スタジオ・おま〜じゅ
HP

サークルについて

オリジナルのノベルゲームを制作されています。

 

作品

雪子の国(DL版の購入はこちら)

 

概要

ジャンル

オリジナル/ノベルゲーム

発売年月

2017/8

価格

初回限定版2500円

年齢制限

なし

特徴

故郷、恋愛、天狗

選択肢なし、十一時間ほどで読み終わりました。修正パッチあり。
バックログ、表示速度変更、オートモード、未読スキップ、CG鑑賞などがあり、
セーブデータは9個まで保存可能です。

 

あらすじ

山陰の怪談って知ってる?
でるんだってね。

キリンの国(2014ふりーむゲーム大賞大賞受賞)、みすずの国(2014ふりーむゲーム大賞ノベル部門金賞受賞)の続編、雪子の国。
舞台は風光明媚な地方城下町。
そこでは不可解な連続怪奇事件がおこっていた。

夜な夜な屋根にのぼる、少女の霊。
神社に灯る、狐火。
人を取り込む、峠の魔。
五十年前の神隠し。

全ての謎は、一つのメッセージへと帰結していく。

「俺たちで謎を解き明かそうぜ!」

東京の少年ハルタと天狗の少女雪子がおくる、青春ハートフルラブコメディ+地方都市ミステリー!

やがてくる冬は、最後の冬になる。
少年と少女でいられる最後の時を、鮮烈に駆ける、今を生きる物語。

(頒布サイトあらすじより)

 

この作品について

故郷留学という制度で本州最西端にある県の歴史ある城下町で過ごすことになった神崎春太が、
同じ家で暮らすことになった天狗の東雲雪子や、知人達と幽霊騒ぎを調査していきます。

システムはセーブスロットがもう少しほしいと思いました。
音楽はそれぞれの場面に合っていました。
立ち絵は会話の発言主が変わるたびに登場人物の立ち絵が切り替わるのは読んでいてちょっと疲れましたが、
ちょっとした表情や体勢、年月の変化まで含めて多彩でした。
一枚絵は背景の自然を含めて描かれているものが、閉塞感だったり長閑さだったりを感じ、舞台となる町が表現されていました。
一枚絵は四十一枚+差分。

フリーゲーム「みすずの国」「キリンの国」から十数年後の話で、
登場人物など関わりがあるため先に「みすずの国」「キリンの国」を読んだほうがいいと思いました。
雪子の融通利かなさや脆さと、悲しい人をほおっておけないハルタの業がとことん描かれていて、
でも最後は(ネタバレのため反転)悲しい人たちをほおって雪子を選ぶようになっていて、
ハルタくん成長したんだな……と嬉しくもあり寂しくもありでした。
誰かと自転車二人乗りをしたり、釣りをしたりしたときのぽつりぽつりと交わす会話や、
山陰の怪談が見せる懐かしさ、一人一人がそこで確りと生きていると感じる登場人物達も魅力的。
特にハルタの故郷留学先でのクラスメイト、猪飼君のキャラクターとエピソードの数々は読みごたえたっぷりでした.
全体を通しても子供がちょっと成長し、けれど大人まではまだまだ、という青さ、活力、瑞々しさがあり、
それが閉塞感を一面では持つ町や、思い通りにいかない世間とのギャップでよりいっそう大切に感じられ、
読んでいくうちに、人とか、時間とか、場所とか、現実の色々なものを大切にしようという気持ちになる作品でした。

あとハルタにおせっかいを焼かれるととても口が悪くなる雪子ちゃんが微笑ましくて可愛くて好きです!

 

トップへ戻る      一つ前に戻る