おすすめ同人紹介

はじめに  おすすめ  期待の同人ソフト  感想その他  全作品リスト  ご当地同人ソフト  リンク  twitter

同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー発表2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 「悪の教科書」のDLはこちら 葉露大会一覧はこちら おすすめ同人ソフト診断はこちら旧ver

第十回おすすめ同人紹介主催Way'' 剣の巫女ブリーダーズカップを開催いたします。
応募締め切りは2014年11月2日です(2014/7/11)

過去のトップページコメント及び紹介・感想以外の更新履歴は
こちら(7/11)
web拍手のお返事は
こちら(7/18)

最新の更新(7/24)

2014年同人ソフト作品感想

(完成版)

続・日本神話−ねのかみ−幽世篇/黒彩黄泉路(500円)(DL版の購入はこちら)

幽世に封じ込められた神によって創られた大雷達八姉妹は、長い長い時を仲睦まじく過ごしていた。
長女の大雷へは、主である神から封印を解くためにいくつかの指示が告げられる。
それは、姉妹たちが共に過ごす日々を壊すものだった。


選択肢あり、日本神話、百合、二時間ほどで読み終わりました。
「続・日本神話−ねのかみ−黄泉路篇」の感想はこちら
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
立ち絵はほとんど前作「黄泉路篇」と同様。一枚絵は二枚。

大雷達姉妹が創られてから、前作「黄泉路篇」で起こったことまでを大雷の視点から描いています。
また、制作中の「ねのかみ 京の都とふたりの騎士」の前日譚でもあるとのこと。
ねのかが闘うことになった理由なども含まれていて、上手く行ったのはいいけれど主様ほんとに信用していいのかなあ? という気持ちに。
大雷が主様の言うことは絶対、なので妹たちを大事に思いつつも傷付ける行動をしてしまうのが痛々しかったです。
しかしロリロリな下の方の姉妹も含めてキスとかさわりっことかなんとかかんとか色々しすぎで
(年齢は十万歳くらいですが)大変にけしからんごちそうさまですと思いました。
(2014/7/24)

2014年同人ソフト作品感想

(連作)

マジカルアイズ -Red is for anguish-/Pomeranian Swingers(2500円)(購入はこちら)

天河勇は異形を倒す力を持った高校生。そのため、クラスメイトらとはあまり関わりを持たないようにしていた。
街では犯罪が増加していたが、その原因を警察も勇達もつかめていなかった。
そんな中、雑貨屋の店主が人形に襲われ負傷するという事件が起こる。


場所選択・推理選択あり、恋愛、ミステリー、ボイスあり。七時間ほどで読み終わりました。修正パッチあり。
体験版の感想は
こちら
システムは読みやすく、用語解説やフローチャートもあって楽しめました。
ただ、場所選択時にたまに出る「他の地区にてサブシナリオ発生中」メッセージは時間経過では消えないでほしいなと思い
ました。
音楽は特に合わないような箇所なし。OPにムービーと歌、挿入歌、ED歌あり。
OPムービーがとても格好よかったです。
絵は要所でその場面に合った一枚絵が挿入されていました。一枚絵は十六枚+差分。

勇が今回起こった事件を解決しようと行動していきます。
全体を貫く謎がありつつも一話完結形式とのことで、
この-Red is for anguish-では人形事件は解決するものの、犯罪率の増加については手つかずのまま。
そうした構成もあってか、今回の話ではヒロインの千春が
話にほとんど関わってこないままでちょっと肩透かし気味でしたが、これは今後に期待という感じ。
それでも千春が勇のことを好きすぎて胸がいっぱいになっている場面はニヤニヤさせられました。勇の千春に対しての好意も同様。
事件でも、異形が発生するに至った経緯や、異形に関わってしまった人々、
そうした色々な想いが大事に扱われていてぐっときました。
今回の-Red is for anguish-だけでも面白く、また続編も楽しみな作品です。

過去の作品感想:謎解き探偵『奈祖トキオ』〜その助手の最初の事件簿〜
(2014/7/22)

 

(連作)

八月の化け物たち - 6分の1の奇妙な真夏 -第漆話/Studio Gear(DL販売864円)(DL版の購入はこちら)

穏ヶ嶺村に住む静葉佑一郎は幼い頃に遭遇した事件のせいで隻腕になり、同時にある能力を得ていた。
2011年八月。村で連続失踪事件が起こる。
その調査をしていた過程で生首の化物と遭遇した彼は、紆余曲折の末、共に事件を解決していくことになるのだった。


選択肢なし、化け物、バトル、三時間足らずで読み終わりました。
第壱話の感想は
こちら
第弐話の感想は
こちら
第参話の感想は
こちら
第肆話の感想は
こちら
第伍話の感想は
こちら
第陸話の感想はこちら
システム、音楽はいままでのシリーズと同様。OP、EDに歌あり。
絵は痛めつけられるエアが本当に痛々しそうでした。一枚絵は四枚。

今回は人造人間のレリックパワーアップの話。
一つ一つの戦闘に意味があるとはいえ、戦闘描写自体はレリックが痛めつけられるシーンが多く、
何度も同じようなシーンを読むことになるので若干ダレ気味になる部分がありました。
ですが、最後の戦闘では緊迫感があり、ぎりぎりの判断にはらはらさせられました。
(2014/7/20-1)

(番外編)  

Campus Notes - Bill of Fare - RanRan編/4th cluster(フリーソフト)

Campus Notes vol.1のきんしけんメンバーが筑波大学の近くにあるRanRanという大盛りのお店に行く話。
「Campus Notes」の感想は
こちら
選択肢なし、十分ほどで読み終わりました。
セーブや文章速度変更などはなし。
食事シーンに描き下ろし一枚絵あり。キリエさんの親友のけーなちゃんが今回ビジュアル初登場だと思うのですが綺麗! でした。
あと心ちゃんが小動物可愛い。
vol.1ヒロイン三人+けーなちゃんで一緒にいるのが本当に楽しそうでニヤニヤできました。
でも冗談はちょっと寒いと思います!
(2014/7/20-2)

 

 

コミックマーケット85作品感想

同人ソフトまとめ

おすすめ同人ソフト完成版
Like Lie Cry/CINQ SYNCH
Four Revolve For Relief/RABBIT-GARDEN

面白かった同人ソフト完成版
妹「お姉ちゃんクソビッチなんで私にしませんか」/夜のひつじ
魔王軍へようこそ4/ののの通信
シナリオの鉄人勝手にやってみた/LR
狐灯夜伽話/chivalry・rahu*rahu
何故あの娘は働かないのか/とらいあんぐる!
水月鏡花/HOROSCOPE
男子校でハーレムが作れる俺マジ勝ち組/はとごろTIMES

完成が楽しみな体験版・続き物
しろのあしあと/HAZERO

面白かった同人ソフト番外編
イケメン千秋楽番外編〜雅先輩の恋愛事情〜/ngs_project

他に完成版では「トレイメント〜Etude〜」「ぼくとかのじょのなつやすみ」「西暦2236年の秘書」「IDEA 宣戦布告編」「猫は永遠を知っているのか。」「愛しの☆マイマスター」「怪獣憑きの少女」「死神カウンセラーとヒマワリ症候群
連作では「
ゴシックの瞳 琉璃佳:罪の代償」「リインヴァース / The Lost Sacred [episode:1]」
体験版では「
マヨイヒツジの果樹園 体験版」が良いなと思いました。
(2014/7/18)

コミックマーケット85作品感想

(同人ソフト連作)

Teufel Teich 〜嗟嘆の湖〜 研修篇 Vollstaendige Version ver:2.1.1/マジェスティ(フリーソフト)

最近躍進を遂げている第弐製薬に入社することになった佐藤郡(さとうこおり)ら六人の新入社員は、研修のため山奥のロッジを訪れる。
会社からの最初の指示は新入社員で協力してバーベキューをすることで、和やかな研修になりそうな流れだったが、
その直後、研修担当から受け入れがたい研修を強制されるのだった。


選択肢なし、悪夢、バイオレンス、研修、九時間四十五分ほどで読み終わりました。
システムはウエイトがかなり多いこと、文章速度が遅い部分が多いことで
あまりテンポがいいと言えなくなっている部分が気になりました。
音楽は特に合わないような箇所なし。
立ち絵はすっきりした絵柄で可愛らしいです。

研修と称して集められた新入社員たちの悪夢の一日が描かれています。
一区切りは付いていますが続きもので、続編は「実習篇」とのこと。
本編が進んでいくにつれTIPS(おまけシナリオ)が読めるようになっていきます。
タイトルもそうですが難解な熟語などの言い回しが多く、
文章のウエイトや表示速度と相まって読みやすいとは言えないテキストでした。
ですが段々とみんながすれ違っていく様や、研修を実行してしまう場面は重苦しかったですし、
TIPSによって知ることができる新入社員同士の意外な接点や、仄めかされる陰謀には興味を引かれました。
研修篇は結局振り回されるだけ振り回されて右往左往しているうちに終わりを迎えてしまいますが、
実習篇では新入社員の周囲で、第弐製薬の暗部を感づいている人たちも含めてもっと光が見える展開になっていくのでしょうか……?
(2014/7/16)

2014年同人ソフト作品感想

(連作)

天ぷら! 〜Tengu&Plausible Lair〜 -紅葉おろし-(18禁)/Studio Farandole(DL販売1080円)(DL版の購入はこちら)

大学で民俗学を専攻している葛名暁は、フィールドワークで訪れた長野の山奥で天狗を自称する少女、うるはと出会う。
恋を知りたいと言う純真さにつけこみ、暁はHなことを彼女に行う。
そのまま二人は同居生活を始めるが、H目的だった彼に段々と違う感情が芽生え始め……

選択肢なし、恋、天狗、二時間で読み終わりました。
体験版の感想は
こちら
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は女の子みんな可愛らしくにまにまできました。
そしてHシーンすべて服を着たままというのが良いですね! 一枚絵は九枚+差分。

軽薄な主人公と、世間知らずな天狗少女が共に暮らしていくうちにお互いの心境が変化していきます。
-紅葉おろし-は前編で、うるはの他に退魔師を名乗る少女や
うるはのことを知っている少女が現れ、これからどうなるのか、というところで続く。
エロ目的ならば努力も嘘も辞さない主人公の所業だったり、
長野名物がちょこちょこ出てきたり、料理描写が丁寧だったり、
「ヘリウムのように軽く、変化のしない恋」などの言い回しだったり、
軽いなかにも味のあるテキストで楽しめました。
無知無邪気なうるはも体験版から引き続き魅力的で、後編も待ち遠しいです。
(2014/7/14)

2014年同人ソフト作品感想

(完成版)

処女失格 〜初めては貴方に捧げたかった〜(乙女18禁)/agony/禁飼育(フリーソフト)

ごかくさんと一緒に住んでいるちぎみちゃんは動き、話し、食事をするぬいぐるみ。
ごかくさんはちぎみちゃんのことが大好きで、ちぎみちゃんはごかくさんのことが大好き。
家から出ることや、ニュースを見ることは禁止されていたけれど、二人は穏やかな日々を送っていた。


選択肢なし、ぬいぐるみ、平穏、四十分ほどで読み終わりました、修正パッチあり。
ちぎみちゃん」の続編。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。EDに歌あり。
絵はちぎみさんがエロ可愛いです。未亡人的な色気。結婚さえもしてませんが。一枚絵は四十五枚+差分たくさん。

序盤は「ちぎみちゃん」がほぼそのまま収録されていて、
中盤以降、ちぎみちゃんがぬいぐるみである理由やごかくさんと暮らすようになった経緯が明かされます。
とにかくごかくさんがクズすぎでした……追いつめられると小物なところが特に。
それゆえラストの諦念がより印象的に感じられました。この後どうなるんでしょうこの二人の関係。
ちぎみちゃんとごかくさんの日常は微笑ましく、そうでないところは痛々しく、どちらも堪能できた作品でした。

過去の作品感想:
さくっとパンダおじさん酷罪を受けるべき者Nと言う名の男、Bと言う名の女キナナキノ森この世で最も残酷なキスこの世で最も淫靡なキスChiristmas Coffee乙女の悲劇は残酷なキス淫靡で残酷な豚雨想い、君抱く家畜おじさんちぎみちゃん鬼ノ仮面
(2014/7/12)

コミティア108作品感想

(同人ソフト完成版)

サクラ*アンサーズ/ぱとろーね(700円)

アンサーズという恋愛支援アプリが普及している世界。代祢倉栄次(よねくらえいじ)は過去のある出来事から
人や最新機器にあまり関わらない生活をしていたが、最近同じクラスの神林美菜のことが気になっていた。
そんな中突然、アンサーズの次世代型と名乗る女の子のホログラムが起動し、恋愛を応援すると言ってきたのだった。

選択肢なし、好き、花、ボイスあり、二時間ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。OPにムービーと歌、EDに歌あり。
絵は立ち絵で顔と体のバランスに違和感を覚えました。

花の名を冠する連弾作品「project Flower」の第二弾とのことですが、
それぞれ世界観もキャラクターもテーマも異なった作品になるとのこと。
主人公にしか見えないホログラム「サクラ」と相談しながら、神林美菜と仲良くなれるように行動していきますが、
そこにサクラ、美菜、同居人の乃杏の事情が関わっていきます。
コメディ調のやりとりがそこかしこにありつつ、
三人のヒロインそれぞれに見せ場があって盛りだくさんな内容でしたし、
曖昧だけれど暖かい結末もいいなと思えました。

過去の作品感想:
死神カウンセラーとヒマワリ症候群
(2014/7/8)

コミティア108作品感想

(体験版・連作)

アルティメット・ノベル・ゲーム・ギャラクティカ 〜第三章 アルティメット・ノベル・ゲーム・ギャラクティカ(中篇)/人工くらげ(フリーソフト)
アルティメット・ノベル・ゲーム・ギャラクティカ Extra/
人工くらげ(フリーソフト)

同じサークルに所属する山賀、野之原、機見の三人は近年行われていなかった
「火の七日間」という七日間ぶっ通しで宴会を繰り広げるために集まった。
そこで山賀がシナリオ、野之原が絵でノベルゲームを作ることになるのだった。


選択肢なし、ノベルゲーム制作、大学サークル、第三章とExtra合わせて二時間ほどで読み終わりました。
第一章の感想は
こちら
第二章の感想は
こちら
システム、音楽は第二章と同様。
絵は劇中劇のノベルゲームパートにも絵が付きました。

「部活動もの」「東方二次創作」「SF(すこしふしぎ)」の三つのうちどれかでノベルゲームを制作していきます……
が、それ以上のことはネタばれなのでとても言えない……
「東方二次創作」「SF(すこしふしぎ)」が野之原とラブくて「部活動もの」は機見さんルート?
あれこれ考えさせられるシナリオで思わず第二章を読み直してしまいました。でもそうして色々考察するのが楽しかったです。
そしてまたも次の章が気になる終わり方でした。
Extraは「部活動もの」でも「東方二次創作」でも「SF(すこしふしぎ)」でもない場合の話。第三章までのネタばれあり。
本編の流れから良くないことが起こりそうと予想してビクビクしていたんですが、
妖精さんの台詞以外は順風満帆といった感じで終わります。
でも……このあと(ネタばれのため下記)になるのかも……と読み終わってもビクビクしています。

(以下ネタばれ反転)
バスに轢かれた世界はいままで出てきてない世界での話なのか?
私は+365の世界で野之原が轢かれたんじゃないかと思う。±0で野之原から電話あったときの反応から。
(↑追記:轢かれてはいないとのこと。ダイヤ改正見落としてた……)
あと漫画原作でもパラ子の続きできそうなのに何故ノベルゲーム限定なのか?


過去の作品感想:
夜の中に浮く花たちの片側雨の日と雨の日の次の日、アルティメット・ノベル・ゲーム・ギャラクティカ第一章第二章
(2014/7/7)

コミティア108作品感想

2014年同人ソフト作品感想

最新のおすすめ(7/4)

(完成版)

ときてっと
HP

サークルについて

オリジナルのノベルゲームを制作されています。

作品

リズベルルの魔(DL版の購入はこちら)

概要

ジャンル

オリジナル/ノベルゲーム

発売年月

2012/4〜

価格

1080円(1+2)

年齢制限

なし

特徴

ファンタジー、ロボット、居場所

1+2の時点で選択肢なし、十時間ほどで読み終わりました。
既読スキップ、バックログ、表示速度変更、オートモード、CG鑑賞などがあり、
セーブデータは30個まで保存可能です。

あらすじ

森のなかにぽつりある建物……イユレールが好奇心からその扉を開くと、奥から現れた男が言う。


「ここはほんとうの図書館。いらっしゃいませ、お嬢さん」


図書館の司書・コルグストムの言う所によると、この図書館に収められている本は

全て“ほんとうの物語”であると言うのだ。

そうして差し出された一冊の本、イユレールはその表紙をそっと開くのだった。

***************************************

過去の出来事から、欝屈とした日々を過ごしていたジンは、盲目の少女リズベルルの導きにより、シェラダンの街へと招かれ弦奏鎧“ヴィルフォーナ”に乗り込む。

鎧と一体となった時、ジンの胸から憂いもまた晴れていた……。

迫りくる黒海から街を守るため、そして心の奥底に眠る願いを叶える為に、ジンはリズベルルの魔としてヴィルフォーナを駆り剣を振るう事を決意する。

(リズベルルの魔 あらすじより)

この作品について

「ほんとうの物語」シリーズの一作品とのことで、
「ほんとうの図書館」に所蔵されている本の一冊に「リズベルルの魔」の物語が綴られている劇中劇。
同じく「ほんとうの物語」シリーズの「永遠のメルディラージェ」をクリアすると
「リズベルルの魔」に新しいシナリオが追加される連動特典もあり。

「リズベルルの魔」は地球からリズベルルによってエンダージェンという世界に招かれたジンが、
ヴィルフォーナというロボット(弦奏鎧)を操り、世界を侵食する黒海から街を守っていきます。

システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は立ち絵も一枚絵もとても華やかで美しく、種類も豊富でした。
弦奏鎧の登場や闘いではムービーが挿入され気分を盛り上げてくれます。
特に「海を絶ち 天舞う音色 ヴィルフォーナ!」の口上と共にヴィルフォーナが現れるのが熱い!

「リズベルルの魔1+2」ではシェラダン篇、フェアルージュ篇と、連動特典のセリオラ篇が収録されています。
一番面白かったのはシェラダン篇。
格好いいヘタレのノルアードさんや真顔でボケるジンなどところどころ笑えるやり取りを交えつつ、
ジンが地球で抱えていたものがほぐれていく過程やリズベルルの強さ優しさに年相応さ、
他にも色々な人々の心が丁寧にまっすぐに描かれていました。
そしてそうした想いを受けてヴィルフォーナが海を絶つ! とても高揚させられます。
フェアルージュ篇は山場といえる場面がたくさんありすぎて終盤にややあっけなさを感じる面がありましたが、
一つ一つのシーンはシェラダン篇に勝るとも劣らず、面白かったです。

美しい絵に格好いいムービー、暖かい人々に楽しい日々、そしてヴィルフォーナの熱い闘いと盛り沢山で楽しめ、
これから先の話も読みたい! と心待ちに思える作品でした。

2014年同人ソフト作品感想

 

 

 

 

こんなジャンルの作品で良いものはありませんか?とか
○○という作品の感想はありますか?などの質問も受け付けております。お気軽にどうぞ。

拍手コメントへの返信不要や掲載不可という方はその旨併記ください。


疑問・質問・感想・忠告・お叱りなどはこちらまで
minamisoutherncross.sakura.ne.jp(●を@に変えてください)


2005/5/8開設
このサイト内の文章・画像等で各サークルさんによるものは無断転載・配布等を禁止します。