おすすめ同人紹介
はじめに  おすすめ  期待の同人ソフト  感想その他  全作品リスト(同人ソフト完成版リスト体験版その他リスト、同人誌漫画・小説リスト・雑談)  ご当地同人ソフト  リンク  twitter

同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー発表 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年 2022年 2023年 一覧  「悪の教科書」のDLはこちら 「二十四季Pilot 2」等のDLはこちら 「親愛なる孤独と苦悩へ」のDLはこちら 葉露大会一覧はこちら

おすすめ同人紹介による同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2023ノミネート作品中間発表公開しました(2023/12/24)


過去のトップページコメント及び紹介・感想以外の更新履歴はこちら(2023/12/31)
web拍手のお返事はこちら(2024/4/8)

最新の更新(2024/4/22)

2024年同人ソフト作品感想

(完成版)

夢を確かめる リニューアル版ver.1.01(18推)/ヤプシ街道(DL販売500円)(DL版の購入はこちら)

バレンタイン当日、望ましくない結果に直面していた田宮は、
いつの間にか手にしていた夢たしかめ機なるものを使用し、別の結果を求め選択をやり直す。
そうして見事チョコレートを手に入れ、一日を終えるのだった。


選択肢あり、夢、やりなおし、一部ボイスあり、十五時間ほどで読み終わりました。
リニューアル前の「夢を確かめる」の感想はこちら
システム、音楽、絵は基本的にリニューアル前と同様ですが、
セーブスロットが増えたり、歌が追加されたり、書き下ろしが追加されたりとリニューアルされています。

「夢を確かめる」本編は今読むと……というか当時でもくどいところや、オヤジくさい言動も多々ありますが、
やっぱり菜乃ルートの後半は痛快でしたし、森溝さんルートの森溝さんが可愛かったですし、構成に唸らされました。
リニューアル版ではさらに「プロトタイプ・サンシロー」や隠し要素が追加されています。

「プロトタイプ・サンシロー」は文芸編集者のサンシローが担当作家に単行本が出ないことを告げたり、
勤労少女を助けたり、母親から結婚しろと迫られたりする話。
Case01からCase10まであり、
中盤までは基本的に同じ展開で、主人公の性格の違いで異なる展開となります。
内心が誠実ながらそれが伝わらない時より、
内心で見下しつつ上っ面良く接することで上手くいくのが身もふたもなくて、でもそういうものだよなという気も。
そこからだいぶ不穏な展開を経て、Case09のタップダンスが痛快でした。
作中作「終末のスノウ・レポート」「最後に抹茶アイスクリーム」も読み応えありますし、
「プロトタイプ・サンシロー」も作中作であることを含め、
追加シナリオは本編同様一筋縄ではいかない内容で……脚本の人そこまで考えているのかと思いました!
(2024/4/22)

2024年同人ソフト作品感想 

(完成版)

ビート・チェリー・クエスト! ver1.03(女性向)/丘の上のカテドラル(DL販売550円)(DL版の購入はこちら)
※2024/4/8の拍手でご紹介いただきました。ありがとうございます!

新米ハンターのリナナ・アイビーは、凄腕ハンターのアウレスと出会う。
アウレスから自分は乳首が弱点だと言われ、何故か乳首の師匠となってしまったリナナは、
彼のハントパートナーとなり乳首トレーニングを手伝うことになるのだった。


乳首、ファンタジーRPG、三時間半ほどで終わりました。
システムはRPGツクールMZ。
音楽は特に合わないような箇所なし。足場によって歩行SEが変わるのが細かかったです。
絵はむちむちなリナナ、無邪気なアウレス、冷静なイリオノーレと三者三様で魅力的でした。
戦闘アニメーションも格好いいです。

主人公が(あくまで戦闘において)乳首以外弱点がないアウレスの乳首トレーニングを手伝いながら、
アウレスの幼馴染イリオノーレも含めてハンター活動をしていきます。
普通の宝箱を走り抜けながら入手できたり、入り口と中継地点、最深部のワープゲート、
そのダンジョンの敵と即戦える魔法陣など、遊びやすい配慮がされていました。
私は特に歩数や戦闘回数で効果が切れるアイテムが今効果発揮中なのかがわかるのが有難かったです。
あと、いつでも乳首トレーニングができるようになった後のトレーニングゲージの上昇速度がめちゃくちゃ早くて、さすがいつでもだ……と思いました。
話は、一緒に冒険と乳首トレーニングをしていく中で、
リナナとアウレスがお互いを段々大事に想うようになっていくのが初々しくて微笑ましかったです。
そして前向きなリナナ(乳首トレーニングに関してだけツッコミ)と、
強さ以外が抜け落ちているアウレス(ほぼボケ)と、
そんな二人と一緒に行動することになってしまったイリオノーレ(二人へのツッコミを一手に背負う)の会話が、
乳首をトレーニングという導入から最後までずっと可笑しくて、もっと読んでいたいと感じました。
(2024/4/21)

2024年同人ソフト作品感想 

(完成版)

さらば、3人の魔法少女(15推)/柏尾結維(フリーソフト)

1976年(昭和51年)、世界を裏で操る組織を壊滅させた魔法少女、昭本紗和(あきもとさわ)は交間町で学園生活を始めるが、その町で組織の生き残りが暗躍しはじめるのだった。
2000年(平成12年)、女子高生脚本家の平沢成奈(ひらざわせいな)は凄腕超常ハンターでもあった。彼女は一年前に大災害の中心となった交間遺跡を調査するが……。
2027年(令和09年)、空中都市にして日本から独立した公魔の次期女王候補を護衛するため、女装して潜入した令堂和実(れいどうかずみ)は、日本と公魔の軋轢や女王の座を巡る争いに巻き込まれていくのだった。


選択肢あり、魔法少女、複数主人公、十一時間ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。挿入歌あり。
絵は可愛らしいですし、セーブロード画面のサムネイルがを始めとして時代を意識した画面作りがされていました。

昭和、平成、令和それぞれの時代で、三話構成の話を読むことができ、全てを読むと最終回が開放されます。
特撮ヒーローを始めとしたパロディ、オマージュあり。
昭和編は不良や差別といった時代背景に怪人や秘密組織の暗躍があり、怪奇な雰囲気が醸し出されていました。
紗和とその周囲の人々による友情や恋に温かくなりつつ、ナレーション込みで敵を倒す爽快感がありましたが、
それ以上に誤解、裏切り、陰謀といった逆境の連続で重苦しい気持ちでした。
平成編はサスペンスミステリ要素多めで、色んな事態に対処していく成奈が格好良かったです。
令和編は敵が慢心してくれたので何とかなったところも多々ありましたが、
派手なアクションと緊迫感あるスパイ活動が見ごたえありました。
そして第三話からそれぞれの時代が関わりあい、各話の主人公が協力するという展開が熱かったですし、
途中で別の時代の問題を解決しなければ進めないという仕掛けも、より各時代の関わりを意識できるものになっていました。
最後は解決しつつも胸にぽっかり穴が開いたような、
けれどまた危機になれば魔法少女の物語が始まるという可能性を残していて、安堵、喪失、希望……といった様々な感情を抱くことができました。
(2024/4/20)

2024年同人ソフト作品感想 

(完成版)

廿日しきるは遣らずの雨(15推)/黒月工房(フリーソフト)

少女が目を覚ますと、雨が降る海岸にいた。
自分が誰かも、ここがどこかもわからない。
海岸付近の町を探索していく中で、巫(かんなぎ)と名乗る女性と出会うのだった。


選択肢あり、探索、現代ファンタジー、四十分ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵はタイトル画面が目を引きました。

少女が海のそばにある町を探索して、自分の状況を知ったり、脱出する方法を探したりします。
エンディングは七種類。
探索はイベントが少な目で同じマップ内では時間経過せず、時間を持て余すので夜まで飛ぶボタンがほしかったです。
話は主人公の状況以外は詳細に語られず想像の余地を残すものでした。
あとプレイの動機になるくらいタイトル名が良かったですが、
「廿日しきる」という登場人物がいると思ってたら……いませんでした! ……いませんよね?

過去の作品感想:おはよう、ソムニア。
(2024/4/19)

2024年同人ソフト作品感想 

(完成版)

おはよう、ソムニア。(15推)/黒月工房(フリーソフト)

荒廃した街の建物でヒカリは目覚めた。
記憶はなく、そばにいたアヤメに言われるまま「結晶」を集めることになる。
その中でヒカリは自分そっくりのセカイという者に出会うのだった。


選択肢あり、夢、SF、一時間半ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵は登場人物皆可愛らしかったです。

記憶のないヒカリが廃墟を探索して「結晶」を集めていきます。
エンディングは四種類。
結晶探索は画面をクリックして探すのですが、該当箇所の選択範囲が狭いため全部見つけるのはかなり大変です。
分岐部分は通常エンド二種に至る行動をしたくないがために、比較的容易に残り二種の方法を見つけることができました。
話は探索で見つかる資料やトゥルーエンドを読んでもまだまだ語られないままのことが多く、想像の余地がある内容でした。
もうちょっとアヤメやセカイと仲良くしたかったです!
(2024/4/18)

2024年同人ソフト作品感想 

(完成版)

#推シ月間〜私たちに出来る2つのこと〜/nalumille(フリーソフト)

書店員の雪代(ゆきしろ)シズクは推しの「美少女が美少女ゲームを作る」作品のアニメ化フェアに合わせて美少女ゲームを制作することを決める。
先輩書店員の櫻井優菜(さくらいゆうな)、朝戸風(あさとかぜ)を巻き込んで、はたして作品は完成するのだろうか……?


選択肢あり、ゲーム制作、推し、二十五分ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵はフェアのスチルが感慨深かったです。

推し作品フェアに間に合うよう一か月で美少女ゲームを完成させようとします。
エンディングは三種類。
実際にも「美少女が美少女ゲームを作る」作品のフェアを沖縄の書店で行ったようで、
それとリンクするような内容となっています。
さらに過去作「『IF』がユメであるように、夢がゆめであるように」の主人公が主要キャラで登場し、
今後制作予定の「MET@OUT」に繋がるようなルートもあり、
本作の中だけで終わらない、作品間や現実との関わりがたくさん盛り込まれていました。

過去の作品感想:『IF』がユメであるように、夢がゆめであるように
(2024/4/17)

2024年同人ソフト作品感想 

(完成版)

ジュブナイル・イクリプス/フリーゲームエディション:Ver1.1(15推)/Lirues Lab.(フリーソフト)

2035年、世界の裏では保守派「組織」と革命派「集団」が争っていた。
高坂柾木(こうさかまさき)は組織に所属する父親の意向で、男に性転換して「集団」の攻撃を防衛する仕事をしていた。
ある日、クラスメイトでいつも好意を隠さず絡んでくる橘秀樹(たちばなひでき)が「集団」により女に性転換させられたのを保護するのだった。


選択肢あり、恋愛、性転換、七時間ほどで読み終わりました。
システム、音楽は特に不便や合わないような箇所なし。
絵はフリー立ち絵素材使用。

大人の事情により性転換しパワードスーツで敵と戦い、
現在では学園生なのに管理職になるも相変わらず性転換したまま働く主人公が、
恋愛するなかで自分のことを見つめなおします。
ルートはクラスメイトで主人公とは逆に男から女になった橘秀樹(たちばなひでき)、
男になった状態の主人公と許嫁の綾観雫(あやみしずく)、
「組織」のエンジニア高梨美由美(たかなしみゆみ)の三つと、グランドルートですが、
分岐ではなくルートの時期が異なるだけで、それぞれのルートを全て通ったままグランドルートになります。
また、主人公とくっつくのは秀樹固定。

世界を二分する裏組織、「集団」から転送されてくる化物、それを倒すためのパワードスーツと序盤はバトルものの導入ですが、
実際に主要人物がパワードスーツで闘うような場面はなく、恋愛を始めとした人間関係や自分の内面との葛藤がメイン。
テキストが読みやすくてするすると読み進めることができました。
そんな中に主人公と秀樹の相手のことを好きという気持ちがたくさん入っていて、
さらに主人公が男で秀樹が女のときと、その男女逆のときで二倍のイチャイチャを味わえました。
グランドルートはそんなにイチャイチャしておいてなに一人で悩んでるんだ! とやきもきしましたが……!
お気に入りは雫が今度は間違えないために街をうろつくシーン。
彼女がヒロインになれないことが確定しながらも、主人公を大切にするために健気に行動していて愛情を感じられました。
(2024/4/16)

2024年同人ソフト作品感想 

(完成版)

悪役令嬢はワンマップで婚約破棄を回避したい ver.1.13/N/P PROJECT(フリーソフト)

レイ・ジョゼ=ニスキーナ・アクヤーク侯爵令嬢はダン・ザイード=ザマーノ・ワンマップ王太子殿下から婚約破棄を突き付けられてしまう。
諦めて家に帰ろうとするが、結界で閉じ込められ、罪を償えと言われてしまう。
脱出するためにはカギが必要。しかしそのカギは、己の悪行の証拠らしかった。


選択肢あり、悪役令嬢、コメディ、一時間四十五分ほどで読み終わりました。
システムはマップ探索では基本的にキーボードを使いますが、
マウスを使う必要がある場面もあってどちらかで全部できるといいなと思えました。
音楽は特に合わないような箇所なし。
絵は大部分がRPG風のドット絵キャラとマップ。
ハッピーエンド系の演出が華やかでした。

婚約破棄させられる罠を回避しながらカギを集め、さらに断罪を回避して婚約破棄撤回を目指していきます。
エンディングはバッドエンド含め十九種類。
ノーヒントでコンプリートするのは(少なくとも私には)無理でしたが、
ゲーム中のおまけにに全エンドの攻略情報あり。
主人公が豪快な性格で、婚約破棄の原因を論破していくのが格好良かったですし、
他の登場人物もそれぞれに良いところがあって……特に意地悪聖女の真実と、酒に詳しい召使がお気に入りです。
周回もしやすく、一気にコンプリートまで突き進むことができる作品でした。

過去の作品感想:今日は恋するひなまつり肉まん葉集 〜例えばこんな桃太郎のお話〜温泉彼氏 リメイク版彼と彼女の怖い話魔法少女試験に落ちたら家業を継ぎます。
(2024/4/15)

2024年同人ソフト作品感想 

 

 

 

 

 

 

 

こんなジャンルの作品で良いものはありませんか?とか
○○という作品の感想はありますか?などの質問も受け付けております。お気軽にどうぞ。

拍手コメントへの返信不要や掲載不可という方はその旨併記ください。


疑問・質問・感想・忠告・お叱りなどはこちらまで
minamisoutherncross.sakura.ne.jp(●を@に変えてください)


2005/5/8開設
このサイト内の文章・画像等で各サークルさんによるものは無断転載・配布等を禁止します。