おすすめ同人紹介

はじめに  おすすめ  期待の同人ソフト  感想その他  全作品リスト  ご当地同人ソフト  リンク  twitter

同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー発表2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 「悪の教科書」のDLはこちら 葉露大会一覧はこちら おすすめ同人ソフト診断はこちら(旧ver.1ver.2)

過去のトップページコメント及び紹介・感想以外の更新履歴は
こちら(7/1)
web拍手のお返事は
こちら(7/2)

最新の更新(8/3)

2015年同人ソフト作品感想

(完成版)

朝焼けのブルーU - Pianissimo episode -/君の音。(フリーソフト)

周囲から少し浮いている少年、祐(たすく)は海小屋である青年と出会う。
祐の言動を変に思わない青年に会うため、毎日のように海小屋を訪れるなかで、祐は青年の後悔を知るのだった。


選択肢なし、やさしさ、三十分ほどで読み終わりました。
「朝焼けのブルー」の続編。
「朝焼けのブルー」の感想はこちら
システムは文章速度変更なし、セーブスロットは一個のみ。
音楽は前作同様、綺麗なピアノ曲が多く使用されていました。
ただそれだけに、音楽鑑賞モードで曲名にカーソルを合わせると音が鳴るのはちょっと余計に思えてしまいました。
絵は背景のみ。

「朝焼けのブルー」よりも後の出来事。
「朝焼けのブルー」の結末はチヅにとってはそれしか考えられない、というものでしたが、
加藤にとってはどうだったのか、ということを知ることができてやるせなくもどこかほっとしました。
また、メインの登場人物三人のやさしさ、彼らを通して見る世界の美しさ、そして優しいがための生き辛さが、
それぞれの場面に合った音楽と共に描かれていて、息苦しさや暖かさをじんわりと深く味わえた作品でした。

過去の作品感想:朝焼けのブルー
(2015/8/3)

2015年同人ソフト作品感想

(完成版)

朝焼けのブルー/君の音。(フリーソフト)

苦しさしかない日々を送っていた高校生のチヅは、
寂れた海小屋で暮らしている加藤という名の男と出会う。
彼はチヅに、苦しかったら死んでもいいんだよ、と言うのだった。


選択肢なし、海、幸せ、十五分ほどで読み終わりました。
システムは特に不便な箇所なし。
音楽は優しく穏やかで切ないピアノ曲が多かったです。
絵は背景のみ。

チヅが何故苦しんでいるのかや加藤が海小屋に住んでいる理由などははっきりとは語られず、
閉塞感や救いが淡々と描かれています。
淡々と、ではありますが、チヅの進める道が少なくともチヅ本人にとってはそれ以外にない、
と言うことがひしひしと伝わってくるテキストでしたし、
それゆえにこの結末が一番自然だな、と感じる物語でした。
(2015/8/2)

 

(完成版)

等間隔の黒い透明(18禁)/羊おじさん倶楽部(DL販売216円)(DL版の購入はこちら)

月に一度、未亡人の燕となっている「僕」の前に、駱駝の頭をした男が現れる。
彼は、少女を一人、惨殺しろと言ってきた。

選択肢なし、夢、現実、猫、二時間十五分ほどで読み終わりました。修正パッチ(表現改変パッチ)あり。
システムは特に不便な箇所なし。
音楽は前作「さよなら、うつつ。」と同様、憂鬱な曲を中心に話にとてもよく合っていました。
絵は背景や駱駝のシルエットのみ。

かつて姉を愛していて、今は未亡人と愛人関係にある「僕」が
ある少女を惨殺する為に、その手がかりとなる猫達を探して徘徊します。
話は場面が飛んだり突飛な言動をしたり駱駝男が出てきたりで、
よくわからない、という内容でした。
ですが文章は美しく、鮮やかで、恐ろしくて、
その情景が、心情がありありと脳裏に浮かぶ一文一文を読んでいくことが、蕩ける様に心地良かったです。

過去の作品感想:さよなら、うつつ。
(2015/7/31)

 

(完成版)

LOST:SMILE 1stEdition -BlueBirth- 純ルートアペンドパッチ/Tears Of Mermaid

幼いころに死んだ父親がかつて住んでいた星美島。
十四年前に一度だけ訪れたことがあるその島へとやってきた樋口有紀は、
ある民宿に滞在しながら八月の日々を過ごしていくのだった。


選択肢あり、南島、恋愛、ボイスあり、
純ルートは五時間ほどで読み終わりました。修正パッチあり。
-Pre First Edition-の感想はこちら
美鈴ルートの感想はこちら
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
普段元気な純が朝、優しい声で起こしてくれるときのボイスが良かったです。
OPに他ルートと共通のムービーと歌あり。EDに純ルート専用の歌あり。
絵はくるくる変わる純の表情が魅力的でした。純ルートの一枚絵は五枚+差分。

純ルート(と既に収録されている美鈴ルート)を最後まで読むことができ、
有紀がバレーボール大会優勝を目指す純達のコーチをすることになります。
バレーボールの腕前がめきめき上達していく様子は我が事のように嬉しく思えましたし、
大会本番も手に汗握る熱戦でハラハラドキドキさせられました。
純と純の父親のお互いへの不器用な想いも丁寧に描かれています。
なにより元気いっぱい天真爛漫ながら時折恥じらいを見せてくれる純が可愛い! とニマニマできました。
(2015/7/28)

 

(完成版)

下劣な雄豚(乙女18禁)/agony/禁飼育DL販売864円)(DL版の購入はこちら)

父親の借金が原因でザイジョーインさんと結婚させられたやねこは、
ザイジョーインさんによる過剰な束縛や酷い仕打ちを受けていた。
そんな中、やねこは図書館でとある本を借りる。


選択肢なし、乙女下剋上ノベルとのこと、三時間ほどで読み終わりました。修正パッチあり。
「魔女の処刑日」のスピンオフ作品。
「魔女の処刑日 〜上弦の月は私を見下し〜 前編」の感想はこちら
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵はザイジョーインさんのスネ毛が印象的。
一枚絵はおまけの特別編含め四十五枚+差分。

「魔女の処刑日 〜上弦の月は私を見下し〜 前編」と途中までは同じ展開ですが、
ザイジョーインさんに虐げられていたやねこが逆襲していきます。
ザイジョーインさんがかなりちょろくて、すぐにやねこのいいなりになってしまいます。
「魔女の処刑日」ではやねこが虐げられているので溜飲を下げる部分もありましたし、
「スケベさん(はぁと)」のようなねっとり下品な台詞にぞくぞくもさせられた話でした。

消えうさ/agony/禁飼育フリーソフト)

学校帰りのようじょにスーツ姿の男が話しかけてきた。
ようじょは適当にあしらうも、また翌日……


選択肢あり、うわようじょつよいノベルゲームとのこと、十五分ほどで読み終わりました。
システムは特に不便な箇所なし。
音楽や絵はチップチューン風、ドット絵風でレトロゲーっぽい感じ。

「魔女の処刑日」の登場人物とよく似た二人が夕方に会話をしていきます。
ほのぼのさの中にかなりはっきりとダークな部分がにじみ出ていました。
ようじょのハードボイルドっぽい口調が格好良かったです。

過去の作品感想:
さくっとパンダおじさん酷罪を受けるべき者Nと言う名の男、Bと言う名の女キナナキノ森この世で最も残酷なキスこの世で最も淫靡なキスChiristmas Coffee乙女の悲劇は残酷なキス淫靡で残酷な豚雨想い、君抱く家畜おじさんちぎみちゃん鬼ノ仮面処女失格、魔女の処刑日 前編
(2015/7/26)

 

(完成版)

オタサーの姫に告られた結果wwwww(18禁)/みさくらなんこつハースニール(DL販売2160円)(DL版の購入はこちら)

オタクサークルに所属している飯島尚樹は同じサークルの本多美憂から告白される。
突如訪れたバラ色の日々。
しかし美憂は、他のサークルメンバーとも関係を持っていたのだった。

選択肢あり、オタサーの姫、サークルクラッシャー、ボイスあり、
四時間四十五分ほどで読み終わりました。修正パッチあり。
システムは二周目から美憂の裏アカウントや他のサークルメンバーの日記を読むことができる「
最悪!裏アカ流出システム」あり。
裏アカの内容はとても「らしい」ものでした。あとセーブタイトルが不穏です。
音楽は特に合わないような箇所なし。OPムービーと歌、ED歌あり。
美憂のボイスはぶりっこからアヘっている台詞まで迫真の演技でした。
絵は美憂がオタサーの姫としては可愛すぎるようにも思いましたが、うつむいて上目遣いの立ち絵がお気に入り。
メニュー画面の出方やクリックするとハートが飛ぶシステムデザインも目を引きました。
一枚絵は十四枚+差分。

美憂の言動にサークルメンバーが振り回されていきます。
主人公がオタクらしくクズで全く他人事とは思えませんでした。
美憂もオタサーの姫的な言動をしたり、主人公に言葉にしないとわからないと言いつつ
自分は言わないでもわかってもらえて当然と思っていたりとどうしようもなく、
他のサークルメンバーも五十歩百歩で見苦しい恋愛を味わえました。
そんな中、最後の選択肢の直前、美憂の独白は心底からの叫びで、
胸に刺さるものがありとても印象的な場面でした。
(2015/7/24)

 

(完成版)

午前零時の讃美歌 -彩無鏡の小妖精-(18禁)/雨傘日傘事務所(DL販売1944円)(DL版の購入はこちら)

河原新太は同居人、磯貝小夜子のために骨董店で大きな姿見を購入する。
小夜子が経営するカラオケ喫茶CHANTSのバイト、彩無鏡子(いろなしかがみこ)を交えて過ごす日々。
しかし、小夜子の身に次々と異変が起こるのだった。


選択肢あり、吸血鬼、鏡、ボイスあり、六時間半足らずで読み終わりました。
「午前零時の讃美歌」の続編。
「午前零時の讃美歌」の感想はこちら
システムは演出の都合上か文章表示速度が変えられないのがやや不便。
演出はいつもながらバトル・Hシーン共に充実。
特にタイトルにもある鏡が関わる演出が目を惹きました。
音楽は特に問題なし。
絵は相変わらず可愛くてコメディもこなす小夜子さん素晴らしいです。
鏡子ちゃんも汗ダラダラだったり赤面したり可愛い!
一枚絵は二十八枚+差分たくさん。

「午前零時の讃美歌」の三年後が舞台で、
小夜子さんの身に色々なことが起こるも小夜子さんはそれをネタにエロ妄想します。
前半も後半もエロ妄想繰り返しの展開がちょっとワンパターンすぎるように感じてしまいました。
鏡子ちゃんでもっとぐちょぐちょな妄想をしてほしかった……!
終盤のバトルはわざとらしくも格好良かったですし、
「霊刀キザクラ」や「ヴァージン・ロード」世界との繋がりもあっておおっ、と思いました。
また、新太さんと小夜子さん、小夜子さんと鏡子ちゃん、新太さんと鏡子ちゃん、三人で、
どの組み合わせの会話も楽しくて笑えるお話でした。

過去の作品感想:
ヴィザルの日記ラミエルパークのエルフ2年3組の魔女白夜十六エリュズニールの騎士雪神一雫午前零時の讃美歌神風剣士ロゼッタ3〜屍都の舞姫〜隷妃双奏黒曜鏡の魔獣紅湖の皇子霊刀キザクラ 〜桜花の剣と惑竜章〜ヴィザルの日記 〜補記〜嘘つきナレットの優しい暗殺者ヴァージン・ロード
(2015/7/21)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなジャンルの作品で良いものはありませんか?とか
○○という作品の感想はありますか?などの質問も受け付けております。お気軽にどうぞ。

拍手コメントへの返信不要や掲載不可という方はその旨併記ください。


疑問・質問・感想・忠告・お叱りなどはこちらまで
minamisoutherncross.sakura.ne.jp(●を@に変えてください)


2005/5/8開設
このサイト内の文章・画像等で各サークルさんによるものは無断転載・配布等を禁止します。