コミティア119・120・121・122感想リスト

同人ソフト(ノベル系)は全て、
それ以外は感想が思い浮かんだもの限定です。

同人ソフト(ノベル系)はプレイ順です。それ以外はサークル名順です。値段は入手時のものです。場合によっては異なる可能性があります。

作品名が太字になっているものは、非常に個性的な作品です。
このリストでの太字作品は誰そ、彼女です。


コミティア119感想

同人ソフト
完成版

コミティア120感想

コミティア121感想

コミティア122感想

 

 

 

コミティア119感想

(同人ソフト完成版)

青春タイムライン/focus64(1500円)

天原市の水咲高校に転入してきた田向遥斗はクラスメイトの河瀬明日香に勧誘され、映像研究会「ゾウケン」に入部する。
彼女はかつてあった映画研究会「エイケン」で制作された映画に憧れ映画を撮ろうとしていた。
明日香の友人黒沢深月と、後輩の常寺ユイを加え、ゾウケンは活動を開始する。

選択肢あり、青春、映画、ボイスあり、五時間ほどで読み終わりました。
システムは起動するまでに時間がかかったり、メッセージウインドウが消えたまま進んだり、
ボイスを流す場所が違っていたりあまり快適ではありませんでした。
音楽は特に合わないような箇所なし。
OPにムービーと歌あり。ムービーは爽やかさと映画制作を感じさせるもので目を惹きました。
歌もロイヤリティフリー素材ですが、良い歌、かつ話の内容と合っていました。
絵は立ち絵が立ち絵素材で一枚絵はオリジナル。
ボイスはちょっと棒読みに感じてしまいました。

一学期〜夏休みにかけてゾウケンのメンバーで映画を制作していきます。
ルートは三つ+グランドルート。
ゾウケンメンバーでの会話が面白くて、映画ネタがたっぷりなもののあまり知らなくても笑えました。
また、夏休みをめいっぱい使って映画制作に打ち込むところや、
どのルートも山場での悩みが若さにあふれているところが青春だなあと強く思えます。
コメディからシリアスまで、「部活をしている」という感じがたっぷりで楽しめる作品でした。
(2017/3/2)

 

誰そ、彼女/Suithanadia(無料)

高校2年生の夢原想介は進学校で学年一位の成績。
2月、彼のクラスに転校生の津雲瑠璃がやってきた。
奇妙なことに彼女は能面を付けていたのだった。


選択肢なし、恋愛、他者、人形、ボイスあり、一時間十五分ほどで読み終わりました。
システムは特に不便な箇所なし。
音楽は明るい曲も暗い曲もどこか調子が外れていて、不安を覚えました。EDに歌あり。
絵はヒロインが能面で、幼馴染は瞳孔開き切っていたり、
クラスメイトや教師は人形かロボットのような立ち絵だったり、ことごとく不気味でした。一枚絵は三枚。
ボイスは逡巡や叫び等が迫真の熱演でしたが、それだけに立ち絵の表情が全然変わらないのが気になりました。

能面を付け、おかしな行動をする瑠璃に興味を抱き、関わっていくことになります。
幼馴染も、クラスメイトも、教師も、主人公も、
自分はおかしくないとしつつも、傍から見たらおかしな行動の連続で、
わけのわからない恐ろしさがありました。
絵も、音楽も、テキストも、全部が違和感の塊で、
何故そうなのかわからない部分がありながらも惹かれるものがある作品でした。
(2017/3/4)

 

悠久のダイアリー/Aerial Nauts(100円)

彼女は消えてしまった。
「私」は今日も、内容をすべて覚えてしまっている彼女の日記帳を開き、あのころに思いを馳せる。


選択肢なし、日記、友達、二十分ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は主人公以外影絵。

現在の出来事と、日記帳を読んで過去の回想をすることが交互に語られていきます。
「私」が考えている過去の出来事と、日記帳に書かれている文章が食い違っていておや? と思わせられ、
そしてしっかりとその理由が明かされる作品でしたが、
「私」の中でほとんど完結してしまっている話のため、
共感や反感等々の気持ちを読んでいてあまり抱けなかったことがちょっと残念に感じてしまいました。
(2017/3/6)

 

 

 

コミティア120感想

 

 

 

コミティア121感想

 

 

 

コミティア122感想

 

 

 

 

トップへもどる   一つ前に戻る