おすすめ同人紹介

はじめに  おすすめ  期待の同人ソフト  感想その他  全作品リスト  ご当地同人ソフト  リンク  twitter

同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー発表2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 「悪の教科書」のDLはこちら 葉露大会一覧はこちら おすすめ同人ソフト診断はこちら(旧ver.1ver.2)

第十回おすすめ同人紹介主催Way'' 剣の巫女ブリーダーズカップを開催いたします。
応募締め切りは2014年11月2日です(2014/7/11)

2015年6月13日(土) 12:00〜16:00(予定)で女性向オリジナルゲーム・メディアミックス即売会「GMC -Girl's Media Community-」が開催されます。当日は同人ゲーム・オブ・ザ・イヤーとの連動企画も予定しております。サークル参加申し込み受付中!


過去のトップページコメント及び紹介・感想以外の更新履歴は
こちら(8/18)
web拍手のお返事は
こちら(7/18)

最新の更新(10/1)

コミックマーケット86作品感想

(同人ソフト完成版)

ピエロット/Whisper(300円)

小学校では周囲を笑わせるような人気者だったものの、引っ越した先の中学校でいじめられるようになった僕。
それがきっかけで眠ることができなくなってしまった彼は、笑顔を見れば眠ることができることに気付く。
それ以降、平日はいじめ相手からの嘲りの笑顔で、休日は大道芸を行い道行く人からの笑顔で、眠りにつくようになるのだった。


選択肢なし、笑い、十五分ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
立ち絵はなく、背景や、ちょっと不安を煽るような貌が表示されながら進んでいきます。

必要に迫られ大道芸をはじめ、それにやりがいを感じるようになった僕の身に起こったことが描かれています。
笑いを求めるようになった僕の状況、そうさせるだけのいじめのひどさが
心象を表す絵や前半の内容からよく伝わってきました。
ラストが唐突な終わり方で、物語としてはあっけなさを感じますが、
このタイトル、この境遇の話に相応しい数奇な結末であるとも思えました。
(2014/10/1)

コミックマーケット86作品感想

(同人ソフト完成版)

ラブレター行方/しらかば(無料)

森田美由は隣のクラスの高橋俊介から借りた教科書に手紙を挟んで返した。
それは仲良しの永井秋と桜田真子からけしかけられて実行したことだった。
しかし手紙が読まれる前に、俊介の教科書は行方不明になってしまう。


選択肢なし、学園、ミステリ、十五分ほどで読み終わりました。
システムは特に不便な箇所なし。
音楽はゆったりとしていながらどこか浮ついた曲調。
絵はどこかにいそうな普通の高校生、といった印象を受けました。

事件編と解決編に分かれていて、解決編で教科書がなくなった真相が明かされます。
とはいえ教科書を盗んだのはおまえだ! というような明かされ方ではなく、
別視点から読むことができてプレイヤーにのみ全貌が明かされるというつくり。
俊介がモテることも納得の気配り。みんないい娘なのによくそんな立ち回りできるなあ、と感心します。
事件については劇的なわけではありませんが、良かったなあ、と、ほっとした気持ちになれる真相でした。

過去の作品感想:
しらかば短編集タイムカプセルGrandfather's Horn下草に消えるリンクサイド物語オリエンティア!不完全殺人事件
(2014/9/30-1)

(同人ソフト番外編)

ALL ABOUT THE MAN CALLED CRIMSON/因果堂Type-I.G.(無料)

THE MAN CALLED CRIMSON-Episode I〜Episode Finalまでの全シナリオを収録。
また、Episode Finalには新たにBEGINNINGシナリオが収録されています。
BEGINNINGシナリオはEpisode Iへと繋がる前日譚。
選択肢なし、三十分足らずで読み終わりました。一枚絵は五枚。

ラストには、これから物語がはじまるんだ、という感慨を覚えました。
あととりあえず失禁が印象に残ります。
本編の戦闘では量子コンピューターシュアルは色々と制約が多くて活躍しきれない場面もありましたが、
戦闘以外の場面での底知れなさにハッとさせられるものがある今回の前日譚でした。

過去の作品感想:
夢剣、、THE MAN CALLED CRIMSON、TWADの物語 Vol.1 Vol.2 Vol.3、自殺者専門 エンマ様vol.1 vol.2しんきょく!
(2014/9/30-2)

 

(同人ソフト完成版)

春のうらら/SEAWEST(500円)

十八歳の誕生日に感情を抑える手術をすることで大人となる世界。そこはとてもとても平和だった。
早生まれの仲田春彦は高校三年生になり、クラスメイトが一人、また一人と
大人になっていくのを眺めながら、複雑な感情を抱くのだった。


選択肢なし、大人、子供、一章につき一時間、合わせて四時間ほどで読み終わりました。
春のうらら 第一章 第二章 第三章体験版の感想はこちら
システムは全てのチャプター毎にオートセーブが残されるので読むことに集中できました。
また、登場人物の誕生日入りカレンダー機能が実装されていてわかりやすかったです。
ただ、表示される日付と話中の日付が一致しない場面も。
音楽は時計の音や、2/21の美しさと不安定さを同時に感じるBGMなど、印象的な音が随所にありました。
絵は体が細すぎるように感じましたが、場面によって笑顔の中に様々な感情が込められていました。

一章ごとに春夏秋冬と移り変わっていき、
色々と悩んだりしていた友人達が手術で大人になり、
それまでのことを子供だったから、として大人な振る舞いをするようになっていきます。
多くは語らず、な構成で省略されたエピソードも多く、もやっとすることもあり、
国のシステムを変えるでもなく、素直に従うでもなくでどっちつかずであり、といった感じで、
そうした曖昧さや大人とは、というような悩みに共感できるかで大きく印象が変わる作品ではないかと思いました。
私は……まあ、そこまで繊細でもなくなってしまいましたが、
それでも、大人を前にしてあがく主人公達の生々しい感情に胸を突かれるものがありました。

過去の作品感想:
あかね
(2014/9/29)

 

(同人ソフト完成版)

恋人役は男の娘っ!(18禁)/こねこねふぁくとりぃ(500円)

いつまでたっても彼女ができないと嘆く北真亮に、友人の琴乃木咲は特訓をしようと持ちかける。
翌日、待ち合わせ場所にやってきたのは女装した咲だった。
一瞬で女装を看破した亮だったが、咲の真剣さにデートの練習をお願いすることになる。


選択肢なし、女装、恋愛、二時間半ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は咲のにへらとした顔が特に可愛かったです。
画面や立ち絵を動かす演出も多め。

彼女ができた時の練習という名目で友人が女装してデートを繰り返していきます。
二回目のHシーンが、実際にも二回目なのに快楽漬けとか
その後の騎乗位シーンと順序が逆でちょっとやりすぎなんじゃ……と思わなくもありませんでした。
ですが、青くなったり赤くなったり笑ったりする咲の可愛さと、
二人通じ合う暖かさがたくさんこめられていて微笑ましい作品でした。

過去の作品感想:あなアケぽんち!
(2014/9/28)

 

(同人ソフト完成版)

GreenTale/CREO(500円)

様々な種族が暮らし、皆魔法が使える世界。
幼い頃に行き倒れになっていたところを保護されたリィン・クロードは魔法を使えないかわりに特殊な能力を持っていた。
彼は自身の能力を解明するため、書物が充実している国立魔法学校に入学する。


選択肢なし、ファンタジー、バトル、三時間半ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵はほんわかとした印象を受けました。一枚絵は六枚+差分。

エリート魔法学校で過ごしていく中で、主人公の過去や国で行われていることが明かされて行きます。
慣用句の使い方でおや? という表現が目についたことと、
中枢の警備体制や、強そうに描かれていたラスボスが実際に戦うとそうでもなかったりと終盤の展開が強引なことが気になりました。
ですが主人公の特性を生かしたバトルシーンは読み応えがありましたし、
登場人物それぞれの行動に信念が感じられる物語でした。

過去の作品感想:
LOOTBeHindKillerLimitedMemories〜あの日あの場所で〜こちら夕闇町 夕凪高校脇怪談部!!
(2014/9/27)

(同人ソフト完成版)

こちら夕闇町 夕凪高校脇怪談部!!/CREO(300円)

中学時代、屋上から火のついたバレーボールを投げていた水上沙月と知り合った久瀬川解人と友人の鶴田晃。
それから二年後、高校生になってまた奇行を始めた沙月がきっかけで、三人は怪談部を立ち上げることになる。
活動の傍ら勧誘を行い、怪談部に集う面々は増加していくのだった。


選択肢あり、怪談、コメディ、学園、修正パッチあり。五時間と少しで読み終わりました。
システムは文章速度が遅めなこととスキップが時折止まってしまうことがやや不便でした。
音楽は賑やかな印象。OPにムービーあり。
絵はちょっと不安定に感じる部分もありますが、笑顔が魅力的でした。

怪談部として夜の学校を調査していく中で、共に活動する女の子と仲良くなっていきます。
ヒロインは四人。メタネタや漫画、ゲームネタあり。
途中にミニゲーム有。しかし沙月のミニゲーム運ゲーすぎやしませんかね……
話の時系列が前後したり、飛んだりするときに説明があまりない箇所がいくつかあり、ちょっと戸惑いました。
ですが、怪談部の活動は賑やかで、一癖も二癖もある面々との日々を味わえました。
お気に入りは生徒会所属の結ルート。ベタではありますが色々と派手に物事が進み、しっかりと白黒つけられていて良い読後感を味わえました。

過去の作品感想:
LOOTBeHindKillerLimitedMemories〜あの日あの場所で〜
(2014/9/26)

 

(同人ソフト完成版)

Memories〜あの日あの場所で〜/CREO(300円)

幼いころに交通事故に遭い、その前後の記憶がなくなってしまった高峰慶介。
その後引っ越して別の街で暮らし、一年前から戻ってきた彼は、
先輩や後輩、同級生たちと共に新しい学年での日々を送るのだった。


選択肢あり、思い出、恋愛、二時間半足らずで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は立ち絵の遠近を使った演出や、蔑み顔がいいなと思いました。

選択肢によって、過去に関わりがあった三人のヒロインルートへと分岐します。
冒頭に主人公による自己紹介や友人紹介があったりとオーソドックスな内容の箇所多め。
一番重要そうに描かれている幼い頃の交通事故がヒロインのうち一人としか関係なく、
それ以外のルートでは記憶喪失へのフォローがされていないのがやや気になりました。
ですが、どのルートでも山場にピンポイントで重苦しい展開があって、
日常パートからの落差にハラハラさせられるものがありました。

過去の作品感想:
LOOTBeHindKillerLimited
(2014/9/25)

 

 

 

 

 

 

 

こんなジャンルの作品で良いものはありませんか?とか
○○という作品の感想はありますか?などの質問も受け付けております。お気軽にどうぞ。

拍手コメントへの返信不要や掲載不可という方はその旨併記ください。


疑問・質問・感想・忠告・お叱りなどはこちらまで
minamisoutherncross.sakura.ne.jp(●を@に変えてください)


2005/5/8開設
このサイト内の文章・画像等で各サークルさんによるものは無断転載・配布等を禁止します。