のためか後半表情変化がほとんどなかったですが、
すっきりとした絵柄で好感が持てました。

転入した高校で日々を過ごしていきます。
この体験版では体育祭までを読むことができます。
いまのところ賑やかで楽しく、タイトル通りな日々を過ごすことができました。
個別シナリオではなにやらひと波乱ありそうな気配がしますが、
登場人物みんな好印象で、この先何があってもなんとかなる!
と前向きに心地良く読むことができましたし、完成版も楽しみになりました。
そんな中でもお気に入りなのは、隣に住む女の子のような容姿や口調のクラスメイト、相上雪之丞。
格好良くて気配り上手でしたし、主人公と仲良しで微笑ましかったです。
それにシナリオはないかもしれませんが、後輩で吹奏楽部のマリンバ奏者、黒澤莉音のマイペースっぷりもお気に入りで、
彼と主人公がマリンバ連弾しているのがとても幸せそうでいいなあと思えました。
(2015/11/6)

 

魔族性態観察リポート - 三姉妹編(18禁)/うげ屋(300円)

「性」をテーマに魔族の生態に迫るドキュメンタリー。
第五回は特定の魔物ではなく、民宿を経営している姉妹が色々な魔物に襲われます。
……色々と言うかコボルトとゴブリンですが。


選択肢なし、リポート、魔物、一時間三十分ほどで読み終わりました。パッチあり。
ゴブリン編の感想は
こちら
ワーム編の感想は
こちら
インプ編の感想はこちら
魔物編の感想はこちら
システムは特に不便な箇所なし。音楽はなし。
絵は三姉妹それぞれ色々な痴態を拝めました。

司会のお姉さん、コルチンと解説のゴブ吉さんが、魔物たちに犯される女の子の様子を実況していきます。
ゴブ吉さんは実演もしてくれます。
牢屋に閉じ込められた三姉妹が魔物にエロい事をされる見返りにアイテムを貰い、
それを組み合わせて脱出しようとしていきます。
脱出のための条件がシビアなので、どのアイテムを組み合わせれば役立つ道具ができるのか考える楽しみがありました。
また、長女の彼氏がちゃっかりしつつ有能で頼りになると同時に、
長女が隣の牢屋でエロい事をされる寝取られ要素にも興奮させられました。
ただ、Hシーンのテキストが全て実況で、
犯されている娘のあえぎ声や心情がないため全体的なエロさは物足りない印象。
今後さらにパッチで、回想モードに娘視点でのものが追加されるかもとのことで、それを読んでみたいです。

過去の作品感想:
stray witch /hito no tane、魔族性態観察リポートゴブリン編ワーム編インプ編魔物編ておくれリセット ver2.00
(2015/11/20)

 

乙女は今、十二夜(シザリア)を抱いて(体験版)/Lieutenant

劇団長である父親から、劇団への入団試験を言い渡された如月紫織。
その内容は、母親の母校で共学の私立茜天(せいてん)学園に女装して編入し、卒業までの二年半を過ごすことだった。


選択肢なし、女装、学園、十分ほどで読み終わりました。
システムは演出の待ち時間がやや多めで、この体験版だけでは気になりませんでしたが
今後も頻繁にあるとちょっと読みにくくなってしまうかもと感じました。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は喜怒哀楽が表現されていました。

この体験版では編入初日を読むことができます。
「母の母校」「女装」というキーワードから勝手に女子校だと思っていましたが共学でした。だまされた!
体験版部分は登場人物の顔見せといった感じで終わってしまったので今後どういう展開になるのかはわかりませんが、
父親に振り回されつつもわりとしたたかな紫織が、いい性格してるなあと感じた導入でした。

過去の作品感想:Knight of Bonds 騎士の絆
(2015/12/19)

 

ねのかみ 京の都とふたりの姫騎士/黒彩黄泉路(1000円)(DL版の購入はこちら)
ねのかみ 京の都とふたりの姫騎士 Hシーン追加アペンドディスク(18禁)/黒彩黄泉路(1000円)

邪教の徒が蔓延り、鬼を目撃したという噂が広まる中、
重瀬漣は久々に再会した幼馴染、猿女東雲から、死んで貰うと告げられる。
その日以降、漣はあやかしとの戦いに巻き込まれてゆく。

選択肢なし、伝奇、百合、ボイスあり、七時間半ほどで読み終わりました。修正パッチあり。
システムは用語辞典があるのですが、それを読むまでに三クリック必要なのはちょっと多いように感じました。
音楽は特に合わないような箇所なし。OPにムービーと歌あり。
絵はとても綺麗で色気もあるなあと思いました。
それにしても受賣命のおっぱいはでかい……。一枚絵は六枚+差分。
バトルシーンやHシーンのの演出も多彩でした。

前編とのことで段々と妖に主要施設を攻め取られていき……後編へ続く。
一度続くとなった後、また冒頭から、今度は主に東雲視点で話が語られる構成。
「続・日本神話−ねのかみ−」との繋がりや、「サクラメントの十二宮」登場人物との関わりもあり。
アペンドディスク適用でHシーンが追加されます。
漣が巻き込まれてしまったがゆえに他の人が覚悟しているようなことでも悩んで、
でも悩んでどうにかできるほどの力さえも持っていないのでとてもフラストレーションが溜まりました。
それだけに最後の最後はよくやってくれた、という思いが。
また、漣を大好きな受賣命の言動や、東雲とルカのやりとりなど、
女の子同士の好きが時にはコミカルに、時には真摯に描かれているところが良いなと思いました。

過去の作品感想:続・日本神話−ねのかみ−サクラメントの十二宮
(2015/12/23)

 

fault milestone two 上/ALICE IN DISSONANCE(1500円)(DL版の購入はこちら)

マナを使用して様々なことを行う「マナクラフト」が普及している世界。
ルゼンハイド城は正体不明の敵に襲撃され、セルフィーネ姫は付き人のリトナと共に瞬間移動のマナクラフトで脱出する。
しかし予定とは異なり世界の裏側、マナがほとんど存在しない場所へと移動してしまったのだった。


選択肢あり、ファンタジー、旅、三時間と少しで読み終わりました。
-milestone one-の感想はこちら
システム、音楽は-milestone one-と同様。OPにムービーあり。
絵は意思の強さ意思の無さがひしひしと伝わってきました。
一枚絵は五十二枚+差分(まだそのうち一枚解放されないままですが……)
演出はとても豊富で、目を惹く場面も多かったです。

-milestone one-とは違う国に移動してのエピソード。
まだこの国でやり残したことはありますが、一つの問題は解決? します。
女の子三人によるワクワク珍道中といった雰囲気にもなりますがそうはうまくいかず、
登場人物達の無知が事態の悪化を引き起こしていく様に引き込まれます。
同時に、そんな中でも健気に生きる少女、ミルが格好いい!
セルフィーネ達の問題はまだ全く解決していないですが、
世界の残酷さとそれでも前を向き進んでいく人達の輝きにあふれていた話でした。
(2015/12/24)

 

キスの後には/此花(300円)

「キスより甘くて深いもの」の後日談。
選択肢あり、四十分ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は「キスより甘くて深いもの」三章・四章と同様。

主人公、賀茂由喜(かも ゆき)の兄がなにやら爛れた日々を送っていそうな話を聞き、
調査をしようとするところで続く。
全年齢で直接の描写はありませんが、そういう関係を匂わせる箇所あり。
由喜一家の倫理観はあいかわらずゆるゆるで、
バレたら世間的に面倒くさいことになるため隠してはいるけど
バレなければ躊躇も背徳感もないのがいっそ清々しかったです。
続編では、結局兄はクズなのか理由があるのか、気になるところです。

過去の作品感想:
朝の光が待てなくてキスより甘くて深いもの退魔夜話 双月の夜
(2015/12/31)
 

 

 

(同人ソフト番外編・その他)

DAGGER -有色の姫巫女-/The sense of sight(500円)(DL版の購入はこちら)

DAGGERシリーズの外伝。
魔族側の過去〜2章までの出来事が、魔族の王妃二人視点を中心に描かれています。

選択肢なし、二時間ほどで読み終わりました。
システム、音楽はいままでの作品と同様。
絵はシリアスなシーンにパンツは見せなくていいと思います……
一枚絵は六枚+差分たくさん。

本編でも多少語られた、魔族の王、レオン・グレイスとガイ・ブラスタそれぞれの妻が
どのような運命を辿ったかという物語。
すでに起きてしまったことだけに、変えられない結末を目の当たりにするのは辛いものがありましたが、
そうなっても最後まで夫と子供のことを考え、見守っていく想いの深さが感じられました。
ジャネスがこんなにめんどくさくなったのはこんな経緯があったのですね。
ちょっと効果覿面過ぎじゃないでしょうか……

過去の作品感想:
DAGGER 戦禍の絆▽繰り返しの世界▽めるらぶっ! 第一話DAGGER(リニューアル)
(2015/8/27)

 

Ariard-少年アリス- Under the rose(BL18禁)/Latte(2800円)

「Ariard-少年アリス-」のファンディスク。
王シナリオ、ジャックシナリオ、ミニゲーム、ミニゲームクリア特典シナリオ等を収録。

選択肢あり、一部ボイスあり、二時間ほどで読み終わりました。
「Ariard-少年アリス-」の感想はこちら
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
OPにムービーと歌あり。EDに歌あり。
OPムービーや絵は「Ariard-少年アリス-」同様に美しかったです。
蛹の煙等の演出も豊富。一枚絵は二十七枚+差分。

追加シナリオは王シナリオの終盤、雄大な情景を想起させるシーンと、
そこでの有純と王の心情がお気に入り。
ミニゲームは神経衰弱、間違い探し、木の実取り、タイピング、クイズの五つ。
どれもほどほどの難易度でした。クイズは初見ではかなり難しかったです。
また、木の実取りで正解林檎を取っても一瞬硬直するのがゲーム性を上げていて、絶妙に憎たらしかったです。
(2015/9/8)

 

魔王軍へようこそ4 ファンディスク ムーンブルクへようこそ(18禁)/ののの通信(1500円)

「魔王軍へようこそ4」のファンディスク。
「魔王軍へようこそ4」本編のボイスパッチや外伝小説データも同梱。

選択肢あり、ボイスあり、二時間ほどで読み終わりました。
「魔王軍へようこそ4」本編の感想はこちら
システム、音楽は本編と同様。
絵は、あくまで、あくまで私の好みとしてはもっとおっぱいを出してほしかった!

ムーンブルク王女と温泉宿で一週間イチャイチャします。
選択肢で王女の好感度とH度が増減してエンディングが変化します。
三秒クッキングや絡み酒等のデートイベントは微笑ましいなあと思えました。
好感度高いエンディングも、良かったなあと思えます。
でも、印象に残ったのは好感度低い時のHシーンやエンディング。
気持ちが冷めていく描写がとてもいたたまれなかったです……

過去の作品感想:
落日魔王軍へようこそ恋ノ橋魔王軍へようこそ2ver1.4)、お使いドラキー魔王軍へようこそ3魔王軍へようこそ4
(2015/9/11)

 

私に咲く華を見て彼は笑った【精神≠現実】〜最後の基地〜/NeOres(300円)

私に咲く華を見て彼は笑った【精神≠現実】の一年後が舞台。
選択肢なし、一時間と少しで読み終わりました。
【精神≠現実】の感想はこちら
システム、音楽、絵は【精神≠現実】と同様。

思い出深い「基地」が取り壊されてしまうことを知った託斗達が何とかしようと行動していきます。
他の「私に咲く華を見て彼は笑った」シリーズと同様、
勢いたっぷりのトンデモ作戦やほろ苦い結末を味わえました。
また、作中には同じく夏コミで頒布された
「私に咲く華を見て彼は笑った【精神≠現実】オリジナルドラマCD【学園祭≠遊び】」で
初登場のキャラクターも関わってきます。
ドラマCDは学園祭で何をするかの話し合いから始まり、学園祭当日の出来事などが語られていきます。
声を当てているのは制作者さんとその知り合いの方々とのこと。
とにかく楽しそうにレコーディングしているなあという印象を受けました。
あと朔や輝の叫び声・奇声は、実際に声に出すとこんな感じなのですね……

過去の作品感想:私に咲く華を見て彼は笑った
【精神≠現実】【常識≠真実】【かたりつぎ≒『私』】
(2015/9/14)

 

ファタモルガーナの館 Another Episodes/Novectacle(1000円)(DL版の購入はこちら)

ファタモルガーナの館」の外伝。
全ての始まりを描いたエピソードをメインに、
紡がれることもなく、脚光も浴びず、ただ滅びゆく物語に」の再録、
プレビュー本収録「アセント・デリ」のヴィジュアルノベル化、
本編後日談「アフターハッピーエンド」等を収録。
「アフターハッピーエンド」に選択肢あり。

九時間三十分ほどで読み終わりました。修正パッチあり。
システムは特に不便な所なし。
音楽は新規追加曲が歌も含め美しく、それぞれの場面に合っていました。
既存曲でも「アフターハッピーエンド」のCicio→Giselleとか本編を思い起こさせる良い曲コンボで反則です……
絵も美しく、また凄味を感じるものでした。一枚絵は十三枚+差分。

メインストーリーは前半は主人公二人のもどかしい距離ながら
日を追うごとに少し、また少しとお互いの存在が大きくなっていく所が清らかに描かれていました。
中盤以降は重たい出来事の連続に息がつまる思いで、始まりの物語をとことん味わうことができました。
「アフターハッピーエンド」は本編主人公二人の表情がいちいち可愛かったですし、
まだ空回り気味の会話も楽しかったです。
それ以外のサイドストーリーも含め、どの物語もおすすめです。

過去の作品感想:
霧上のエラスムス 特別版おやばけ!,、おやばけ!2ファタモルガーナの館セブンスコート紡がれることもなく、脚光も浴びず、ただ滅びゆく物語に薔薇と椿とファタモルガーナファタモルガーナの館 2015年エイプリルフールミニゲーム
(2015/11/9)
 


 

(漫画)

一行感想

キミの笑顔がまぶしかったから(18禁)/おかだ亭 「背筋をピン!と」本。会場限定8P。大会前日にわた りちゃんがアレなことされちゃうんですけど、原作の大会でわたりちゃんがあんなことになった原因がこれなんじゃないかと自分の中で正史に入れかけた。あぶないあぶない。

こうかん☆にっき リゾート(18禁)/The Dungeon In Yarn 「こうかん☆にっき」の面々がロリコン専用のヌーディストビーチに行って色々なことをする話。ロリコン専用のヌーディストビーチって最っ高にあたまわるいですよね。あと今回も、主人公以外とHするシーンは妄想のみで愛を感じました。
(2015/8/30)

(小説)

一行感想

狐灯夜伽話メモリアルブック 三つの後日談と小さなプレゼント(18禁)/chivalry 「狐灯夜伽話」アフターストーリーや設定資料に加え、スタバで買える、クリエイトユアタンブラーに入れられる用紙と、マリエさんの撮り下ろしボイスDLデータパスワード収録。 マリエさん本名マリエッタなんですか知らなかった! 本編ではカットされた? ハッピーエンドのHシーン読めて幸せです!

カガミハラ/ジャスティス−子供と大人の裏話−/フラガリア 「カガミハラ/ジャスティス」の設定資料集+SS収録。常葉の髪の毛色違い部分って葉っぱだったんだ……ということを今更知ってショックを受けています。
(2015/8/30)

 

燎原の覇者7 燎原の烈風/呑気屋本舗ノベルズ版/288P/自家製本)

トラブルに巻き込まれ怪我をしてしまったリッツ・アルスター。
動くこともできず、食料もなくこのまま死を待つばかりかと覚悟した彼に声を掛けた青年、エドワード・バルディア。
二人は友人となり、エドワードの目的のため共に歩むこととなった。


呑気な冒険者たち」シリーズの四十年ほど前の話。
第一巻の感想は
こちら
二巻・三巻の感想は
こちら
第四巻の感想は
こちら
第五巻の感想は
こちら
第六巻の感想はこちら
七巻では後半部分は革命軍と王国軍いよいよの全面戦争、
前半部分はその数か月前からの根回しや心の準備等の話。
今回はちょっと誤字脱字が多かったように思えました。
また、誰の行動なのかや、どっちの陣営から見た解説なのかが分かりにくい部分がありました。

この巻では様々な一対一の人間関係が深く描かれているなという印象でした。
なかでも暴虐の限りを尽くす親王リチャードと、
それが駄目であると諌めるも聞き入れられずそれでも二君には仕えない忠義の臣ウォルターの歪んだ強固な関係が、
二人だけに通じる世界になっていて美しささえ感じました。
(ネタバレのため反転)
自ら鎖に繋いでくれと言う中年男性とかムハーッって感じです!!!
面食らいつつも誓いをねだるリチャードも可愛い!

月夜烏の舞う宵は/呑気屋本舗ノベルズ版/224P/自家製本)

かつては路上で生活する孤児で、現在は詐欺師をしているトキは、相棒のヒワと共に暮らしていた。
ある日、御使いと呼ばれる異能を持った孤児たちが行方不明になる事件を耳にする。
トキはヒワの制止を振り切り、調査を始めるのだった。

ボーイミーツガール、異能、調査。
「呑気な冒険者たち」シリーズから千年ほど後、別の島が舞台とのこと。
ちょっと誤字脱字が多かったように思えました。

トキが孤児たちの行方不明事件を何とかしようと右往左往します。
この登場人物、重要そうなのにあまり活躍してない……? と思ったところからの活躍!
という押し引きが巧みで、待ってましたとばかりの爽快感がありました。
また、ヒロインの描写が魅力的で、主人公同様にドキドキさせられた作品でした。
(ネタバレのため反転)
ルリと両想いになるのが唐突過ぎる! と思ったら見事に騙されました。
"ヒワのように"瞳が青いというのがトキの主観だったのに鵜呑みしてしまったことと、
ヒワが最初からあからさまに女の子っぽい感じだったのでそれに気を取られたせいで……


過去の作品感想:
短編テーマシリーズ総集編1 がらくた箱呑気な冒険者たち外伝悠遠の箱庭エネノア大陸旅行記燎原の覇者HUMAN’ーヒトではない君へー
(2015/9/1)

 

万界王・黎明期 トークン族編/霊幻樓(A5/40P/コピー本/300円)

数千ある異世界を全て侵略し、束ねる万界構想に向け動き出した安西早百合。
手始めに各世界に置く執政官を求め、
爬虫類に似た種族ドゥルックが支配する世界に対し降伏勧告を行うのだった。


「シンパン」シリーズの続編。
「シンパン」「シンパン 2 命の泉」の感想はこちら
「シンパン 3 ウタギ」の感想はこちら
今回はドゥルック(のちにトークン族と名称変更)を完全に支配下に置くまでを収録。
前半は戦争になるかどうかの交渉をしているのに
今一つ緊張感が感じられないやりとりに味があって笑えました。
後半はトークン族が優秀すぎて、かつ倫理観が高すぎて無駄にすごい商品の紹介。
例えば「放射能除去率99.9998%以上、どんな汚れも白くする洗濯機(柄もののご使用は双方の利益になりませんのであしからずご了承ください)」←商品名
くどい! そして柄ものも真っ白……いやおおむね真っ白にするのか……
など、ひとつひとつ突っ込みどころ満載の商品の数々を知るのが楽しかったです。

千の願いと蝕まれし祈り 中(18禁)/霊幻樓(A6/76P/400円)

柏崎猛は父親がリストラされ将来に対する不安を持っていたところを兎のような喋る生き物、ルグーグの口車に乗せられ魔法少女にされてしまう。
そしてシュブという名の神が暴走しないように性欲処理係となり、
見返りに一度犯されるたびに一つ願い(奇蹟、祈り)を叶えることができるようになるのだった。


女体化、僕と契約して魔法少女になってよ、な話。
「千の願いと蝕まれし祈り 上」の感想はこちら
今回はシュブの責めがどんどん酷くなっていく中で、あるクラスメイトと関わることになります。
霊幻樓さんの他の作品でも似たような箇所がありますが、
心境の変化や成長をさりげなく描き、そして一文で変わったことをはっきりと宣言する、という構成がとてもお気に入り。
おや? と感じていた小さな違和感が、宣言されたことで目の前が拓ける思いになります。

終盤シュブにも変化が起き、なんだか幸せになりそうな雰囲気ですが、そう上手くはいかないのでしょうね……

過去の作品感想:
縷々日記レッド・カーニバル帰れずの娘ヒイラ、異説魏史 第一章 第二章、シンパン   、千の願いと蝕まれし祈り 
(2015/9/2)

 

 

 

トップへもどる   一つ前に戻る