はむすた
HP

サークルについて

オリジナルのRPGを制作されています。

 

作品

ざくざくアクターズ

 

概要

ジャンル

オリジナル/RPG

発売年月

2014/12(Ver1.05c2015/9)

価格

フリーソフト

年齢制限

なし

特徴

会議、召喚、友達

選択肢あり、ストーリーパート・RPGパート併せてエンディングまで八十九時間ほどで終わりました。
セーブデータは30個まで保存可能です。

 

あらすじ

異世界からの召喚が大流行した世界。
召喚された者たち「ハグレ」は元の世界へ戻ることができず、食い扶持に困り反乱を起こす。
ハグレ戦争と呼ばれたその戦いはハグレの敗北に終わり、ハグレへの風当たりはより厳しくなってしまった。

二人の少女、デーリッチとローズマリーはとある遺跡でキーオブパンドラという鍵を手に入れる。
転移の力を持ったその鍵の力を用いてハグレが安心して暮らせる場所を作るために、
二人はデーリッチを国王とした国を作ろうと奮闘するのだった。

 

この作品について

ダンジョン等に挑む→(仲間が増える)→定期的に王国会議を開いて新しい店を作る許可を出したり、その運営報告を聞く
という流れを繰り返して、デーリッチ達がハグレ王国を立派な国にしていきます。

システムはRPGツクールVXace製のため、バックログ機能なし。
音楽は様々な曲が使用されていて、それぞれの場面に合っていました。
タイトル画面や王国会議の曲は何度聞いても飽きませんでしたし、
東の世界樹の爽快な曲や、それまでの集大成といったラスボス戦の曲もお気に入り。
絵は章を追うごとにどんどん上手くなっていると感じましたが、初期の絵も味があります。
カットインや固有技アニメーションも豊富でしたし、ここぞという場面での演出も印象的でした。

RPGパートは一部の場面以外では全滅しても拠点に戻される以外のペナルティがないこと、
効果の大きいHPやMP回復アイテムが安く店売りされていたり確実な入手手段があること、
能力アップアイテムやスキル習得アイテムをたくさん拾えること、
オート戦闘時に使用できる技をあらかじめ決めておけることなどから、
もったいなさを感じずにどんどんアイテムを使って戦闘していく爽快感がありました。
押し寄せてくる敵を走り回って撃破する防衛戦も手に汗握ります。
同時にボス戦では弱点を突いたり、
相手の強力な攻撃に対応できる仲間をそのターンだけ出して対応したりといった頭を使う戦闘の醍醐味も味わえました。
……レベルが100を超えて上がっていくので、どうしても勝てなければレベルを上げて物理で殴るという突破策も。
メインメンバーにしていたのはゼニヤッタ、サイキッカーヤエ、かなづち大明神、こたつドラゴン、ハオ。
特にゼニヤッタはクエイクを覚えさせて魔力アップ全て注ぎ込んで雑魚的でもボスでも常にメイン火力にしていました。

王国会議は王国内での出来事を報告→お店の経営状態報告→新しい探索場所の提案→新規店舗等の提案、という流れ。
様々なランダムイベントの微笑ましさや、新規店舗提案時のコントプレゼン等、
こんな楽しい会議が存在していたのか! という思いでいっぱいです。

話は、とにかくデーリッチがお人好しでいながら王の度量たっぷりで格好良かったですし、
そんなデーリッチを支えるハグレ王国の人々も頼もしかったです。
会議や宿屋イベント、魔法陣での会話等でそれぞれのキャラクターと一緒に過ごす時間が積み重なっていき、
そうした上での異世界やラスボス戦演出には熱いものがありました。

ざくざくと沢山登場する仲間達全員が、とても愛おしく思える作品です。

 

トップへ戻る      一つ前に戻る