2022年同人ソフト感想リスト

プレイ順です。

女性向の作品は、乙女=女主人公で相手キャラの全員もしくは多くが男、
BL=男主人公で相手キャラの全員もしくは多くが男(年齢不問)、としています。作品が女性向かどうかは基本的にサークルさんの自己申告です。

値段は入手時のものです。場合によっては異なる可能性があります。

完成版  体験版  その他

 

 

 

 

(完成版)

King Exit ver1.20(18禁)/深爪貴族DL販売1650円(DL版の購入はこちら)

少女ゲオルイースの活躍で、魔族は滅ぼされた。
平和になった世界で、ゲオルイースは無実の罪を着せられる。
重罪人が投獄される地下監獄で責め苦を負わされる中、盲目の囚人少女スティアラとの出会いから脱獄を決意するのだった。


ファンタジー、RPG、十八時間ほどでクリア、二十四時間ほどでイベントコンプリートしました。
システムはRPGツクールVXace。
音楽は特に合わないような箇所なし。EDに歌あり。
絵はコミカルな場面から凄惨な場面、格好いい場面まで、それぞれに合っていました。

過去に起こったゲオルイース達と魔族との戦いと、ゲオルイースの地下監獄からの脱出を交互に進めていきます。
各章ごとに全滅でバッドエンドHシーンあり。
RPGパートは雑魚敵を普通に倒していけばあまり苦戦しないくらいの難易度でした。
カラの騎士の高耐久からのかばうが強かったです。
あと状態異常防止とTP(技ゲージ)回復技と出血が強かったので最終盤はゲオルイースが惜しくもスタメン落ちしてしまいました。
強いんですけど他にもっと使えるキャラが四人いるのだ……。

話は、ゲオルイースに無実の罪を着せた元凶「大王」の正体に一応は予想がついたものの、
そこからさらに一捻りがありましたし、ラストダンジョンはとても感慨深いものがありました。
また、監獄での出来事は重苦しい者が多いですが、
そんな中でも周囲の人を惹きつけて事態を打開していくゲオルイースの在り方は格好良かったですし、
それ以外の登場人物も魅力的で、Hシーンもストーリーも楽しむことができました。
(2022/1/2)

 

天下乱‐RPG-(18禁)/深爪貴族(フリーソフト)

病院が占拠され、人質が殺されようとしていた。
そこに乱入してきた少女、天下乱は圧倒的な力で犯罪者の一部を制圧。
巡査長と婦警さんと共に病院内へと乗り込んでいくのだった。


RPG、格闘、一時間ほどで終わりました。
システムはRPGツクールVXace。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は……格好いいロリ少女がエロいことになるのは良いですね!

「King Exit」にも登場する天下乱の話。
Hシーンはクリア時と後半ゲームオーバー時に見ることができます。
RPGパートは行動封じ技を使っている間に技ゲージ溜めて殴るが基本になるのであまり爽快感はありませんでしたが、
特に序盤は戦闘不能が基本戦闘中には回復できず、緊迫感がありました。
話は天下家が気合で何とかする一族なので、その勢いを味わうことができました。
あと、なんだか装備できた&強かったので巡査長(おっさん)に白ワンピ着せました!

過去の作品感想:King Exit
(2022/1/4)

 

Demons Roots ver1.0.8〜ver1.0.11(18禁)/深爪貴族(DL販売2420円)(DL版の購入はこちら)

おすすめ

過去の作品感想:King Exit天下乱‐RPG-
(2022/1/6)

 

恋は2分で落ちれる ver.1.02(乙女)/らぶんきぶん(フリーソフト)

恋に恋する乙女、岩石(がんせき)は今日も心に決めた人に会いに行こうとしていた。
しかし謎の老人から三時間「ラブラブハッピータイム」だと告げられる。
異世界からやってきた様々な者たちとラブラブになる……かもしれなかった。


選択肢あり、恋愛、ファンタジー、十分ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は結末で表示されるどれもが幸せそうでした。全て相手が違いますが! 一枚絵は九枚+α。

選択肢によって即ラブラブになります。
エンディングは九種類。
ラブラブ全拒否の結末以外はどれも即両想いで即エピローグで、ハイスピードにもほどがありました。
相手は男も女もケモも人外もいて、様々な相手とのラブラブを味わえました。
……すべて拒否すると岩石ちゃんもただ巻き込まれるだけの乙女ではないというのがわかってしまいますが!
(2022/1/8)

 

天使になった彼らのお話 ver1.03/ほしぞらのよるに(フリーソフト)

心残りがあるまま死を迎えたユウリは、天使としての新たな生を受け、
配属先が決まるまでの一週間を、同時期に天使になったリュカとオスカーと共に生活することになる。
彼らは世話係の天使ハオランも交え、賑やかな日々を過ごすのだった。


選択肢なし、天使、エール、三十分ほどで読み終わりました。
システムは文章表示速度を変更しても遅いままなところが多かったです。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は可愛らしい男の子たちが楽しそうにしている様が描かれていて微笑ましかったです。
特にリュカの笑顔! 一枚絵は九枚+差分+α。

新米天使が新しい生活に慣れるための一週間で仲良くなったり、現世でのことを想ったりしていきます。
死んだ人が天使になるため、現世での彼らの境遇は重たかったり悲しかったりしますし、
ユウリが現世を見るシーンはぐっとくるものがありました。
ですがそういう面もありながらも、多くの場面は天使の卵たちののんびり仲良しライフ。
色々なことに挑戦したり、賑やかに過ごしたりする日々が心地よかったです。
そうした日々があったうえでのラストの呼びかけも温かくて、
彼らのように日々を大切に、優しく過ごしたいと思えた作品でした。
(2022/1/10)

 

濃厚とんこつパンツァートート/ハマチノセナカ(フリーソフト)

過去には「伝説のラーメン」と呼ばれることもあったが、店主の妻が亡くなってから閑古鳥が鳴いている店があった。
一人娘のまりんはもう一度あの盛況を取り戻そうと、父親に向かって「自分にできることはなんでもする」と言ってしまったのだった。


選択肢なり、ラーメン、コメディ、五分ほどで読み終わりました。
システムは文章表示速度が変更できず遅めなことがやや不便でした。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵はメタな状況になっている立ち絵がインパクトありました。
ただ腹がウインドウで隠れてしまっていたのでネタに気付きにくかったことが残念でした。

潰れかけのラーメン屋を憂う娘が奮闘します。
メタネタ多め。
終盤の暗転時には都市伝説的な展開を想像してちょっと本気で怖かったです。
それにしてもタイトル名から一瞬ある単語を想像して、いや自分の心が汚れているだけだよな……と思っていたら!
(2022/1/12-1)

 

リビングでDwizzerを見ていると推しCPのあはんな漫画が流れて来た話/ほしぞらのよるに(フリーソフト)

選択肢なし、あるある。実話? 三分ほどで読み終わりました。
システムは文章表示速度が遅めで変更できないことがやや不便でした。
音楽は特に合わないような箇所なし。OPに歌あり。
絵はこれぞオカンというような立ち絵が表示されます。

タイトル通りの状況で、母親に邪魔されます。
エンディングは三種類。
いままで母親はあはんな漫画のことを知らなかったのならリビングでそんなだらけるなよ! とツッコんでしまいました。
とはいえ興が乗ってきたときにそれを中断されたくないという思いも非常によくわかります。
エンド1の取り返しのつかなさも……すごくよくわかります!!!

過去の作品感想:天使になった彼らのお話
(2022/1/12-2)

 

アイアム/パルテノスの火種(フリーソフト)

汚染され、百年間人が寄り付かなかった島で再起動し目を覚ました壊れかけのロボット。
彼女には記憶がなく、自分が何のために作られたのかも忘れていた。
頭の中に響く声に導かれるように、彼女は島を探索するのだった。


選択肢あり、ロボット、探索、一時間ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵はタイトル画面のロボ子が神秘的で綺麗でした。

ロボットの少女が自分のコアのかけらを集めながら、自分が作られたいきさつを知っていきます。
エンディングは三種類。
途中ミニゲームもあり。
シリアスな世界観ではありますが、
ロボットの少女のずれた言動や、旅人のガサツさによるコミカルな場面もあっていいバランスでした。
それぞれのルートで別々の人物の回想があり、読み進めるごとに少女のことをより知っていくことができます。
あと、毒ツムリの大きいやつのネーミングにはそのまんまじゃないか! とついツッコんでしまいました。
(2022/1/14)

 

親友を攻略したい! 1.01(BL15推)/微振動ニワトリ(フリーソフト)
※2021/12/27の拍手でほたて様からご紹介いただきました。ありがとうございます!

高校二年生の梶浦淳一(かじうらじゅんいち)が彼女が欲しいとつぶやくと、
親友の瀬野稔(せのみのる)が女の子を紹介すると言ってきた。
紹介された女の子といい雰囲気になる淳一。しかし突如女の子の様子がおかしくなり……。


選択肢なし、ギャルゲー風BLゲームとのこと、一部ボイスあり、三十分ほどで読み終わりました。
システムはオートセーブのみですが、各チャプターが短めのためあまり気になりませんでした。
音楽は特に合わないような箇所なし。EDに歌あり。
絵は普段と緊迫した場面の落差が印象的でした。

親友から紹介された女の子と仲良くなることを繰り返していきます。
親友との過去がさらっと触れられる程度で詳細には語られないためか、
主人公と親友の好きだという気持ちを実感しにくいと感じてしまいました。
ですが、ギャルゲー風だったところからの様子がおかしくなる場面はゾクッとさせられましたし、
色々ありながらも、仲良くなれたところでは良かったなあと思えました。
(2022/1/16)

 

 

 

(体験版・連作)


 

 

 

 

その他・番外編)

 

 


 

トップへもどる   一つ前に戻る