おすすめ同人紹介

はじめに  おすすめ  期待の同人ソフト  感想その他  全作品リスト  ご当地同人ソフト  リンク  twitter

同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー発表2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 「悪の教科書」のDLはこちら 「二十四季Pilot 2」等のDLはこちら 葉露大会一覧はこちら おすすめ同人ソフト診断はこちら(旧ver.1ver.2ver.3)

おすすめ同人紹介による同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2015期間外作品紹介追加いたしました(2016/5/22)

「二十四季 Pilot 2」と「二十四季―眠る蒼黒の教室―」を当サイトからダウンロードできるようにいたしました(2016/5/27)

過去のトップページコメント及び紹介・感想以外の更新履歴はこちら(2016/5/27)
web拍手のお返事はこちら(2016/5/21)

最新の更新(2016/5/27)

2016年同人ソフト作品感想

(完成版)

彼女達の誰かが寝取られた(18禁)/めくじら(DL販売1620円)(DL版の購入はこちら)

とあるカラオケ店の常連客や従業員には三組の彼氏彼女がいた。
しかしそこには彼女を寝取ろうとする男の魔の手が迫っていたのだった。


ヒロイン選択あり、寝取られ、不意打ち、ボイスあり、五時間四十五分ほどで読み終わりました。
システムは途中で出題されるクイズの演出が長めでスキップ不可なこと、
非アクティブでは動かないこと、バックログ量が少なめなことがちょっと不便でした。
音楽はカラオケ店内でボーカルありのBGMが流れることが多くて、
カラオケ店らしさを感じましたが同時にボーカルが聞こえることで文章に集中しにくい部分がありました。ED(及び作中)に歌あり
絵はヒロインによって絵柄が異なりますが、
それぞれに魅力がありましたし二回目以降のHシーンでも新鮮味を感じました。一枚絵は十四枚+差分。

三組の彼氏彼女による日々を順番に読んでいきますが、
ヒロインにはそれぞれ浮気を疑われるような言動があります。
しかし、誰が寝取られるか後半までわからず、寝取られないヒロインもいることが特徴。
寝取られるんじゃないか……という心配と、寝取られていないっぽい……? という怖々とした安心との間で揺れ動きつつ、
最終的に、ああ……結局寝取られてしまった、という落胆と、もう気を揉まなくてもいいんだ……という少しばかりの安堵を覚えました。
逆に寝取られなかったヒロインに対しては、良かったという思いと寝取られる所も見たかったという思いが。
システムと音楽で気になる部分がありましたが、話を進めていく中で様々な感情を抱くことができた作品でした。
(2016/5/27)

 

2016年同人ソフト作品感想

 

(完成版)

ノックアウト!!(女性向)/Pinkpepper(DL販売540円)(DL版の購入はこちら)

大企業の令嬢である名木原千尋は、祖父に命じられ星見崎学園へと転入することになる。
その学園は昨年から共学となったものの、有名な不良校だったため入学した女生徒はゼロ。
学園の風紀を正すよう祖父に言われるも身の危険を感じた千尋は、男装してひっそりと日々を送ることを決意するのだった。


選択肢あり、学園恋愛、男装、五時間ほどで読み終わりました。
主人公名前変更可。
システム、音楽は特に不便や合わない箇所なし。OPにムービーと歌、EDに歌2曲有。
絵は真山君の不機嫌そうな目つきからの笑みとか、
桐沢君のたれ目+目の下のホクロとか、格好いいなあと思いました。一枚絵は十一枚。

不良ばかりと言われている学園で男として過ごしていくうちに、色々なことを経験していきます。
恋愛対象は学園最強で偉そうな真山秋人と、気さくに話しかけてきて顔が広い桐沢歩の二人。
どちらのルートも主人公との会話や心情が丁寧に描かれているなと感じましたが、
一番お気に入りなのはどちらのルートにも入らないノーマルルート。
恋愛対象の一人だけでなく、もっと多くのクラスメイト、ひいては学園をこんなにも好きになったんだなあと嬉しくなる話でした。
あと、主人公の名字を「学園最強」にすると……笑えます。
(2016/5/24)

 

(完成版)

げっと☆おん/げっと☆おん制作プロジェクト(フリーソフト)

喫茶店「しぇいむ☆おん」でバイトしようと面接に臨んだ福原隼人だったが、店長に言い寄られて逃げ出してしまった。
途方に暮れていると、東雲 雅という少女に半ば強制的に喫茶店「月と音」のバイトにされてしまう。
女ばかりのスタッフの中に男一人という環境で、バイト生活が始まるのだった。


選択肢あり、恋愛、喫茶店、ボイスあり、十二時間ほどで読み終わりました。
しぇいむ☆おん」キャラクターの登場もあり。
システムは場面が変わるとバックログが消えることが少し不便でした。
音楽は多彩で曲名が表示される(されないようにもできます)のも有難かったです。
OPにムービーと歌、各ヒロインEDにそれぞれ歌あり。
絵はそれぞれなりに表情豊かでいいなあと思えました。一枚絵は二十七枚+差分。
ボイスは一部違和感を覚えたり、台詞自体の言い回しがくどく感じられる部分もありました。

和風喫茶で働きながらマップ選択などでヒロインと親しくなっていきます。ヒロインは五人。
彩音シナリオでメタネタが多かったり、月と音の五人でやろうとすることが唐突に感じられること、
雅シナリオ中盤で進展がほとんどなく張り合いに欠ける部分があったことが少し気になりました。
お気に入りは初夢シナリオでの初夢の健気さ。それ以外のルートでも健気ですが。
また、萌瑛さんシナリオのラストも美しくて良いなと思えました。
(2016/5/21)

 

最新のおすすめ(5/18)

(完成版)

はむすた
HP

サークルについて

オリジナルのRPGを制作されています。

 

作品

ざくざくアクターズ

 

概要

ジャンル

オリジナル/RPG

発売年月

2014/12(Ver1.05c2015/9)

価格

フリーソフト

年齢制限

なし

特徴

会議、召喚、友達

選択肢あり、ストーリーパート・RPGパート併せてエンディングまで八十九時間ほどで終わりました。
セーブデータは30個まで保存可能です。

 

あらすじ

異世界からの召喚が大流行した世界。
召喚された者たち「ハグレ」は元の世界へ戻ることができず、食い扶持に困り反乱を起こす。
ハグレ戦争と呼ばれたその戦いはハグレの敗北に終わり、ハグレへの風当たりはより厳しくなってしまった。

二人の少女、デーリッチとローズマリーはとある遺跡でキーオブパンドラという鍵を手に入れる。
転移の力を持ったその鍵の力を用いてハグレが安心して暮らせる場所を作るために、
二人はデーリッチを国王とした国を作ろうと奮闘するのだった。

 

この作品について

ダンジョン等に挑む→(仲間が増える)→定期的に王国会議を開いて新しい店を作る許可を出したり、その運営報告を聞く
という流れを繰り返して、デーリッチ達がハグレ王国を立派な国にしていきます。

システムはRPGツクールVXace製のため、バックログ機能なし。
音楽は様々な曲が使用されていて、それぞれの場面に合っていました。
タイトル画面や王国会議の曲は何度聞いても飽きませんでしたし、
東の世界樹の爽快な曲や、それまでの集大成といったラスボス戦の曲もお気に入り。
絵は章を追うごとにどんどん上手くなっていると感じましたが、初期の絵も味があります。
カットインや固有技アニメーションも豊富でしたし、ここぞという場面での演出も印象的でした。

RPGパートは一部の場面以外では全滅しても拠点に戻される以外のペナルティがないこと、
効果の大きいHPやMP回復アイテムが安く店売りされていたり確実な入手手段があること、
能力アップアイテムやスキル習得アイテムをたくさん拾えること、
オート戦闘時に使用できる技をあらかじめ決めておけることなどから、
もったいなさを感じずにどんどんアイテムを使って戦闘していく爽快感がありました。
押し寄せてくる敵を走り回って撃破する防衛戦も手に汗握ります。
同時にボス戦では弱点を突いたり、
相手の強力な攻撃に対応できる仲間をそのターンだけ出して対応したりといった頭を使う戦闘の醍醐味も味わえました。
……レベルが100を超えて上がっていくので、どうしても勝てなければレベルを上げて物理で殴るという突破策も。
メインメンバーにしていたのはゼニヤッタ、サイキッカーヤエ、かなづち大明神、こたつドラゴン、ハオ。
特にゼニヤッタはクエイクを覚えさせて魔力アップ全て注ぎ込んで雑魚的でもボスでも常にメイン火力にしていました。

王国会議は王国内での出来事を報告→お店の経営状態報告→新しい探索場所の提案→新規店舗等の提案、という流れ。
様々なランダムイベントの微笑ましさや、新規店舗提案時のコントプレゼン等、
こんな楽しい会議が存在していたのか! という思いでいっぱいです。

話は、とにかくデーリッチがお人好しでいながら王の度量たっぷりで格好良かったですし、
そんなデーリッチを支えるハグレ王国の人々も頼もしかったです。
会議や宿屋イベント、魔法陣での会話等でそれぞれのキャラクターと一緒に過ごす時間が積み重なっていき、
そうした上での異世界やラスボス戦演出には熱いものがありました。

ざくざくと沢山登場する仲間達全員が、とても愛おしく思える作品です。

(完成版)

ふらすと! レヴォリューション 2ndGeek/ヨーグルシンジケート(DL販売864円/チカルートがエンディングまでプレイ可能な体験版有)(DL版の購入はこちら)

三人の女性と仲良くなってから数カ月。
モテない? 高校生の上野達樹に、またも試練が訪れる。
日本、いや地球の危機にもハッテンしかねない危機を脱することができるのだろうか……?


選択肢あり、恋愛、下ネタ、七時間ほどで読み終わりました。
「ふらすと! レヴォリューション」の感想はこちら
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は春原さんの互い違い目がインパクトありました。

一番最初にどのヒロインルートを読むかを選びます。
「ふらすと! レヴォリューション」ではルートによってはヒロイン同士に面識がなかったり、
そもそも主人公と出会わなかったりしますが、「2ndGeek」では主人公と三人のヒロイン全員、お互いに面識があります。
全体的にマスコミ下げやイケメン憎し、時事ネタやネットスラング多め。
春原さんルートはシリアス多めだった「ふらすと! レヴォリューション」とはうって変わって
序盤から春原さんが壊れたり、新キャラが出るたび執拗に下ネタに繋げたりで、春原さん貴女もか……という気持ちになりました。
相沢さんルートは圭吾さん依頼一回目の、悲惨なほどに完璧な解決方法に笑ってしまいました。
チカルートはラジオ放送があまりにくだらなすぎて噴きました。
同時に三ルートの中で一番恋愛していて、微笑ましくてニヤニヤもできたルートでした。
(2016/5/15)

 

 

(完成版)

ふらすと!レヴォリューション/ヨーグルシンジケート(フリーソフト)

モテない高校生の上野達樹は同類たちと不毛な日々を送っていたが、
三人の女の子と親しくなる機会が訪れる。
しかし彼女たちは揃いも揃って一筋縄ではいかない性格や事情を抱えていたのだった。


選択肢あり、恋愛、下ネタ、五時間ほどで読み終わりました。
システムは場面転換時にそれ以前のバックログが消えてしまうのがやや不便でした。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は多少違和感を覚える部分がありました。一枚絵は十三枚+差分。

選択肢によって序盤で三人のヒロインルートに分岐します。
一番最初にプレイした高嶺すぎる花のクラスメイト、相沢さんルートは
周囲からの過剰すぎるヒロイン崇拝や執拗にエロにこだわる展開といったはっちゃけた内容でしたが、
それ以外の二ルートは多少そんな片鱗はあれど暖かくて良い話で、
そのギャップに困惑しつつ、両方とも楽しむことができました。
お気に入りは妊婦の春原さんルート。終盤の展開が痛快です。
相沢さんルートは終盤強引な部分がありましたが、相沢さんのキャラクターがインパクトありました。
妹のチカルートは、カナのいじらしさが可愛く思えた作品でした。
(2016/5/12)

 

 

(完成版)

Sカレ、Mカレ/アシナガおじさん(フリーソフト)

中学時代の後悔から、高校ではおしゃれをし社交的に振る舞う様になった砂川湊。
しかし同じクラスには後悔した出来事に関わっていた小栗咲希がいたが、
彼女は中学時代の砂川のことを全く覚えていないようだった。


選択肢あり、学園恋愛、ボイスあり、四時間ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わない箇所なし。
絵は主役二人の中学からの変化がくっきり描かれていました。
また、立ち絵は揺れたり口パク目パチしたりと動きがありました。一枚絵は十四枚+差分。

序盤の選択肢によってSサイド、Mサイドに分岐します。
一回読むと追加で小栗さん視点のシナリオが追加される箇所もあり。
S、Mとタイトルやルートにありますが極端ではなく、
積極的に行動するか受け身かといったくらいの差な印象でした。
現在の小栗さんはあまり社交的ではないですが、
小栗さん視点ではわりとはっちゃけた思考や妄想をしていて可愛らしかったです。
砂川君も高校デビューとはいえ勉強もスポーツも気遣いもしっかりしていて格好良かったです。
どちらのルートでも、最終的には二人が幸せそうで良かったなあと思えました。
(2016/5/9)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなジャンルの作品で良いものはありませんか?とか
○○という作品の感想はありますか?などの質問も受け付けております。お気軽にどうぞ。

拍手コメントへの返信不要や掲載不可という方はその旨併記ください。


疑問・質問・感想・忠告・お叱りなどはこちらまで
minamisoutherncross.sakura.ne.jp(●を@に変えてください)


2005/5/8開設
このサイト内の文章・画像等で各サークルさんによるものは無断転載・配布等を禁止します。