ゆにっとちーず
HP

サークルについて

オリジナルのノベルゲームを制作されています。

 

作品

パコられ(DL版の購入はこちら)

 

概要

ジャンル

オリジナル/ノベルゲーム

発売年月

2013/8

価格

800円

年齢制限

18禁

特徴

凌辱、思い出、変化

選択肢あり、三時間十五分ほどで読み終わりました。ボイスあり。
バックログ、表示速度変更、オートモード、既読/未読スキップ、CGモード、シーン回想、などがあり、
セーブデータは20個まで保存可能です。

 

あらすじ

……大学生になって二年目、初恋の相手だった女の子から手紙が届いた。
子供時代に勇気をくれた少女、安芸 紗倉(あき さくら)。
主人公、紺野 惇(こんの じゅん)は、
もう十年ぶりになるその女性に会いたいと約束を取り付ける。
しかし……待ち合わせ場所に現れた彼女は、昔とすっかり様子が変わってしまっていた。

「私を、助けてくれる?」

瞬間、惇は不可思議な世界に飛ばされる。
そこは夜道のコインパーキング。
紗倉が襲われ、涙ながらに処女を奪われる瞬間に降り立っていた……。

(サークルHPより)

 

この作品について

幼いころに自分を救ってくれた少女と久々に再会するも印象が全く変わっていて、
合っていなかった期間、彼女に何があってそうなったのかを知っていきます。

システムはロードに多少時間がかかりますがそれ以外で不便なところなどはなし。
赤白に明滅する文字が不穏さを出していました。
ボイスは熱演という言葉が相応しく、幼い頃のちょっと卑屈だけれど優しい声音から、
犯されている時の悲痛な叫び、怯え、その後の混乱、絶望、痛みなど、ヒロインの感情が迸っていました。
これだけボイスが素晴らしくて、かつ話に必要だと思えたのはいままでの記憶にありません。

絵も、ちょっとイラッとする紗倉の笑顔や
どんどんと落ちていく過程が描かれていました。一枚絵は十一枚+差分

話は序盤に幼くもキラキラした決意を抱いたシーンがありますが、
以降とことん紗倉の身に酷いことが起こります。
自分勝手な理屈を振りかざす男たちに犯される理不尽さ、
悪くないのに自分が悪いという考えに苛まれる紗倉、
直接は手を出さずとも紗倉を言葉や態度で追い詰めていく周囲の人々、
しかしなにもかも放り出そうと思っても、主人公との過去があるため自制してしまう意図しない枷、
そうした全てが紗倉を追い詰めにかかっていて、体も心も壊されていく過程が詳細にありありと徹底して描かれていました。
さらに悲痛きわまりない声が紗倉の心境そのままにボイスとして聞こえてくるわけで、
一切手出しできないまま視せられ聴かせられ、すべてのシーンが胸に刺さりました。

結末は選択肢によって三つありますがどれも幸せとはほど遠いもので、
読み終わっても、この文章を書いていても、まだじわじわぐつぐつ行き場のない気持ちが胸に渦巻いていて、酷く、心に残る物語でした。

 

 

作品

ご主人さまにあ(DL版の購入はこちら)

 

概要

ジャンル

オリジナル/ノベルゲーム

発売年月

2015/8

価格

1000円

年齢制限

18禁

特徴

人生、SM、ご主人様

選択肢なし、六時間四十五分ほどで読み終わりました。ボイスあり。
バックログ、表示速度変更、オートモード、既読/未読スキップ、CGモード、音楽鑑賞などがあり、
セーブデータは72個まで保存可能です。

 

あらすじ

父の死から七年、母の死から一年。
肺炎をこじらせて亡くなった母親の一周忌。
藤みつ希は体調不良と嘘をついて法事をサボタージュする。
二人だけの家族となってしまった弟の由貴にすべてを押し付け、
破滅願望を満たしてくれる相手をインターネットで物色していた。

その折に出会った、浅見と名乗る男。
彼とSMまがいの性行為を繰り返しながら、
己を常に責め立てる「なにか」から逃れようと必死になる。

不審死を遂げた父、
呆気なく死んだ母、
よそよそしい弟、
みつ希に執着する男。

すべての人物が繋がったとき、みつ希の世界が急激に動き出す。

(サークルHPより)

 

この作品について

七年前に父親を亡くし、一年前に母親を亡くし、弟の由貴(よしたか)と二人で暮らしている藤みつ希(ふじ みつき)が
鬱屈とした気持ちをなんとかしようとインターネットで知り合った浅見鎮樹(あざみ しずき)とSMまがいの性行為を繰り返していきますが、
浅見さんの存在はみつ希の認識を大きく変える発端になります。

システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。EDに歌あり。
絵は違和感を覚える部分もありましたが、みつ希の不安定さがよく出ていました。一枚絵は十五枚+差分+α。
ボイスは間やイントネーションが徹底してこだわっているという印象で心情に合っていました。

藤みつ希が弟と暮らし、浅見さんとSMまがいのことをしていく中で過去を思い出し、また過去が明かされます。
浅見さんが、みつ希の逃げ道を潰し、それ以外にも色々と重要な役割を果たしていて存在感たっぷりでした。
それでいながらのラストの顛末も印象的です。

Hシーンは肉体的にも精神的にも痛々しくて、でもみつ希がシニカルな傾向にあるため
興奮するというよりも目を背けたくなるようなものでした。
それ以外のシーンや、Hシーン中でも過去を想起させるシーンは、
みつ希の血を吐くような独白に満ち満ちていて、全編に渡って暗澹とした気持ちにさせられます。
その上で、終盤、あることが明らかになってからの怒涛の展開、
各々の本性がさらけ出される様には目が離せなくなりましたし、
美しくも醜く、あっけなくも後を引くラストにはしばらく茫然自失するほかありませんでした。

そうしたみつ希のむき出しの心に惹き込まれ、圧倒させられ、
でもどこかで彼女を見下して安心できるような、仄暗い作品でした。

 

 

 

トップへ戻る      一つ前に戻る