2020年同人ソフト感想リスト

プレイ順です。

女性向の作品は、乙女=女主人公で相手キャラの全員もしくは多くが男、
BL=男主人公で相手キャラの全員もしくは多くが男(年齢不問)、としています。作品が女性向かどうかは基本的にサークルさんの自己申告です。

値段は入手時のものです。場合によっては異なる可能性があります。

完成版  体験版  その他

 

 

 

(完成版)

恋愛研究報告書2 Version1.00(乙女)/ごごいち(フリーソフト)

一人暮らしをはじめた会社員の己斐 晶(こい ひかり)は黒猫を拾うが、その猫が突然人間の姿になってしまう。
隣の部屋に住んでいた小石陽はそいつを凶悪な宇宙人であるといい、陽自身も別の星の宇宙人だと言ってきた。
陽は四郎と名付けられたその宇宙人が危害を加えないようにするため、研究に協力してほしいと言ってきた。


選択肢あり、恋愛、SF、二時間半ほどで読み終わりました。
主人公名前変更可。
「恋愛研究報告書」の続編。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は四郎が陽と相対するとき毎回露骨に嫌そうな顔をするのが細かかったです。

「恋愛研究報告書」の数年後が舞台で、全体の流れは「恋愛研究報告書」と同様。
最初四郎のことを陽から凶悪凶暴と言われますが全くそんなことはなく、
友好的で前向きな日々を送ることができました。
お気に入りは子供達含め色々な人と関わる少林寺拳法シナリオ。
それだけに別シナリオでは関わりが無くなってしまって寂しいので、
エンディング後はまた関わりがあるといいなあと思えました。

過去の作品感想:恋愛研究報告書
(2020/1/4)

 

Revelation ver.1.0(BL18禁)/うにか(フリーソフト)

選択肢なし、「鉄条の囹圄」の二次創作、一時間十五分ほどで読み終わりました。
前作「Redemption」の感想はこちら
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は鉄槌同盟勢揃いで感慨深いです。

「鉄条の囹圄」二次創作四編を収録。
お気に入りは鉄槌同盟が棘を回収する一幕「幽霊劇場」
桜花様の物思いとか、赤橙のふざけた物言いとか実則の実以外眼中にない所とか、
「鉄条の囹圄」原作にも実際にこんなシーンあったのかも、と思えました。

また、一がモブに犯される「夜半の弔使」は、
一がおおむね悪くないのに会社の上司からネチネチ言われる所に胃がキリキリさせられました。
それ以外にも同僚の目や、令吾の無理難題を負担に思いながらも日々を送るしかない様子が欝々しく描かれていて、
精神力をガシガシと削ってくる話でした。

過去の作品感想:恋と罪舐犢の玉座Redemption
(2020/1/12)

 

あまえんぼ〜性を抑えきれない僕と無償の親子〜 Ver1.054(18禁)/ドージンオトメDL販売1870円)(DL版の購入はこちら)

夏休みの一か月間、従姉弟の家に預けられた主人公。
年上の従姉である莉緒と結衣、二人の母、美雪と一つ屋根の下で暮らす生活。
無防備な姿をさらす彼女たちに主人公の性欲は高まっていくのだった。


選択肢あり、箱庭型ドットエロ、夏休み、パートボイスあり、六時間ほどで終わりました。
主人公名前変更可。
システムはバックログがないことがやや不便でした。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵はマップ上ではキャラ、Hシーンがドット絵のアニメーションとなっていて、
会話中や特定のHシーンでは立ち絵が表示されます。

八月の一か月間、従姉弟の家で従姉と一緒に課題をしたり、家事を手伝ったり、
外で釣りや虫取りをしたりメンコで遊んだり、性欲に負けたりします。
その他色々とやれることが多く、純粋に子供のころの夏休みを満喫することもできます。
(ただしだんだん性欲ゲージが溜まっていくので何もしないとパンツ内に暴発してしまいますが)

H目的の場合、序盤はなかなか条件が満たせませんが、
中盤以降はもっと時間がほしいと思うくらいヤれることが増え、
サブキャラクターも含めた様々なシチュエーションを体験することができました。
それにしても主人公はあざとくしつこくお願いしてきますし、許可する女の子も女の子です……!
ノスタルジーと共に夢いっぱいな爛れた生活も堪能できる作品でしたが、
キャラクターは爆乳・巨乳がほとんどで一人ロリという構成だったので、
個人的にはほどよい大きさも所望したいところです。
(2020/1/13)

 

つくも神に教えて ver1.01(BL18禁)/武蔵野モーツァルト(DL販売880円)(DL版の購入はこちら)

機械いじりが好きな自称天才の少年、比良坂大地(ヒラサカダイチ)は山中にある秘密の工房に侵入者を見つける。
セナと名乗る彼は少年型セクサロイドで、オーナーの元から逃げ出してきたらしい。
セナはダイチに、エッチなことをする代わりに匿ってくれと言ってきて……。


選択肢なし、恋愛、ショタ、アンドロイド、二時間ほどで読み終わりました。
システムは特に不便な箇所なし。
音楽は流れ星の場面が印象的でしたし、台詞に電子音やノイズが入ることがあるのが細かかったです。EDに歌あり。
絵も表情や仕草が細やかに変化したり、一枚絵の一部だけ表示したり工夫されていると感じました。
あと単純にダイチとセナが可愛いです。一枚絵は二十三枚+差分たくさん。

機械一筋でウブなダイチをセナが翻弄していきます。
そうした前半部分もエロエロで興奮させられましたが、
ダイチが流れ星を見る場面が文章からもBGMからも鮮烈さが伝わってきて、
以降エロ以外においても引き込まれました。
お互いのことが大好きな微笑ましさや、良くないことがあったときの衝撃、大事なものが失われる切なさなど、
一つ一つの出来事に一喜一憂できましたし、最後も良い読後感を味わえました。
印象的な場面は上記流れ星と、セナを抱えて逃げる場面。
後者は一枚絵の見せ方が巧みで、一旦安心させてからの絶望的な気分にさせられました。
エッチも含め色々なことを経験していく二人が純粋(不純でもありますが)で全力で、二人のことがとても好きになれる作品でした。

過去の作品感想:大きなのっぽのメイドロボ虚無、あるいは絆の家幼馴染がドスケベカワイイ
(2020/1/14)

 

暗黒SNSしりとり Version1.00/がっかり亭(フリーソフト)

真っ暗な場所で目を覚ました大学生の藤崎翔。
傍にはアプリが一つしか入っていないスマホが落ちていた。
そこにマチコという人物からメッセージが送られてくるのだった。


選択肢あり、しりとり、SNS、都市伝説、十五分ほどで読み終わりました。
システムはYuuki! Novel製。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵はスマホ画面や背景のみ。

「SNSのやり取りをしりとりでしなければならない」
「マチコが発言したものが目の前に出現する」
というルールで生き延びようとしていきます。
わざと負けてみるルートの「別の可能性」も読んでみたかったです。
本気でしりとりするルートの意外な平穏っぷりがお気に入りで、
死ぬような結末もありますが、
マチコは単語縛りな一方、こちらが入力するのは文章でも何でもいいという
ガチれば必ず勝てるゆるルールに味がありました。
もっとも、単純に勝てばいいというわけではありませんが……

過去の作品感想:ごちゃまぜヒーロー 番外編無理やり主人公ネームテイカー
(2020/1/16)

 

ウミウシヒメ ver 1.02/蒼月華(フリーソフト)
※2019/12/22の拍手でご紹介いただきました。ありがとうございます!

ウミウシの姫の一人、シラヒメウミウシは人間のハルくんに「ルシラ」と名付けられる。
彼のことが大好きでたまらないルシラはたびたびハルくんに会いに行っていた。
しかしある日、いつものようにハルくんに会いに行こうとするも、周囲のウミウシたちがいつもとは違うことを言ってきて……


選択肢あり、ウミウシ、恋、一部ボイスあり、一時間ほどで読み終わりました。
システムはツクールMVでバックログなし。
音楽は綺麗ながらちょっと悲しげな曲が使用されていました。
絵はそれぞれのウミウシの特徴が人間型にアレンジされています。
また、海藻をくぐったりする海底マップも舞台に合っていました。

いつものように簡単に人間のハルくんに会いに行けず、
色々なウミウシと話して会う方法を探していきます。
ハルくんと会うのを特に邪魔してくるミゾレの前半での出番がもっと多いか、過去のルシラとの思い出が語られると、
より後半印象的な場面になったのではないかと思ってしまいました。
ですが、様々なウミウシと会話していく場面は(おおむね)ほのぼのした気持ちになれましたし、
なにより終盤のままならない展開には切ない気持ちになれる作品でした。
(2020/1/30)

 

死月妖花〜四月八日〜 Ver1.13.16.14/New++(フリーソフト)

おすすめ
(2020/2/16)

 

誘惑なまいきロリータ v1.0.0(18禁)/夜のひつじDL販売1650円)(DL版の購入はこちら)

かつて絵画教室が開かれていた家を相続した主人公は疲れ果てていた。
その家に、絵画教室の生徒だったかやりと、その親友、あゆきが訪れる。
同じような所が欠けていた三人は、三人で愛し合うようになる。


選択肢なし、もっと性愛ロリユートピアとのこと、ボイスあり、四時間十五分ほどで読み終わりました。
システムは特に不便な箇所なし。
音楽はたゆたうような曲が多く気を張らずに読み進めることができました。
絵はかやりもあゆきも唇が蠱惑的すぎます……!
それ以外でもあゆきはドヤ顔から焦る表情への変化に溜飲が下がりますし、
かやりはトロ顔が本当に気持ちよさそうでした。

相続した家に一人住むことになった主人公の元へ、かやりとあゆきが入り浸るようになります。
それぞれ「普通の人」よりも欠けたものがある三人が寄り集まることでちょっと前向きに生きようとしていきますが、
その中でも無理しない範囲で、というぬくもり、優しさを感じることができました。
また、かやりとはイチャイチャや、合意の上での強引な行為に興奮させられましたし、
終盤は精魂込めて一つのことに向かう凄みを感じられました。
あゆきはこまっしゃくれた言動をしていて、それに大の大人が諭される所も、
Hシーンで「わからせ」る所も、かやりと比べて粗末に扱っていい(と主人公が思っている)所も、良き、と思えました。
そんな魅力的な二人と一緒の時間を送れる作品でした。

過去の作品感想:
孤独に効く百合親友が美少女になって帰ってきた。恋妻くずし義妹ホールと妹ホールド幼馴染と十年、夏純情セックスフレンド女装お嬢様への異常な愛情妹「お姉ちゃんクソビッチなんで私にしませんか」幼馴染の心が読めたらどうするか?好き好き大好き超管理してあげる相思相愛ロリータSutando bai Miさようなら、援交娘さん。彼女、甘い彼女ゆびきり婚約ロリイタ聖天使☆レベルドレイン相思相愛ロリータの生活お泊まり恋人ロリータハーレム双子ロリータ堕落ロイヤル聖処女愛欲姉妹ロリータ男性を癒やし抜く機械
(2020/2/21)

 

肉まん葉集 〜例えばこんな桃太郎のお話〜 Ver.1.00(乙女)/N/P PROJECT(フリーソフト)

異触手の壁を乗り越えて夫婦として生活していたドリアードおじいさんとスライムおばあさんは、
川で肉系触手ながら触手を一本も持たない子供を発見する。
その子供はニックと名付けられ二人の子になるが、上部に桃色の吹き出物ができてしまい鬼ヶ島魔物病院へと向かうのだった。


選択肢なし、桃太郎パロディ、魔物、二十分ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は切り株だとかスライムだとか肉まんっぽいのだとかをたくさん見ることになるため、
その反動か可愛い女の子がより可愛く思えました。
また、移動したり突っ込みを入れたり、動きのある演出も豊富です。

「桃太郎をベースにした、ちょっぴりお下品なハートフル人外乙女?ゲーム」とのことで
触手モノによく登場する単語が多く出てきます。
ドリアードおじいさんとスライムおばあさんが只者ではなかったり、
病院の人が只者ではなかったり、なんならニックも只者ではなかったりしていて、
魔物たちによるスケールが大きくて、大抵のことは何とかなってしまうお話を気軽に味わうことができました。
あと肉まん食べたくなりました!

過去の作品感想:今日は恋するひなまつり
(2020/2/27)

 

Diva&Gunshot -ウタヒメ ト ジュウセイ- Ver.1.03/稲海(フリーソフト)

今より昔のアメリカ合衆国。
弱小新聞社の記者で不幸体質を自任するアダム・ホーキンスがある朝出社すると、社員のほとんどが流行風邪にかかっていて、三つの取材をいっぺんに行うことになってしまった。
その中の一つ、大ファンの歌手、サラの結婚ニュースで受けたショックも冷めやらぬ中、別の取材対象であるギャングの抗争に巻き込まれてしまうのだった。


選択肢あり、急転直下ご都合主義スクープノベルとのこと、三時間ほどで読み終わりました。
システムは特に不便な箇所なし。
音楽は格好良くてお洒落な曲が多く使用されています。
OPムービーあり、EDに歌あり。
立ち絵や一枚絵、それらを使用したOPムービーやEDスタッフロールも洒落ていて、センスいいなあと思えました。

一昔前のアメリカを舞台に、アダム・ホーキンスが政治家の汚職とギャングの抗争と歌姫サラの結婚を並行して取材していきます。
三つの事件が関連していて一つの出来事に収束していくのですが、
作品説明にある「ご都合主義」というよりは「お約束」とか「王道」といった前向きな印象を受けました。
エキセントリックながら憎めない登場人物の面々や、
事態がどんどん変化し、転がっていくスピード感も小気味よかったです。
そんな人々や事件に囲まれて不幸な目に遭い、悪態をつきながらも、事態を解決しようと行動するアダムを応援したくなりましたし、
特に回想でしか接点が語られなかったアダムとサラが行動を共にする場面では、ついに! という高揚を感じられました。

過去の作品感想:籠の街幸福の塔好きだ!好きだ!大好きだッッ!!
(2020/3/4)

 

Santa Clothes(サンタ・クローズ) Version1.01/Azell(フリーソフト)

サンタクロースと呼ばれる妖精たちがいた。「善き者に幸福を」を旨とする紅衣の一族と、「悪しき者に必罰を」を旨とする黒衣の一族。
彼らは三年に一度、代表者が試練に挑み、勝者がマナを使うことができる取り決めがあったが、紅衣の一族が勝ったことは一度もなかった。
紅衣の一族の少年、シンタ・クラウスは不本意ながら代表者に選ばれ、試練に挑むことになる。
彼の心には、かつて言葉を交わした少女を見つけるという願いがあった。


脱出、サンタクロース、一部ボイスあり、一時間ほどで終わりました。
システムは脱出メインのためかバックログなし。セーブスロットは一つのみでした。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は過去の少女が特に神秘的でした。

試練として出題される問題を解いていきます。
右上に少女のアイコンがあり、クリックするとヒントを聞くことができます。
一回もヒントを聞かないと若干のシナリオ変化あり。
そのシナリオ変化部分でちょっと言及されていますが核心に迫るようなヒントはあまり聞けないので、
詰まったときにもっとヒントがほしいと感じてしまいました。
……なんとか少女に頼らず頑張って全問解きましたが! 第一ステージラスト問題が一番悩みました。

話はちょっぴりダークな成分が見え隠れするハートフルボーイミーツガールといった様相で、
それまでに色々あれど最後の最後には、良かったなあとほっこりできました。
(2020/3/8)

 

お兄ちゃん、デートです! 2 Ver1.00/Petit(フリーソフト)

女子にモテる森林柳(もりばやしやなぎ)はダメ妹、うどんの世話を何かと焼いていた。
ある日うどんは、生徒会長から兄が迷惑していると言われてしまう。
それをきっかけに二人の関係は変化してゆくのだった。


選択肢あり、兄妹、恋愛、ボイスあり、一時間四十五分ほどで読み終わりました。
システムはバックログに、任意の場所に戻ることができるバックジャンプ機能やボイスリピート機能があり手が込んでいました。
ちょっと演出やボイスを飛ばしてしまった時など有難いです。
音楽は特に合わないような箇所なし。EDに歌あり。
絵はうどんの爆乳が印象的でした。でもデフォルメうどんに胸はないのですね……。一枚絵は九枚+差分。
ボイスはうどんの声が元気でおバカっぽくてうどんに合っていると感じました。

妹の行動に兄が振り回されていきます。ちなみに実の兄妹です。
うどんの友人、沢倉(さくら)あいるがツッコミを頑張って早口で言ってくれるのですが、
もう少し小気味よく言える台詞だともっと笑えるのではないかと思ってしまいました。
ですが最初から最後まで、兄もうどんもお互いのことが大好きで大切に思っていることがとても伝わってくるので、
前半はうどんの奇行から始まるドタバタを、後半は二人の恋愛を、微笑ましく読んでいくことができました。
(2020/3/14)

 

マサユメテンシ Ver1.11/Enharmonic☆Lied/Petit(フリーソフト)

姉の樹里(じゅり)が記憶喪失のアイドル、天海美羽(あまみみう)、本名雨宮三和子(あまみやみわこ)を家に連れ帰ってきた。
地井原淳(ちいはらじゅん)が戸惑う中、早速三和子に懐いた妹の芽衣(めい)も含めた四人での生活が始まることになる。
色々なことを共に行っていくうち、淳は三和子に惹かれていくのだった。


選択肢あり、恋愛、記憶喪失、ボイスあり、四十五分ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。挿入歌あり。
絵は芽衣の口を開けた立ち絵がなんだか色っぽくてドキドキさせられました。
……もちろん三和子も可愛かったですよ!

アイドルをしていたという記憶を失ってしまった三和子と仲良く過ごしていきます。
エンディングは二種類。
前半から中盤にかけて、主人公と三和子(時折姉や妹も一緒にいますが)二人のエピソードがほとんどのため、
話の長さ以上に、二人が親しくなる積み重ねを感じることができました。
また、挿入歌の歌詞が全く飾り気もひねりもないストレートなもので、
だからこそ素朴で純粋な想いが伝わってきて、良かったなあと思えました。

過去の作品感想:お兄ちゃん、デートです! 2
(2020/3/16)

 

初恋は年齢天秤の中で ver.1.05/春根利馬(フリーソフト)

幼い容姿がコンプレックスの中学生「ハナビ」は隣の席の女の子、成田夏乃に恋をする。
しかし彼女のタイプが「大人っぽい人」だと聞き、大人っぽくなれる方法を探していく。
紆余曲折の末、所有者が十五年前の姿になる代わりに、十五年後の姿になれる年齢天秤を使うことになるのだった。


選択肢あり、恋愛、年齢変化、三時間四十五分ほどで読み終わりました。
システムは文章表示速度を変更しても実際の速度が変わりませんでした。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は有償素材使用ですが中学生組の立ち絵がみんな可愛らしかったです。

あだ名が「ハナビ」の中学生男子が恋した女の子の好きなタイプになろうとしていく話と、
シゲと呼ばれる年齢天秤の所有者が十五年若返った十三歳時の姿で行動する話が交互に進んでいきます。
シゲの居場所は彼の両親から辿れなかったのかな……? という所が疑問でしたが、
悪気がないにも関わらずすれ違ってしまうハナビ達にはやるせない気持ちにさせられましたし、
だからこそ最後は、良かったなあと思えました。
でも今回蚊帳の外になってしまったユリアちゃんには幸せになってほしいです!

また、ハナビの話とシゲの話の関連性が巧みに描かれていて、もう一度読み返したくなる構成でしたし、
個々の場面も読みやすく、かつ読みごたえがあり、特にお祭りの場面は甘酸っぱいなあ! とニヤニヤできました。

あとメインの舞台が市川市だったり、登場人物の苗字が全部千葉の市だったり千葉愛を感じます……。
(2020/3/18)

 

超朝が弱い僕を起こしてください ver 2.2.4/寄り道小屋まい(フリーソフト)

朝、主人公のもとには女の子が起こしにくる。
それは、クラスメイトだったり、姉だったり、妹だったり、幼馴染だったり。
……もしかしたら、女神様だったり。


ストーリー選択あり、目覚まし、オムニバス、ボイスあり、四十分ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は女の子ごとに絵柄が異なるのですが、
表情変化がなく、場面によっては合っていないと感じる箇所もありました。
ボイスも時折セリフと違うものが再生されました。

異なる女の子との朝が描かれた目覚ましストーリー22話と、
それを読むごとに解放されていく特別編6話、全28話が収録されています。
目覚ましストーリーは最初から全員分読むことができますし、
誰から読もうか迷った場合はキャラ診断の質問に答えれば、おすすめの女の子を教えてくれます。
特別編が、設定上仕方ないかもしれませんがキャラクター同士の会話としては説明的に過ぎるように感じてしまいました。
ですが、目覚ましストーリーとの関係がわかる内容になっていましたし、
違うキャラクターで同じシチュエーション22種類というのは、よくここまで……と圧倒されるものがあります。
私はドジっ子ギャルの奏が好みでしたが、
バリエーション豊富なのでプレイする人ごとにお気に入りの女の子が見つかるかもしれません。
(2020/3/20)

 

犯人はまだ寮の中にいる!!弐 ver.1.08/ぷろじぇくと‡天和地獄(フリーソフト)
※2019/12/22の拍手でご紹介いただきました。ありがとうございます!

高専の映像制作愛好会に所属する男女八人は、かつて猟奇的殺人が発生したという噂のある廃寮をロケ合宿で訪れる。
しかし合宿二日目の朝、メンバーの一人が首を切断された状態で発見される。
外部犯か、内部犯か、疑心暗鬼が渦巻く中、新たな事件が発生してしまうのだった。


選択肢あり、推理、殺人事件、七時間ほどで読み終わりました。
死体、流血などの画像・表現があるため苦手な方は注意。
システムは取得した情報をメニューから確認できて推理の助けになりました(私が推理正解できるとは言っていない)
音楽は特に合わないような箇所なし。OPにムービーと歌あり。
立ち絵素材使用ですが場面によっては書き下ろしもあり。
また、木がざわめいたりといった演出が随所に見られました。

映像制作愛好会では音楽を担当し。次期部長と目されている六波羅 颯也(ろくはら さつや)視点で話が進み、
手に入れた情報を基に推理し真実を明らかにしようとしていきます。
「弐」ですが前作「犯人はまだ寮の中にいる!」とストーリーの関連はないとのこと。
エンディングは九種類で、それぞれのサブストーリーもあり。
難易度はかなり高めに感じました。
段階的にヒントを出してくれる機能があるものの、一番細かく説明されている「答え」を見てすらわからない謎もあり、
公式サイトの掲示板を見てなんとか全エンドを見ることができました。
ただ理不尽ではなく、正解がわかるとそういえばあれが手掛かりだったのか、と思え、
納得……というか、なんでちょっと違和感を覚えたのに深く考えずにスルーしてしまったんだ……と悔しかったです。
一つの謎を解いても終わりではなく、それが他の謎を解く際、トラップにも手掛かりにもなることも巧みでした。

話も、初めの何周かでよく考えずに選択していくと辿り着くバッドエンドやトゥルーエンドが救いのないもので、
頑張って考えて辿り着くノーマルエンドもほとんど救いがなくて、
だからこそベストエンドを読むことができた時は感慨深かったです。
(2020/3/22)

 

エガオノリユウ ver1.10(18禁)/人生通行止め(DL販売2090円)(DL版の購入はこちら)

二年生の上阪瞬(こうさかしゅん)は転入先の学校で、三年生の春乃まひるに一目惚れし、彼女が部長を務めるテニス部に入部する。
まひるからテニス指導を受けていくうち、二人は付き合うようになる。
しかし、まひるの知り合い、島津一都(しまづかずと)がまひるを狙っていたのだった。


選択肢あり、寝取られ、恋愛、ボイスあり、十一時間ほどで読み終わりました。
システムは特に不便な箇所なし。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵はまひるの可愛らしさと小柄なのに豊満な体形が魅力的でした。
あと島津君と主人公のアレの大きさ差が残酷……。一枚絵は四十二枚+差分たくさん。

憧れの先輩、まひると相思相愛になるものの、目を離した隙にまひるに近付く男が現れます。
エンディングは四種類。選択肢によっては寝取られないエンディングもあり。
主人公のみの視点と、主人公+まひる視点を選ぶことができ、初回は主人公のみ推奨とのこと。
主人公のみルートはところどころまひるの行動に不信感を覚える場面はあるものの、
はっきり寝取られたと突き付けられる場面はありません。
しかし後からまひる視点を読むとがっつり島津君と関係を持っていて、
何も知らない主人公が可哀想で滑稽で、寝取られているという実感を抱けます。

前半部分や寝取られないルートでは、仲良くなっていく過程やお互いのことを好きであるという気持ちが丁寧に描かれていて、
純粋に恋愛モノとしても微笑ましくて、温かくて楽しめました。……だからこそより寝取られる時に悲しいのですが。
また、島津君はまひるを快楽漬けにするテクニックが尊敬できましたし、
まひるは前半部分の気さくな可愛らしさや、快楽に溺れながらもギリギリまで堕ちない所、
主人公は付き合うきっかけの場面や、まひるから懺悔された時の対応からまひるへの愛が感じられ、
メインの登場人物みんな、好感(とはちょっと違うかもしれませんが)が持てました。

お気に入りの場面は主人公がまひるに告白する所と、寝取られた証拠を目の前で見せつけられる所。……両極端ですね。
どちらも、主人公の心境に読んでいる方も心揺さぶられました。

過去の作品感想:ホントノキモチイロヨリドリ僕の大事な姉はあいつのオモチャグラショタキミノトナリキミノオモイヒダマリノキオクカノビッチ〜彼女がビッチになった理由〜
(2020/3/24)

 

Acassia∞Reload Ver1.2/anubis(フリーソフト)

謎の施設に閉じ込められたアカシアは、自殺したり殺されたりするたびに復活するがそのたびに記憶を失っていった。
死ぬたびに脱出できる可能性はどんどん減っていく。
しかしある時、今ならば脱出の糸口がある、と感じたのだった。


選択肢あり、RPG、ループ、三時間ほどで終わりました。
名前入力あり。
システムはRPGツクールMV製。
音楽は特に合わないような箇所なし。

レベルが低下し、スキルも忘れた状態のアカシアが、元の力と記憶を取り戻して脱出しようとしていきます。
エンディングはゲームオーバー(引き継いで最初から)を除き三種類。
マップにあるクリスタルにMPを注ぐと記憶が解放されたり、
新しいスキルを習得することができますが、一周目でクリアすることは困難です。
死ぬとアカシアの記憶が無くなり一番最初に戻されるかわりにレベルとスキルを引き継げ、
それに加えてモンスターの弱点や正解ルートなど蓄積されたプレイヤーの知識も用いて脱出を目指していきます。

繰り返し前提で、決まった場所で必ず敵が出現するため戦闘を回避できないつくりですが、
戦闘スピードを速くしてもそこまで速くならない所がちょっとまどろっこしかったです。
ですが、繰り返すごとに探索できる範囲が広がっていくことや、倒せなかった敵を倒せるようになった時にやりがいを感じられましたし、
プレイヤーもアカシアのやりたいことを手助けできている、と思わせてくれるつくりもなんだか嬉しかったです。
物語は、目的を果たしたトゥルーエンドよりも妥協してノーマルエンドの方が幸せそうでいいじゃないですか! 
と言いたくなるような、ままならないラストでした。
(2020/3/26)

 

ReIn∽Alter Ver1.0(15推)/anubis(フリーソフト)

未解決の猟奇殺人事件が頻発し、「魔族」の仕業ではないかと噂されていた現代。
周囲から若干浮きながら学生生活を送る高嶺零(たかみねれい)は、非日常を求める気持ちを抱いていた。
ある夜、彼は化け物に襲われる。何故か化け物の行動を先読みできた零だったが身体能力差により追い詰められてしまう。
そこに現れ、化け物を倒した少女、東岸唯理(とうぎしゆいり)から、零は異能と化け物について聞くことになる。


選択肢あり(本編は選択肢なし)、異能、孤独、セカイ、六時間半ほどで読み終わりました。
システムは特に不便な箇所なし。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は女の子に色気があって、そんな娘から好意を向けられるとドキドキさせられました。

主人公が周囲の女の子と仲良くしたり戦ったりしながら異能に関わっていく中、
世界を巻き込む混乱や、人類の起源にまで話が発展していきます。
過去作「Acassia∞Reload」の内容を含む後日談「Ep.-[Transcendence]」もあり。

序盤、主人公が非日常を求めながらも身近な人に危険が及ぶと狼狽していてあまりいい気分になれませんでしたが、
中盤以降は少々後ろ向きながらもできる限り頑張っていて、好感が持てるようになっていきました。
孤独や、生き難さ、迫害、存在理由について登場人物の切実な思いが描かれていて、
色々と諦めていない若い頃に読んだらもっと自分と重ねて読めたのではと完全に自分の都合で残念に思う部分があるものの、
それでも十分に、息苦しく、あるいはやるせなくなるような気持ちになりました。
また、終盤及び後日談でのスケールの大きな闘いは高揚させられるものがありましたし、
ラストは喪失感を覚えながらも、やり遂げたような心持ちになれました。
お気に入りの登場人物は主人公のクラスメイトで人気アイドルの佐咲煌華(ささききらか)
明らかに裏がありそうながら、それでも彼女に夢中になってもいいやと思えるような蠱惑的なセリフと容姿が魅力的でした。

過去の作品感想:Acassia∞Reload
(2020/3/28)

 

Lost Friends3-Never returN- ver1.00(やや女性向)/渦女屋本舗(フリーソフト)

聖職者になる修行で各地を旅していた少年マーティンは、身寄りのない少年クロエと出会い、行動を共にすることになる。
しかし突然、リムブスと呼ばれる異空間に迷い込んでしまう。そこから脱出する手段は、いつ開くとも知らない大扉から、一回で一人のみ。
クロエはうっかり真名を明かしてしまった妖精ヒューゴに命令できる立場となるが、そうした存在や生き抜く知識がないマーティンは無力感を抱くのだった。


選択肢あり、迷妄系ファンタジーADVとのこと、二時間半ほどで読み終わりました。
システム特に不便な箇所なし。
音楽は最初の一番綺麗な(後述)エンディングにのみ歌があるというのが……後は堕ちていくだけというか……
その歌が物悲しくも美しい良い曲なだけになおさらやるせなく思えます。(他のエンディング曲が悪いわけではなく、曲調として)
絵は歪んだ笑みが内心を映していて印象的でした。一枚絵は十八枚。

人間社会の常識が通用しない世界に迷い込んでしまい、フレンドをロストします。
ルートは三つでエンディングは六種類。
Lost Friends」「Lost Friends2 -Reason of Tears-」とは同じ世界の話でちょっとだけ繋がりはありますが、
メインストーリーはそれぞれ独立した話になっています。
一番最初に読むことができるルートが、大団円ではないけれどもわりと綺麗な終わり方でした……が、
残り二つのルートがより酷いことになっていて、壊れていくものをなすすべなく見ているような悲しみとむなしさを感じました。
マーティンがどんどんやさぐれていくのも同様に……
でも後半のマーティンは余裕がなくなれば自分本位という、
いたって平凡な人間ムーブをしてくれるのでなんだか親近感と身につまされる思いを抱きました。

飄々とした妖精ヒューゴも、人に迷惑かけてばかりだけれど本心は……なクロエも好ましく思えて、
だからこそなんとかなってほしかった、と嘆きたくなる物語でした。

過去の作品感想:ENIGMA:Lost FriendsLost Friends2 -Reason of Tears-
(2020/3/30)

 

ヘブンズ・ロワイヤル Version1.03/わらび餅ぴざ茶(フリーソフト)

死亡し、天国で目覚めたルーシーは一部の記憶を無くしていた。
悪人として強制労働させられる地獄に連行された彼女は、悪人同士の殺し合いヘブンズ・ロワイヤルに参加させられる。
そこにナルガという男から、ヘブンズ・ロワイヤルに乗じて天使を殺し、自由になろうと持ち掛けられるのだった。


選択肢なし、天国、バトル、三時間十五分ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵はルーシーが綺麗かつ可愛い造形だと感じました。一枚絵は八枚+差分。

選ばれた悪人達が闘い、勝ち残った一人が転生できるというヘブンズ・ロワイヤルが開催されている隙にルーシーとナルガが天使を殺していきます。
ルーシーとナルガの関係と、ルーシーと彼女に執着するラビの関係がストーリーで重要になるのですが、
その二つの間にはほとんど関わりがないため、どっちつかずのように感じてしまいました
また、ナルガが色々な策略を用いていくのですが、天使が揃いも揃って脳筋か怠惰ばかりで簡単に騙されてしまいあっけなさが残りました。
ですが、伏線が多数配置されていてここはそういうことだったのか、とか、これは気付けた! とか思いながら読んでいくことができました。
また、「ぺったん」だけれど(だからこそ?)強くて、でも初心なルーシーが魅力的で、
彼女が笑ったり怒ったりするのをずっと見ていたいなと思えました。

過去の作品感想:メイム
(2020/4/1)

 

ヘクソカズラ ver1.23/丹綿樫(フリーソフト)

事故で両親を揃って亡くした朝場美華(あさばみはな)は、母の葬儀に立ち会うため赤座山の壇蛇羅集落へ向かう。
そこには、独自の宗教をもとにした風習が数多く存在していた。
集落で美華は幼い頃に別れた兄姉と、「大文化研究会」なるものに所属する少年少女たちと出会い、夏休みの一か月間、壇蛇羅集落で過ごすことになる。


選択肢あり、部落、ジュブナイル、因習、一部ボイスあり、八時間ほどで読み終わりました。
システムは文章表示速度が遅めで変更できないことがやや不便でした。
音楽はそれぞれの場面に合っていて、特に二胡を弾くシーンで流れる「スカボロー・フェア」がお気に入りです。EDに歌。
絵は背景画像がどれも気味が悪いほどに鮮やかでした。
時折立ち絵に札が貼りついたり、一つ目になったりするのもぞくっとさせられます。
また、登場人物みんなの目に赤い隈取りがあるのも内容に沿っていると感じられました。

美華が色々と問題を抱えた壇蛇羅集落の人々と関わっていきます。
エンディングは四種類。
続編「猿喰キッド」も制作予定とのことで未回収の設定があるものの、美華の物語としては完結しているとのこと。
どのエンディングでも、姉の五十鈴関連や、将来の美華が壇蛇羅集落に戻るであろうことは変化がなく、
美華も壇蛇羅集落に囚われてしまっているのだろうな、とちょっと陰鬱な気分になります。
反面、「大文化研究会」の面々との交流はゆるやかで心地良くて、受け入れられている、と感じられます。
彼らと過ごす日々は丹念に丁寧に描かれており、彼らの良さや弱さ、鬱屈や信念をしっかりと知ることができ、
彼らのことをとても愛おしく思えるようになりました。

また、鮮やかすぎる背景に文学や演劇の話題、冒頭や幕間の演出、魂が何度も巡ると伝えられている集落といった要素が、
所々で語られる「自分たちは舞台で役を演じているのでは」という言により真実味を与えています。
そうした中で読み進めていく物語は、一歩引いて観ることになるがゆえに、
周囲の人が悩んだり必死になったりしている中、ズケズケと引っ掻き回す美華に同調することができました。
……それでも美華の図太さは「強い」と感心させられますが!
(サイトの制作コメントを読むと環境の変化でそうなってると書かれていますが……それにしても多分に素じゃないかなあ……)
お気に入りの登場人物は常に赤ん坊を抱えた少年、宮地尚孝(みやじなおたか)
学生帽にシャツで片目隠れていて控えめで華奢で育児に手一杯な少年ってどんだけあざとい属性盛り盛りなんでしょうね……好き!!
(2020/4/3)

 

点鬼簿行路 Ver.1.00/丹綿樫(フリーソフト)

演劇部に所属する淵上咲人は人形の首を折ってしまう癖を持っていた。
部活の先輩、鏑木小夏は「点鬼簿行路」で主役を務めたいと望んでいたが、
自分とは全く違うタイプで、役作りをしっかりとする必要があるらしかった。


選択肢あり、演劇、人形、一部ボイスあり、四十五分ほどで読み終わりました。
システムは文章表示速度が遅めで変更できないことがやや不便でした。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は結末によって構図は同じながら表情が違う小夏の一枚絵が表示される所や、
持っている絵で感情を表現しているような淵上、時折走るノイズなどが印象的でした。
ボイスは「お金が底を尽きました」のへらへらした口調がお気に入りです。

人形の首を折るか折らないかで二種類の結末に分岐します。
首を折る、という気味の悪い冒頭から、
明るい言動とは裏腹に端々から不穏さが感じられる小夏先輩の存在、
都度都度入る語りボイス等多くの場面に閉塞感を覚えました。
それだけにAエンド終盤、一般的には良くないことながらも、小夏先輩の表情、重なる声、決意から、
どこか晴れやかな、開放感を覚える気持ちで読み終えることができました。

過去の作品感想:ヘクソカズラ
(2020/4/5)

 

 

 

(体験版・連作)

その宝石の名前はフレラルート ver2.01【四月の悪役令嬢編】/ReIce -second-(フリーソフト)

「F世界」という創作物をもとにした土地や住人が、様々な場所に突如として現れた世界。
女神から自信を授けられた日加賀壱多(ひかがいちた)は、鷹泉高校生徒会長として高校生活を送っていた。
しかし新学期から鷹泉高校はF世界の生徒を受け入れることとなり、文化の違いから軋轢が生まれてしまうのだった。


選択肢なし、学園、恋愛、ファンタジー、一時間半ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。作中に歌あり。
絵は一部の登場人物が影絵になっています。
今回出番が多い登場人物に影絵が多くてちょっと残念でした。

このバージョンでは、悪役令嬢が起こしたトラブルを壱多が丸く収めようとする「四月の悪役令嬢編」を読むことができます。
これから先も色々な事件が起こる模様。
主人公のバックに女神様がついているせいか、
色々なことがトントン拍子にうまく行き過ぎてしまうように感じてしまうところも一部ありましたが、
同じようなことで上手くいって胸のすくような思いがする部分も、それ以上にありました。
また、F世界の生徒も交えた生徒会メンバーでのやり取りが心地よく、
これからも彼らの活動を見たいと思うことができた作品でした。

過去の作品感想:White Epilogue終わりに見えた白い明日White SStories 物語の裏側で
(2020/1/11)
 

 

 

 

その他・番外編)

冒険者4人が挑む愚者の石番外編〜俺のおひさまはウルトラ可愛い〜 Ver1.01(やや乙女)/すばら3フリーソフト)

「冒険者4人が挑む愚者の石」のおまけ番外編。
END1のギルダインルート後日談。


選択肢あり、十五分ほどで終わりました。
主人公名前変更可。
「冒険者4人が挑む愚者の石」の感想はこちら
アーテルルート後日談「メディク神官体験記」ヘリオンルート後日談「ヘリオンクエスト」の感想はこちら
システム、音楽、絵は本編と同様。

ミトラとギルダインがデートします。
主にデート前(デート中も一部あり)にギルダインが「ミトラかわいい」と何回言うかによって三つの結末に分岐します。
デート前の「ミトラかわいい」は連打可能で、そのたびにギルダインがミトラの可愛さをバリエーション豊富に語ってくれます。
しかしあまりに連打しすぎると……?

本編同様ギルダインの色ボケっぷりが炸裂していますし……まあ実際ミトラ(大)可愛いですしね!
それに、なんだかんだ負けず劣らずミトラもギルダインのことが大好きで微笑ましかったです。

過去の作品感想:冒険者4人が挑む愚者の石
(2020/1/10)

 

 


 

トップへもどる   一つ前に戻る